次回作 宮崎駿に関するニュース

『君の名は。』大ヒットで新海誠も“ポスト宮崎”!? 細田、庵野……“ポスト宮崎”といわれたクリエーターたち

おたぽる / 2016年09月22日21時00分

次回作は今のところ明言されていないようだが、果たしてどんな作品を見せてくれるのだろうか。SNSなどもやっていないようで、なかなか声が聞こえてこないが、その動向が気になるところ。 なお、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが「日本アニメの後継者」と名言するのは、その宮崎吾朗ではなく、『エヴァンゲリオン』シリーズを手掛け、現在『シン・ゴジラ』が大ヒット中の庵 [全文を読む]

宮崎駿が長編映画に復帰へ 「大仁田厚並の引退詐欺」との声も

しらべぇ / 2017年02月25日08時30分

はやくも次回作に期待の声があがっている。・合わせて読みたい⇒ジブリ総選挙中間発表TOP5にトトロ入らず! しらべぇも調査してみた(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)※宮崎駿監督の「崎」は正しくは「﨑」だが、機種依存文字のため代用 [全文を読む]

宮崎駿監督、数えてみたら引退発言これで7回目

おたくま経済新聞 / 2013年09月03日14時33分

監督の次回作に期待があつまる? 画像: 絶賛公開中の宮崎駿監督最新作「風立ちぬ」HP http://kazetachinu.jp/ [全文を読む]

今敏、宮崎駿の影響を受けた!『新感染』監督が語る韓国アニメーション業界の実状

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月31日21時40分

次回作は、『ソウル・ステーション/パンデミック』でヒロインの声、『新感染 ファイナル・エクスプレス』では第一感染者を演じたシム・ウンギョンと再び縁を結び、引き続き実写映画のメガホンを取る。(編集部・吉田唯) [全文を読む]

韓国人も大喜び!宮崎駿監督が引退を撤回、「毛虫のボロ」で復帰へ=「もはや日本人は誰も信じない(笑)」「冷え切った韓国人の心を癒して」

Record China / 2016年11月15日21時20分

米メディア「ギズモード」は14日、宮崎監督があるテレビ番組に出演し、次回作について言及したと報じた。次回作の題名は「毛虫のボロ」。宮崎監督が長年温めてきたストーリで、小さくて弱い毛虫が主人公だという。宮崎監督は「2020年に開催される第32回東京五輪に合わせて映画を発表する予定」とし、「『毛虫のボロ』は20年以上前から計画してきたプロジェクト」と明らかに [全文を読む]

やっぱり引退撤回!?スタジオジブリ宮崎駿監督が早くも映画製作に意欲?

おたぽる / 2014年01月03日21時00分

すべてをやり遂げた末の大往生では、数多の次回作を構想しながら......であろう。すでに72歳の宮崎監督が、残りの人生で生み出す作品を期待して止まない。 (文/昼間 たかし) [全文を読む]

宮崎駿引退の裏で実写版「魔女の宅急便」に白い目

アサ芸プラス / 2013年09月06日10時00分

累計興行収入80億円を突破し(8月26日現在)、次回作にも期待がかかる中での衝撃ニュースに、新聞やテレビは大きく取り上げ、その偉大な功績を称えた。だが、その裏でビミョーな空気となっているのが、14年3月1日公開予定の実写版「魔女の宅急便」だ。 言うまでもなく、宮崎監督の代表作。ヒロインのキキ役には、「イオン&オスカープロモーションガールズオーディション20 [全文を読む]

映画賞を席巻! 日本を舞台に描くストップモーションアニメがついに上陸『KUBO』

CinemaCafe.net / 2017年08月24日17時00分

監督を務めたのは、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ最新作も控えたトラヴィス・ナイト。また、最先端クリエーターたちが壮大なセットの中で人形や美術を1コマ1コマ動かし、1秒間の映像のために24枚の写真を撮影しながら作り上げた努力と愛情の結晶に命を吹き込むボイスキャストには、シャーリーズ・セロン(サル)、マシュー [全文を読む]

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」11月18日公開 ストップアニメーションで“古き日本”を描く

アニメ!アニメ! / 2017年08月24日17時00分

本作の監督は次回作に「トランスフォーマー」シリーズも控えたトラヴィス・ナイトが担当。黒澤明や宮崎駿を敬愛するクリエイターが、日本からインスパイアされた世界観を作り上げた。 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』 11月18日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー 監督:トラヴィス・ナイト 声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノ [全文を読む]

米アニメスタジオ渾身の日本絵巻『KUBO/クボ』11月日本公開!ポスター&映像解禁

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年08月24日17時00分

メガホンを取ったのは、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作には『トランスフォーマー』シリーズ最新作が控えているトラヴィス・ナイト監督だ。個性的なキャラクターたちの声優は、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラなど、ハリウッドを代表する俳優陣が務めている。 解禁されたポスターには、トラヴィス監督が葛飾北 [全文を読む]

闇の魔力を持つ祖父に目を奪われた少年…日本昔話風ハリウッドアニメ『KUBO』11月に日本公開へ

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月24日17時00分

日本の寓話をベースに描かれた壮大な物語を作り上げた本作の監督は、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』シリーズ初のスピンオフ『バンブルビー(原題) / Bumblebee』も控えているトラヴィス・ナイト。 ポスタービジュアルでも、葛飾北斎にインスパイアを受けたというナイト監督のセンスが爆発しており、大波と月を背に主人公のク [全文を読む]

日本を舞台にしたストップモーションアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公開日決定!

ハリウッドニュース / 2017年08月24日17時00分

監督には、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで次回作に『トランスフォーマー』シリーズ最新作も控えた今や映画界最注目のトラヴィス・ナイト。またボイスキャストを務めるのは、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラら、超豪華俳優陣。ライカの最先端クリエーターたちが壮大なセットの中で人形や美術を1コマ1コマ動かし、1秒間 [全文を読む]

師匠とはひと味違った期待作 この夏、新「魔女」誕生

OVO [オーヴォ] / 2017年06月02日16時44分

相変わらずのアニメ優位で、先ごろ活動を再開した宮崎駿監督の次回作に国内外の関心が集まるなど、アニメ界の話題は尽きない。 ことし7月8日には、スタジオ・ジブリ出身、米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』が公開される。米林氏の長編3作目。「まったく新しい魔女映画が誕生」の宣伝文句が踊っており、師匠宮崎監督の『魔女の宅急便』とはまた一味違った、新しい「魔法の世界」が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鬼才ジョージ・ミラー監督「私にとっての“神”は宮崎駿」。次回『マッドマックス』にはマンウィズ出演も!?

TechinsightJapan / 2015年06月05日18時20分

次回作に出演できるかというジョニーの質問には、「被り物で出てくれたら凄いかな?」と笑いながらジョークで返した。“本物の車輪”“本物の砂漠”と同作品の中で“本物”にこだわったというミラー監督は、「130日間連続の砂漠での撮影は危険も伴った。疲労感がたまるので安全面を確保するのが大変だった」と振り返る。激しいカーアクションは“諦めよう、できないのではないか?” [全文を読む]

スタジオジブリ制作部門解体発言でも話題に! 『情熱大陸』がとらえた鈴木敏夫氏の姿

おたぽる / 2014年08月05日22時00分

果たして今後のスタジオジブリの行くすえは? 一抹の不安はあるものの、スタジオジブリの次回作を期待して待ちたいところだ。 [全文を読む]

レトロフューチャー好き必見! スチームパンクな加湿器を自作した猛者が現れる

ガジェット通信 / 2013年06月27日15時00分

その道を究めつつあるフリスクPさんの次回作が楽しみである。 【ニコニコ動画】ふにゃ~。加湿するのです。スチームパンクだけに!【自動鞴式加湿器】 ※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。 [全文を読む]

『ドラえもん』スペシャル対談! アニメ監督・芝山努×マンガ家・むぎわらしんたろう「藤子先生はコワくて本当にスゴい人でした」

週プレNEWS / 2012年09月12日06時00分

その『ねじ巻き』の次回作は『のび太の南海大冒険』なんですけど、これは先生が描いたコミックスの最終巻(45巻)の表紙が、ドラえもんが帆船を持っているイラストだったのをヒントに描き始めたんです。この原作を描いたときは、プレッシャーよりも「ひみつ道具を自由に使って描ける!」という楽しさがすごくありました。 芝山 僕は、先生が亡くなられてからの映画づくりはつらかっ [全文を読む]

フォーカス