出版社 校閲ガールに関するニュース

石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな」

Business Journal / 2016年10月08日12時00分

原作は『校閲ガール』シリーズ(宮木あや子著/KADOKAWA)で、女性ファッション誌編集者を目指す河野悦子(石原)がついに長年憧れていた大手出版社・景凡社に入社するも、期待に反して、原稿内容の誤りや疑問点を指摘するという“地味な仕事”を行う校閲部に配属されるところから物語は始まる。河野は希望する人気ファッション誌編集部への異動という目標を叶えるため、校閲 [全文を読む]

“恋愛モノ女優”石原さとみ、『校閲ガール・河野悦子』で「可愛いだけ」から脱皮なるか?

サイゾーウーマン / 2016年10月03日13時00分

『校閲ガール・河野悦子』は、おしゃれ大好きで、スーパーポジティブな主人公・河野悦子が、夢のファッション誌編集者を目指し、出版社に入ったものの、配属されたのは地味な校閲部だったというストーリー。原作は宮木あや子の単行本『校閲ガール』(KADOKAWA/メディアファクトリー)シリーズで、脚本は『ラスト・シンデレラ』(13年/フジテレビ系)、『ディア・シスター [全文を読む]

石原さとみ主演『地味スゴ』SPドラマ、待望の予告編解禁! “Lassy”まさかの廃刊!?

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年09月02日11時30分

『地味にスゴい!DX 校閲ガール・河野悦子』は、ファッション誌の編集者を夢見て出版社の校閲部で奮闘していた河野悦子(石原)たちのその後を描いた職業ドラマ。念願の「Lassy」編集部に異動して1年。幸人(菅田将暉)との関係も順調で充実した毎日を送っていた悦子だが、凄腕の新編集長・二階堂凛(木村佳乃)がやってきたことで徐々に暗雲が立ち込めることに…。 解禁さ [全文を読む]

なぜ不況の出版業界モノの連ドラ量産?『校閲ガール』に隠されたヒットの法則

Business Journal / 2016年11月16日12時00分

雑誌の休刊や出版社の倒産のニュースが相次ぎ、出版不況が叫ばれる中、なぜドラマの舞台として選ばれ続けているのか? なぜ、その多くが高視聴率や高評価を獲得しているのか? 背景と理由をひもといていく。●テレビ局にとってはドラマ化しやすい? 冒頭に挙げた作品の大半は、小説か漫画の原作を実写化したもの。つまり、“出版社の現場発”の作品であり、自分たちの働く世界を描 [全文を読む]

石原さとみ、まるで絵画のような美しさ! 主演ドラマが2ケタの好調キープ

メンズサイゾー / 2016年11月04日21時00分

同作は、出版社の「校閲部」を舞台にしたお仕事系ドラマ。主人公の河野悦子(石原)はファッション誌の編集者に憧れて入社したが、その希望は叶わず校閲部に配属されてしまう。それでも、持ち前のポジティブな性格を武器に校閲の仕事に取り組み、型破りな行動で波乱を巻き起こしながら周囲の人々の心を動かしていく物語だ。 石原が劇中で見せた姿をファッション誌風に随時アップして [全文を読む]

オシャレすぎる通勤コーデが地味にスゴイ!石原さとみに学ぶ!1週間ヘアアレンジ術♪

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月02日17時30分

ドラマに出演する度にファッションが話題になり、着用したブランドのアイテムが売り切れ続出の現象を起こしている大人気女優・石原さとみさん! 今放送中のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日テレ系列)で毎回登場するファッションが可愛すぎる! と話題になっています♪ 石原さん演じる主人公・河野悦子は憧れのファッション誌編集部を目指して出版社に入社するも、 [全文を読む]

ドラマ“地味スゴ”胸アツ名ゼリフをプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年11月27日18時00分

ファッション雑誌の編集者を目指したはずが、出版社の校閲部に配属された悦子(石原さとみ)の奮闘を描くドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。仕事に打ち込む悦子らが口にした前向きな胸アツセリフと共に、今作の名シーンをプレーバック! ■ 「できる限りのことはしたって自分で思えれば、自分で自分を誇りに思える!だからあたしも今からまた無駄なことしてくるよ」by [全文を読む]

『逃げ恥』新垣結衣と『校閲ガール』石原さとみ、対照的なファッションに見るそれぞれの個性

リアルサウンド / 2016年11月21日06時10分

一方の『校閲ガール』は、ファッション誌編集者を目指し、憧れの出版社に入社したものの、校閲部に配属された河野悦子(石原さとみ)が、一見地味な仕事に真っ向から立ち向かっていく模様を描いたお仕事ドラマ。石原は、あくまで校閲者だが、事実確認をするために外に出て、様々な場所に足を運び、多くの人と知り合っていく。とてもアクティブで前向きなキャラクターだ。新垣は内、石原 [全文を読む]

『校閲ガール』で注目の編集者 石原さとみはファッション誌に移れない?

しらべぇ / 2016年11月15日06時00分

(P P/iStock/Thinkstock)秋クールのドラマでは、2桁視聴率をキープしている『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)ほか、お仕事ドラマや登場人物の職場の舞台になることの多い出版社。しかし一口に「編集」と言っても、雑誌・文芸・コミックといった、担当するジャンルによって、かなり仕事内容が異なることは意外と知られていない。■雑誌 [全文を読む]

石原さとみ「校閲ガール」も顔負け!?大手出版社の「校閲おばさん伝説」がスゴイ

アサジョ / 2016年10月23日09時59分

大手出版社の契約社員が語る。「ドラマでは石原が、節約主婦の提案する手作りグッズを自分でも作ってみるシーンがあり、『あんな校閲部員はいない』と主張する記事もありますが、そういう人は現実にいるんです! 私がDIY関連の書籍を担当した時、月曜日に出社したら真っ赤に校正されたゲラが置いてあり、『ここに載っているグッズ、土日で全部作ってみました』と書いてあったのです [全文を読む]

石原さとみが「大作」連呼! 日テレ『地味にスゴイ!』12.9%好スタートも「オチが雑すぎ」!?

日刊サイゾー / 2016年10月07日00時00分

原作は、出版社の校閲部を舞台にした宮木あや子氏の小説シリーズ『校閲ガール』(KADOKAWA)。ちなみに、サイゾーの社内にも校閲部がありまして、「真矢みきは、いつの間にか真矢ミキに改名していますよ」「チェキッ娘における秋元康氏の立ち位置は、プロデューサーではなく“協力”ですよ」などと言って原稿を直してくれる、なくてはならない存在です。 石原演じる河野悦子 [全文を読む]

「インフェルノ」「バースデーカード」など最新映画を書籍で先取り!

Smartザテレビジョン / 2016年10月06日05時00分

出版社の校閲部に配属された悦子は、原稿が正しいかどうかにこだわるあまり、校閲者の枠を超えて騒動を巻き起こす! ■ 死をも超える母娘の感動ストーリー 「旅立ちの島唄~十五の春~」('13年)の吉田康弘監督が、死別した母娘の絆を描く「バースデーカード」。娘・紀子(橋本愛)が10歳のときに病に倒れた母・芳恵(宮崎あおい)は、紀子が20歳になるまでのバースデーカー [全文を読む]

石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!」出版の裏仕事「校閲」描く

しらべぇ / 2016年09月21日06時30分

さらに今秋、出版社、中でも「校閲者」を主人公にしたドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』が日本テレビ系でスタートする。■あらすじは?主人公の河野悦子(演・石原さとみ(29))は大のオシャレ好き。夢であるファッション誌編集者をめざして出版社に就職したものの、配属先は校閲部であった。校閲部とは、悦子の思っている華やかな世界とは真逆の地味な部署で、原稿や [全文を読む]

石原さとみ、“毒舌女”役決定に「罵られたい!」とファン歓喜 “英語推し”に「ハリウッド進出を目論む?」

おたぽる / 2016年08月14日12時00分

ファッション雑誌の編集者になることを夢見て、出版社に入社したものの、配属されたのは、文書や原稿などの内容の誤りや不備な点を調べ、正しく直す、校閲部。よりによって、出版社の中で最も地味といわれる部への配属となってしまったのだが、河野は持ち前のスーパーポジティブな性格で奔走。脚本家の中谷まゆみいわく、「口は悪いが、媚びずにぶれずに我が道を行く悦子を、私は大好き [全文を読む]

石原さとみ、秋ドラマで“校閲ガール“! 地味な職場で派手に大暴れ!?

メンズサイゾー / 2016年08月12日21時30分

ファッション誌の編集者を目指して出版社に入社した石原演じる主人公の河野悦子(こうの・えつこ)が、"地味"な校閲部に配属されながら奮闘する物語だ。 秋ドラマで石原が主演を務めることを知ったファンは大喜び。ネットには、「さとみちゃんのファッションが楽しみ」「原作も面白いし、ドラマも盛り上がりそう」「早く見たい」「毎週、石原さとみが見られる幸せを噛みしめたい」と [全文を読む]

宮木あや子『校閲ガール』スピンオフ作品が無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月05日09時20分

雑誌の編集者に憧れて出版社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)が主人公だが、彼女が配属されたのは編集部ではなく、原稿の誤りや不備を正すのが役目の校閲部だった。そんな悦子の周りでは、たびたびちょっとした事件が起こって……。独自の感性で難題を切り抜けていく悦子の姿に元気がもらえるワーキングガールズエンタメだ。 今回のスピンオフ企画は「とある広場であの人と」と題 [全文を読む]

『校閲ガール』石原さとみのオシャレ(?)衣装、一般女性がマネると非常に危険という説

Business Journal / 2016年12月06日12時00分

『校閲ガール』は、出版社で文章や文字の誤りをチェックする校閲部に配属された主人公・河野悦子が、不本意ながら奮闘する“お仕事ドラマ”。主人公はファッション誌の編集者に憧れている設定のため、石原の派手で華やかすぎる衣装が毎回、「かわいい! マネしたい」「いや、ダサすぎ」などと注目され、視聴者の間で賛否両論が巻き起こっている。 そこで、石原が『校閲ガール』で着て [全文を読む]

本田翼、「校閲ガール」で菅田将暉にかました“奪うキス”が大人すぎると大反響

アサ芸プラス / 2016年11月01日13時45分

本田は石原が演じる出版社校閲部員・河野悦子の高校の後輩で、ファッション誌の編集部員・森尾登代子役。キスの相手となった菅田は河野が一目惚れした相手で、覆面作家をしつつ、森尾にモデルとしてスカウトされたことをきっかけに、作家とモデルの2足のワラジを履く大学生・折原幸人という役どころだ。 折原はお金がないこともあり、森尾の家に居候させてもらっている設定だが、そ [全文を読む]

『校閲ガール』石原さとみ、「フェロモン」だけじゃない隠れた「女優力」

Business Journal / 2016年10月14日06時00分

ストーリーを簡単に説明すると、石原さとみ演じるヒロイン・河野悦子は、ファッション誌の編集者を夢見て出版社に入社したものの、配属されたのは原稿の誤字脱字や不備などを指摘する校閲部だった。しかし、持ち前のスーパーポジティブな性格で、地味な校閲の仕事に挑みながら成長していく……というもの。 好スタートを切った理由は、やはり石原の人気によるところが大きい。●CM [全文を読む]

石原さとみ「やりすぎファッション」に、視聴者あぜん?

日刊大衆 / 2016年10月07日13時30分

ファッション誌の編集者を夢見て憧れの出版社に入社するも、地味な校閲部に配属された悦子。「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない」という言葉を信じて、校閲の仕事に挑んでいくキャラクターだが、かなりのオシャレ好きという設定だ。この悦子の服装が、「地味にスゴイ!」どころじゃなく「かなりスゴイ!」と話題になっている。ファッション誌の編集者よりもド [全文を読む]

フォーカス