著書 黒柳徹子に関するニュース

「アナから女優へ」野際陽子が戦った偏見

プレジデントオンライン / 2017年06月23日15時15分

著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。 ---------- (フリーライター/コラムニスト 河崎 環 写真=Kodansha/アフロ) [全文を読む]

黒柳徹子も!?栗原類だけじゃない「発達障害」を告白した有名人たち

アサ芸プラス / 2015年06月06日17時59分

黒柳徹子は01年に出版した著書「小さいときから考えてきたこと」にて、自分は読書障害と計算障害だったのでは、と書いている。 海の向こうでも、スティーブン・スピルバーグは60歳になって初めて失読症、もしくは難読症(ディスレクシア)と診断されたと言い、トム・クルーズやオーランド・ブルーム、キアヌ・リーブスらもディスレクシアを告白している。「発達障害は“脳の個性 [全文を読む]

黒柳徹子に隠し子が!? 徹子が結婚しない理由とは? その知られざる恋愛秘話が泣ける!

リテラ / 2015年06月01日12時06分

じつは、先日発売されたばかりの徹子の著書『トットひとり』(新潮社)には、この飯沢氏との出会いが綴られている。しかも、それはとても感動的な物語として......。 [全文を読む]

鈴木健二さん 紅白での梅沢富美男の姿見て自分の準備悔やむ

NEWSポストセブン / 2013年12月31日07時00分

著書『私に1分間時間を下さい!』(祥伝社)を上梓した元NHKアナウンサーの鈴木健二さん(84才)。 大晦日恒例のNHK紅白歌合戦の司会を、という依頼があったとき、著者は断った。1983(昭和58)年のことである。 紅白の司会者は昔も今も、その年の顔というべき人気者が務めている。前年までは白組の司会は主に芸能に強い、人気の局アナが担当してきた。 著者は人気の [全文を読む]

“日本男児”長谷部誠の粋な計らいに徹子もうっとり!

Smartザテレビジョン / 2016年08月26日05時00分

そして徹子は、135万部の売り上げを誇る長谷部の著書「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」から、徹子自身が「なるほど」と思い、一般にも通じると感じた長谷部の習慣3つを紹介。また、そんな長谷部に徹子が聞いてみたい「3つの質問」をフリップに書いてぶつけていく。 [全文を読む]

熱愛発覚で女優業に危険信号?満島ひかりに浮上した不安要素

デイリーニュースオンライン / 2016年05月23日12時06分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

『トットてれび』満島ひかりが抱えるプライベートでの”致命的な欠点”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月03日12時10分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

馬鹿タレ自滅とテレビのリストラ/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年01月27日08時00分

著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。) [全文を読む]

有働由美子アナが最後の恋 苦悩する彼の姿見て結婚ためらう

NEWSポストセブン / 2015年12月08日07時00分

後々A氏の娘さんたちとの相続問題が起きかねないだけに、“自分が入籍を諦めれば丸く収まる”という思いがあるのかもしれません」(同前) 昨秋に出版した著書『ウドウロク』(新潮社)で、 〈結婚が怖い。でも、一生独身はちょっと〉と綴っていた有働だが、プライベートで紅白幕の前に立つのはまだまだ先のよう。 ※週刊ポスト2015年12月18日号 [全文を読む]

なんと…家庭内での子どもとの会話に、学力を伸ばす秘訣あり!と判明

WooRis / 2015年09月27日15時00分

あなたのご家庭はいかがでしょうか? そこで今回は、花まる学習会代表の高濱正伸さんの著書『お母さんのための「男の子」の育て方』を参考に、家庭での言葉の環境において気をつけるべきポイントと、子どもがグングン伸びる理由を紹介します。 ■ポイント1:適当な言い方を逃さない <お母さんお父さんが、子どもの言葉の言い間違いをさりげなく修正する習慣があることが重要です。 [全文を読む]

長州力を活写した作家・田崎健太に吉田豪が「次は『真説・藤波辰爾』を書いてくださいよ!」

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

主な著書に『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『辺境遊記』(絵・下田昌克、英治出版)など 『真説・長州力1951―2015』 田崎健太/集英社インターナショナル/1900円+税 (取材・文/田中茂朗 撮影/関根虎洸) [全文を読む]

「猪木vs黒柳徹子の一戦を知ってますか?」吉田豪と『真説・長州力』著者・田崎健太がガチトーク!

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

主な著書に『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『辺境遊記』(絵・下田昌克、英治出版)など 『真説・長州力1951―2015』 田崎健太/集英社インターナショナル/1900円+税 (取材・文/田中茂朗 撮影/関根虎洸) [全文を読む]

ネットユーザーも興味津々「いいとも珍事件簿」

メンズサイゾー / 2013年10月25日17時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

フォーカス