水球 吉川晃司に関するニュース

今初めて明かされる吉川晃司の苦悩と葛藤、そして真摯な想いとは。「日本一心」を掲げて、激動の2011年を愚直なまでに駆け抜けた吉川晃司に密着!映像と書籍が連動した全く新しいドキュメント、ついに解禁!

PR TIMES / 2012年01月12日15時15分

仙台・広島・神戸など、ツアー先での吉川の姿も交えながら、吉川の動きを追い、広島・修道高校時代の水球部のチームメイトを含む同級生たちの証言など、「人間・吉川晃司」のルーツを辿り貴重なインタビューも収録。デビュー映画「すかんぴんウォーク」監督の大森一樹氏、吉川晃司をモデルにしたキャラクターが登場することが話題となった1980年代の人気漫画「TO-Y」作者の上條 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

吉川もまた、中学時代から水球の選手として活躍し、高校では世界ジュニア水球選手権大会の日本代表に選ばれるなど、抜群の身体能力と運動センスの持ち主。さらに「ケンカが強い芸能人」などの雑誌やテレビの特集では、必ず上位に上がってくるほどケンカ上手として有名だ。実際に、親友の故尾崎豊の形見のギターを蹴った知人と殴り合いになり、鼻骨および肋骨を骨折させるほどのパンチを [全文を読む]

氣志團・綾小路翔が北方謙三と「かかってこいよ」!? 現実社会で縛れない“梁山泊”な男たちとは

週プレNEWS / 2016年12月18日11時00分

なんで強いかって、水球やってたんだよね。水球ってのは水の中じゃ喧嘩なんだと」 綾小路「ヒクソン・グレイシーにも『水中だったら絶対勝てる』って言ってましたからね」 北方「水の中で一発締められたらアウトだろ(笑)」 そんな暴露トークが盛り上がる中、ある格闘家ふたりと吉川氏がプライベートでやりあったという秘話も北方氏から明かされたが…。 綾小路「結局、吉川晃司さ [全文を読む]

吉川晃司、来年1月に東京五輪会場で追加公演 年内開業1万人アリーナ2days

ORICON NEWS / 2017年09月13日15時03分

10代の頃は水球でオリンピック出場を夢見ていた吉川は「全力で水球に打ち込んでいたので、オリンピックの会場となる場所で歌うのは身震いしますね。己の三十何年間の集大成にして、運命の会場になるんだろうなと思っています」と胸を高鳴らせている。 [全文を読む]

吉川晃司、キャリア初の東京体育館でのステージがWOWOWで独占放送決定 !

Entame Plex / 2016年10月14日18時43分

アンコールで披露されたのは水球日本代表ポセイドン・ジャパン公式応援ソングとして書き下ろされた「Over The Rainbow」。そして、一昨年シングルリリースされ、今回アルバムに初収録された「Dream On」。同じ時代を歩む仲間、“同志”を慈しむ視点。吉川の深い共感と祈りにも似た願いが、綴られた言葉から、噛み締める様な歌声から伝わってきた。あまりにも [全文を読む]

吉川晃司の最新全国ツアーファイナル。キャリア初の東京体育館でのステージを10月16日(日)にWOWOWで独占放送!

PR TIMES / 2016年10月13日13時33分

水球日本代表ポセイドン・ジャパン公式応援ソングとして書き下ろされた「Over The Rainbow」。そして、一昨年シングルリリースされ、今回アルバムに初収録された「Dream On」。同じ時代を歩む仲間、“同志”を慈しむ視点。吉川の深い共感と祈りにも似た願いが、綴られた言葉から、噛み締める様な歌声から伝わってきた。あまりにも感動的な“うた”がそこにあっ [全文を読む]

吉川晃司の反骨がすごい!「俺は現政権がでえっ嫌い」と堂々発言、スポンサーの圧力に負けず反原発メッセージ

リテラ / 2016年06月05日12時00分

普通、有名人の被災地ボランティアというと、炊き出しなど負担の少ない作業に参加するのが一般的だが、水球で鍛えあげ体力に自信のある彼は敢えて瓦礫の撤去作業に加わることになる。そこで見た光景は、吉川の人生観をがらりと変えてしまうものだった。「おこがましい話ですけどね。僕は被災地で、死ぬまで忘れられない光景をいっぱい見たんです。と同時に、自分の無力さを痛感した。 [全文を読む]

【動画】吉川晃司の始球式がカッコ良すぎる 「さすがモニカ」の声

AOLニュース / 2013年08月07日11時20分

「おじさまになってからメキメキカッコ良くなってる!」 「マエケンと並んでも見劣りしない」 「北別府が褒めてる」 「高校時代に水球で世界ジュニア最優秀選手やったし、身体能力はスゴいやろ」 「さすが新庄が憧れてただけのことはある」 「遠目から見ると現役プロ野球選手に見える恵まれた体格」 「生き様がかっこいいよなこの人は」 などなど、何をやらせてもプロ顔負けの [全文を読む]

吉川晃司、来年1月2Days追加公演を発表!

Entame Plex / 2017年09月13日09時45分

「10代の頃はオリンピックの選手を夢見て、全力で水球に打ち込んでいたので、オリンピックの会場となる場所で歌うのは身震いしますね。己の30何年間の集大成にして、運命の会場になるんだろうなと思っています」と語っている。 [全文を読む]

ドラマ『下町ロケット』ヒットの理由、実は…。小泉、今田は来年結婚も?

週プレNEWS / 2015年12月20日06時00分

学生時代は水球の選手だったそうですが、マイクスタンドを蹴っ飛ばして歌い出してから運気が上がったのはそのせいですかね(笑)。刀を持つ侍役もピッタリですねぇ。 さて、「ガウディ編」の出演者の方たちも占ってみましょう。まず、小泉孝太郎さん。 小泉さんの性格はめちゃくちゃまじめ、繊細で真っすぐ。臆病で人が苦手。完全に努力型です。首相だったお父さんのような目立ちたが [全文を読む]

フォーカス