宮崎吾朗 宮崎駿に関するニュース

『君の名は。』大ヒットで新海誠も“ポスト宮崎”!? 細田、庵野……“ポスト宮崎”といわれたクリエーターたち

おたぽる / 2016年09月22日21時00分

ちょっと古いがランキングを引用すると、1位:宮崎吾朗、2位:庵野秀明、3位:細田守、4位:押井守、5位:大友克洋(6位に新海誠も)。『ゲド戦記』(06年)や『コクリコ坂から』(11年)、TVアニメ『山賊の娘ローニャ』を手掛け、宮崎駿の長男としても知られる宮崎吾郎。“血縁”ということ、また期待が大きすぎたこともあってか何かとジブリファンからは叩かれがちだが、 [全文を読む]

国内では微妙だった宮崎吾朗アニメが「国際エミー賞」受賞!! 原作に忠実なテンポの悪さが海外で高評価!?

おたぽる / 2016年04月10日14時00分

宮崎駿の息子、宮崎吾朗が監督を務めたTVアニメ『山賊の娘ローニャ』(NHK BSプレミアム)が、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する「エミー賞」で、「国際エミー賞」のアニメーション部門最優秀作品賞を受賞した。この快挙に「吾朗やるじゃん」「素晴らしい内容だったし、受賞は当然だな」「これで宮崎駿の息子じゃなくて、『宮崎吾朗』になれるな」と称賛の声が上がる一方 [全文を読む]

ドワンゴ会長が宮崎駿や鈴木敏夫に気に入られる理由は? 宮崎吾朗が下した川上量生評

おたぽる / 2014年08月22日23時00分

『山賊の娘ローニャ』は、宮崎駿氏の長男であるアニメ監督・宮崎吾朗氏が、スタジオジブリを出て制作している新作テレビアニメ。今年の10月よりNHK BSプレミアムにて、放送予定となっている。本作の「制作、著作」はNHKとドワンゴで、制作協力にはスタジオジブリの名も並ぶ。こうしたつながりからか、宮崎吾郎氏が川上氏の人物評を聞かれ、「(川上氏は)人のために働く人。 [全文を読む]

やっぱり駿? それとも新時代に賭ける? 現実の選挙を超える盛り上がりの「スタジオジブリ総選挙」がアツすぎる!

おたぽる / 2016年08月22日20時00分

今月12日にも、金曜ロードショーで宮崎駿の息子である宮崎吾朗監督の『コクリコ坂から』が放送されたが、平均視聴率は9.6%。これまでのTV放送では軒並み10%中盤から後半を叩きだしていた駿作品に比べるとやはり物足りない。ただ、それでも同時刻にフジテレビ系で放送された『ワンピースフィルム ストロングワールド』の5.3%と比べると倍近くの差をつけて圧勝。その週 [全文を読む]

宮崎駿監督会見:安保法制批判に海外注目 新作アニメ制作には“非常に感動的”

NewSphere / 2015年07月14日11時43分

◆上映時間は10分、製作期間は3年 宮崎駿監督の新作短編アニメの制作は、6月16日に開かれたトーク・イベントで、息子の宮崎吾朗監督が明らかにしていた。それが今回、初めて本人の口から公に語られた。 米『NEW YORK』誌系列のTV・映画・音楽ニュースサイト『Valture』は、「もしこれが本当なら、非常に感動的だ」「我々にとってラッキーなのは、宮崎氏が“ [全文を読む]

宮崎吾郎監督 「僕は後継者なりようがない」庵野監督説が濃厚に

WEB女性自身 / 2014年09月02日19時00分

9月2日、映画『ゲド戦記』『コクリコ坂から』で知られる宮崎吾朗監督(47)が初めて手がけるテレビアニメシリーズ『山賊の娘ローニャ』完成試写会が東京・渋谷のNHKにて行われた。 会見後のインタビューでは、鈴木プロデューサーが宮崎駿監督の“後継者”として『エヴァンゲリオン』シリーズで知られる庵野秀明氏を推している件に話が及んだ。「(私は)自分は宮崎駿のような作 [全文を読む]

宮崎駿監督引退で後継者問題 確執ある長男の吾郎氏は微妙

NEWSポストセブン / 2013年09月07日16時00分

日本のアニメ界を引っ張ってきたスタジオジブリは、いわば“宮崎駿ありき”の会社だったので、誰が後を継ぐのか、というのが今、死活問題なんです」(映画関係者) 後継者の最有力候補と目されていたのは、長男の宮崎吾朗氏(46才)だ。吾朗氏は大学卒業後、建設コンサルタントを経てスタジオジブリに入社し、2001年から「三鷹の森ジブリ美術館」の初代館長を務めた。 偉大な監 [全文を読む]

「知ってた!」5回目の引退宣言→撤回の宮崎駿の、“新作長編”への期待と不安とは

おたぽる / 2017年05月28日11時00分

その後『ゲド戦記』(06年)では原案を務めたものの、監督は宮崎吾朗に任せたことから、今度こそ本当に引退かと思わせたが、『崖の上のポニョ』(08年)では再び原作・脚本・監督を担当。だが『風立ちぬ』(13年)公開直後に「最後の長編作品」と宣言、記者会見まで開催し、改めて引退宣言を行った。なお、この記者会見前にスタジオジブリ代表取締役社長・星野康二が第70回ベ [全文を読む]

<企業秘密をバラしてる?>要約・ドワンゴ川上会長の新刊「コンテンツの秘密」

メディアゴン / 2015年05月09日02時45分

・宮崎駿は、書きたい画が先にあって、その画をストーリーで肉付けする・子息の宮崎吾朗監督もそれなりに優れている。・コンテンツは各個人の脳内に描かれた(脳内でデフォルメされた)現実のシミュレーション(模倣)である。・コンテンツ間での競争が激しければ激しいほど、その内容は似たものに収斂してゆく。(陳腐化する)筆者は思います。同じようなテレビ番組ばかりになるのはマ [全文を読む]

ドワンゴ会長・川上量生「ニコニコ動画を健全な“出会いの場”にしたいんです」

週プレNEWS / 2013年12月02日06時00分

■一番仕事ができたのは“中卒の社員”だった ―『夢と狂気の王国』の中で、宮崎吾朗さんと川上さんが“やり合っている”シーンがありますね。 川上 えーっと、それはまだ内容を発表できない案件なんですが(笑)、ほかにもいろんな仕事を進めてますよ。今、僕の仕事の60%はジブリ関連。ただ、僕は宮崎駿さんには“この世の災いを伝える人”みたいに思われてるんです。 ジブリ [全文を読む]

宮崎駿監督の引退でジブリは人材難に苦しむ?

週プレNEWS / 2013年09月11日14時00分

ジブリは近年、『ゲド戦記』(06年)、『コクリコ坂から』(11年)の宮崎吾朗氏や、『借りぐらしのアリエッティ』(10年)の米林宏昌(よねばやし・ひろまさ)氏といった若手を監督に起用し、それぞれ成果を挙げてきた。しかし、さらに新しい才能を発掘するのは難しいかもしれない。 「ジブリはトップに宮崎監督、高畑監督という圧倒的な演出家がいて、下に多くのアニメーター [全文を読む]

宮崎駿 庵野秀明を「血を流しながら映画作っている」と評価

NEWSポストセブン / 2013年09月09日07時00分

後継者の最有力候補と目されていたのは、長男の宮崎吾朗氏(46才)だが、宮崎監督との確執も伝えられている。宮崎監督が心の中で“後継者に”と考えているのではといわれているのが、映画監督の庵野秀明氏(53才)だ。 『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの監督として知られる庵野氏は、今回の『風立ちぬ』では主人公・堀越二郎の声を担当しているうえ、もともと、彼はジブリと [全文を読む]

細田 守「宮崎駿になりたくてアニメをやってるわけじゃない!」

週プレNEWS / 2012年07月28日06時00分

【関連ニュース】映画監督・宮崎吾朗、スタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』を語るオリジナルアニメ台頭の理由は、魅力的な原作の枯渇?日野晃博が語るガンダム最新作『AGE』の方向性は「子供にも理解できるガンダム」【アニメ】『まどか☆マギカ』の脚本家・虚淵玄「オッパイと爆発にしか興味がなかった」現役中学生のアニソンユニット「ClariS(クラリス)」って何者? [全文を読む]

ディズニーが巨額買収劇を繰り返している理由とは?

週プレNEWS / 2012年11月22日19時00分

(取材・文/大野智己) ■週刊プレイボーイ49号「“ディズニー帝国”の野望はどこまでいくのか?」より 【関連ニュース】細田 守「宮崎駿になりたくてアニメをやってるわけじゃない!」『ドラえもん』スペシャル対談! アニメ監督・芝山努×マンガ家・むぎわらしんたろう「藤子先生はコワくて本当にスゴい人でした」ソフトバンク、米ケータイ3位買収もユーザーに利点なし?映 [全文を読む]

『ドラえもん』スペシャル対談! アニメ監督・芝山努×マンガ家・むぎわらしんたろう「藤子先生はコワくて本当にスゴい人でした」

週プレNEWS / 2012年09月12日06時00分

現在、『月刊コロコロコミック』にて野球マンガ『新ドラベース』を連載中 【関連ニュース】今年、生誕100年前! ドラえもんのひみつ道具が手に入ったらやってみたいこと『「のび太」という生き方』著者が語る、ダメ人間でも“勝ち組”になれる生き方細田 守「宮崎駿になりたくてアニメをやってるわけじゃない!」アニメーション監督 原恵一「エヴァやジブリは意識していません」 [全文を読む]

フォーカス