宮崎駿 魔女の宅急便に関するニュース

自身の父の姿を見て泣きそうになった思い出を胸に だいすけお兄さん『魔女の宅急便』スタート!【前編】

Woman.excite / 2017年05月31日12時29分

1989年にスタジオジブリが宮崎駿監督でアニメーション映画化し大ヒットし、日本のみならず世界的に有名な作品となる。今なお色あせない「魔女の宅急便」が、若手新進気鋭の制作チームにより、新脚本・新演出のミュージカルとして上演決定。東京公演 2017年6月1日(木)~4日(日)大阪公演 2017年8月31日(木)~9月3日(日)ミュージカル 魔女の宅急便 公式ホ [全文を読む]

「すてきなジブリ作品をもっと残してほしい」 宮崎駿監督引退「まだ早いと思う」約半数

PR TIMES / 2013年09月05日15時11分

ITソリューション・アプリケーションのサービス提供を行う株式会社リビジェン(URL:http://www.livigen.co.jp、本社:東京都港区、代表取締役:孫 尚均)は、全国の10代20代男女500人に「スタジオジブリ映画監督の宮崎駿さん引退」についてのアンケートを実施しました。【調査結果要約】◆ 「あなたは宮崎駿監督が長編映画製作から引退すること [全文を読む]

ジブリ退社の米林監督『メアリと魔女の花』は『魔女の宅急便』とは明らかな違いがある【後編】

Woman.excite / 2017年07月14日01時00分

後編では、スタジオジブリの制作部解散後の葛藤や、新天地・スタジオポノックでの奮闘をはじめ、恩師である宮崎駿監督や高畑勲監督とのエピソードについて語ってもらいました。>>前編はこちら (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会■スタジオジブリ退社後、喫茶店で始めた脚本作りスタジオポノックを立ち上げたのは、『思い出のマーニー』(14)で米林監督と組んだ、元ス [全文を読む]

ため息が出るほど美しい!ジブリ映画の舞台にもなった絶景まとめ

TABIZINE / 2016年02月19日16時00分

特に宮崎駿監督の作品はテレビ放映されるたびに高い視聴率を稼ぎだすといいますから、さすがです。 そこで今回はジブリ映画の中でも、宮崎駿監督の作品に影響を与えたという舞台やモデルの土地をまとめます。 もののけ姫 屋久島 最初は『もののけ姫』。こちらのモデルとなった場所は、想像の通り鹿児島県にある世界遺産の屋久島です。 国立公園にも指定される同島は、種子島を対岸 [全文を読む]

『魔女の宅急便』“キキの部屋”に泊まれる!小芝風花が思い出の品をお届け

Woman Insight / 2014年09月19日15時00分

宮崎駿 監督の人気アニメーションとして有名な『魔女の宅急便』の実写版映画が、9月19日(金)からブルーレイ・DVDをリリース。これを記念して、今年開業50周年を迎えた「東京プリンスホテル」とのコラボレーション企画が登場します! ひとつは、1日1室限定の「魔女の宅急便 コンセプトルーム」。プリンセススイートルームが、まるでそこにヒロイン・キキがいるかのような [全文を読む]

「風と共に去りぬ」

NewsCafe / 2013年09月13日15時00分

「日本のディズニー・世界的なアニメ界の天才」と評され、女性のファンが多いスタジオ・ジブリの「宮崎駿監督」が、彼にとって思い出深い「ベネチア映画祭」の渦中で引退を表明した。最後の大作「風立ちぬ」がラスト作品となった。平成9年頃(多分・もののけ姫が上映されたころ)武蔵野市にあるスタジオ・ジブリを彼の片腕の鈴木プロデューサーを訪ねて訪問したことがある。およそ会社 [全文を読む]

『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』放送決定! “バルス祭り”開催にネットが沸く!!

おたぽる / 2016年01月05日20時00分

宮崎駿が監督を務めた、スタジオジブリ代表作の『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』。ジブリ作品の特集をたびたび組むことで知られる『金曜ロードSHOW!』(2012年以前は『金曜ロードショー』)で、この2作も例外ではなく、『天空の城ラピュタ』は過去14回、『魔女の宅急便』は過去12回放送されており、今回、『天空の城ラピュタ』は約3年ぶりに、『魔女の宅急便』は [全文を読む]

全国の「おいしい」を「笑顔」と一緒にお届け。 「和民」と映画「魔女の宅急便」がタイアップ

PR TIMES / 2014年03月07日16時31分

希望と不安を胸に13歳の少女がほうきに乗って空を飛び回る見習い魔女の冒険は、1989年に宮崎駿によりアニメーション映画に、1993年には蜷川幸雄の手でミュージカルとなり、いずれも大ヒットを記録してきました。そして2009年、第6巻が刊行され、シリーズ完結を機に『実写化を』という原作者の強い思いから、今回、初の実写映画が誕生しました。 ■企画概要 【実施期間 [全文を読む]

出前館×「魔女の宅急便」タイアップ企画 ~あなたの街にキキがお届けします~ お届け先応募 2013年12月9日(月)開始!

PR TIMES / 2013年12月09日13時18分

世界的なロングセラーとして愛される本作は、1989年に宮崎駿によりアニメーション映画となり、空前のヒットを記録。さらに1993年には演出家・蜷川幸雄の手でミュージカルに。そして2009年、シリーズ完結を機に「実写化を」という原作者の強い思いにより、初の実写映画化が決定。 [全文を読む]

「ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論」著者インタビュー(1)

Woman Insight / 2014年10月04日21時00分

数々の作品を「平和学」の視点で読み解くと、いったい何が見えてくるのか? 10月1日に発売されたばかりの新書『ジブリアニメから学ぶ宮崎駿の平和論』の著者である創価大学平和問題研究所助教・秋元大輔さんに、ジブリ作品の平和学的な考察をうかがいました。 Woman Insight (以下、WI) まず、「平和学」というものは、どんな学問になるのでしょう? 秋元大輔 [全文を読む]

宮崎駿監督の弟子たち・西村義明Pが感じる師匠への思い 『メアリと魔女の花』がついに公開!【前編】

Woman.excite / 2017年07月12日16時00分

その渾身の映画『メアリと魔女の花』の制作秘話や、宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーから得たもの、また現役復帰宣言をされた宮崎監督への思いについてもうかがいました。■ジブリ退社後の苦労を激白イベント登壇時、10kg痩せたと言っていた西村プロデューサーが、独立後の苦労を吐露しました。「ジブリのときは、ジブリという傘の下で守られていたんです。『かぐや [全文を読む]

限りなくジブリ作品に近いけど…話題作『メアリと魔女の花』は宮崎駿の魂を継承する魔法ファンタジーです【最新シネマ批評】

Pouch[ポーチ] / 2017年07月07日11時00分

【公開中☆最新シネマ批評】映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。今回ピックアップするのは、スタジオポノック第1回長編作品、米林宏昌監督の最新作『メアリと魔女の花』(2017年7月8日公開)です。米林監督は、大ヒットしたジブリアニメ『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の監督。ジブリを退社後、初めて [全文を読む]

『魔女の宅急便』キキが17歳のJKに! 『進撃の巨人』第3期も制作決定!!【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2017年06月19日21時00分

本日19日から全国で放送がスタートとなる日清食品のカップヌードルの新CMとして、宮崎駿が手掛けた『魔女の宅急便』のアナザーストーリーアニメが描かれることに! CMは「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」、『魔女の宅急便』の主人公・キキが17歳となり高校生活を送っており、同じく高校生になったとんぼに恋心を抱くといったストーリー。 キャラクターデザイン [全文を読む]

ジブリ映画、なぜ「面白くなく」ても必ず観客殺到?『君の名は。』ヒットはジブリのお陰?

Business Journal / 2017年04月23日06時00分

』の勢いをいまだ寄せ付けず、興行収入304億円で歴代邦画興行収入ランキング1位を記録しているのが、宮崎駿監督が手掛けたスタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』(2001年)。そして歴代邦画興行収入ランキングトップ10のなかには、以下のようにスタジオジブリ作品は多く存在する。・3位『ハウルの動く城』(04年/196億円)・4位『もののけ姫』(1997年/193 [全文を読む]

「ジブリ最新作キタァァァ!!!」 海外会社と共同制作のジブリ新作にファンは興味津々

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月19日15時00分

大学卒業後、アニメーターとして働き、TVアニメ「アルプスの少女ハイジ」「未来少年コナン」、映画「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」などを手掛けた宮崎駿と徳間書店が中心となり、1985年に同スタジオを設立。翌年、第1弾として「天空の城ラピュタ」が公開された。その後、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などの宮崎 [全文を読む]

『風立ちぬ』が100倍楽しくなる!? 宮崎駿ワールドとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月02日12時00分

宮崎駿ワールド大研究 (別冊宝島2016)』(宝島社)では、宮崎駿アニメの世界観をさまざまな角度から分析しており、新たな魅力を提示してくれる。 彼の作品には、知られざるさまざまな裏構造が存在すると言われる。『天空の城 ラピュタ』に描かれた悪役・ムスカと主人公パズーの関係がそのひとつだ。同書によると、ムスカと、パズーは、実は分身関係にあるという。2人の共通 [全文を読む]

[マイナビニュース 本音ランキング]『食べてみたい、ジブリ映画(宮崎駿監督作品に限る)に登場する食べ物ランキング』を発表!

PR TIMES / 2012年02月03日14時07分

今回は、『食べてみたい、ジブリ映画(宮崎駿監督作品に限る)に登場する食べ物ランキング』をご紹介します。Q.食べてみたい、ジブリ映画(宮崎駿監督作品に限る)に登場する食べ物は?(複数回答)------------------------------------------------------------------------男性編 ~『天空の城ラピュタ [全文を読む]

アカデミー賞に推す動きも? 『この世界の片隅で』全米公開、現地メディアが高評価

NewSphere / 2017年08月25日19時00分

戦争映画としてはユニークなタッチだとして話題になっており、片渕須直監督へは「ポスト宮崎駿」との賛辞が送られている。 ◆「戦時中の日常」という優れた着眼点 海外メディアが揃って評価するのは、作品の独特な視点だ。激しい戦闘や政治的駆け引きが主体の典型的な戦争映画とは一線を画し、本作では戦時中のごく普通の人々の日常にスポットライトを当てる。ニューヨーク・タイムズ [全文を読む]

【衝撃】『天空の城ラピュタ』に隠された暗号 / プロレスマニアが語るムスカの「真の名」の意味とは

ロケットニュース24 / 2017年08月07日07時45分

GO羽鳥「さらに言うなら、そんなムスカの魂を描ける宮崎駿監督もあるいはイギリス人……?」 ──メキシコ人ちゃうかったんかい。 P.K.サンジュン「ジブリ作品はヨーロッパを舞台にしたものが多いですよね? もしかしたら宮崎氏は、視察などでイギリスを訪れた際、ランカシャースタイルに触れたのかもしれません。 いや……イギリスマットの最盛期はむしろ戦前です。そう考 [全文を読む]

セカオワに突きつけた主題歌の役割 『メアリと魔女の花』は制作者の本気が試された作品【後編】

Woman.excite / 2017年07月12日16時01分

後編では、敢えて宮崎駿監督作『魔女の宅急便』と同じ“魔女”をモチーフにした理由や、杉咲花や神木隆之介の声優陣のキャスティング、SEKAI NO OWARIの主題歌「RAIN」の制作秘話などをお届けします。>>前編はこちら(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会『メアリと魔女の花』の主人公は、明るくて天真爛漫だけど、自分の赤毛にコンプレックスを抱えた少女 [全文を読む]

フォーカス