文学部 中央大学に関するニュース

城南AO推薦塾 2017年度入試合格実績~AO・推薦入試に特化した専門塾「城南AO推薦塾」が2年目を終了し、合格者を多数輩出

DreamNews / 2017年03月03日16時00分

■城南AO推薦塾■●国公立大学●横浜市立大学 … 国際総合科学部 1名●私立大学●青山学院大学 … 文学部 1名学習院大学 … 経済学部 1名慶應義塾大学 … 総合政策学部 2名/環境情報学部 4名/法学部 1名上智大学 … 法学部 1名/外国語学部 1名/総合グローバル学部 1名/文学部 5名/総合人間科学部 2名成城大学 … 法学部 1名/社会イノベー [全文を読む]

城南AO推薦塾 初年度合格実績~AO・推薦入試に特化した専門塾が開校初年度を終了

DreamNews / 2016年01月22日15時00分

■城南AO推薦塾■ ●国立大学● 静岡大学 1名 …………………… 工学部 1名 ●公立大学● 首都大学東京 1名 ……………… 都市教養学部 1名 神奈川県立保健福祉大学 1名 … 保健福祉学部(看護学科) 1名 ●私立大学● 学習院大学 2名 ………………… 文学部 1名/法学部 1名 慶應義塾大学 4名 ……………… 総合政策学部 1名/法学部 3 [全文を読む]

中学英文法の知識で、英語の大学入試問題の79%が解答可能- 『アルク英語教育実態レポート』 2月20日発表

PR TIMES / 2015年02月20日12時06分

【調査対象】■センター試験■国立(50音順):大阪大学(文系4学部共通+外国語学部)/九州大学/京都大学/東京工業大学/東京大学/東北大学/名古屋大学/一橋大学/北海道大学■私立(同):青山学院大学(経営学部+文学部)/学習院大学(経済学部+文学部)/近畿大学/慶應義塾大学(理工学部+文学部)/駒澤大学(全学部統一+文学部)/上智大学(経済学部+文学部)/ [全文を読む]

中央大学が4月から「グローバル・ソシオロジー・プログラム」を開講 -- 国際社会に対する問題意識を常に持ち、国境を跨いで活躍できる人材を育成

Digital PR Platform / 2017年04月13日08時05分

中央大学文学部は4月から「グローバル・ソシオロジー・プログラム」を開講する。同プログラムの対象は商、理工学部を除く全学部(法学部、経済学部、文学部、総合政策学部)の1~4年生で、国際社会に対する問題意識を常に持ち、国境を跨いで活躍できる人材の育成を目指す。日本語で授業をスタートさせ、英語コミュニケーションと社会学を学び、海外でグループプレゼンテーションを行 [全文を読む]

BS12ch TwellV 『創造!ニッポンの元気』、昭和レトロな町・東京都青梅市を特集!!

PR TIMES / 2013年11月08日18時11分

外国人ゲストに、ジョン・ブロウカリング氏(法政大学文学部教授)。11月9日(土)13:30 ~放送。 全国無料放送のBS12ch TwellV(ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:森内譲)では、2013年7月6日からグローバルな視点から日本の魅力を再発見する知的情報番組『創造!ニッポンの元気』を毎週土曜13:30 [全文を読む]

中央大学文学部のフランス語文学文化専攻がカリキュラムを改定 -- 「語学文学文化コース」「美術史美術館コース」を設置

Digital PR Platform / 2017年04月27日08時05分

中央大学文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻は、4月からカリキュラムを大幅に改定。学生の関心に合わせてコースを選び、前向きに学べるよう「語学文学文化コース」と「美術史美術館コース」を設置した。このうち「語学文学文化コース」ではフランス語を基礎から応用まで学び、文学、映画、食文化など幅広い領域をカバーする。「美術史美術館コース」では、フランスとヨーロッパ [全文を読む]

恋愛に疲れた人には年下男子がおすすめ! 大学教授が解説

anan NEWS / 2016年08月05日12時00分

ただの“草食”じゃない、年下男子の魅力を、家族社会学、感情社会学、ジェンダー論を専門とする中央大学文学部教授、山田昌弘さんに伺いました。 「現代は、経済的な要因で、男女ともに自分に自信を持つのが難しい時代だといわれています。特にその傾向は20代の男性によく見られ、収入面で女性に頼ってもらえる自信がないから、どうせ自分は選ばれない…というマイナス思考に陥りが [全文を読む]

元新聞記者のプロと中央大学の学生が取材・編集する大学広報誌『HAKUMON Chuo』

Digital PR Platform / 2017年04月04日08時05分

2016年度には、リオデジャネイロ五輪陸上男子4x100mリレー銀メダリストの飯塚翔太氏(ミズノ、法学部2014年卒)や、アニメーション映画監督の新海誠氏(1996年文学部卒)、バレーボール部石川祐希選手(法学部)の記者会見での取材も学生記者が行った。 2017年早春号では、同大総長・学長の酒井正三郎氏や各学部の学部長からの卒業生へのメッセージを掲載。ま [全文を読む]

未来の女子アナがこの中に? 魅惑のミスキャンパスたちの素顔を紹介

週プレNEWS / 2015年01月03日06時00分

●角谷暁子(かどや・あきこ) 文学部人間科学専攻2年1994年7月30日生まれ、東京都出身。身長163㎝。血液型=B型。趣味・特技/読書・歌舞伎や能の観劇、ダンス「ミスコン出場を機にオシャレに目覚めました」 ■ミス成蹊大学 私はミスコンに出るまで、オシャレにあまり興味がなかったんです。大学のある吉祥寺で上下3000円くらいの洋服を買ったりしていましたから [全文を読む]

職場の人と考え方が合わない、どうする?

プレジデントオンライン / 2017年05月16日15時15分

中央大学文学部卒。セブンカフェや自社開発商品のセブンプレミアムをヒットさせた。 ---------- (ジャーナリスト 村上 敬 的野弘路、尾関裕士=撮影) [全文を読む]

【公開講義】千葉大学教育学部「キャリア教育」- 白河桃子先生特別講義 -

PR TIMES / 2017年05月02日17時21分

日時: 2017年5月16日(火) 14:30~16:00 (14:20受付開始) 会場: 千葉大学教育学部2号館2111教室 (西千葉キャンパス) 交通アクセス: http://www.chiba-u.ac.jp/access/nishichiba/index.html キャンパスマップ: http://www.chiba-u.ac.jp/campus [全文を読む]

富士そば公認ファンブック発売!トルネードポテトそば、ポパイそば、ブレーメンそば、鍋焼きうどん・・・自由すぎるメニューがうまい!立ちそば界の大横綱を徹底解剖!!

DreamNews / 2017年02月20日10時00分

中央大学文学部卒業。「駅そば」を筆頭に、道の駅、スーパー、健康ランドなど、旅にまつわるさまざまなB級要素を研究し、独自の旅ライフスタイルを提唱、雑誌などに情報を寄稿する「旅のスピンオフ・ライター」として活動。国内の富士そばは全店制覇。駅そば店も全国2000軒以上を食べ歩いている。著書に『鉄道旅で「道の駅”ご当地麺”』『東西「駅そば」探訪』(以上、交通新聞社 [全文を読む]

『九十歳。何がめでたい』に登場、読売人生案内回答者の本音

NEWSポストセブン / 2017年02月17日11時00分

一方、本当の回答者たる中央大学文学部教授の山田昌弘さん(59才)は、この相談にどう答えたかといえば、 [全文を読む]

知れば知るほどドラマティックな歴史『時間を忘れるほど面白い日本史《伝説》になった100人』著者富増章成が、キンドル電子書籍で配信開始

DreamNews / 2017年02月03日18時00分

中央大学文学部哲学科を卒業後、上智大学神学部に学ぶ。 日本史のわかりにくいところを、身近な言葉やユニークなたとえを使って、楽しみながら理解できるよう解説する授業は、「日本史への苦手意識がなくなった」「面白さに気づけた」と、多くの受講生から支持を得ている。 著書に『ざっくりわかる日本史の授業』 『眠れないほどおもしろい哲学の本』(以上、三笠書房《王様文庫》) [全文を読む]

猫派の方に使ってほしい!志茂田景樹氏の心に響く名言×可愛い猫写真集の2017年版『猫様のお言葉 ネ・コ・ト・バ』卓上カレンダーが、大人可愛いデザインで発売スタート!

DreamNews / 2016年11月11日18時00分

著著: 「レイナ里亜 旅の西洋占星術」(日地出版)、「あなたに幸運をよぶ人 愛をくれる人」(大創産業)、「しあわせ暦」(21世紀占術学会)、「誕生日の花で見る花占い」(笠倉出版社)、「愛の占い366日花のささやき」(日東書院) 「恋する猫占いKOINYAN2014」(わんにゃんスターフォト出版部) ・レイナ里亜公式サイトhttp://reinaria-a [全文を読む]

経済的に大変、自信がない…子供がいらない理由の本音

NEWSポストセブン / 2016年10月13日16時00分

中央大学文学部教授で『家族難民』(朝日文庫)の著書で知られる山田昌弘さんは、その理由をこう分析する。 「昔に比べて後継ぎをつくることへの圧力が弱まったことが一因にあげられます。それに加え、日本の将来を悲観して子供を産みたくないと、控える人が増えていますね。また、経済的な理由や自由な時間を削られたくないという男性に、妻が従わざるを得ないケースもよく聞きます」 [全文を読む]

皇后陛下 天皇の「国の象徴」という意義を共有されている

NEWSポストセブン / 2016年08月09日16時00分

中央大学文学部卒業。関東学院大学国際文化学部比較文化学科教授。鎌倉文学館館長。『川端康成 魔界の文学』(岩波書店刊)など著書多数。 ※SAPIO2016年9月号 [全文を読む]

「Jリーグの功労者」今西和男はなぜ、不当な仕打ちで排除されたか?

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

中央大学文学部卒業。東欧やアジアの民族問題を中心に取材や執筆活動を行なう。著書に『誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参』(いずれも集英社文庫)など多数。『オシムの言葉』(集英社インターナショナル)で、 第16回ミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞 ■『徳は孤ならず 日本サッカーの育将今西和男』集英社 1800円+税 森保一、高木琢也、風間八宏、 [全文を読む]

アグネス 夫逮捕の高島礼子に「妻が責任を負うものではない」

NEWSポストセブン / 2016年07月18日07時00分

『パラサイト・シングル』という流行語を生んだ中央大学文学部教授の山田昌弘さんだ。 「子供が小さいなら話は別ですが、成人しているにもかかわらず親が謝罪するのは海外では考えられない。欧米では、家族といえども家庭の外では独立した人格であると考えるので、たとえ未成年でも親には法的にも社会的にも責任はないとするのが普通です。ところが日本では、家族は責任を負い合うべき [全文を読む]

『とと姉ちゃん』に現代社会が直面する家族問題解決のヒント

NEWSポストセブン / 2016年05月25日11時00分

「婚活」という言葉の生みの親でもある家族社会学が専門の中央大学文学部教授・山田昌弘さんはこう指摘する。 「若者は1980年代までは高い経済成長率のおかげで、結婚後も親以上の生活水準が期待できました。しかし、今は結婚後に親以上の生活を送れず、中流生活から転落する恐れが強まっています。そのため、“生活水準が下がる人となら結婚しない”などと考える若者が出現してい [全文を読む]

フォーカス