横浜銀行 足利銀行に関するニュース

オリックス、地銀再編の主役に浮上、10年間に及ぶ戦略が奏功 再編の目玉は足利HD

Business Journal / 2014年07月23日01時00分

それに先立つ03年11月、オリックスは経営破綻した足利銀行の争奪戦に乗り出し、受け皿候補には横浜銀行など関東地区の地銀8行と日興シティグループ証券連合、栃木銀行と大和証券グループ連合、オリックスと野村HD連合が名乗りを上げた。その中でも意欲満々だったのがオリックスだ。05年1月、足利銀行の子会社、北関東リース(現・オリックス北関東)を買収して橋頭堡を築い [全文を読む]

苦しいのは企業だけにあらず。再編が加速する「銀行」の窮状

まぐまぐニュース! / 2017年03月28日17時00分

銀行再編加速 メガから地銀へ 地銀最大手の横浜銀行と東京に拠点を置く地銀中位行の東日本銀行が経営統合し、コンコルディア・フィナンシャルグループとして発足してからまもなく1年になる。横浜銀行は預金量12兆円を超える地銀最大手、対する東日本銀行は預金量1.6兆円で地銀105行中68位の中堅銀行だった。両行は2016年4月に共同持株会社をつくりその傘下に入るこ [全文を読む]

ゆうちょ銀行、急速に収益悪化の危険…追い込まれ銀行再編主導か

Business Journal / 2016年03月25日06時00分

4月1日、横浜銀行と東日本銀行が経営統合し、共同持ち株会社、コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)が誕生する。総資産は合計で17.4兆円となり、この時点で国内最大の地方銀行グループとなる。 社長には横浜銀行の寺澤辰麿頭取、副社長には東日本銀行の石井道遠頭取が就く。持ち株会社の本店は東京に置く。新グループは東京都内の営業網も強化する方針で、発足後5年 [全文を読む]

すみ分け崩壊で容赦ない潰し合い!金融業界、サバイバル再編勃発

Business Journal / 2015年11月01日06時00分

来年4月に横浜銀行と東日本銀行が統合して誕生するコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の17.4兆円、福岡銀行などを傘下にもつふくおかFGの15.6兆円に次ぐ地銀3位の規模となる。 足利銀は13年12月の再上場以来、地銀再編の「台風の目」といわれてきた。経営再建の受け皿になった足利HDの株式の36.8%を握る野村HDの金融子会社、野村フィナンシャル [全文を読む]

栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

HANJO HANJO / 2015年10月27日19時00分

この統合が実行されれば、地銀の中で総資産額がコンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行、東日本銀行)の17兆3089億円、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)の15兆6759億円に次ぐ、14兆8833億円で第3位の地銀グループが誕生することになる。 店舗数は2015年3月末時点で足利銀行が103店舗、常陽銀行が152店舗の [全文を読む]

金融庁、銀行への立ち入り検査再開で「特定のリスク」調査 再編の“生贄”探しか

Business Journal / 2015年01月17日06時00分

すでに関東では、地銀首位の横浜銀行(横浜市)が第2地銀の東日本銀行(東京都)と2016年4月に経営統合することで合意。横浜銀が口火を切るかたちで、関東で「玉突き」再編が始まった。 今回は、地銀再編をめぐり注目すべき全国の動きを整理してみよう。●新幹線、自動車道が縁結び 九州で銀行再編が加速する一因に、九州新幹線の全線開通があるといわれている。博多―鹿児島 [全文を読む]

LINE Pay、武蔵野銀行と連携

PR TIMES / 2017年05月15日14時33分

【武蔵野銀行 概要】名称:株式会社武蔵野銀行本店所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目10番地8代表者:頭取 加藤 喜久雄資本金:457億円設立:昭和27年3月6日【LINE Payと連携する銀行】(全30行)みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、横浜銀行、伊予銀行、滋賀銀行、百五銀行、親和銀行、福岡銀行、秋田銀行、 [全文を読む]

ロボアドバイザー『ポートスター』提供の金融機関数、25社に到達!~北海道から沖縄までを網羅~

@Press / 2016年12月19日10時00分

■提供金融機関一覧(五十音順)・銀行青森銀行/足利銀行/阿波銀行/大分銀行/山陰合同銀行滋賀銀行/四国銀行/常陽銀行/千葉銀行/東京都民銀行東邦銀行/広島銀行/北海道銀行/三重銀行/三菱東京UFJ銀行武蔵野銀行/山形銀行/横浜銀行/琉球銀行・証券会社SBI証券/カブドットコム証券/東洋証券/マネックス証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券/楽天証券 [全文を読む]

世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」、「リバランス機能付き自動積立サービス」の提供を開始。

PR TIMES / 2016年08月31日12時33分

■対象金融機関の例○都市銀行、ネット銀行、郵便局:10行三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、ゆうちょ銀行○地方銀行:66行青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、大分銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、北九州銀行、紀陽銀行、 [全文を読む]

北海道から沖縄まで、全国の地域食品が東京ビッグサイトに大集結!地方銀行推薦の食品メーカー約600社が出展する『プロのための食の商談会』

@Press / 2015年11月05日11時30分

■「地方銀行フードセレクション2015」開催概要 【日時】 2015年11月12日(木) 11:00~18:00(1日目) 2015年11月13日(金) 10:00~17:00(2日目) 【会場】 東京ビッグサイト 西展示棟 西1・2ホール 東京都江東区有明3-11-1( http://food-selection.com/access.html ) 【 [全文を読む]

対応法人銀行口座(電子証明書ログイン)追加のお知らせ(銀行、信用金庫など計87行追加)

PR TIMES / 2015年04月10日12時28分

◇◆今回新たに追加された対応金融機関(電子証明書ログインが必要な口座)◆◇●銀行 (49行)青森銀行 秋田銀行 足利銀行 池田泉州銀行 岩手銀行 大分銀行 大垣共立銀行沖縄海邦銀行神奈川銀行 関西アーバン銀行 紀陽銀行 きらやか銀行 近畿大阪銀行 熊本銀行 群馬銀行西京銀行 埼玉りそな銀行 佐賀共栄銀行 四国銀行 静岡銀行 七十七銀行 島根銀行十八銀行 荘 [全文を読む]

地銀、仁義なき再編勃発で半減か 金融庁の異常な圧力、“外された”横浜銀が口火切る

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

関東地区の地銀再編の先鞭をつけるのは、地銀首位の横浜銀行(横浜市)とみられていたが、その横浜銀は第2地銀の東日本銀行(東京都)と2016年4月に経営統合することで合意。横浜銀が口火を切るかたちで、関東で「玉突き」再編が始まった。 北関東を地盤とする地銀の筑波銀行(茨城県土浦市)と第2地銀の栃木銀行(栃木県宇都宮市)、東和銀行(群馬県前橋市)の3行は県境を [全文を読む]

地方銀行の再編「顧客サービス面ではデメリットも」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年11月05日07時00分

地銀最大手の「横浜銀行」が、東京を地盤とする第二地銀の「東日本銀行」と経営統合する方向で最終調整に入ったからだ。 預金量11兆円を誇る横浜銀は全国でも指折りの優良地銀として知られ、かねてより再編の引き金を引く“台風の目”とみられてきた。 地元、神奈川県で強固な顧客ネットワークを持つ「地銀の雄」が、わざわざ県域を越えて他行と組まなければならない背景とは何か。 [全文を読む]

中国での製造業ビジネスマッチング老舗 ファクトリーネットワークアジア タイ初の「ものづくり商談会@バンコク2014」を開催

@Press / 2014年05月07日16時30分

一般来場は無料 来場登録、イベント詳細は専用サイトへhttp://fbcbk.factorynetasia.com/【イベント名】ものづくり商談会@バンコク2014 (FBC Bangkok 2014)<出展・来場対象>タイでの部品調達、販路拡大を目的とする製造業企業と、製造業企業にサービス、製品を提供する非製造業企業<日時>2014年6月20日(金)・2 [全文を読む]

都民銀・八千代銀経営統合で加速する、地銀再編の舞台裏〜新自己資本規制、金融庁の意向…

Business Journal / 2013年11月21日01時00分

関東圏の地銀の中では横浜銀行、千葉銀行、常陽銀行、群馬銀行、足利銀行に次いで6番目の規模となる。 今年3月末で中小企業金融円滑法が終了したが、政府は法律の終了後も中小企業への支援や新規融資枠の確保を金融機関に求めている。だが、銀行は不良債権の増加につながりかねない新規貸し出しには慎重だ。「地域金融機関は広域での提携や再編を」。自民党の日本経済再生本部が5月 [全文を読む]

“慌ただしい”地銀業界、再編機運高まりの舞台裏〜過当競争、金融庁の新方針

Business Journal / 2013年09月28日07時00分

両行が統合すれば預金量は単純合計で4兆3855億円となり、関東圏の地銀では横浜銀行、千葉銀行、常陽銀行、群馬銀行、足利銀行に次いで第6位に浮上する。●生き残れる東京の地銀は1〜2行か 東京にはメガバンクをはじめ全国の地銀の支店がある。さらに多摩地区には多摩信用金庫が中小企業向けで40%のシェアを持つなど信金の力は強い。城南信用金庫は地銀中位行並みの預金量 [全文を読む]

フォーカス