桑田佳祐 長渕剛に関するニュース

嵐の櫻井翔もランクイン! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ベスト20を発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月19日11時50分

そして3位は、“酸いも甘いも知っていて色々なことを飾らずに教えてもらえそう”、“部下思いで優しそう”という桑田佳祐(サザンオールスターズ)がランクインした。全体的に、“人間として魅力がある”、“尊敬できる”、“親身になってくれそう”など、誰もが抱く、人生の先輩としての理想を投影しているようなコメントが多かった。 また、ちょっと興味深いところでは、5位に坂本 [全文を読む]

高樹沙耶だけではない! 大麻の世界に紛れ込んでしまった芸能人5名!

tocana / 2016年11月14日09時00分

ちなみに、同世代のアーティスト桑田佳祐は94年、ソロアルバム『孤独の太陽』収録曲『すべての歌に懺悔しな!!』の歌詞で、「クスリにゃ目がないバカヤロ様がいる」と長渕の行動を示唆したような一節を織り込んでいた。■コロッケ ものまねタレントのコロッケは1982年、故・桑名正博(当時・桑名将大)ら芸能人数名と大麻タバコを回し飲みにする会に参加し、事件発覚後出頭を求 [全文を読む]

キャンディーズ「春一番」が解禁!「日本の放送禁止歌」90年代編…桑田、ミスチルの歌詞が問題に

アサ芸プラス / 2015年04月29日09時59分

桑田佳祐、ウルフルズ、Mr.Children。どんなに人気のミュージシャンでも、発売拒否、歌詞変更、放送中止の憂き目に遭いながらファンに思いを届けてきた。〈儲かる話とクスリにゃ目が無い〉〈ドラマの主役にゃ燃えている〉 94年に桑田佳祐が発表した「すべての歌に懺悔しな!!」のフレーズ。その歌詞が長渕剛を揶揄したのではないかと騒動になった。「長渕は『俺は桑田を [全文を読む]

サザン桑田佳祐と長渕剛の“30年戦争”よりヤバい!? 『紅白』で椎名林檎が新たな火種に

日刊サイゾー / 2014年12月03日11時00分

一部スポーツ紙では、特別枠での出場が有力視されるサザンオールスターズ・桑田佳祐と長渕剛の、30年ぶりの“急接近”が話題に上がっている。 2人はコンサートの出番をめぐり大ゲンカ。桑田は1994年リリースの「すべての歌に懺悔しな!!」の中で「道化も道化ウンザリするような生き様シャウトすりゃ」や「TVにゃ出ないと言ったのにドラマの主役にゃ燃えている」など、長渕を [全文を読む]

「この人から教わりたい!」と思う、先生・上司にしたい音楽アーティストTOP20

Woman Insight / 2014年08月18日16時03分

休み明けの勉強や仕事が待っているかと思うと気が重いですが、こんな先生・上司だったら頑張れそう? 旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌『CD&DLでーた』で、10~60代の男女を対象とした、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングが発表されました! 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20 [有効回答者数/n=1858人] [全文を読む]

【先生・上司にしたい音楽アーティスト】発表。「この人から学びたい!」と思う音楽アーティストは?

PR TIMES / 2014年08月18日11時04分

(調査期間:2014年7月14日~7月15日)●「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20設問:あなたの「先生・上司にしたい音楽アーティスト」と、その理由を教えてください有効回答者数 n=1858人順位:アーティスト名1位:福山雅治2位:武田鉄矢3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ)4位:小田和正5位:坂本龍一6位:稲葉浩志(B'z) [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他-

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時58分

魂を揺さぶるような勝負の行方はどっちだ! 〈大学出たって馬鹿だから〉 〈儲かる話とクスリにゃ目が無い〉 〈ドラマの主役にゃ燃えている〉 やつぎばやに繰り出すのは、桑田佳祐(58)が94年に発表した「すべての歌に懺悔しな!!」のフレーズ。この歌詞の多くが長渕剛(57)を揶揄したのではないかと騒動になり、ついには長渕自身が宣言した。 「俺は桑田を絶対に許さない [全文を読む]

長渕剛 元マネジャーが提訴!暴力裁判で噴出した「鉄拳制裁」タブー(1)意味不明な鉄拳制裁にスタッフが振り回され…

アサ芸プラス / 2014年07月01日09時58分

殴り終わった長渕はADに5万円を投げつけ、『訴えられるものなら訴えてみろ』と罵倒したそうです」(芸能ライター) 94年には、桑田佳祐(58)のソロアルバム「孤独の太陽」に収録された曲「すべての歌に懺悔しな!!」の歌詞を巡り、長渕がケンカを売った。「クスリにゃ目がないバカヤロ様がいる」「テレビにゃ出ないと言ったのにドラマの主役にゃ燃えている」とのフレーズが長 [全文を読む]

平井堅「Ken’s BarⅢ」を自身のコメント付きで発表

dwango.jp news / 2014年04月25日12時22分

」■いとしのエリー(Lyrics & Music:桑田佳祐)ギター演奏:石成正人「日本国民の宝のような曲。原曲の歌唱を超えられるわけないことなど重々承知の上、悩みに悩んだ挙句、選曲を決断しました。理由は僕の人生を語る上で不可避な曲であること、自己満足かもしれないけれど自分なりの自分の色の“いとしのエリー”が表現できたと感じたこと。ただ心は土下座しております [全文を読む]

J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い

NEWSポストセブン / 2014年03月09日07時00分

桑田佳祐や長渕剛など有名歌手の作詞作曲方法を“マネて”、いかにも彼らが歌いそうな架空の曲を歌う“作詞作曲モノマネ”で注目を集めているマキタスポーツ(44才)が、『すべてのJ-POPはパクリである』(扶桑社)を上梓した。 音と笑いを融合させた独特なミュージシャンでありながら、2012年には『苦役列車』で俳優デビュー。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』にも、少 [全文を読む]

安室奈美恵、サザン桑田、EXILE…これが「紅白」で起きた10大事件簿だ!

アサ芸プラス / 2015年12月30日09時59分

・サザンオールスターズの桑田佳祐が国民的歌手を揶揄(82年) 三波春夫風の衣装とメイクで登場したことでNHKにお叱りを受ける。ただし、翌83年もサザンは出場している。・安室奈美恵のタトゥーに抗議殺到(02年) 離婚後の安室は息子の名前を左肩に彫っているが、視聴者から抗議が来たので、翌年から「隠すように」の指示が。・吉川晃司のパフォーマンスに騒然(85年) [全文を読む]

長渕剛と冨永愛の親密すぎる関係、疑いの目が広がる 一緒に合宿、過去に女優と不倫騒動

Business Journal / 2015年01月25日21時00分

昨年大みそかの年越しライブで行ったパフォーマンスが「天皇陛下を侮辱した」と右翼団体の抗議を受け、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で謝罪する事態に発展し世間を騒がせた歌手の桑田佳祐(サザンオールスターズ)。 その桑田と長らく共演NGといわれてきた歌手・長渕剛が、昨年大みそかに放送された『第65回 NHK紅白歌合戦』に出演した。31年ぶりの『紅白』出演 [全文を読む]

「紅白」当落“場外バトル”を生中継!(3)サザンの中継が最もスリリング?

アサ芸プラス / 2014年12月10日09時58分

桑田佳祐(58)は20年前に「すべての歌に懺悔しな」で、 「テレビにゃ出ないと言ったのにドラマの主役にゃ燃えている」 などと、長渕をコキ下ろした。これに長渕が「絶対に許さない」と激怒。桑田がボディガードをつけることになったのだ。 「今回はコンサート会場からの中継です。演出も指示も一切しない。桑田さんは紅白で、突然、三波春夫さんのモノマネをするなど“前科”が [全文を読む]

TBS『新チューボー』堺正章・ヒロミ共演に見る、バラエティ“不仲ビジネス”の可能性

日刊サイゾー / 2014年05月02日11時00分

今後、ネット上で“不仲”がささやかれている久本雅美と内村光良や、桑田佳祐と長渕剛といった“禁断の共演”が増えていく可能性は十分にある」(同) 『いいとも!』最終回の奇跡によって新たな金脈を見つけたバラエティ界だが、こうした“禁断の共演”のインパクトは、回を重ねるごとに小さくなっていくことは自明。一時的には視聴率を稼いでも、賞味期限は短そうだ。 [全文を読む]

長渕剛は“すっかり過去の人!?” 体調不良告知に芸能マスコミ「誰も気づかなかった……」

日刊サイゾー / 2013年05月23日11時00分

「例えば、3年前に桑田佳祐が初期の食道がんを患っていることが分かった際には、連日メディアがその動向をチェックして、どんな些細なことも記事にした。桑田に比べたら、長渕のランクははるかに落ちることが、あらためて証明されてしまった」(同) 最近は、老舗テレビ誌「週刊ザテレビジョン」(角川マガジンズ)の表紙に20年ぶりに登場し、3度目にしてついに表紙を飾るトレー [全文を読む]

NHKの悲願だった美輪明宏の紅白初出場

アサ芸プラス / 2012年12月06日09時59分

「美輪の代表曲『ヨイトマケの唄』が、桑田佳祐ら複数の歌手にカバーされたことで再び脚光を浴び、美輪の世界観に信者が増えているんです。NHKは08年より、紅白出演の近道とされる番組『SONGS』にたびたび美輪を呼んで、紅白出演へのアプローチを続けてきた」(NHK関係者) しかし、美輪の返答はこれまで「出る必要はない」だったというが、とうとう今年、満を持して出 [全文を読む]

フォーカス