シングル 吉川晃司に関するニュース

吉川晃司がニコ生で「あの伝説」について語る!実は勘違いも!?

dwango.jp news / 2014年06月29日21時47分

吉川晃司が今年デビュー30周年を迎えた事を記念してコンプリート・シングル・コレクション『SINGLES+』(読み:シングルス・プラス)を6月25日にリリース。このリリースに合わせニコニコ生放送では30時間にも及ぶ特番がオンエアされ、吉川晃司本人が生出演を果たした。MCに荘口彰久を、そして芸人界きっての吉川晃司ファンであるお笑いコンビ・ダイノジ大地洋輔を迎え [全文を読む]

<吉川晃司>デビュー30周年記念したスペシャル番組がWOWOWとTBSチャンネルで合計8時間、一挙放送!

PR TIMES / 2014年08月23日10時16分

1984年2月にシングル「モニカ」でデビュー以降、常に日本のロックシーンをけん引し続けてきた。2011年には東日本大震災のチャリティー活動として、布袋寅泰との伝説のユニットCOMPLEXを再結成させ、大反響を呼び起こしたことは記憶に新しい。そんな吉川の30周年を記念し、特別番組を10/12(日)にWOWOWとTBSチャンネルで8時間一挙放送する。 また、9 [全文を読む]

吉川晃司がテレビアニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』のナレーションと主題歌を担当

okmusic UP's / 2013年06月22日13時30分

主題歌については、本年2月にリリースしたシングル「SAMURAI ROCK」を本作品のために、新たにアレンジを加えた「SAMURAI ROCK ~ 義風堂々!!ver.」となる。 【吉川晃司 コメント】 今回『義風堂々!! 兼続と慶次』にこの楽曲を重ねて頂いた事は非常にうれしいです。こんな時代だからこそ、これぐらいの見栄をきって、傾いて、いきたいなと思いま [全文を読む]

2枚のベストアルバムをフィーチャーした吉川晃司、全国ツアー初日の横浜アリーナ公演をWOWOWで独占放送!

PR TIMES / 2012年01月10日11時25分

1984年、シングル「モニカ」で鮮烈なデビュー。以来27年以上にわたり、ソロアーティストとして、COMPLEXとして、また俳優として、“唯一無二の存在”であり続ける吉川晃司。その圧倒的な存在感と類いまれな行動力は、音楽業界や芸能界の枠を超えて常に新しい「破壊と創造」を繰り返して来た。 テレビの音楽番組のセット上を「狭い!」と言わんばかりに暴れ回っていた10 [全文を読む]

吉川晃司のデビュー30周年を記念した特別番組が、WOWOWで7/6(日)2番組続けて放送!

PR TIMES / 2014年07月03日12時19分

1984年2月にシングル「モニカ」でデビュー以降、常に日本のロックシーンをけん引し続けてきた。2011年には東日本大震災のチャリティー活動として、布袋寅泰との伝説のユニットCOMPLEXを再結成させ、大反響を呼び起こしたことは記憶に新しい。そんな吉川の30周年を記念し、7月6日(日)に特別番組を2番組続けて放送。今年8月からはアニバーサリーツアーも開催する [全文を読む]

吉川晃司、30周年記念ライブ開催&30周年を彩る作品全4シリーズ発売を発表!

okmusic UP's / 2014年02月01日15時00分

【その他の画像】吉川晃司1984年2月1日、主演映画『すかんぴんウォーク』主題歌であるシングル「モニカ」で衝撃デビューを果たし、以来、シンガーとして俳優として、圧倒的な存在感を放ち、時代を席巻してきた稀代のエンターテイナー吉川晃司。 2014年2月1日、デビュー30周年を迎えるにあたり、 「この30年を共に闘ってきた同志(ファン)の皆様と大いに楽しもう! [全文を読む]

ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日~新たなる挑戦・日本一心~ いよいよ今週1月20日(金)WOWOWにてオンエア!

PR TIMES / 2012年01月18日19時25分

1984年・18歳の時、シングル「モニカ」と主演映画『すかんぴんウォーク』で同時デビューした彼は、瞬く間に新時代のロックシーンをリードした。デビューから27年目の現在も進化を続け、各地で“シンバルキック”と呼ばれる、頭上のシンバルを旋風脚で蹴り上げるアクションで客席を沸かせている。その生き方や佇まいは、“カッコイイ兄貴な男”として世代を超えて人気が高い。そ [全文を読む]

吉川晃司、歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズ史上初のテーマソングを書き下ろし

okmusic UP's / 2015年12月10日13時30分

また、配信用シングルのジャケットには、『三國志13』開発チームが総力を挙げて特別に描き下ろした、オリジナル武将「吉川晃司」も登場する。2016年の吉川晃司は、第1弾シングル「Dance To The Future」から幕を開け、6月からは全国ツアーもスタートする。ますます充実し目が離せない吉川晃司の活動に是非ご注目いただきたい。【吉川晃司 本人コメント】「 [全文を読む]

吉川晃司、新レーベル第1弾作品「SAMURAI ROCK」渾身のMVが完成

リッスンジャパン / 2013年01月17日13時00分

昨年末、レコード会社をワーナーミュージックに移籍し、SAMURAI ROCKレーベルを立ち上げることを発表した吉川晃司が、2月13日にリリースする移籍第1弾シングル「SAMURAI ROCK」のミュージックビデオが完成した。新曲「SAMURAI ROCK」のMVは、大河ドラマ『龍馬伝』などの演出で高い評価を得たことで知られ、昨年吉川が出演した映画『るろうに [全文を読む]

「Fan+(ファンプラス)」に新ショップ「'80年代J-POP GARDEN~LIVE&TALK session」登場!

@Press / 2012年11月12日17時30分

2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。その後、沢田研二、中森明菜、山下久美子、吉川晃司etc.へシングル曲提供。メロディー・メイカーとしての才能を世間に認知させる。★1983年6月にEpic Sonyよりソロ・デビュー。「そして僕は途方に暮れる」等の大ヒットでシンガーとしての地位を不動のものとする。ソロ・アルバムを数多く発表する傍ら、吉川晃司、アン [全文を読む]

吉川晃司、『三國志13』テーマソング「Dance To The Future」配信開始~レコチョク限定特典、ゲーム内で使えるオリジナル武将「吉川晃司」登場~

PR TIMES / 2016年01月28日11時18分

[画像1: http://prtimes.jp/i/2747/625/resize/d2747-625-501842-1.jpg ]株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一)は、2016年1月28日(木)より吉川晃司のニュー・シングル「Dance To The Future」(2曲入り500円)を配信開始、レコチョク限定特典として、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】岡村靖幸と対談したロンブー・淳が興奮。「オーラが半端なかった」

TechinsightJapan / 2014年08月31日20時35分

1986年12月に『OUT OF BLUE』でシングルデビューすると、渡辺美里や尾崎豊と肩を並べる人気アーティストとなる。 その後も、シンガーソングライターや音楽プロデューサーとして様々なアーティストの作品にも関わり活躍を続けていたが、覚せい剤取締法違反での逮捕が続く。2008年に3度目の逮捕で懲役2年の実刑判決を受けた。 2011年から活動を再開してシン [全文を読む]

吉川晃司、30周年記念ライブ『SINGLES+』が大阪オリックス劇場よりスタート!

okmusic UP's / 2014年08月25日13時00分

今年デビュー30周年に突入し、6月25日にはコンプリート・シングル・コレクション『SINGLES+』をリリースした吉川晃司が、8月23日と24日の大阪オリックス劇場より『SINGLES+』 を携えた30周年記念ツアー『KIKKAWA KOJI LIVE 2014 30th Anniversary LIVE “SINGLES+"』をスタートした。【その他の画 [全文を読む]

吉川晃司、8月16日(土)に日本武道館にてスペシャルバースデーライヴの実施を発表

okmusic UP's / 2014年06月27日00時00分

1984年2月1日、シングル「モニカ」(主演映画『すかんぴんウォーク』主題歌)で衝撃デビューを果した吉川晃司が、今年デビュー30周年を迎えた事を記念し、コンプリートシングルコレクション『SINGLES+』(読み:シングルス・プラス)を6月25日にリリースした。そして、このリリースに合わせてニコニコ生放送では30時間にも及ぶ特番がオンエアされ、同日25日の夜 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「原田真二」(1)高校時代は毎日が音楽漬けでしたね

アサ芸プラス / 2017年09月15日05時57分

77年、18歳でシングル「てぃーんず ぶるーす」でデビュー。続いて「キャンディ」「シャドー・ボクサー」と3カ月連続でシングルを発売、3曲同時にオリコンベスト20入り、日本音楽史上初の快挙となる。78年発売のファースト・アルバム「FeelHappy」はオリコン史上初となる初登場1位を獲得。80年には個人事務所を設立、よりロック色の強い方向へ活動をシフト。松田 [全文を読む]

『KIRIN BEER “Good Luck ” LIVE』大澤誉志幸が生演奏!あの名曲を披露!

PR TIMES / 2017年02月16日13時59分

二枚のシングルと一枚のアルバムをリリースする。 その後、沢田研二、中森明菜、山下久美子、吉川晃司らへシングル曲を提供し、メロディー・メイカーとしての才能を世間に認知させる。1983年6月、Epic sonyよりソロデビュー。「そして僕は途方に暮れる」等の大ヒットでシンガーとしての地位を不動のものとする。 ソロ・アルバムを数多く発表する傍ら、吉川晃司、アンル [全文を読む]

侍ジャパンを徹底応援!2017 WORLD BASEBALL CLASSIC(TM) (WBC)中継テーマソング 吉川晃司「SAMURAI ROCK」に決定!

PR TIMES / 2017年02月09日16時11分

その中継テーマソングに決定した「SAMURAI ROCK」は、吉川晃司が2013年に自身のレーベル “SAMURAI ROCK” を設立し、第一弾シングルとしてリリースした楽曲で、イントロから始まり全編にわたり強烈なギターリフが全開のソリッドなロック・トラックに“サムライ・スピリット”を凝縮した直球のメッセージ・ソングです。「SAMURAI ROCK」で侍 [全文を読む]

吉川晃司、キャリア初の東京体育館でのステージがWOWOWで独占放送決定 !

Entame Plex / 2016年10月14日18時43分

そして、一昨年シングルリリースされ、今回アルバムに初収録された「Dream On」。同じ時代を歩む仲間、“同志”を慈しむ視点。吉川の深い共感と祈りにも似た願いが、綴られた言葉から、噛み締める様な歌声から伝わってきた。あまりにも感動的な“うた”がそこにあった。 かつて、あらゆる壁をぶち壊そうとやみくもに疾走していた若き日の吉川には、パンキッシュな初期衝動があ [全文を読む]

吉川晃司の最新ライブツアーファイナル公演を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年10月13日18時10分

続いて、おととしシングルリリースされ、今回アルバムに初収録された「Dream On」を披露。あまりにも感動的な“うた”がそこにあった。 吉川の、その真っ直ぐな“生きざま=LIVE”を刻み込んだステージを番組で見届けよう。 [全文を読む]

吉川晃司の最新全国ツアーファイナル。キャリア初の東京体育館でのステージを10月16日(日)にWOWOWで独占放送!

PR TIMES / 2016年10月13日13時33分

そして、一昨年シングルリリースされ、今回アルバムに初収録された「Dream On」。同じ時代を歩む仲間、“同志”を慈しむ視点。吉川の深い共感と祈りにも似た願いが、綴られた言葉から、噛み締める様な歌声から伝わってきた。あまりにも感動的な“うた”がそこにあった。[画像3: http://prtimes.jp/i/1355/3368/resize/d1355-3 [全文を読む]

フォーカス