パンパン 平子理沙に関するニュース

平子理沙、整形疑惑と限定写真集の大コケで”美のカリスマ”に疑問符

デイリーニュースオンライン / 2015年12月16日08時00分

オバQ、清川虹子?……ネットの声は散々 アラフォー女性の「美のカリスマ」としてブレイクした平子だが、最近は「顔がパンパン」「写真と動画が違いすぎる」「フォトショ詐欺」などと散々。ターゲットである女性層からも「整形が崩れてきてる」などと疑われる始末だ。 11月下旬に西洋なしの解禁イベントに出席した際も、スポーツ紙に掲載された笑顔の写真に以下のような声が上が [全文を読む]

平子理沙のパンパン頬に「山本リンダ」「清川虹子」…美魔女のはずが実年齢より上に見えてしまう悲劇

messy / 2015年08月10日19時00分

8月3日・10日と、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に二週連続で登場した平子理沙(44)の姿に、ネット上がまた騒がしい。同番組では、遠藤章造(44)、坪倉由幸(37)、平子理沙、川田裕美(32)の4人がH.I.S.のツアーバスに乗り、富士サファリパーク「ナイトサファリ探検」とまかいの牧場BBQ&バター作り体験の模様を前後編に分けて放送。 平子は日傘をさし [全文を読む]

「写真とテレビで顔が違う」平子理沙、マスコミがこっそり明かす“生で見た顔”の評判

サイゾーウーマン / 2015年02月22日13時00分

最近ではテレビに出演するたびに、「写真と顔が違う」「顔がビニールのようにパンパン」などと、画像修正疑惑やヒアルロン酸注入疑惑がネット上で騒がれているものの、一部女性の間では“奇跡の40代”として絶大な支持を集めている平子。昨年11月に発売したパンティー付き写真集『heaven』(講談社)も2万部突破のヒットを記録中だが、写真とテレビで大きく異なる平子の顔、 [全文を読む]

木村拓哉よりヤバい、嵐・松本潤の「劣化」!! パンパンフェイスとデコボコの皮膚

messy / 2017年05月02日21時00分

だるだるやん」などと、顔面の皮膚のたるみに対する指摘が相次いでいるが、「44歳っぽくて良い」「渋いおっさんポジション狙える」「いろいろ打って顔パンパンは無理だけど、老化は問題ない」と年相応な容姿として受け入れる意見も多い。そもそも整った顔立ちの木村は、老化しようが一般の同年代男性と比べれば遥かにかっこ良いのは周知の事実。その上で、過度な美容整形を施すなど下 [全文を読む]

長谷川京子が平子理沙そっくりに…膨れすぎた頬と唇、なぜ?

messy / 2016年06月02日19時00分

特徴的なのは不自然なほどの肌ツヤ感と頬のパンパン加減、そして分厚いくちびる。もともと長谷川と平子理沙(45)は鼻の形が似ていることもあり、「そっくり!」「平子に寄せてる?」と驚きの声が上がるのも納得だ。平子といえば美容マニアだが、近年は頬や唇のパツパツした膨らみが人工的だとして美容整形フリークの噂が絶えない。 個人差はあるが、30代を過ぎると、体重は減っ [全文を読む]

平子理沙が離婚騒動を告白も外見の“変化”が衝撃的と話題に

デイリーニュースオンライン / 2016年02月27日08時00分

そんな離婚騒動の裏側を話す平子理沙だが、表情は引きつり、頬が横に伸びてパンパンに膨張。さらには、口角が不自然に上がった口周りなど、その人工的な平子理沙の顔に対し整形のやり過ぎを疑う視聴者が続出。ネット上では、「うわー、平子理沙。顔が崩れてる…。怖い…」「皮膚がビニールのようだ」「ヒアルロン酸入れてんの? 顔おかし過ぎる」などなど、エピソードより顔の変化に [全文を読む]

「劣化の女王」平子理沙の“昔は美少女”アピールは顔に執着がある証拠!?

アサ芸プラス / 2015年11月24日17時59分

「最近は女性たちから“顔がパンパン”など“劣化”ぶりばかりがネタにされている平子だけに、ここはなんとしてもナチュラル美貌を見せたかったのでしょう。確かにモデルのような仕事に携わった芸能人は、幼少期から美少女だったパターンが多い。平子としてはとっておきの切り札を出して、元からこんなに可愛かったアピールをしたかったのでしょうが、すでに裏目に出てますね。裏を返せ [全文を読む]

平子理沙の大胆ショットに「アンチエイジングのやり過ぎ」を心配する声

デイリーニュースオンライン / 2015年10月25日16時00分

だが加齢に逆らうのも限界があるようで、インスタや雑誌等の写真で見る分には変わらぬ美貌を保っているように見えるが、実際には顔が不自然に張っており、まるでパンパンに腫れたような印象になってしまっている。画像修正が及ばないテレビなどではその不自然さが顕著に現れてしまい、出演後はたびたびネット上で“劣化”を騒がれる始末だ。 「平子さんは現在44歳、もうすぐアラフィ [全文を読む]

平子理沙(44)が「年齢はただのナンバー」と“美の秘訣”伝授も、視聴者から「顔が怖い」の大合唱

日刊サイゾー / 2015年02月18日00時00分

「肌がパンパンで、顔が張り裂けそう」「肌質が、ビニール引っ張ったみたいになってる」「妖怪ワカヅクリだ」など、ネガティブな書き込みが相次いでいる。 平子といえば、先月23日放送の『バナナマンの決断は金曜日!』(フジテレビ系)でも、「奇跡の40代」として特集が組まれ、私生活を公開。この時も、「写真と映像のギャップがすごい」「顔に違和感しかない」と言う声が目立っ [全文を読む]

平子理沙、「顔面バッシング」で炎上もカリスマぶりは健在!

アサ芸プラス / 2015年02月16日09時58分

「ネットでは、『顔パンパン』『唇も分厚過ぎてオバQみたい』『整形・ボトックスのやりすぎ』『修正なしだと痛い』と言った中傷や、中には『シルク姉さんみたい』といった過激なものもありました。本人がアップしたSNSの自分撮り写真でも、『頬やおでこの吊り具合が不自然に見える』など、悪質なコメントがずらりと並んだ」(芸能ライター) とはいえ、それでも40代のカリスマ [全文を読む]

平子理沙(43)はリアル『ヘルタースケルター』!? 悪質業者による“画像加工”被害報告に違和感

日刊サイゾー / 2014年12月01日20時30分

さらに『にじいろジーン』出演時には、テレビのキャプチャ画像がネットで拡散され、『私の知ってる平子理沙じゃない』『顔パンパン! ヒアルロン酸の打ちすぎかな』『シルク姉さんかと思った』と騒ぎに。平子の言う“変に加工された画像”がこれだとしたら……。そうではないことを祈るばかりです」(芸能ライター) 残念ながら、一部ネット上で“痛キャラ化”しつつある平子。本人の [全文を読む]

平子理沙の「修正ナシ」フェイスが別人級!? シワのばしと唇膨張でパンパン状態

messy / 2014年11月10日16時00分

ネット上では「顔パンパン!」「皮膚の質感がおかしい」「唇も分厚すぎてオバQみたい」等々、違和感を見過ごせないという声が多く上がっている。 ちなみにこの放送日の彼女のSNSにUPされている自撮り写真も、数カ月前と比較すると頬やおでこの「吊り具合」に変化が見てとれる。 しばしばネットの“まとめ”に画像が上がる欧米の整形失敗セレブたちに近付いてきた、との見方もあ [全文を読む]

美女タレント「劣化の瞬間」を禁断プレイバック!(2)藤原紀香の顔が「将棋の駒」に!

アサジョ / 2017年03月19日06時00分

顔はパンパンですし、二重あごになっているほど。ネット上では『将棋の駒みたい』という声も聞かれます。動画サービスの連続ドラマで55歳の役柄を演じると発表された時に、『40代半ばの紀香が55歳を演じるのは無理があるのでは?』と懸念されたのですが、現在の彼女を見た記者たちは逆に納得したくらい。そのため、紀香がいくら美容にいいとPRしても世の女性たちからは疑問の声 [全文を読む]

平子理沙 吉田栄作と離婚した本当のワケと“次の男”とは?

アサ芸プラス / 2016年01月11日17時57分

「平子さんの顔がパンパンにむくんでいたんです。私の知人にも、シワを取るためのボトックス注射にハマっている人がいますが、まさに施術直後といった感じ。分厚い唇が異様にテカっていたのも印象的でした」(前出・居合わせた客) 気になるのは2歳年上のイケメン俳優とのアツアツぶりだ。「テーブルの上で手を重ね合わせたりして体を密着させていたかと思えば、平子さんが『ア~ンし [全文を読む]

AKB小嶋陽菜の劣化「隠しきれない」のにアイドルを続ける理由

デイリーニュースオンライン / 2016年01月01日17時00分

しかし、その代わりになぜか顔がパンパンになるという事態が起きている。 「顔が異常に突っ張っていて表情が硬く、まるで平子理沙(44)のようだと話題になりました。平子といえば、かねてからヒアルロン酸の注入によるプチ整形疑惑がある。平子そっくりになってしまった小嶋に対し、20代にしてヒアルロン酸に手を出してしまったのではないかと疑いの声が上がっています」(前同) [全文を読む]

平子理沙が離婚の“胸中”を説明…整形疑惑に関して意外な反応

デイリーニュースオンライン / 2015年12月30日08時00分

「あれ? 動画で見ると顔自然だね」 「顔がパンパンじゃない!」 「テカテカじゃなくてツヤツヤな感じでいいじゃん」 「今日はボトックスしてこなかったんだね。その方が良いと思う」 しかしその一方で、一部関係者の間では不倫疑惑をいまだ払拭できないという意見もある。 「以前カメラマンのNさんとツーショットの現場が撮られ、今回のような不倫報道になったけど、あの時は [全文を読む]

フォーカス