校正 校閲ガールに関するニュース

「校閲」とは一味違う 困惑とトホホ笑い渦巻く伝説の「校正」

しらべぇ / 2016年11月23日12時00分

主にクライアント担当者が修正指示を入れる「校正」では、ときに制作や印刷会社の担当者が、どうしていいのかわからなくなるコメントが書き込まれ、それが「伝説」の域にまで達することもある。■校閲と校正の違い文章や図版・写真などが、正しく掲載されるように、指示を書き込むという点では「校閲」も「校正」も、大きな枠組みで見ると作業上の違いはない。ここで理解してほしいのは [全文を読む]

【最終回間近】ドラマ『地味スゴ』を、活字ヲクな「リアル校閲ガール」がぶった切り!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月29日18時37分

ゲラ(校正用に刷ったもの)って、画像が入ったページなんかは特にツルツルしてるんですよね。だから普通のペンだと目立たないし、はじいちゃうから、油性でインクがしっかり乗るダーマトのようなものを使ってチェックします」■ちなみに……「ペンの色ごとにチェックの意味があって、赤は“要修正”、青は“要確認”。これはたぶん業界では、ほぼ統一されているかと。あと、わたしは黄 [全文を読む]

石原さとみ「校閲ガール」も顔負け!?大手出版社の「校閲おばさん伝説」がスゴイ

アサジョ / 2016年10月23日09時59分

ネット書店では「校閲入門」などの書籍が次々と売り切れ、ニュースサイトには「あんな校正部員はありえない」といった批判記事が目白押しだ。そのなかで「あの人を思い出した」と言われる伝説の校閲部員がいるという。大手出版社の契約社員が語る。「ドラマでは石原が、節約主婦の提案する手作りグッズを自分でも作ってみるシーンがあり、『あんな校閲部員はいない』と主張する記事もあ [全文を読む]

「校閲ガール・河野悦子」のリアルな実態とは!?

PR TIMES / 2016年10月31日12時03分

編集者・ライター100人を対象とする本誌のアンケートで「記事をメディアに掲載するにあたり、どのくらい“校正・校閲”をしますか?最も多いパターンを一つ選んでください」という質問をしたところ、以下のような結果に。[画像1: http://prtimes.jp/i/2888/89/resize/d2888-89-919435-0.jpg ]上の結果の通り、校閲を [全文を読む]

石原さとみ、地味スゴの“奇抜な服装”が物議「ギャグじゃなかったの!?」

日刊大衆 / 2016年11月08日11時00分

第5話では悦子が、憧れのファッションエッセイストの新刊を文字校正することになり騒動を起こしてしまう、というストーリーが描かれた。 視聴者の間で話題となったのは、物語のメインテーマではなく、新たに発覚した悦子の設定だ。初回放送後からすぐに悦子のファッションが“奇抜すぎる”とネットでは話題になっていたが、第5話では、その悦子のファッションが「おしゃれ」という設 [全文を読む]

石原さとみ 日テレ・新ドラマ超過密日程でタメ息「ハァ~」の萌え萌え撮影現場

アサ芸プラス / 2016年10月15日09時57分

ファッション誌の編集を希望して出版社に入ったはいいが、原稿の校正作業などを扱う「校閲部」に配属されてしまう、オシャレ好きでパワフルな女子を演じている。 テレビ誌記者が語る。「石原は大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』にも出演し、まさに旬の女優。このタイミングでの主演を引き当てた日テレはホクホクで、高視聴率の期待を高めています」 意気込んでいるのは局だけではない [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ』強引な“校閲ゴリ押し”展開で2ケタキープも、衣装アピール映像にイラッ!

日刊サイゾー / 2016年10月14日00時00分

悦子が校正紙に自身が知っている節約術を付け加えて返したところ、そのアイデアを本に加えたいと言い出す亜季。編集担当の貝塚(青木)が「今からじゃ、確定している発売日に間に合わない」と止めようとするも、悦子が「私が最後まで責任をもって付き合うから」と押しきります。 そんなしゃしゃり出まくりの悦子に、先輩の藤岩(江口のりこ)が「校閲は作家に直接会うべきではない」「 [全文を読む]

美しい胸を持つ女優たちの禁断未公開ショット!(2)秋ドラマで石原さとみがサービスカット連発?

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時57分

原稿の間違いなどを校正する地味な部署に回されてしまうのだ。「さとみちゃんはドラマの役が決まるまで、校閲という言葉を聞いたことがなかったそうです。でも、具体的な仕事の中身を知って『校閲がいなければ本が出来上がらないですね、これから勉強します』と張り切っていました」(前出・スポーツ紙芸能デスク) がむしゃらに文字と格闘するOL向けドラマとあって、オジサマ族には [全文を読む]

フォーカス