甲冑 徳川家康に関するニュース

静岡が誇る国宝「久能山東照宮」徳川家康公最後の未修復甲冑 重要文化財“白檀塗具足(びゃくだんぬりぐそく)”修復完了・本日から一般公開開始!

PR TIMES / 2017年03月28日15時23分

~パルコのクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」は久能山東照宮(くのうさんとうしょうぐう・静岡県静岡市)と共同で徳川家康公ご鎮座400年を記念してスタートした「徳川家歴代15代将軍甲冑(かっちゅう)夢のそろい踏みプロジェクト」の第1弾として、久能山東照宮が所蔵する徳川家康公の甲冑3領のうち、最後の未修復甲冑である「白檀塗具足(びゃく [全文を読む]

大河ドラマ「真田丸」の石田光成が関ヶ原に降臨!

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日15時05分

LINE株式会社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」では、10月16日(日)の昼1時15分から山本耕史が甲冑で武者行列に参加する様子を生中継する番組「石田三成=山本耕史が関ヶ原に降臨!甲冑で武者行列」を配信。毎年全国の戦国ファン、関ヶ原ファンが一堂に会する岐阜・関ヶ原町最大の戦国イベント「関ヶ原合戦祭り2016」の模様を送る。 同イベントは1 [全文を読む]

2016年大河ドラマ「真田丸」オリジナルグッズ1月28日新発売 真田信繁の象徴である赤をベースにしたグッズが登場!

@Press / 2016年01月28日09時30分

<商品1:大河ドラマ真田丸 マグカップ> 真田信繁の象徴である赤をベースに甲冑のシルエットと番組ロゴを記しました。 希望小売価格:1,200円(税別) 本体サイズ :(約)φ8×H9cm 原産国 :日本製 JAN :456038696 7428 https://www.atpress.ne.jp/releases/88539/img_88539_1.jp [全文を読む]

MADONNA(マドンナ)Rebel Heart Tour 2015にSIDO「甲冑パンツ」がツアー衣装として採用されました。2016年2月13~14日、日本に凱旋

DreamNews / 2015年10月21日17時00分

ログイン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:野木志郎)が企画・生産・販売している『甲冑パンツ』が、9月9月からカナダ モントリオールを皮切りに始まった、MADONNA(マドンナ)のRebel Heart Tourの衣装として採用され、ステージに登場しました!ログイン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:野木志郎)が企画・生産・販売している『甲冑パンツ』が、9 [全文を読む]

新宿のフォトスタジオで有名武将に大変身!

Walkerplus / 2016年08月26日07時02分

■ 真田幸村になれる? 大河ドラマや映画撮影にも使用されている本格的な甲冑(かっちゅう)を着用した写真撮影が体験できる。甲冑(かっちゅう)とは、かつて戦いの時に武士が身を守るために着用していた武具のこと。同スタジオでは、大河ドラマ「真田丸」でも人気の真田幸村をはじめ、戦国武将の中でも人気の織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などのモデルを揃えるほか、子供用には牛 [全文を読む]

2016年は“戦国兜”ブーム到来!? 完全保存版の戦国武将“変わり兜”大全集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月20日11時00分

2015年12月2日(水)に発売された『戦国武将「変わり兜」大全集』は、戦国武将たちがこだわり抜いた兜や甲冑が楽しめる、完全保存版の1冊。 堺雅人が主演をつとめ、『新撰組!』に引き続き2度目のNHK大河ドラマの執筆となる三谷幸喜作とあって注目を集める『真田丸』。多くのファンをもつ戦国時代が舞台ということで、歴史マニアや、歴史が好きな女子“歴女”からも注目を [全文を読む]

日本の美術工芸品開発に挑む、(株)謙信より『南蛮胴具足 織田信長 武将像』発売

PR TIMES / 2015年08月28日20時04分

甲冑研究より始まった、かつてない完成度の立体武将像8/15発売『南蛮胴具足 織田信長 武将像』株式会社 謙信 (東京・日本橋)は、1997年の創業より日本の戦国期(安土桃山)の美をテーマに、立体の美術工芸品開発に取り組んでいる。本作の特徴は、甲冑研究からはじまった精巧な武将像であるということ。 日本の鎧は世界的にも評価が高い美術工芸品のひとつ。特に戦国期の [全文を読む]

大坂の陣400年丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

@Press / 2015年07月30日16時00分

真田幸村をはじめ、豊臣秀吉や徳川家康など名将たちの甲冑レプリカ(全6体)や東京では初となる「真田丸」復元ジオラマを展示します。さらに、丸ビル4階丸の内ロフトによる戦国グッズショップも登場します。 また同期間中、丸ビル1階のMarunouchi Cafe × WIRED CAFEでは、真田幸村をイメージしたオリジナルメニュー「海老とオリーブのペンネ 怒りん坊 [全文を読む]

危機に直面する「家康の甲冑」修復費用をクラウドファンディングで

しらべぇ / 2016年11月14日10時00分

(画像はブースターのスクリーンショット)徳川家康が着ていた甲冑が、静岡県静岡市の久能山東照宮にある。そのひとつが「白檀塗具足」。金箔を貼った上で漆のコーティングを施すという、まさに芸術作品のような甲冑である。ところが、我が国の至宝ともいうべきこの甲冑が危機に瀕しているのだ。■歴代将軍の甲冑がここに久能山東照宮は、徳川将軍家の繁栄を現代人に伝える博物館として [全文を読む]

静岡が誇る国宝「久能山東照宮」が新しい挑戦。パルコのクラウドファンディングで文化財を後世につなぐ。徳川家歴代15代将軍鎧甲冑(よろいかっちゅう) 夢のそろい踏みプロジェクト開始!

PR TIMES / 2016年11月10日16時44分

クラウドファンディングBOOSTER株式会社パルコ(本社 東京都渋谷区、代表執行役社長 牧山浩三、以下パルコ)のクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」は、徳川家康公ご鎮座400年を記念して国宝「久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)」(静岡県静岡市)の 「徳川家歴代15代将軍 鎧甲冑(よろいかっちゅう) 夢のそろい踏みプロジェクト [全文を読む]

柴咲主演大河に阿部サダヲ&菅田将暉&尾上松也ら

Smartザテレビジョン / 2016年07月12日13時46分

続けて、「直政は、真っ赤で金の角のついた甲冑(かっちゅう)が有名で、それがものすごく格好いいので、あれを着られる日を楽しみにしています」と期待をのぞかせた。 阿部は、「僕は歴史は詳しくないのですが、徳川家康はさすがに知らないとは言えないくらい有名な人。これまで演じた方を調べても大御所ばかりで驚きました。ただ、その中にカンニング竹山さんの名前があったので、 [全文を読む]

AKB48の“歴女”田名部が自分は「明智光秀」高橋みなみは「徳川家康!」

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日16時42分

番組の取材会に、八王子城の城主でもあった北条氏照の甲冑姿で参加した田名部。「自分の人生で甲冑を着る日が来るとは思わなかったので、光栄ですし身が引き締まる思いです!」と“歴女”ぶりを発揮し笑顔をみせた。 また武将に詳しいということで、今月8日にAKB48を卒業した高橋みなみを「野心家でもあると思いますし、みんなが目指すところの人という存在でもある徳川かな」 [全文を読む]

徳川家康の甲冑 見た目派手だが機能性・実用性に優れていた

NEWSポストセブン / 2016年03月24日16時00分

その徳川家康が戦場で身につけていた甲冑を紹介しよう。 ●金陀美具足(久能山東照宮所蔵) 全体に金箔や金漆が塗られた甲冑は見た目こそ派手なものの、機能性や実用性に優れたもの。桶狭間の戦いの際に家康が身に付けたと伝わっている。重要文化財。 ●大黒頭巾形兜(久能山東照宮所蔵) 江戸幕府を開いた戦国時代の覇者である徳川家康の兜は、七福神の一柱である大黒天の被ってい [全文を読む]

戦国武将&歴女ブームの火付け役、名古屋おもてなし武将隊がCD発売

Entame Plex / 2014年09月02日16時48分

戦国武将さながらの甲冑姿、そして言葉遣いが、戦国武将ブーム、歴女ブームと相まって全国にその名を広げた彼らだが、今回結成5周年を記念し、CDを発売。今作には、武将6名、陣笠隊4名の計10名で歌う同タイトルのリード曲「不離威騎!」をはじめ、彼らが普段ステージで披露する楽曲、加えて新曲が収録される予定となっている。 また、初回限定盤DVDには「不離威騎!」のミ [全文を読む]

岡田准一、役所広司らが“一世一代の戦”へ向けてまなざしギラリ

ザテレビジョン / 2017年06月06日10時00分

8月26日(土)に全国ロードショーとなる岡田准一主演映画「関ヶ原」より、鉄砲隊や騎馬隊が入り乱れる戦火の中、「『愛』と『野望』、激突!」のコピーとともに、これから始まる一世一代の戦を前に、甲冑を身にまとい真剣なまなざしを浮かべる岡田演じる石田三成と、役所広司演じる徳川家康を中心とする世紀の合戦「関ヶ原」へと挑んだ者たちが一堂に会した、本ビジュアルが公式サイ [全文を読む]

会社帰りに出陣じゃ~!“甲冑女子会”を楽しむ撮影プラン 『戦国フォトスタジオSAMURAI』でスタート

@Press / 2016年11月25日09時30分

株式会社ヘキサゴン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村太郎、以下 ヘキサゴン)は、運営する有名武将達の本格甲冑を着用して撮影ができる体験型スタジオ『戦国フォトスタジオSAMURAI』で、女性3人グループ限定のお得な撮影サービスを開始しました。 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑、人気の真田幸村、独眼竜の伊達政宗など本格甲冑の中から好きな甲冑を選んで着用 [全文を読む]

真田丸の危機は徳川家康ではなく「高畑裕太」がもたらした

しらべぇ / 2016年08月26日05時30分

当然ながら高畑容疑者は甲冑姿で大坂城を見上げる役割を与えられていたはず。それがすべて白紙となり、製作サイドは役者探しからやり直さなければならなくなったのだ。その損失は計り知れない。一方で、高畑淳子は引き続き薫役を演じるという。もちろん現代に縁座制を適応させることなどできないが、高畑淳子の役者としてのパフォーマンスに大きな悪影響を与えてしまうことは目に見えて [全文を読む]

有名武将たちの甲冑を着て撮影できる体験型スタジオ『戦国フォトスタジオSAMURAI』が8月1日代々木にオープン!

@Press / 2016年08月02日14時00分

株式会社ヘキサゴン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村 太郎)は、甲冑を着て撮影できる体験型スタジオ『戦国フォトスタジオSAMURAI』を、東京・渋谷区代々木に、2016年8月1日(月)にオープンいたしました。・戦国フォトスタジオSAMURAIhttp://samurai-pictures.jp/・Facebookページhttps://www.faceb [全文を読む]

イベント好評開催中 真田幸村と戦国武将展 【同時開催】仏像展~平安を祈る仏たち~ 丸善 丸の内本店 4階文具イベントスペース 7月12日(火)21時まで

DreamNews / 2016年07月04日18時00分

はやりの武将グッズとは異なる歴史や資料考証を経て作り上げた本格武将彫像で、真田幸村、伊達政宗、織田信長など、文献に基づく精巧な甲冑装束を身に着けた大型武将作品や茶器、仏画、仏像などが見られる。 世界に誇る日本の文化、サムライ。中でも「大坂夏の陣」の戦いで、かの徳川家康の大軍に痛撃を与え ”日本一の兵“と称賛される天下の名将・真田幸村は特に深く日本人の心に残 [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

八幡大菩薩の幟を掲げていた八幡船や御朱印船は、甲冑、刀剣、塩、漆器、扇子、生活雑貨を台湾へ積み出し、金、鉛、生糸、絹織物、鹿の皮、ガラス、黒檀などを台湾から日本へ持ち帰っている(ただ、台湾は貿易の中継地として利用されていただけで、この当時の台湾には甲冑など必要なかった)。次ページ>>中国人と誤認され殺害された宮古島民の悲劇 台湾出兵の発端となった「牡丹社事 [全文を読む]

フォーカス