徳川家康 天下統一に関するニュース

公式サイト「出世大名家康くん 天下統一への道」2013年8月6日(火)正式オープン

PR TIMES / 2013年08月06日15時58分

【出世大名家康くんプロフィール】 ■出世大名家康くん 浜松の地に「浜松城(出世城)」を築き、天下統一を成し遂げた徳川家康公の生まれ変わり。 性格 :やらまいか精神旺盛で超前向き。特に子どもの笑顔は元気の源。 チャームポイント :浜名湖うなぎのちょんまげ 口癖 :「浜松は日本一良いとこじゃ。」 浜松人の証 :「まつり」と聞くと血が騒ぐ 将来の夢 :浜松が日 [全文を読む]

『徳川家康公遺訓』がKindleストア、楽天Koboにて配信開始! 家康が残した天下統一の人生哲学! あなたの人生を変える、我慢と忍耐の究極の教え!

DreamNews / 2014年08月12日18時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年8月12日(火)より、Kindleストア、ならびに楽天Kobo電子書籍ストアにて、電子書籍『徳川家康公遺訓』(著=日本歴史遺産研究会)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年8月12日(火)より、Kind [全文を読む]

大人気恋愛ドラマアプリ『天下統一恋の乱 Love Ballad』影の戦国時代をテーマにした新シリーズ「月の章」の配信が決定!

PR TIMES / 2016年12月23日10時36分

織田信長や徳川家康といった実在の武将たちとのドラマチックなストーリーに加え、魅惑的なビジュアルや華やかな和装に着飾ることができるアバターが女性の心を掴み、人気を博してきました。 このたび 「天下統一恋の乱 Love Ballad」の配信から二周年を迎えたことを機に、新シリーズ「月の章」を配信することになりました。新たな設定と新しいキャラクターたちで“影の戦 [全文を読む]

「天下統一恋の乱」の新シリーズが情報解禁!

WomanApps / 2017年01月08日19時00分

2014年にリリースされた「天下統一恋の乱 Love Ballad」は「織田信長」や「徳川家康」といった誰もが知っている戦国武将が登場するアプリ。「命がけの恋」を楽しめるストーリー展開と美麗なグラフィック、豪華声優陣の熱演で人気を呼び、2016年10月には「劇団番町ボーイズ☆」による舞台演劇化もされています。【天下統一恋の乱 Love Ballad(無料) [全文を読む]

MADONNA(マドンナ)Rebel Heart Tour 2015にSIDO「甲冑パンツ」がツアー衣装として採用されました。2016年2月13~14日、日本に凱旋

DreamNews / 2015年10月21日17時00分

採用された武将は全部で4武将(織田信長、徳川家康、直江兼続、真田昌幸)。金色を施した武将が選ばれました。『甲冑パンツ』とは?◆日本の戦国時代に、活躍した武将が身に着けていた甲冑をモチーフにデザインをしたアンダーウエア。◆素材は、究極のアンダーウエア素材「HOHTAI(R)」を使用。医療用包帯を肌着用に改良した日本の特許素材です。通気性は一般のアンダーウエア [全文を読む]

パッケージが何故に金?徳川家康「出世城カレー」を食べてみた!

秒刊SUNDAY / 2015年06月16日13時37分

2015年は徳川家康公没後400年という事で、様々なイベントや記念事業が展開されています。静岡県浜松市には、家康公が17年間滞在し天下統一の礎となった出世城として有名な浜松城があります。その浜松の食材を使った「出世城カレー」が開運招福、縁起担ぎにもなりそうなので出世することを願って早速食べてみることにしました。パッケージは金色で目を引きます。葵の鎧兜を着た [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

しかし、社長に忠実でエリートコースを歩む人物にありがちな、現場の空気が読めない官僚タイプだったので、極寒の朝鮮出兵で苦労した福島正則ら部長クラスの豊臣家臣七人衆から、女より怖いとされる男の嫉妬から、「秀吉社長へのゴマスリだけで出世しやがって!」と、営業畑の筆頭副社長・徳川家康の派閥への寝返りを許してしまう。佐和山城の蟄居を経て、秀吉の死後、幼き若社長・秀頼 [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、14.5%との高い支持を集めました。3位は、11.7%を獲得した奥羽の独眼竜・伊達政宗。東北の戦国武将として武力も名を馳せましたが、その政治力、さらには慶長遣欧使節を派遣してスペインとの外交まで始めてしまうという先進的な視点をもっ [全文を読む]

【京都】複雑な女心。家康に味方した秀吉の妻「ねね」縁の地へ

まぐまぐニュース! / 2016年12月28日04時30分

勝ったのは徳川家康がいた東軍です。ねねは徳川家康の味方をしていたのです。ねねは豊臣側の武将たちに人望が厚く母親のような存在だったにも関わらず徳川家康に味方したのです。そのため石田三成率いる西軍は関ヶ原の戦いで負けてしまいます。 そればかりではありません。大坂城が炎上し秀吉の息子・秀頼と淀君が亡くなり豊臣家が滅亡した大坂夏の陣の時もねねは家康の味方をしていま [全文を読む]

~祝 1周年記念~『天下統一恋の乱 Love Ballad』豪華声優陣によるキャラクターボイスが遂に実装!

PR TIMES / 2016年03月14日19時15分

本作は、戦国時代を舞台に、織田信長や徳川家康といった総勢12名の武将たちとの“命懸けの恋”がお楽しみいただけるソーシャルアプリです。乱世ならではのストーリー展開に加え、魅惑的なビジュアルや華やかな和装に着飾ることができるアバターが女性の心を掴み、2014年12月の配信開始直後から高い人気を誇っております。そしてこの度、一周年を記念して豪華声優陣によるキャラ [全文を読む]

10/21は関ヶ原の戦いの日!家康、秀吉…名前でみる戦国武将の本性と女性関係【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月21日19時00分

秀吉の死後、天下を狙う徳川家康と、豊臣家の天下を維持しようとした石田三成が繰り広げた合戦が「関ヶ原の戦い」です。日本中の大名が東軍(家康)と西軍(三成)に分かれて、関ヶ原で激突しました。◆ドラマに見る「関ヶ原の戦い」来年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主役は、堺雅人さん演じる真田信繁(通称・幸村)。幸村は関ヶ原の戦いでは西軍につき、東軍についた兄・信之(大泉 [全文を読む]

東山紀之が新春時代劇で織田信長に「運命と思った」

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日08時12分

また、武家と朝廷の対立に巻き込まれながら信長と深い関係に陥っていく親王夫人・勧修寺晴子や、明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康など信長の周囲を取り巻く人間ドラマを交えつつ、「本能寺の変」までの約1年半をスリリングに描く。 ■主演・東山紀之のコメント:信長が亡くなったとされるのは49歳。同じ年になって信長を演じる機会をいただきました。残酷な面と裏腹にみんなに慕われる [全文を読む]

織田信長の改革を「経営のイノベーション」として見ると?

まぐまぐニュース! / 2015年08月17日03時00分

同時代では武田信玄の「風林火山」や徳川家康の「厭離穢土欣求浄土」が有名ですが、「天下統一」という目標を明確にし自身と配下の武将の心を1つにしたのは織田信長の独創です。 イノベーションとは前例がないことを行うことです。基盤となる態度は「あらねばならないのは何か」という素直な視点です。信長はこの視点で「組織のイノベーション」も行っています。 戦国時代の武将は徳 [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

紙面の関係上、定説と異なる点をすべて網羅することはできないが、大雑把にいえば「光秀の出自も違えば、謀叛の動機も怨恨ではないし、徳川家康も謀叛と無関係どころか実は共犯で、秀吉も事前に謀叛の計画を知っていたから中国大返しも実は神業でもなんでもなかった」というものだ。 定説は時の権力者・秀吉が、自分に都合の良いストーリーを組み立て、それに合わせてさまざまな文献 [全文を読む]

ゆるキャラ(R)グランプリ2015は「出世の街 浜松」で開催決定!

@Press / 2015年01月15日12時00分

◆「出世の街 浜松」とは…徳川家康公は、29歳から45歳の青年期に浜松城の城主を務め、この地において天下統一の礎を築きました。家康公以後も、数々の浜松城主が江戸幕府の要職に登用されるなど、浜松城は「出世城」と呼ばれるようになりました。近代においては、カワイ・スズキ・浜松ホトニクス・ホンダ・ヤマハなどの世界に名だたる企業が浜松から誕生しました。浜松には、「大 [全文を読む]

NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

HANJO HANJO / 2016年12月16日08時01分

三谷幸喜が脚本を手がけた『真田丸』は豊臣家に仕えて、徳川家康を最後まで追い詰めた真田幸村(堺雅人)の生涯を描いたものだ。群雄割拠の戦国時代、豊臣秀吉の天下統一、秀吉の死後に起きた関ヶ原の戦いや大阪夏の陣といった天下分け目の大いくさと、その渦中で翻弄される真田家。描かれる物語は今まで大河ドラマを筆頭とする時代劇で何度も描かれてきたものだ。しかし見慣れたはず [全文を読む]

織田信長、天下統治の秘密は茶道具の価値変革…ナイキやゴディバ等の経営戦略の先駆け

Business Journal / 2016年03月13日06時00分

●信長のレピュテーション・マネジメント 織田信長(1534-82)といえば、よく知られた戦国武将のひとりであり、豊臣秀吉・徳川家康と並び「三英傑」として称されています。室町幕府を事実上打倒し、秀吉と家康に続く天下統一への道を開き、道半ばにして明智光秀による本能寺の変で自死を遂げたその流転に満ちた人生行路もよく知られています。 一般に流布された信長のイメージ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】櫻井翔 織田信成の言葉に唸る「なかなか言える人少ない」

TechinsightJapan / 2016年03月02日20時58分

当時、秀吉は10万の兵を率いて徳川家康軍3万と戦をするところだったが、大震災により前線基地だった大垣城が倒壊。さらに長浜城も壊れて家老を失う。一方で家康が駐留していた地域はほとんど被害が無かった。秀吉は勝ち目が無いと見て家康との戦を諦めたが、もし大震災が起きていなければ家康を倒して歴史は大きく変わっていたかもしれない。そんなエピソードを聞きながら織田信成は [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、三谷幸喜の脚本は歴史的に非常識?

Business Journal / 2016年01月15日06時00分

本能寺の変が起きた時、堺の町見物をしていた徳川家康は、わずかばかりの手勢とともに敵中で孤立したが、決死の思いで伊賀の山中を突破し、命を拾っている。この時、家康の下には穴山梅雪がいた。梅雪は初回の放送でも描かれていたように、武田家を裏切って家康に走った人物である。しかし、彼は家康と別ルートをとったため、一揆勢の襲撃を受けて殺害されてしまった。 もし、家康が [全文を読む]

Appleが「秀吉」なら、Windows10による「大阪の陣」は近い

まぐまぐニュース! / 2015年10月06日08時00分

強いて言えば、人智を超える奇策と戦略でたちまち頭角を現した「豊臣秀吉」がアップルである一方で、安定政権を築いてはいるもののワクワクする大活躍がない「徳川家康」がマイクロソフトであるように思えます。 それでも、高城さんがWindows10を推す理由は何でしょうか? やはりデジタルデバイスの世界でも、最後に「天下統一」を果たすのはマイクロソフトなのでしょうか [全文を読む]

フォーカス