野球 上田まりえに関するニュース

上田まりえ、結婚発表で「Eカップ巨乳が人様のものに!」とファン落胆 野球ファンからの好感度はアップ?

おたぽる / 2016年12月30日12時00分

21日、元・日本テレビのアナウンサーで、現在はマルチタレントとして活躍している上田まりえが、トヨタ自動車の野球チームに所属する竹内大助投手と、来年2月にも結婚する予定であることが明らかとなり、上田ファンの間では「結婚おめでとう!」「まりえちゃんのEカップ巨乳を独り占めできるなんて羨まし過ぎるぜ!」などと、祝福や嫉妬の声が飛び交っている。 日本テレビに所属し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】上田まりえ「テレビの力の大きさ」に驚き 『ナカイの窓』の診断が現実に

TechinsightJapan / 2016年03月06日20時41分

上田まりえは「いろいろ考えたのですが、やはり今の自分にできることは、このブログでのみなさまとの会話のキャッチボールだと思っています」というように、部類の野球好きである。『ナカイの窓』で彼女が21歳の時に日本テレビのアナウンスフォーラムに出た映像が流れたが、週に3日はバッティングセンターに行って毎回100球程度打って帰るのが日課だという。さらに、読売ジャイ [全文を読む]

女子アナ界の異端児?上田まりえが予想外に引っ張りだこな理由

デイリーニュースオンライン / 2016年05月10日12時06分

■女子アナの異端児的存在 「上田さんは、枕元にグローブをおいて寝るほど大の野球好きで、局アナ時代にも『野球と結婚して“野球まりえ”になりたい!』といった迷言を残しています。そんな直球なキャラクターが、局アナとしては逆に窮屈な部分もあったのでしょう。野球の仕事をしたくても、局アナで野球好きを公言していると、野球選手を狙っているのではないかと噂が立ちやすい部 [全文を読む]

マツコが「まだまだ伸びる」と太鼓判を押す上田まりえアナ! 胸元ぱっくりセクシー衣装で『行列ができる...』登場!!

メンズサイゾー / 2015年04月13日17時00分

学生時代から野球が好きで、入社後も仕事とは関係なくプロ野球選手のリサーチをしているという上田。今回の番組では、そうした行動の理由は「プロ野球選手との玉の輿」を狙っているのではないかと指摘された。しかし本人はそれを完全に否定。「中学生時代に好きだった男の子が野球部だった」ことがきっかけで、それ以来スポーツとしての野球にハマってしまったことを明かした。さらに [全文を読む]

TBSラジオの朝が変わる! 伊集院光とらじおと(月~木)、有馬隼人とらじおと山瀬まみと(金)

PR TIMES / 2016年02月22日14時01分

野球まりえ”に改名したい!と言う程の野球好きで、野球スコア付けや野球グッズ収集を趣味とし、集めた野球関連書籍は400冊を超える。活動のフィールドを広げてマルチタレントとして活躍が期待されている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マツコが女子アナを分析。水卜麻美は「完璧だが卑怯」、上田まりえは「思った通りの女!」

TechinsightJapan / 2015年04月14日20時25分

専修大学出身で卒業論文は“ハンカチ王子、斎藤佑樹はなぜアイドルになったのか?”をテーマにした彼女だが、野球選手と結婚して玉の輿に乗ろうとは考えていないという。「野球が好きすぎて、枕元にマイグローブを置いて寝る。野球と結婚して“野球まりえ”という名前になりたいほど野球が好き」とまで明かした。 [全文を読む]

美女アナ10人の“フリー”な私生活は受難だらけ?「マツコが認めた日テレ・上田まりえは退社でどうなる?」

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

「スポーツ紙の記者を通じて、プロ野球選手からひっきりなしに合コンの誘いがあります。もともと小中学校時代は野球チームやソフトボール部に所属。大学時代に野球をナマで観るために、東京ドームでビールの売り子までしていた。憧れのプロ野球選手と飲めるならすぐに合コンに参加します。ただ、あまりに野球が好きすぎて、途中から根掘り葉掘り質問攻めにして、『試合中のあの場面はど [全文を読む]

上田まりえの結婚報告に未婚視聴者が「女子アナは嘘つき」とFAXで不快感

アサジョ / 2017年01月05日18時15分

敗因は自分を安売りし過ぎたこと!? 元日本テレビアナウンサーで現在はタレントとして活動している上田まりえが、今年2月にも社会人野球選手の竹内大助投手と結婚する予定であることが先日発表された。 上田は高校時代、高校野球鳥取大会でウグイス嬢を務めた経験もあり、大学時代には週3回バッティングセンターに通っていたほどの大の野球好きとして知られている。そのため、野球 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】上田まりえ 新人アナウンサー時代が「細くて若いっ!」

TechinsightJapan / 2016年07月13日18時30分

中学時代から野球ファンだった彼女はアナウンサーとして「野球の実況中継」を夢見ていたが、被り物をする役回りが多かった。やがてマツコ・デラックスから「漁師のような女子アナ」と評されて注目される。その頃は女子アナ嫌いで通っていたマツコだが、上田アナには「オーラが出てきた」「小ぎれいになった!」といじりながらも応援してきた。女子アナを辞めて間もなく、そのマツコが [全文を読む]

日テレアナ・上田まりえが松竹芸能所属でタレントに!ブログ解説で意気込みを語る

AOLニュース / 2016年02月01日12時00分

アメブロには、「みなさん、今日は何の日か、わかりますよね?そう、プロ野球のキャンプイン!!いよいよ球春到来です。」とアナウンサー時代から有名だった野球好きらしいコメントからスタート。 タレントへの移行は、3年ほど前から悩んでいたといい、「アナウンサーという仕事としっかり向き合い、アナウンサーという仕事に確かなやりがいを感じられるようになり、アナウンサーと [全文を読む]

マツコが後押しした上田まりえアナ、まさかのタレント転身でめざすのは…

週プレNEWS / 2015年12月05日15時00分

「その理由を聞いた時、『歌手デビューするための準備です』なんて言っていたから冗談かと思っていたんですが…まさか本気だったとは(笑)」(日テレ局員) 彼女は野球好きとして知られ、出演番組で「選手とではなく、野球と結婚して“野球まりえ”になりたい」と話していた上田アナ。そんな不思議キャラなら需要がある!? 過去には出演番組で「芸能プロのマネジャーさんと付き合 [全文を読む]

マツコ神話が通じない? べた褒めの日テレ・上田まりえアナがブレイクできない理由とは

週プレNEWS / 2015年05月03日06時00分

プロ野球が大好きで、「野球と結婚して、“野球まりえ”になりたい」と発言したことも。昨年4月、鳥取県「とっとりふるさと大使」に任命された [全文を読む]

上田まりえ、しゃべりすぎの不安

NewsCafe / 2017年01月22日08時00分

デスク「元日本テレビアナウンサーの上田まりえ(30)が、社会人野球(トヨタ自動車)の竹内大助投手(26)と結婚が決まってめでたいけど、ちょっと浮かれすぎじゃね?」 記者「昨年の暮れ、一部メディアが報じ、上田がアシスタントを務める『5時に夢中』(TOKYO MX)で生報告。来月、挙式を控えています」 デスク「『5時夢』らしく、視聴者アンケートテーマが『上田ま [全文を読む]

干物女・上田まりえの結婚報告に同期・田中みな実が嫉妬の炎?

アサジョ / 2016年12月27日10時15分

日本テレビを退社後、アナウンサーからタレントに転向した上田まりえが、社会人野球トヨタ自動車の竹内大助投手と来年2月に結婚する予定と報じられた。それによると、交際期間は3年で妊娠はしていないそうだ。 この一報にネット上では「上田さんには幸せになってもらいたいと自然と思ってしまいます」「まりえさん、おめでとう」など祝福の声であふれた。「“干物女”の上田が結婚と [全文を読む]

甲子園歴史館×松竹芸能 特別企画 松竹芸能所属タレントが甲子園歴史館 1日広報部に就任 「高校野球大好きタレント熱血トークライブ!!」を開催!

PR TIMES / 2016年12月15日11時48分

[画像: http://prtimes.jp/i/5180/884/resize/d5180-884-668274-0.jpg ]このイベントは、松竹芸能(株)に所属する、高校野球好きタレントのかみじょうたけしさん、現在も甲子園歴史館でアルバイトをし、過去には甲子園球場で売り子経験もある代走みつくにさん、子供の頃から野球好きという元日本テレビアナウンサーの [全文を読む]

甲子園歴史館×松竹芸能 特別企画 松竹芸能所属タレントが甲子園歴史館 1日広報部に就任 「高校野球大好きタレント熱血トークライブ!!」を開催!

@Press / 2016年12月15日11時45分

このイベントは、松竹芸能(株)に所属する、高校野球好きタレントのかみじょうたけしさん、現在も甲子園歴史館でアルバイトをし、過去には甲子園球場で売り子経験もある代走みつくにさん、子供の頃から野球好きという元日本テレビアナウンサーの上田まりえさんが、1日限定で甲子園歴史館の広報部に就任し、広報活動を実施するというもので、甲子園歴史館のお客さまに1日限定の名刺を [全文を読む]

あのマツコが「大好き」宣言!元日テレ上田まりえに学ぶ転職のヒント

BizLady / 2016年04月18日07時45分

ご本人も自分自身について、「決して器用ではない」「嘘がつけない」「(野球で例えるなら)剛速球しか投げられないタイプ」と自己分析しています。この分析をそのまま受け取るなら、正直に言ってアナウンサー向きであるとは言い難いものがあります。 [全文を読む]

元・日テレの上田まりえ、どん底生活から這い上がり春から快進撃開始

メンズサイゾー / 2016年03月09日10時00分

入社当時は、「野球の実況中継をしたい」と将来の夢を語っていたが、同局で野球関連の仕事をすることはほとんどなかった上田。それどころか、"かぶりもの仕事"しかまわってこない時期もあったというのだから、局アナ時代は不遇だったのかもしれない。「華やかな女子アナ業界において、上田さんはどちらかというと地味なタイプ。代表的な看板番組もなければ、週刊誌などでゴシップの [全文を読む]

「オーラが出始めた」女子アナ嫌いのマツコ・デラックスが絶賛する女子アナ

メンズサイゾー / 2013年08月28日10時00分

むしろ、学生時代には女子でありながら野球にのめり込み、野球関連の書籍を400作以上持ち、特技がスコア付けというのはなかなか珍しい。そんなアクティブさがアナウンサーとして採用されたと考えるほうが無難だろう。 現在、『スッキリ!!』『イブニングプレスdonna』『ボウリング革命P☆リーグ』などを担当している上田。しかし、代表作となるような番組にはまだめぐり合え [全文を読む]

放送事故?上田まりえの“恥ずかしすぎるストレス解消法”が明らかに!?

アサ芸プラス / 2017年04月22日09時58分

「上田は2017年2月1日に社会人野球の選手と入籍したばかり。今は毎晩お楽しみでしょう。彼女は野球好きなのでプロ野球の選手、日本テレビということで巨人の選手と結婚するのではないかと思われていました。ところが社会人野球の選手だったので『なんでまた?』と驚きの声が上がったんです。どうやら、お相手の夜のバットはかなりいいあんばいのようですね。ばっちりストレス解消 [全文を読む]

フォーカス