世界 校閲ガールに関するニュース

「校閲」とは一味違う 困惑とトホホ笑い渦巻く伝説の「校正」

しらべぇ / 2016年11月23日12時00分

(画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット)本や雑誌の世界では、その道のプロフェッショナルの担当者が、正しい文章の番人として活躍する中、同じような印刷物でも広告の世界では、少しばかり状況が異なる。主にクライアント担当者が修正指示を入れる「校正」では、ときに制作や印刷会社の担当者が、どうしていいのかわからなくなるコメントが書き込まれ、それが「伝説」の域 [全文を読む]

超ポジティブな石原さとみに癒し系の新垣結衣、日本の秋ドラマは見所満載―中国紙

Record China / 2016年11月13日21時40分

彼女が犯す間違いは現実の世界ならクビになってしまうようなものばかりだが、このドラマの最もおもしろいところは、河野が超ポジティブで、どんな壁にぶち当たっても一瞬で元気を取り戻してしまうところだ。現実の世界には河野のような女性はいないことは分かっていても、このドラマを見て、「自分もくじけることなくがんばらなくては」とパワーを注入してもらっている人も多い。■「成 [全文を読む]

地味スゴ「仕事より恋愛」路線に不満殺到!?

日刊大衆 / 2016年11月29日11時00分

しかし、桜川が校閲部の部長のかつての恋人だったという過去が明かされるなど、今回も恋愛の話に重きが置かれていて、ドラマ開始当初のように校閲の仕事が描かれている場面はほんの少しだけでしたね」(テレビ誌ライター) 同ドラマは、地味な校閲部に配属された河野悦子が、校閲という仕事を通して出版の世界に触れていくというお仕事ドラマ。しかし、7話でも菅田将暉(23)演じる [全文を読む]

なぜ不況の出版業界モノの連ドラ量産?『校閲ガール』に隠されたヒットの法則

Business Journal / 2016年11月16日12時00分

つまり、“出版社の現場発”の作品であり、自分たちの働く世界を描いているのだから、仕事内容も人間関係もリアリティが高く、ドラマチックな展開を生み出しやすい。 一方、別の業界を扱った小説や漫画は、書き手がどんなに取材をしても、出版業界を描いた作品にリアリティで上回るのは至難の業。 たとえば、『校閲ガール』第2話でヒロインが致命的なミスをしたとき、ほかの部員たち [全文を読む]

ドラマ“地味スゴ”胸アツ名ゼリフをプレーバック!

Smartザテレビジョン / 2016年11月27日18時00分

■ 「オシャレで、華やかで、洗練された世界にどっぷり漬かってる時間だけが、至福の時だったんだよ!その至福の時を、妄想でなく現実のモノにするために、諦めないで試験受け続けてようやく景凡社に入れたんだよ!」by河野悦子(第1話) 高校時代の後輩で、当時は「ダサダサのガリ勉」だったはずの森尾が、今や自分の憧れの雑誌「Lassy」の編集部で働いていると知った悦子 [全文を読む]

菅田将暉が「校閲ガール」で三宅宏実と腕相撲!?

Smartザテレビジョン / 2016年11月09日17時52分

オリンピックも緊張しますが、ドラマの世界が全く別世界だったのですごく緊張しました」とコメントしている。 また共演した石原さとみと菅田将暉については、「石原さんは、ずっと見ていたいくらいかわいくて魅了されました。菅田さんは背が高くてかっこいい方で、ドキドキが止まりません。目を合わせたままでいるシーンがあり、すごく緊張しました(笑)」とドラマ撮影を楽しんだ様子 [全文を読む]

“星のことばを紡ぐ人”Sayaの星占い…新垣結衣&石原さとみの魅力・天職を比較検討

ココロニプロロ / 2016年11月09日13時15分

バランス感覚に優れる一方で、思考の世界に遊びにいってしまい、優柔不断を楽しんでしまう一面が』冷静さを保ちつつ思考の世界に旅立ち、優柔不断を楽しめるって小悪魔的な彼女のイメージにぴったり。出演者キラーなんて言われているのも、天秤座の影響なのかも?さておき、バランス感覚が優れてる人って看護師さん、向いていそうですよね。現実と非現実を自由に行き来できるなら、アー [全文を読む]

「石原さとみが怖い」校閲ガール、男性からは不評?

日刊大衆 / 2016年10月16日12時00分

同作はファッション誌の編集者を夢見る主人公の河野悦子が、校閲部を通して出版の世界を学んでいくというお仕事ドラマ。文章の誤字脱字などを確認し、正しい原稿に直す“校閲”の仕事だが、河野悦子は推理小説の舞台に自ら足を運んで事実関係を確認したり、編集部に直接作品のダメ出しをするというパワフルな役。また、オシャレが大好きという設定のため、シーンごとに替わるド派手な [全文を読む]

石原さとみ、「地味ドラマ」の評判

NewsCafe / 2016年10月14日13時30分

ファッションやトレンドに関する知識が豊富で発想力も豊か」 記者「校閲という地味でじとーっとした世界の逆を行くキャラですもんね」 デスク「発売中の週刊新潮が『ここが変だよ! 石原さとみ主演の校閲ガールを校閲せよ』なんてネタにしてたけど、確かに校閲者が小説の舞台に足を運んだり、作家と直接対面するなんてことは実際にはない。でも、ドラマそのものはホメてたぞ」 記者 [全文を読む]

石原さとみ主演ドラマ「地味にスゴイ!」出版の裏仕事「校閲」描く

しらべぇ / 2016年09月21日06時30分

校閲部とは、悦子の思っている華やかな世界とは真逆の地味な部署で、原稿や文書の内容の誤った点を正し直す作業をするところだ。そんな環境にいつも不満を持っている悦子だが、原稿を見て一度気になったところは徹底的に調べ直し追求する。たとえ相手が大御所作家の作品でも。■原作は小説原作は『校閲ガール』(宮木あや子・著/KADOKAWA)。画像出典:Amazonポジティブ [全文を読む]

和田正人が赤堀雅秋の新作舞台に出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年09月16日10時01分

赤堀雅秋による2017年1月公演の舞台「世界」に、俳優の和田正人が出演することが決定した。 本作品は劇作家・演出家の赤堀雅秋が「殺風景」(2014年)、「大逆走」(2015年)に続きシアターコクーンで手掛ける舞台3作目。すでに風間杜夫、大倉孝二、早乙女太一、広瀬アリス、青木さやか、福田転球、赤堀雅秋、梅沢昌代、鈴木砂羽らの出演が発表されており、和田の出演発 [全文を読む]

石原さとみ、“毒舌女”役決定に「罵られたい!」とファン歓喜 “英語推し”に「ハリウッド進出を目論む?」

おたぽる / 2016年08月14日12時00分

「石原といえば、2014年に公開された映画『幕末高校生』で共演した玉木宏に、『たまにSな部分が見える』『意外とSな部分もあるのかなって思う』などと指摘され、さらに、『プロレス観戦に行って、その世界に入り込んだんでしょうね。リングに向かって「倒せコラッ!」って』と、お嬢様然としたルックスからは想像できないような、男っぽいドSな性格であることを暴露されて以来 [全文を読む]

福原遥×白石隼也「グッドモーニング・コール」続編配信決定! 杉野遥亮&高橋メアリージュンら新キャストも

CinemaCafe.net / 2017年09月13日06時00分

大学生となった吉川菜緒と上原久志のカップルのもとに、新たな恋のライバルが登場するなど、新キャラクターを加えドラマオリジナル版の「グッドモーニング・コール」の世界が作りだされるという。 キャストには、素直で天然な性格の主人公・菜緒役を福原遥、イケメンで秀才の菜緒の彼氏・上原役を白石隼也が続投。そして、上原の同級生でスタイリッシュなイケメン・夏目柊役に「地味に [全文を読む]

<石原さとみ「24時間テレビ」インタビュー>スタッフも驚く“コミュニケーション能力”の高さの秘密 メインパーソナリティーに「一番安心できる人」が存在

モデルプレス / 2017年08月25日08時00分

最後に“夢を叶える秘訣”を聞いてみると、「どの世界も理不尽なことってあると思うんですけど、でも真面目な人ほど残る。そう思いたい(笑)」という答えが返ってきた。 「努力って得てして実らない時もあるかもしれない。だけど、“真面目に賢く生きる”と夢は掴める気がする。なぜなら、がむしゃらな努力ではないから。賢くなるためにはやっぱり情報を入れなきゃいけないし、知識 [全文を読む]

全日本「魅惑のバストBEST100」2016‐2017(1位~5位)あの女優が前年から77人ごぼう抜きで戴冠

アサ芸プラス / 2017年03月01日17時58分

全身のバランスの良さに加え、持って生まれたバラ色の華やかさは、向こう10年の女王の座を保証!4位 宇垣美里(TBSアナ 163センチ 推定86センチEカップ) ドラマの世界ではガッキーの「逃げるは恥だが役に立つ」が絶好調だったが、同じTBSのウガッキーこと宇垣アナの人気も急上昇。あどけない顔立ちに迫力バストは誰もが大好物!5位 柳瀬早紀(グラビア 152セ [全文を読む]

石原さとみ他“たぬき顔”が、モテ美女の新トレンド!?

日刊大衆 / 2017年01月30日18時45分

米国の映画情報サイトが発表する「世界で最も美しい顔100人」では2013年から3年連続ランクイン、昨年は6位で日本人のトップにも選ばれています。美人なのにイヤミなく、色香があるのにイヤらしくない、地味にスゴい絶妙さこそ、彼女の魅力なのかもしれません。 13年度のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクし、最近では話題のアニメ映画『この世界の片隅に』で主 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

6位(1票)■『フリースタイルダンジョン』(AbemaTV)「ヒップホップの“ドープ”な世界を身近なものにした。」あの人気の深夜番組が、いつの間にかAbemaTVでも見られるようになっていたとは、僕も知りませんでした。なんとウィークデイに、1日2回の再放送。これはファンにはありがたい。 ――以上、6位の発表でした。皆さん、なかなか熱い思いだったでしょ? で [全文を読む]

女性300万人が視聴!3年ぶりの最新キスは“体感”も!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月20日20時30分

ほか、dTVでは「キス×kiss×キス」シリーズ全4作品をはじめ、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」やドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」('16年、日本テレビ系)、世界で唯一のファッション専門チャンネル「FashionTV」も配信中。 [全文を読む]

シリーズ総視聴者数は300万人超!多くの女性を虜にした人気シリーズが復活 「キス×kiss×キス Special chapter」を1月20日より独占配信 さらにVR版も同時配信

PR TIMES / 2017年01月20日13時42分

[画像2: https://prtimes.jp/i/22141/17/resize/d22141-17-802978-1.jpg ] 他にも!dTVなら女性向けラインナップが充実 dTVでは、「キス×kiss×キス」シリーズ全4作品をはじめとして、映画「セックス・アンド・ザ・シティ」や最新ドラマ「地味にすごい!校閲ガール・河野悦子」、さらにはトレンド最 [全文を読む]

アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

HANJO HANJO / 2016年11月23日07時40分

』の大ヒットを筆頭に『聲の形』や『この世界の片隅に』など、アニメ映画の話題作が今年は多数登場したが、今や実写よりもアニメの方がリアルな風景描写や人間同士のお芝居を丁寧に描くことができるという逆転が起こりはじめている。 そのことをもっとも強く感じさせるのが深夜アニメのノイタミナ枠だろう。 フジテレビ系で木曜日の深夜に放送されているノイタミナは人気少女漫画をア [全文を読む]

フォーカス