六本木 ミッドタウンに関するニュース

山里亮太も被害に...! 警察関係者に聞いた「都内・ぼったくり注意エリア」

tocana / 2015年10月07日09時00分

南海キャンディーズの山里亮太が10月1日、自身のTwitterで、「地獄...六本木、外国人の方について行って、結果、驚きの請求...やってしまいました...」とぼったくり被害にあったことを告白した。 近年、六本木ヒルズやミッドタウン、整備された美術館が立ち並ぶようになった六本木は、国際都市である東京を象徴するエリアとなった。以前のようなグレーな街並みでは [全文を読む]

米ナンパ師ジュリアン・ブランク氏より強引!? 東京の夜の街に、中国人ナンパ軍団が出没中

日刊サイゾー / 2014年12月05日19時00分

毎週末、夜の六本木に繰り出しているというK美(28歳)とS子(24歳)は話す。 「六本木5丁目交差点の近くにあるバーGは、やたら中国人が多い。40歳くらいのおっさん集団が、ノリノリで腰に手を回してきたりする。私はさりげなく振りほどいていたんだけど、すごいしつこかった」(K美) 「私はミッドタウンの近くのラウンジRで、カタコトの日本語を話すアジア系の女の子 [全文を読む]

与沢翼氏 「大体買ったので欲しい物ない」「日本を代表したい」

NEWSポストセブン / 2013年06月10日16時01分

六本木ヒルズがオープンから10年を迎えた。かつて「ヒルズ族」といえば、六本木ヒルズに本社を置く企業の代表者たちのことを言った。そして今、「ネオヒルズ族」と呼ばれる新興勢力が台頭している。そのネオヒルズ族の代表格与沢翼氏が、いまの六本木ヒルズについて語った。 * * * 六本木は僕を受け入れてくれる街なんですよ。初めていくキャバクラやクラブでも最初からVIP [全文を読む]

ミッドタウンのクリスマスは「宇宙への旅」。天体の動きをイルミネーションで幻想的に演出

FASHION HEADLINE / 2014年09月29日17時00分

六本木の東京ミッドタウンは、11月13日から12月25日までクリスマスイベント「ミッドタウン・クリスマス2014」を開催する。今年で8回目を迎える東京ミッドタウンのクリスマスだが、今回のテーマは「ミッドタウン・クルーズ」。街全体を「地球」から「宇宙」への旅を表現する様々なイルミネーションで飾る。 メインイベントは、広さ約2,000平方メートルの芝生広場のイ [全文を読む]

東京五輪に向けた再開発計画 新東京駅、第2六本木ヒルズ等

NEWSポストセブン / 2014年08月06日07時00分

ヒルズやミッドタウンの建設で成功を収めた六本木では旧IBMと六本木プリンス跡地でオフィス・住居・商業棟からなる大型再開発が始まり、「第2六本木ヒルズ」計画も浮上している。 新幹線や高速道路といった都市基盤を一から築いた1964年大会では、開催決定から開催年までに実質GDP成長率が3度も前年比10%を超え、高成長を記録。経済が成熟した今の日本が同じような急成 [全文を読む]

東京ミッドタウンの夏イベントは“ひかり花火”と夕涼み。屋外モヒートカフェも出現

FASHION HEADLINE / 2015年07月03日11時45分

「オーバー ザ リーンボー(OVER THE RIIIIIIINBOW)~風鈴音色~」では、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで行われている企画展「動きのカガク展」のディレクター、萎川勢一が率いる「ドローイングアンドマニュアル」が館内に様々な風鈴を展示。1階、2階、3階の3つのエリアにわけて、夏の空をイメージした虹色のオーガンジーの装飾と [全文を読む]

フォーカス