徳川家康 宇喜多秀家に関するニュース

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

息子で第5代当主の氏直は、徳川家康の娘婿だったこともあって命を助けられ、高野山に流された。氏直はその翌年、1万石を与えられて豊臣大名として復帰したが、同年に病死。遺領の一部を従兄弟の北条氏盛が継ぎ、河内狭山藩(現・大阪府狭山市)として幕末まで存続した。戦国時代の幕を開けたとも言われる北条早雲から続く関東の名門は、小大名とはいえ命脈を保った。(2)今川家→高 [全文を読む]

『セキガハラ 第4巻』刊行のお知らせ

@Press / 2015年04月22日16時30分

■ ストーリー説明:徳川家康 VS 徳川家康……!? ますます加速する、予測不能の超展開 慶長三年(1598)、謎の大蜘蛛によって豊臣秀吉は殺された。その後、大蜘蛛に洗脳された徳川家康が暴走。石田三成は前田利家と協力し大蜘蛛を仕留め、家康の洗脳はとけたが、利家は絶命した。 混迷はさらに続く。慶長四年三月、加藤清正は福島正則、さらに「三成抹殺」の命を帯びた [全文を読む]

天下分け“爪”の戦い? 戦国の新商品「関ヶ原Tシャツ」に感化された女性がネイルアートで武将を再現!

PR TIMES / 2016年09月30日13時57分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化しています。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/9/resize/d17413-9-712599-0.jpg ]そのアイコンをネイルアートに取り込んだのが、Instagramネ [全文を読む]

推し武将は東軍?西軍? 勝負時に着たい関ヶ原Tシャツ

&GP / 2016年09月01日21時10分

争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍だ。 モノトーンでシンプルながら、見る人が見ればわかるでしょ?と言わんばかりの力強さのあるデザイン。描かれているのは、東軍8名(本多忠勝、福島正則、井伊直政、 細川忠興、小早川秀秋、徳川家康、黒田長政、藤堂高虎)、西軍8名(島左近、石田三成、大谷吉継、立花宗茂、安国寺恵 [全文を読む]

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大ら豪華キャスト出陣!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日12時00分

対する東軍では、徳川家康を支え、“井伊の赤鬼”の異名を持つ猛将・井伊直政に、映画・舞台などでは欠かせない演技を見せる北村が、初芽と同じく「伊賀の忍び」として家康に仕え、次第に側近となっていく蛇白には、数々の作品で記憶に残る演技ぶりをみせつける伊藤が。 そして、“三成憎し”の思いから家康を支持する武断派の武将福島正則を演じるのは、TEAM NACSのメンバ [全文を読む]

真田“幸村”爆誕! そしてウザかったきり(長澤まさみ)がついに正ヒロインに!? 中間管理職・片桐且元(小林隆)も光った『真田丸』第40話「幸村」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月12日20時00分

全登は大坂城で徳川家康(内野聖陽)を相手に戦ってもらいたいと信繁に懇願する。信繁は断るが、そこへ片桐且元も現れ、豊臣秀頼(中川大志)と茶々(竹内結子)が苦境に立たされていることを訴える。 悩む信繁を叱咤するきり。やがて大きな決断を下した信繁は、息子の大助(浦上晟周)を呼び、くじを引けと迫る――といったストーリーが展開された「幸村」。なお視聴率は15.0%( [全文を読む]

真田丸『第36話』裏解説。家康は関ヶ原の後にどうやって権力を得た?

まぐまぐニュース! / 2016年09月18日22時00分

北条家を倒した豊臣秀吉が、北条家から取りあげた領地を徳川家康に与えたのも、この原理にのっとったものだ。 さて、関ヶ原合戦は、豊臣対徳川の戦いでは決してなかった。参加した武将たちはみな、豊臣政権内部での主導権争いのつもりだった。しかし結果として、この戦いを境として家康は圧倒的な権力を持つようになり、豊臣家は没落への道を歩む。なぜだろう。 まず、負けた西軍諸将 [全文を読む]

七人の作家が参陣した競作長編シリーズ『決戦!関ヶ原』『決戦!大坂城』電子書籍化を記念して、ツイッター(twitter)で本日からキャンペーンを開催!

PR TIMES / 2015年07月31日11時43分

――なぜ、勝てたのか――東軍伊東潤(徳川家康) 天野純希(織田有楽斎) 吉川永青(可児才蔵)――負ける戦だったのか――西軍葉室麟(石田三成) 上田秀人(宇喜多秀家) 矢野隆(島津義弘)――そして、両軍の運命を握る男――冲方丁(小早川秀秋)当代の人気作家7人が参陣。日本史上最大の決戦を、男たちが熱く描いた「競作長編」。[画像3: http://prtimes [全文を読む]

フォーカス