宮崎駿 紅の豚に関するニュース

ため息が出るほど美しい!ジブリ映画の舞台にもなった絶景まとめ

TABIZINE / 2016年02月19日16時00分

特に宮崎駿監督の作品はテレビ放映されるたびに高い視聴率を稼ぎだすといいますから、さすがです。 そこで今回はジブリ映画の中でも、宮崎駿監督の作品に影響を与えたという舞台やモデルの土地をまとめます。 もののけ姫 屋久島 最初は『もののけ姫』。こちらのモデルとなった場所は、想像の通り鹿児島県にある世界遺産の屋久島です。 国立公園にも指定される同島は、種子島を対岸 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(3)

Woman Insight / 2014年10月07日22時00分

今、日本が進むべき道は?──『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者、創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、宮崎作品からにじみ出る現代の日本の姿をうかがいました。 ★1回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1) ★2回目はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2) Woman Insi [全文を読む]

「風と共に去りぬ」

NewsCafe / 2013年09月13日15時00分

「日本のディズニー・世界的なアニメ界の天才」と評され、女性のファンが多いスタジオ・ジブリの「宮崎駿監督」が、彼にとって思い出深い「ベネチア映画祭」の渦中で引退を表明した。最後の大作「風立ちぬ」がラスト作品となった。平成9年頃(多分・もののけ姫が上映されたころ)武蔵野市にあるスタジオ・ジブリを彼の片腕の鈴木プロデューサーを訪ねて訪問したことがある。およそ会社 [全文を読む]

「すてきなジブリ作品をもっと残してほしい」 宮崎駿監督引退「まだ早いと思う」約半数

PR TIMES / 2013年09月05日15時11分

ITソリューション・アプリケーションのサービス提供を行う株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代20代男女500人に「スタジオジブリ映画監督の宮崎駿さん引退」についてのアンケートを実施しました。【調査結果要約】◆ 「あなたは宮崎駿監督が長編映画製作から引退すること [全文を読む]

「真偽を確認しないまま放送に至り」 宫崎駿監督引退に関する発言の紹介でフジ『ワイドナショー』がお詫び

ガジェット通信 / 2017年05月29日17時50分

2017年5月28日(日)10:00~11:15放送の「ワイドナショー」において「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」という内容を放送いたしました。 その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。 真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様に [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(2)

Woman Insight / 2014年10月05日22時00分

「平和学」という新たな視点からジブリ作品を読み解き、早くも話題を呼んでいる新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』。著者の創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんにお話をうかがっています。前回の『風立ちぬ』に引き続き、今回は『風の谷のナウシカ』と『天空の城ラピュタ』について語っていただきました。 ★前回はコチラ→ 「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著 [全文を読む]

宮崎駿監督、数えてみたら引退発言これで7回目

おたくま経済新聞 / 2013年09月03日14時33分

9月1日、日本全国をある報道が駆け巡った……宮崎駿監督引退。日本アニメ界を長年に渡り牽引しつづけてきた宮崎駿監督の引退をスタジオジブリが発表したのだ。 実は宮崎監督が引退をほのめかしたのはこれが初めてではない。調べてみたところ、最低でもこれまで7回そうした発言を繰り返していることが分かった。 ・第1回 1986年:天空の城ラピュタ ・第2回 1992年:紅 [全文を読む]

ワイドナショー「宮崎駿監督の引退宣言集」はデマ! ネタツイートをそのまま放送、松本は「7回はひどい」と宮崎批判

リテラ / 2017年05月29日11時00分

しかし、問題なのはその代わりに取り上げられた宮崎駿監督のニュースだった。視聴者から「映画監督の宮崎駿さんが引退を撤回して再び映画の制作を始めるというニュースを見ました。皆さんはどう思いますか? 誰のために、いつまで続けるべきだと思いますか?」という質問が寄せられたときのこと。まず、アナウンサーから宮崎監督の引退とその撤回の流れについて紹介された。 そもそ [全文を読む]

宮崎駿氏の事実上の「引退撤回」に、韓国ネットからも期待の声=「ジブリ再起動だ!」

Record China / 2017年02月25日14時30分

2017年2月24日、引退を宣言していた宮崎駿氏が長編映画の製作を準備していると報じられた。これは中国でも大きな話題となったほか、韓国でも注目を集めている。 韓国・聯合ニュースは同日、「宮崎駿氏が引退を撤回し新作を作る計画である」と伝えた。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、米ロサンゼルスで23日(現地時間)開かれたイベントで、宮崎氏が新作長編を準備 [全文を読む]

やっぱり駿? それとも新時代に賭ける? 現実の選挙を超える盛り上がりの「スタジオジブリ総選挙」がアツすぎる!

おたぽる / 2016年08月22日20時00分

やはり宮崎駿派の勢力は強いようで、他監督の対抗馬としては『耳をすませば』(近藤喜文監督)がなんとか上位に食い込み、一矢報いるかどうかという程度だと思われる。 そんな予想も飛び交う中、22日の中間発表では、予想通りと言うべきか、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』(公開年順)といった駿作品が上位5作品を総 [全文を読む]

「もう見飽きた」と思う宮崎駿監督&ジブリ映画ランキング 第1位は…

しらべぇ / 2017年07月06日17時00分

宮崎駿監督の出世作ということもあってか、テレビ放映回数は最多の17回。その放送回数が裏目に出たのかも…。 ■3位:ルパン三世 カリオストロの城(105票)宮崎駿の映画初監督作品で、放映15回を数える『カリオストロの城』がTOP3にランク入り。このランキングではもっとも古い作品となるため、飽きてしまう人も多かったのかもしれない。 ■2位:火垂るの墓(108票 [全文を読む]

【朗報】またか何度目だ!「宮崎駿監督復活」に海外ファンも大歓喜!

秒刊SUNDAY / 2016年11月14日23時11分

先日放送されたドキュメンタリー番組「終わらない人 宮崎駿」(NHK総合)で宮崎駿監督が長編アニメ制作で復帰に意欲を燃やしているということがわかり、ジブリファンは大いに喜んだ。それは日本国内だけでなく、このニュースが北米最大規模のアニメ紹介サイト、アニメニューズネットワーク(Anime News Network)で紹介されると、海外の宮崎アニメファンからも喜 [全文を読む]

上條恒彦 まず観客を信頼することからすべてが始まる

NEWSポストセブン / 2016年05月05日07時00分

* * * 上條恒彦は『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』と、宮崎駿監督のアニメ映画に続けて声優として出演している。「『紅の豚』のマンマユート団のボス役は僕の当て書きみたいに見えますが、他に予定していた人が駄目になって回ってきたみたいです。あのアテレコはデジタル録音なので共演者は一緒にいなくて僕一人でやっていました。で、画面に向かって芝居していて [全文を読む]

中山美穂の元カレ・渋谷慶一郎が「紅の豚にそっくり」と大反響!

アサジョ / 2016年04月10日09時59分

「黒い丸型サングラスをかけた渋谷は、誰が見ても宮崎駿作品の『紅の豚』に出てくるポルコ・ロッソによく似ています。中山の全盛期を知っている40代以上の女性の中には『あのミポリンの元カレがこれか』と嘆き悲しむ人まで出ているほどです」(女性誌編集者) 初舞台のことよりも、恋愛ばかりが話題になってしまう中山。もうすぐ始まる全国ツアーでは、歌手として大きな話題になれば [全文を読む]

【進撃の巨人のモデルはココだ!】世界に点在する驚きの城塞都市とは

IGNITE / 2014年11月15日10時40分

宮崎駿監督の『紅の豚』の舞台になっているともいわれています。 [全文を読む]

弁護士が一番好きな宮崎アニメは「トトロ」 初期の作品に人気が集中

弁護士ドットコムニュース / 2013年09月07日15時00分

日本を代表する数々の人気アニメをてがけてきた宮崎駿監督が9月6日、東京都内で開かれた記者会見で、長編映画の製作から引退することを正式に表明した。宮崎監督はこれまで引退表明をしながら復活した過去が何回かあるが、「今回は本気です」「自分の長編アニメの時代は終わった」と会見の中で語っている。宮崎監督のアニメは多くの人を魅了し、小さな子どもからお年寄りまで幅広く愛 [全文を読む]

宮崎駿監督引退、国内外の反応を整理「ディズニーを超えた」「また“引退詐欺”」

Business Journal / 2013年09月06日13時00分

7月20日に公開され大ヒット上映中の映画『風立ちぬ』を最後に、長編映画製作から退く宮崎駿監督が、本日9月6日14時から記者会見を行う。 これまで数々の名作を送り出してきた宮崎監督。引退を惜しむ気持ちもあってか、2ちゃんねるやツイッター上では「引退詐欺」の常習犯だとして、次のような“コピペ”が出回っている。「86年『ラピュタ』→宮崎、コケて引退をほのめかす [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

その後、氏家サンが一時失脚しても両社の関係は続き、92年に氏家サンが日テレに戻ると、日テレの開局40周年のロゴマークをジブリの宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーに依頼することになった。責任者は前述の岩崎達也サンである。そして生まれたのが――映画『紅の豚』のオープニングに登場するブタのマーク「なんだろう」だった。■電波少年とTプロデューサー 90年代半ば、 [全文を読む]

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館で開催

PR TIMES / 2016年10月06日09時28分

スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた。唯一の長編監督作品「耳をすませば」(1995年)で大成功を収めるが、その後しばらくして急逝した。主な関連作品「未来少年コナン」1987年/「赤毛のアン」1979年/「名探偵ホームズ」1982年/「リトル・ニモ」(パイロットフィルム)1984年/「火垂るの墓」1988年/「魔女の宅急便」198 [全文を読む]

ジブリの宮崎アニメの乗り物で、空想旅行に出かけませんか?

TABIZINE / 2016年09月14日16時00分

いつまでも人々を魅了してやまない、宮崎駿さんのアニメーション作品。そんな中でも、宮崎さんの生み出した数々の乗り物達は、旅人の空想をしきりに掻き立てます。今回は思い切って、そんな素敵な乗り物に乗って空想旅行に出かけてみたいと思います! 『メーヴェ』で風の谷を抜け出して(from風の谷のナウシカ) 風の谷の蟲を愛でる姫の愛機と言えば、もちろんメーヴェです。ドイ [全文を読む]

フォーカス