仕事 校閲ガールに関するニュース

【シゴトを知ろう】リサーチャー 編

進路のミカタ / 2017年08月07日12時02分

リサーチャーの仕事は、主にテレビ番組などのトピックス情報や取材先などを調べること。調べることやテレビが好きな人にとっては天職だといえるかもしれませんね。今回お話を伺った喜多あおいさんは、まだリサーチャーの仕事を専門にする人が少なかった時代に業界に入り、道を開いてきたリサーチャーの第一人者です。喜多さんは「調べ物」のスキルはあらゆる人にとって武器になると言い [全文を読む]

【最終回間近】ドラマ『地味スゴ』を、活字ヲクな「リアル校閲ガール」がぶった切り!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月29日18時37分

(『地味にスゴイ!』第9話予告動画30秒)このドラマをきっかけに、“校閲者”への世間の見方も変わっていくかもしれませんが……実際の“校閲ガール”って、どんな人たちなんでしょう?ひたすらに文字と向き合う仕事……きっと、編集者以上に“活字ヲク”に違いない!!■文章が好きすぎる校閲ガールに、その理由を聞いてみた今回、話を聞かせてくれたのは、PR会社で校閲者として [全文を読む]

石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな」

Business Journal / 2016年10月08日12時00分

原作は『校閲ガール』シリーズ(宮木あや子著/KADOKAWA)で、女性ファッション誌編集者を目指す河野悦子(石原)がついに長年憧れていた大手出版社・景凡社に入社するも、期待に反して、原稿内容の誤りや疑問点を指摘するという“地味な仕事”を行う校閲部に配属されるところから物語は始まる。河野は希望する人気ファッション誌編集部への異動という目標を叶えるため、校閲 [全文を読む]

ドラマ“地味スゴ”胸アツ名ゼリフをプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年11月27日18時00分

仕事に打ち込む悦子らが口にした前向きな胸アツセリフと共に、今作の名シーンをプレーバック! ■ 「できる限りのことはしたって自分で思えれば、自分で自分を誇りに思える!だからあたしも今からまた無駄なことしてくるよ」by河野悦子(第5話) 仕事で落ち込む森尾(本田翼)を励まそうとして、逆に森尾を傷つけてしまった悦子。翌日SNSで連絡し「“やるだけ無駄”なことなど [全文を読む]

石原さとみ「地味スゴ」ファッションチェック企画がスタート ド派手スタイルからカジュアルまで

モデルプレス / 2017年09月05日17時00分

◆「地味スゴ」がスペシャルドラマで復活 「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」は、ファッション誌の編集者を夢見るオシャレ大好きな河野悦子が一見地味な校閲部で奮闘するお仕事ドラマ。たとえ本当にやりたいことではなくても、一生懸命やれば仕事は面白い、と前向きに頑張るヒロインの姿が多くの人に支持され世帯平均視聴率12.4%(ビデオリサーチ調べ※関東地区)を記録し、 [全文を読む]

『逃げ恥』新垣結衣と『校閲ガール』石原さとみ、対照的なファッションに見るそれぞれの個性

リアルサウンド / 2016年11月21日06時10分

新垣は、主婦として雇われているため、家事が仕事だ。そのため、家の中にいるのがほとんど。一方の『校閲ガール』は、ファッション誌編集者を目指し、憧れの出版社に入社したものの、校閲部に配属された河野悦子(石原さとみ)が、一見地味な仕事に真っ向から立ち向かっていく模様を描いたお仕事ドラマ。石原は、あくまで校閲者だが、事実確認をするために外に出て、様々な場所に足を運 [全文を読む]

『校閲ガール』で注目の編集者 石原さとみはファッション誌に移れない?

しらべぇ / 2016年11月15日06時00分

(P P/iStock/Thinkstock)秋クールのドラマでは、2桁視聴率をキープしている『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)ほか、お仕事ドラマや登場人物の職場の舞台になることの多い出版社。しかし一口に「編集」と言っても、雑誌・文芸・コミックといった、担当するジャンルによって、かなり仕事内容が異なることは意外と知られていない。■雑誌 [全文を読む]

オシャレすぎる通勤コーデが地味にスゴイ!石原さとみに学ぶ!1週間ヘアアレンジ術♪

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月02日17時30分

石原さん自身のお洒落センスやメイクテクニックが、あの可愛いキャラを作り出していたというのは納得ですね! 一見地味な仕事でも、毎日のファッションに手を抜かずに仕事を楽しんでいる校閲ガールを見ていると、自分もオシャレをもっと頑張らなきゃ!という気分になりますね。まだ4話目なのに既に可愛いコーディネートが盛りだくさんなこのドラマ。これからのストーリー展開も、石原 [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ』“マスゴミ炎上”を描いた第4話、モデルは高畑淳子の謝罪会見か

日刊サイゾー / 2016年10月28日00時00分

悦子と小競り合いとなった山ノ内は、校閲の仕事を「人の粗探しで金を取る、クソみてえな仕事だ。嫌われ者の仕事だ。俺らの仕事と一緒だ」と罵ります。きっとこれが、世間が描く芸能記者像なのでしょうね。ちなみに、こんなイケメン記者はあまりいませんが、性格は実際にこんなもんです。リアル~。 後日、山ノ内は、あすかに4歳の隠し子がいることをすっぱ抜き、週刊誌に掲載。世間が [全文を読む]

石原さとみ 女子を敵に回さないための悶々とした恋愛

NEWSポストセブン / 2016年10月21日07時00分

石原は、ファッション誌の編集者に憧れながら、出版物の誤字脱字や事実関係の間違いを見つけて指摘する『校閲部』という地味な仕事を続ける最先端流行ガールを演じているのだが、身につけたファッションアイテムは即日完売の人気だ。 「以前のドラマもそうでしたが、石原さんが身につけるとすぐに問い合わせがくるそうです。今回もかなり派手な衣装が多いのですが、アニマル柄のロン [全文を読む]

校閲ガールが好調の裏で?石原さとみが患う”女優病”の重症度

デイリーニュースオンライン / 2016年10月11日13時05分

ビジュアルが注目されるだけで、女優としての評価は低く見られてきましたが、女優という仕事にかける熱意は並大抵ではない」(芸能記者) 『校閲ガール』がヒットをすれば、その努力は間違いなく実を結ぶことだろう。 ■女優以外の仕事に手抜き? 順風満帆に見える石原だが、その評価に暗雲が立ちこめているのも事実だ。10月3日放送の『しゃべくり007 2時間SP』(日本テレ [全文を読む]

石原さとみ主演の秋ドラマタイトルが「壊滅的にセンスない」と批判殺到!

アサジョ / 2016年08月15日09時59分

ネット上ではこの変更が改悪だとして『地味にスゴイ!ってタイトルが残念すぎて観る気がしない』『地味って校閲してる人に対して失礼だろ!』『タイトルが壊滅的にセンスがない』と放送前からタイトルに関して批判が殺到しています」(前出・テレビ誌記者) ドラマでは石原演じる主人公が、ド派手なファッションに身を包み、校閲という仕事を飛び超えて大暴れしていくという。はたして [全文を読む]

山下智久&石原さとみ、突如浮上した破局報道のウラにある”交際順調説”

デイリーニュースオンライン / 2017年09月18日08時05分

ここにきて暗雲が立ち込めているという理由には、二人の“順調すぎる仕事ぶり”が距離を作っているのではないかと綴られている。 実際に山下は、4月期放送ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)に続き、現在は『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)と2クール続けてドラマに出演。一方で石原も、来年放送されるドラマの収録や舞台の仕事が入ってい [全文を読む]

石原さとみのファッションを毎日更新! 『地味スゴ』SNS企画がスタート

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年09月05日17時00分

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』は、ファッション誌の編集者を夢見るオシャレ大好きな悦子(石原)が、一見地味な校閲部で奮闘する姿を描いたお仕事ドラマ。20日のスペシャルドラマは、悦子が校閲部から念願のLassy編集部に異動して1年後を舞台に、「Lassy」に着任したスゴ腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)の存在や、思いを寄せる若手作家・幸人(菅田将暉)の [全文を読む]

怖かった日本人のイメージが一変したワケ?=『校閲ガール』『嵐』の大ファンに―中国人の日本語作文コンクール優勝者

Record China / 2017年02月26日19時00分

将来新聞やテレビの仕事をし、ジャーナリストになりたいと考えています。日本と中国をつなぐ仕事に就くのが夢です。日本で仕事ができればうれしいです。――日本の印象はいかがですか。日本訪問は3回目です。昨年7月に訪日した際には、家族や友人らへのプレゼントの「爆買い」を楽しみました。買い物をすれば日本や日本人の良さを知るきっかけになります。日本人も中国に行き中国の良 [全文を読む]

地味スゴ「仕事より恋愛」路線に不満殺到!?

日刊大衆 / 2016年11月29日11時00分

最近、同ドラマの内容が“恋愛中心”であることに対し、視聴者からは「もっと校閲の仕事をしているところが見たい!」と不満が上がっている。 「今回の8話では、大御所作家の桜川葵が10年ぶりに本を出版することになり、その本の校閲を悦子が任されるといった場面が描かれました。しかし、桜川が校閲部の部長のかつての恋人だったという過去が明かされるなど、今回も恋愛の話に重き [全文を読む]

絵本作家は特にエロい!? 菅田将暉演じる“曖昧男”にイライラ……石原さとみ『地味にスゴイ』

日刊サイゾー / 2016年11月25日00時00分

部長の茸原(岸谷五朗)に「桜川先生は、とにかく激しいお方で、中途半端な仕事をする人が嫌い」と助言され、悦子はいつも以上に全力で原稿と向き合います。 そんな中、校閲部を訪れた桜川は、茸原を見つけるや否や、「あなた、こんなところで何してるの? やはり、私の担当はあなたしかいない」と、情熱的に抱き合う2人。茸原は文芸部の編集者時代、桜川を担当していたものの、いつ [全文を読む]

超ポジティブな石原さとみに癒し系の新垣結衣、日本の秋ドラマは見所満載―中国紙

Record China / 2016年11月13日21時40分

それでも毎日オシャレな姿で出勤し、元気はつらつと仕事をする。河野はそそっかしく、人の意見に耳を傾けずに失敗もする。しかし、持ち前の努力と同僚の助けにより、失敗を補い、成長していく。彼女が犯す間違いは現実の世界ならクビになってしまうようなものばかりだが、このドラマの最もおもしろいところは、河野が超ポジティブで、どんな壁にぶち当たっても一瞬で元気を取り戻してし [全文を読む]

石原さとみ主演のドラマ『地味にスゴイ!』、原作『校閲ガール』最新刊では、悦子がついに編集部に異動。意中の彼とも衝撃展開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月27日06時30分

やりたい仕事とやれる仕事が違ったとしても、与えられたものに全力投球していればいつか道は拓けるかもしれないのだからと。望む形ではないかもしれないけれど、きっと自分に必要な形で。 最新刊『校閲ガール トルネード』(宮木あや子/KADOKAWA)では、悦子が念願かなって女性誌の編集部に異動する様子が描かれる。だがそこに待ち受けていたのは、「できない」ことだらけの [全文を読む]

石原さとみ「校閲ガール」も顔負け!?大手出版社の「校閲おばさん伝説」がスゴイ

アサジョ / 2016年10月23日09時59分

石原さとみがヒロインを務めるドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)の影響で、校閲という仕事の注目度が高まっている。ネット書店では「校閲入門」などの書籍が次々と売り切れ、ニュースサイトには「あんな校正部員はありえない」といった批判記事が目白押しだ。そのなかで「あの人を思い出した」と言われる伝説の校閲部員がいるという。大手出版社の契約社員 [全文を読む]

フォーカス