ユニセフ 黒柳徹子に関するニュース

アグネス・チャンに偽善の疑い

NewsCafe / 2014年05月04日11時00分

■可哀想と言いながら豪邸紹介 2012年、アグネスが大使として就任している日本ユニセフ協会に疑問の声があがる。アグネスが募金先にあげている日本ユニセフ協会(国連内のユニセフとは別団体)が、募金の81%しかユニセフ本部に送っていないという事実が報道されたのだ。残りの19%の募金はどこにいったのか!?ネット上では、都心の一等地に構える豪華すぎるアグネスの自宅兼 [全文を読む]

黒柳徹子 「ボスニアでスパイ容疑で逮捕」事件の真相

太田出版ケトルニュース / 2016年07月21日09時32分

『窓ぎわのトットちゃん』の印税で設立した「社会福祉法人トット基金(日本ろう者劇団)」や、パンダ保護のための「世界自然保護基金(WWF)」、そしてユニセフの親善大使など、それらの功績は枚挙に暇がありません。 特にユニセフでは毎年のように発展途上国を訪れ、貧困や内戦の犠牲になり苦しむ子どもたちを視察し、精力的に支援活動を行います。黒柳さんが社会貢献活動に尽力す [全文を読む]

<ユニセフと日本ユニセフ協会で違う募金の行方>恵まれない子どもに必要なのはお金ではなく教育だ

メディアゴン / 2015年09月27日07時30分

江川達也[漫画家]* * *「黒柳徹子さんの『ユニセフ』とアグネス・チャンの『日本ユニセフ協会』の違いが酷すぎる!!!」というインターネットの記事を読んだ。(編集部註:「ユニセフ」および「日本ユニセフ協会」は恵まれない子供たちなどに対し、寄付された募金を送金し支援を行う慈善団体である。しかし、国連ユニセフから親善大使として任命された黒柳徹子氏が窓口を務める [全文を読む]

「栄養失調で亡くなる子どもは年間590万人、アフリカなどの悲惨な実態を知ってほしい」―黒柳徹子ユニセフ親善大使、32カ国訪問の体験を語る

Record China / 2016年03月27日08時10分

2016年3月24日、国連児童基金(ユニセフ)親善大使の黒柳徹子さんが日本記者クラブで記者会見した。32年間にわたって、アフリカ、アジア、中東など32カ国を訪問、厳しい環境下にある子どもたちを励まし、支援し続けた体験を披露。「ユニセフ親善大使として、世界の子どもたちの実情を知っていただきたい」と訴えた。黒柳さんは1984年、ユニセフ親善大使にアジア出身者と [全文を読む]

元2ch管理人「西村博之」さん日本ユニセフピンハネ疑惑に苦言のアグネスさんにエグい質問「黒柳徹子紹介すれば?」

秒刊SUNDAY / 2013年11月14日09時40分

アグネス・チャンさんは「日本ユニセフ協会について無責任なネットの書き込みがある。」いわゆるデマがネットをはびこっていると指摘。それに対し西村さんは、「黒柳徹子さんの振込先口座を紹介しないのはなぜか」と質問。無責任だといわれるネットとの元管理人と恣意的な解釈をするタレントのバトルが始まろうとしている。 ―アグネスさんの書き込みアグネスさんの書き込みによると以 [全文を読む]

ユニセフが81%しか本部に拠出していないのは本当?実際に聞いてみた

秒刊SUNDAY / 2013年11月15日16時15分

そもそもこの問題は「日本ユニセフ」が全体の収益のうち81%しか本部に拠出していないのは「ピンハネ」であるという問題から勃発している。そこで当編集部は直接日本ユニセフに問い合わせてみました。 ―2012年の収益額と拠出額さて、昨年の全体的な収益額と拠出額を見ていただきたい。この値は公式サイトに記載されているため問い合わせるまでもなく確認することができる。それ [全文を読む]

黒柳徹子、インスタグラム大反響で始まったネット業界「徹子のブログ」争奪戦

アサ芸プラス / 2016年10月02日09時58分

そこでブログの収益の一部を黒柳さんが活動しているユニセフの募金に充てるという『ボランティアブログ』という形で提案しようと考えているんです。いいアイデアじゃないですか?」 あの手この手で行われる「黒柳徹子争奪戦」。果たして「徹子のブログ」は開設なるか──。(白川健一) [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

でも、結婚しないできたから「徹子の部屋」も四十年つづいたし、舞台の仕事もユニセフの親善大使もできたのだと思います。 若い頃にお見合いの経験も三回あります。プロポーズされたこともあります。それでも結婚というのはなかなか難しいもので、やはりご縁というのか、決心がつかなかったんですね。ただ、いい恋愛はしたと思います。それほど数は多くありません。でも、素敵な恋愛は [全文を読む]

黒柳徹子 スーダン「トットちゃんハウス」念願の初訪問

WEB女性自身 / 2013年05月06日07時00分

「気温が46度もあってすごく暑かったんですけど、私は暑さは平気なんです」そう話すのは、国連のユニセフ親善大使として南スーダンを訪れていた黒柳徹子。「いちばんうれしかったのは、18年前に完成した『トットちゃんハウス』を初めて訪問できたことですね。女性自身の読者の方もユニセフに募金してくださって、ありがとうございました。おかげさまで20年前スーダンに行ったとき [全文を読む]

フォーカス