朝ドラ 黒柳徹子に関するニュース

「トットちゃん!」松下奈緒に途切れず大仕事が舞い込む理由

WEB女性自身 / 2017年09月22日20時00分

その後で女優に転身したが、代表作といえるのは10年に放送されたNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」ぐらいだ。 「朝ドラの後に主演作はこなしているものの、そこまで数字を取った作品はありません。それでも、なぜか松下には大きな仕事のオファーが舞い込むのです」(テレビ局関係者) 主演ドラマのオファーに加え、長年「JAバンク」のCMに出演している松下。なぜ彼女にこれほど次 [全文を読む]

亀梨、山本耕史も 増加する“昭和ドラマ”人気のワケ

NEWSポストセブン / 2017年09月06日07時00分

さすが、朝ドラ『ゲゲゲの女房』で水木しげるの妻を演じ、『天才バカボン』でサンダルに白エプロンのバカボンのママを演じたキャリアの持ち主である。松下奈緒は今秋スタートのテレビ朝日帯ドラマ『トットちゃん!』で、黒柳徹子の母役で出演。またも昭和の妻役!そして、その夫が山本耕史!キャストを聞いただけで「昭和」な気がしてきた。 各局が秘蔵する昭和映像を活用すれば、時 [全文を読む]

鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり

NEWSポストセブン / 2012年07月03日07時00分

朝ドラは全国各地、本編だけでも週6日放送されるとあって、出演女優の知名度を一気に押し上げる力を持っている。 また、そこは演技の訓練学校でもある。放送は基本6か月間だが、撮影は8か月間に及ぶ。放送評論家の松尾羊一氏が話す。 「撮影は毎日朝から深夜まで。自分の両親ほどの年齢のベテラン共演者から演技指導が行なわれるわけです。最初は演技がぎこちなかったヒロインも、 [全文を読む]

役にはまった俳優らが楽しく歌い笑う 昭和レトロなエンターテインメント(NHK総合)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年09月14日11時16分

それにしても、朝ドラ「ひよっこ」に、土曜時代ドラマ「悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語」、そして、この「植木等とのぼせもん」と、NHKは今、昭和レトロドラマがブームのようだ。連続8回。 (土曜夜8時~) くろうさぎ [全文を読む]

2位にブルゾン! 女性が好きな「女芸人」第1位は?

日刊大衆 / 2017年08月01日11時05分

女優としても活躍しており、NHKの朝ドラ『あさが来た』ではヒロインを支える女中役を好演した。彼女を選んだ理由として「演技が上手でトークも面白い」(68歳女性)、「歌も演技もうまい」(33歳女性)と、多才な部分を評価する人が多かった。 そして、見事第1位(17%)に輝いたのは渡辺直美(29)。アメリカの歌手、ビヨンセ(35)のモノマネでブレイク。今ではお笑い [全文を読む]

ディーン・フジオカ「…寂しいですね」息子に会えない胸中告白

Smartザテレビジョン / 2017年04月13日19時20分

朝ドラ「あさが来た」でディーンと共演した友近は、「ディーンさんは本当にすごかったんですよ。いいものを作ろうとして、一番監督と向き合って話をしていた」といい話をするが、この様子を冷静に見ていた徹子は、「私さっきから見てると、あなたディーンさんに触るわね。見てるとずいぶん、背中とか肩とか触る…」とすっかりお怒りモードに。 徹子流のジョークに、ディーンと友近が [全文を読む]

井ノ原快彦、紅白確定のワケ

NewsCafe / 2016年10月07日11時00分

デスク「今年のNHK紅白歌合戦の司会、もうV6・井ノ原快彦(40)が本命だって書き立てられてるね」 記者「総合司会は、『あさイチ』で井ノ原がコンビを組む有働由美子アナ(47)、紅組のほうは朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン、高畑充希(24)が最有力だ、と」 デスク「なんだかな~って感じだね」 記者「ついこの前、SMAPのラストステージを仕切るにはタモリ(71 [全文を読む]

満島ひかり「再現ドラマにしたくない」と口説かれ徹子役受諾

NEWSポストセブン / 2016年05月28日07時00分

渥美清さんも、寅さんのイメージしかなかったけど駆け出しの頃をリアルに見るようで不思議な気持ちです」(47才・主婦) ナレーションを小泉今日子(50才)が務め、音楽や演出などスタッフも朝ドラ『あまちゃん』の布陣が固める同ドラマは“テレビ史”“昭和史”としてドキュメンタリー性も高いといわれる。 「現存する当時の映像もふんだんに使われているうえ、再現も号泣ものの [全文を読む]

清水富美加が自作の「高菜おにぎりの歌」を披露!

Smartザテレビジョン / 2016年05月19日11時01分

朝ドラ”への出演をきっかけに人気急上昇中の清水は現在21歳。みずみずしい存在感と、将来性を感じさせる演技力の高さはもちろん、個性的な発想や明るく前向きな姿勢が注目を浴び、今やバラエティー、映画にも引っ張りだこの忙しい日々を送っている。清水とクイズ番組で共演している黒柳は、最初から「面白い方でいらっしゃいます」と清水を紹介。「いつもお元気で。あなたと一緒の [全文を読む]

「星野源がよかった…」関ジャニ・錦戸の「トットてれび」坂本九役に視聴者が難色

アサジョ / 2016年05月17日09時59分

同ドラマは1話が放送されると、人気朝ドラ『あまちゃん』スタッフによるハイレベルな演出や、黒柳のコミカルなキャラクターを体現した満島ひかりの卓越した演技などがドラマファンから絶賛されました。それらの評判が2話の視聴率上昇へと繋がったのでしょう」(テレビ誌記者) 第2話では、テレビ放送初期の大ヒットバラエティ番組「夢であいましょう」が描かれ、歌手・坂本九役の関 [全文を読む]

倉本聰「北の国から」放送当時は無収入だった?

Smartザテレビジョン / 2016年01月18日05時00分

出演者同士でドッキリを仕掛け合うという、仲の良い朝ドラの撮影秘話などを明かす。 [全文を読む]

高畑淳子・裕太親子と黒柳徹子の意外な関係とは?

Smartザテレビジョン / 2016年01月11日06時00分

そして1月12日(火)は、現在放送中の“朝ドラ”「あさが来た」(NHK総合ほか)で名演技を披露した俳優・近藤正臣が4年ぶりに出演する。曾祖父は清水寺の寺侍だという近藤が、意外な幕末秘話を明かす。 [全文を読む]

【紅白】嵐×スター・ウォーズも!後半の見どころは?

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日17時29分

朝ドラファンには必見の内容となっている。 もちろん、紅白ならではの巨大衣装にも注目だ。ネット上では小林幸子の“ラスボス”に対して“中ボス”の名が定着しつつある水森かおりが、後半の4番手に登場。幅6m、高さ6mの火の鳥に乗って歌唱するという仰天演出が明かされた。 後半のスペシャルコーナー「ザッツ・SHOWTIME~星に願いを~」では、司会の綾瀬はるか、井ノ原 [全文を読む]

『紅白』、SKE&HKT落選で阿鼻叫喚! NMB48が生き残った理由は「バーニングのお気に入り」

サイゾーウーマン / 2015年11月27日13時00分

8月には朝ドラ『あさが来た』の主題歌でセンターを務めることが報じられていますが、この時点でNMBの『紅白』出場は決定していたのでしょう」(芸能プロ関係者) 例年“バーター”や“事務所パワー”の影響がささやかれる『紅白』だが、今年の選考にも、それが色濃く反映されたようだ。 ※撮影:岡崎隆生 [全文を読む]

安住アナ、仲間由紀恵とレコ大司会「紅白では見れない(仲間の)一面を引き出したい」

Entame Plex / 2014年12月18日19時33分

また、今回のレコード大賞で注目しているアーティストについて話が及ぶと、両者ともに大賞はだれがとってもおかしくないと話しつつも、仲間は「今年は朝ドラ「花子とアン」に出演させていただき、その前(「ごちそうさん」)の主題歌がゆずさんだったので、その曲はついつい口ずさんでいました」とコメント。すると「吉高(由里子)さんと一緒にNHKで活躍されていただけに、向こう [全文を読む]

みのもんた「男の引き際は自分で決めればいい」

アサ芸プラス / 2014年11月15日09時56分

現在、放送されているNHKの朝ドラ「マッサン」は、酒好きの私としては気になるドラマだね。 実は、主人公のモデルであるニッカの創業者、竹鶴さんのサインが入ったニッカウイスキーを持っているんだ。気になる酒があれば、取り寄せてでも飲みたくなる。ニッカもサントリーもいいけど、今まで手に入れて、本当にうれしかったのは「ゴードン&マクファイル」の1938年だね。いくら [全文を読む]

フォーカス