融資 横浜銀行に関するニュース

freeeが横浜銀行と協業

@Press / 2016年12月19日15時00分

また今回の協業による施策として、地方銀行としては初(注1)の取り組みとなるクラウド会計ソフトのデータを活用した融資サービスに「クラウド会計ソフト freee」のデータを提供いたします。クラウド会計ソフトシェアNo.1(注2)のfreeeと地銀最大手規模の横浜銀行との協業によって地域の事業者の資金調達環境を改善し、スモールビジネスによる地域活性化を支援してま [全文を読む]

銀行カードローン限度額引き下げ?全銀協が調査、法規制には反対

ZUU online / 2017年05月21日10時30分

無担保で高額のお金を融資する銀行カードローンをめぐって、全国銀行協会(会長小山田隆・東京三菱UFJ銀行頭取)が、各行の過剰融資防止策を調査していると発表した。消費者金融より規制がゆるく、貸付額が急増して多重債務になる懸念が高まっているため。一部に貸付額上限を引き下げる動きはあるが、業界は消費者金融並みの法規制の強化には否定的見解である。全銀協は各銀行にアン [全文を読む]

地銀再編「中小企業支援をしないなら存在意義はない」と識者

NEWSポストセブン / 2015年04月07日07時00分

だが、稼ぎ頭である融資ビジネスは超低金利が続いているために利ザヤの悪化が止まらない。さらに、人口の減少が追い打ちをかけてくれば健全な経営が持続できる保証もなくなる。そこで他行と連携した金融商品の拡充、他エリアに足を延ばした法人営業の強化などの目的で経営統合を決断する地銀が増えている」(全国紙経済部記者) 地銀の統合で経営体質が強くなれば、コスト削減効果も [全文を読む]

銀行の業界研究、メガバンク、地方銀行、信託銀行とは? 最近の動向とこれから

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年01月21日12時00分

銀行業界といえば、まさに個人や企業に対して融資など「お金」に関する業務を行う業界であり、経済の動きを無視できません。銀行を志望するのであれば、最新の経済ニュースをチェックしておく必要があります。1998年、独占禁止法の改正により、金融持株会社の設立が解禁されました。このことにより、銀行のグループ傘下に証券会社やリース会社などを置くホールディングカンパニー制 [全文を読む]

【金融業界】金融業界は銀行だけじゃない! 証券、信用金庫、リースなど業界研究の基礎知識

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月23日12時00分

本来は「金」を「融資」することから金融といわれていましたが、最近では個人や企業にお金を貸すだけでなく、証券や保険、モノを貸出するリースまで含まれます。業界再編によって統合されたり事業領域が重なり合ったり、複雑化しているのが現状です。具体的に金融業界は、さらに次のように分かれます。メガバンクや地方銀行のほか、ネット系も成長している「銀行」 まず、日本銀行法に [全文を読む]

freeeが横浜銀行との協業施策第2弾をスタート。「〈はまぎん〉創業サポートパック」で地域のビジネス創業を共同支援

@Press / 2017年05月31日11時30分

freee と横浜銀行との協業では、freee の会計データを活用した融資サービスである「クラウド会計ソフト freee 提携〈はまぎん〉スーパービジネスローン」に続く施策になります。今回の施策を通じて創業時の負担を軽減し、スモールビジネスによる地域経済の活性化に貢献してまいります。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/relea [全文を読む]

地方銀行の再編「顧客サービス面ではデメリットも」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年11月05日07時00分

融資の取引先企業は、大手はメガバンクにシェアを握られ、中小企業はドブ板営業を続ける信用金庫に情報力でかなわない。第二地銀は苦しい立場であるといえます。そこで、資金力が豊富な相手と一緒にスケールメリットを追えば、金利競争や顧客の奪い合いもできるようになります」 だが、地銀再編はまだ始まったばかり。横浜銀もこれで終わりとは到底思えない。 「足利銀や常陽銀な [全文を読む]

都民銀・八千代銀経営統合で加速する、地銀再編の舞台裏〜新自己資本規制、金融庁の意向…

Business Journal / 2013年11月21日01時00分

今年3月末で中小企業金融円滑法が終了したが、政府は法律の終了後も中小企業への支援や新規融資枠の確保を金融機関に求めている。だが、銀行は不良債権の増加につながりかねない新規貸し出しには慎重だ。「地域金融機関は広域での提携や再編を」。自民党の日本経済再生本部が5月の中間提言で、地域金融機関の再編を促す文言を盛り込んだ。党内には「日銀が金融緩和策を打ち出しても [全文を読む]

freeeが33.5億円の追加増資を実施し、累積資金調達が96億円に 人工知能技術の開発への注力および「クラウドERP」としてのユーザー体験強化を目指す

@Press / 2016年12月26日11時00分

また2016年12月現在、3,630件の金融機関口座やクレジットカード口座との同期連携を実現し、17の金融機関とはクラウド会計ソフトのデータを利用した融資(ジャパンネット銀行、横浜銀行)やAPI接続・振込機能連携の共同検討(住信SBIネット銀行)、地域の創業支援(北國銀行)など新たな取り組みを進めています。また「freee認定アドバイザープログラム」を通じ [全文を読む]

フィンテックは5年で日本を様変わりさせる:SBI北尾吉孝氏

DIGIDAY[日本版] / 2016年12月08日16時50分

トランザクション・レンディング(オンライン上の取引データを基にされる融資)で価値が出る」と語った。 SBIのフィンテック投資はとても戦略的だ。事業領域が重なる部分のある複数のスタートアップに投資している。同時に自社のユニットとの協業も進めており、投資と事業展開の両面を補うようだ。 SBIは米決済スタートアップRippleとは出資比率60:40で合弁会社SB [全文を読む]

仁義なき銀行再編戦争が勃発!発火点は三菱UFJ、弱肉強食の淘汰が加速

Business Journal / 2015年05月12日06時00分

大阪が地盤で、不動産融資の専門といえる大正をうまく活用してシェアを伸ばせるかどうかに、経営統合の成否がかかっている。●MUFGの地銀保有株整理が決め手に 関東では昨年11月、横浜銀行と東日本銀行が経営統合を発表した。九州では、肥後銀行と鹿児島銀行が今年10月に持ち株会社の九州フィナンシャルグループ(FG)を設立し、統合する。九州FGは総資産9.6兆円規模に [全文を読む]

地銀、仁義なき再編勃発で半減か 金融庁の異常な圧力、“外された”横浜銀が口火切る

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

これを受けて、各地の有力地銀9行は昨年1月28日、各行が連携して融資先企業の活動を支援する「地域再生・活性化ネットワークに関する協定書」を締結した。メンバーは北海道銀行(札幌市)、七十七銀行(仙台市)、千葉銀行(千葉市)、八十二銀行(長野県長野市)、静岡銀行(静岡市)、京都銀行(京都市)、広島銀行(広島市)、伊予銀行(愛媛県松山市)、福岡銀行(福岡市)の9 [全文を読む]

脅かされる“異端児”りそな、減収地獄打破へ革命始動 混戦する業界の「切り札」に

Business Journal / 2014年12月24日06時00分

今年に入ってからだけでも、2月に米アマゾンが日本国内の融資事業に参入、9月にネット通販大手のアリババ集団が中国国内の銀行事業に参入、10月に米アップルが米国内の決済事業に参入と、大手IT企業の金融事業参入が相次いでいる。常々「IT業界のスピード感は金融業界の脅威」と語っている東社長は、これらの企業が近い将来さまざまなかたちでりそなの取引先に触手を伸ばしてく [全文を読む]

みのもんた「地銀“介護ファンド”は賛成だが地獄の沙汰も金次第に…」

アサ芸プラス / 2014年09月20日09時56分

地銀が集まって、最終的には100億円ぐらい集めるつもりなんだって? それも「融資よりも投資のほうが望ましい」という営業的な判断、正しいと思いますよ。だって、今の医療機関と介護事業者の市場規模が約50兆円で、それが20年には80兆円を超えると言われているんだから、これから市場規模が大きくなっていく業界なのは間違いない。それに、地銀の資金はだぶついている。地 [全文を読む]

フォーカス