エッセイ 大泉洋に関するニュース

累計33万部突破!大泉洋『大泉エッセイ 僕が綴った16年』文庫化決定!& 『ダ・ヴィンチ』6月号(5/7発売)にて「TEAM NACS大特集」アンケート募集のお知らせ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月25日12時00分

■4月25日(土)発売決定/ 本日よりWEBサイトにて予約開始! 文庫版でも大量書きおろし追加 1997年から綴った18年間の文筆の全てが文庫に 『大泉エッセイ 僕が綴った16年』 『水曜どうでしょう』人気の理由は「観ていて疲れるから」? <本の内容> ●本書では、大泉洋が北海道を拠点に活動していた1997年から2005年まで、雑誌3誌で連載していた幻の原 [全文を読む]

大泉洋、“人生最大の試練の1日”を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月25日10時00分

大泉洋、累計33万部を突破した大ヒットエッセイ集が、いよいよ文庫化! 【他の画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら わずか2か月で20万部を突破した『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』は、大泉ファン以外にも幅広い層から支持を得て異例の大ヒットとなった。発売から2年、満を持して文庫版を発売する。 単行本では大泉洋が1997年から綴ったエッセイ108編に加え、 [全文を読む]

熱いオファーを受け、大泉洋がついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が台湾・香港・マカオにて発売!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月08日06時30分

『大泉エッセイ』は、大泉洋本人が、北海道を拠点に活動していた1997年から、雑誌3誌で連載・執筆していた幻の原稿108編に、『水曜どうでしょう』秘話、TEAM NACSの爆笑話、「大泉洋の在り方」についての考察、また自身の結婚の「プロポーズ」時に起きた思わず泣ける感動エピソードなど、大量書き下ろしを加え、<大泉洋が綴った16年のすべて>を一挙収録した大人気 [全文を読む]

なぜ大泉洋から目が離せないのか? さらに2年分を追記したエッセイ集が発売!

PR TIMES / 2015年04月25日10時45分

KADOKAWA 大泉洋、累計33万部を突破した大ヒットエッセイ集が、いよいよ文庫化! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1477/resize/d7006-1477-571967-1.jpg ] わずか2か月で20万部を突破した『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』は、大泉ファン以外にも幅広い層から支持を得て異例の大ヒットとなっ [全文を読む]

大泉洋、エッセイ集が発売決定!

PR TIMES / 2013年03月05日09時29分

1997年から綴った、大泉洋の「16年間」がここに! 『水曜どうでしょう』について本音を初告白! あだち充が装画を快諾! 大泉洋執筆のエッセイを一挙収録。大泉洋が執筆文をまとめて出版するのは、本書が初めてとなる。北海道を拠点に活動していた1997年から2005年まで、雑誌3誌で連載していた幻の原稿には、大学時のエピソードや、レギュラー放送当時の『水曜どうで [全文を読む]

本人も感謝のメッセージ! 熱いオファーを受け、大泉洋、ついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の 『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が、台湾・香港・マカオにて発売!

PR TIMES / 2016年12月08日09時28分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』海外翻訳版を台湾・香港・マカオにて2017年1月に発売いたします。 大泉洋本人が、北海道を拠点に活動していた1997年から、雑誌3誌で連載・執筆していた幻の原稿108編に、『水曜どうでしょう』秘話、TEAM NACSの爆笑話、「大泉洋の在り方」に [全文を読む]

2015年に20歳が一番読んだエッセイTOP10

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日09時00分

ハイブリッド型書店サービス「honto」より、「2015年 二十歳(はたち)が一番読んだエッセイランキング」が発表された。早速トップ10を見ていこう! <2015年 二十歳が一番読んだエッセイランキング> 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 第1位『僕の隣で勝手に幸せになってください』 著:蒼井ブルー 価格:1,404円(税込) 発売日:2015年 [全文を読む]

大泉洋が語る、三谷幸喜との因縁 「三谷さんは、面倒くさい方ですよ(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月10日11時30分

4月に発売した著書『大泉エッセイ』が26万部のヒットを記録。ファンのみならず、幅広い層から厚い支持を得た初のエッセイ集だ。そんな彼がみずから表紙の一員となった『ダ・ヴィンチ』11月号では、熱狂的な人気を誇るバラエティ『水曜どうでしょう』を特集。大泉洋のインタビューも掲載されている。 関連情報を含む記事はこちら 「僕が初めてエッセイを書く時、三谷さんの『オン [全文を読む]

「大泉エッセイ」発売2ヶ月で、なんと20万部を突破!

PR TIMES / 2013年06月26日09時21分

株式会社メディアファクトリー 発売2ヶ月で、なんと20万部を突破! 大泉洋40歳、その勢いは止まらず!! 4月19日の発売以降わずか10日で累計7万部を出荷、発売1ヶ月で15万部を増刷した『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が、2ヶ月で累計205,100部の発行部数を記録した。 5月に15万部の重刷が決まった際に著者・大泉は、「次は20万部の奇跡を目指して [全文を読む]

星野源が最近“ひとり泣いた”シチュエーションは?

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日21時52分

星野源のエッセイ集「いのちの車窓から」(KADOKAWA)の発売記念トークイベントが行われ、会場には応募総数6593人の中から選ばれた150人のファンが集まった。 3月30日に発売された本書は、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)に連載していたエッセイに書き下ろしを加えて単行本化したもの。エッセイとしては異例の初版12万部で、今夏には台湾版も出版される予定 [全文を読む]

オッサンから学んでみよう! 本当に面白い、男性芸能人エッセイ特集

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月10日06時30分

今回はその中から選りすぐりの面白いオッサンたちの人生が垣間見えるエッセイをご紹介しましょう。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●蛭子さんの脳内がわかる!(かもしれません)―『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(蛭子能収/光文社) 「この人の頭の中は一体どうなっているんだろう?」テレビで蛭子能収さんを観るたびに思うことです。番組の進行は無視するし、人の話は全 [全文を読む]

大泉洋がついに明かした!? 『水曜どうでしょう』の極秘話とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月25日11時50分

大泉洋のエッセイ集『大泉エッセイ~僕が綴った16年』が4月19日に発売された。1997年から3誌で連載していた原稿に書き下ろしを加えた全112編ものエッセイを収録した本書には、大泉洋の16年間の素顔のすべてが詰まっている。さらに5月には主演映画『探偵はBARにいる2』がいよいよ公開。『ダ・ヴィンチ』5月号では、エンタメ界に旋風を巻き起こす、唯一無二のエンタ [全文を読む]

星野源エッセイ集、異例の初版12万部と大反響!

Entame Plex / 2017年02月17日10時00分

3月30日(木)に発売となる星野源のエッセイ集「いのちの車窓から」。このたび、本書のカバーが完成し解禁となった。 2014年12月号より雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載をスタートし、現在も継続中のエッセイに新たに書き下ろしを加えた星野の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ珠玉のエッセイ集となっており、出版決定を発表後瞬く間に反響を呼び予約が殺到! 異例と [全文を読む]

「人生は生きていることが醍醐味ですよ」 大泉洋“水どう”の名物D“うれしー”が綴る幸せとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月21日17時30分

同氏の初エッセイ『ひらあやまり』が、2015年7月17日(金)に刊行された。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら バラエティ番組「モザイクな夜V3」の演出に携わった後、同番組ディレクターの藤村忠寿と「水曜どうでしょう」を始めた嬉野。北海道のローカル番組でありながら、インターネットや口コミで拡がり、“水どう”と“大泉洋”を全国区にした敏腕ディレクターで [全文を読む]

プライベートでは良き父親? 大泉洋が明かした結婚秘話&娘への想い

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月07日11時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 『大泉エッセイ 僕が綴った16年』(KADOKAWA)は、大泉氏の”本音”が詰まった1冊だ。北海道を拠点に活動していた1997年から2005年まで、雑誌3誌で連載していた幻の原稿に加え、単行本化に際しては、今まで明かされなかった大人気番組『水曜どうでしょう』への想い、TEAM NACSについて、母との思い出などを [全文を読む]

大泉洋エッセイ集文庫化!「禁断の恥ずかし話」も収録

Smartザテレビジョン / 2015年04月25日14時51分

その大泉が'97年からつづったエッセイをまとめた「大泉エッセイ ~僕が綴った16年」は、 幅広い層から支持を得て異例の大ヒットとなった。発売から2年、4月25日(土)に文庫版が発売される。 単行本では16年分のエッセイ108編に加え、 大人気番組「水曜どうでしょう」('96~'02年ほか、HTB)についての本音、 TEAM NACSの近況、 仕事観&家族観 [全文を読む]

「大泉エッセイ」15万部突破!異例の大ヒットを記録中!

PR TIMES / 2013年05月21日09時31分

株式会社メディアファクトリー 大泉洋が、1997年から2005年まで雑誌3誌で連載していたエッセイが1冊となった「大泉エッセイ ~僕が綴った16年」が、異例の大ヒットを記録!発売1ヶ月で累計15万部を突破! 初刷は23,000部からスタート。漫画家・あだち充が大泉を描いたことも話題となり、情報解禁直後から予約が殺到し、発売前に増刷が決定。4月19日の発売以 [全文を読む]

大泉洋が小説に“主演”!完全あてがきの異色作「騙し絵の牙」8月31日発売

映画.com / 2017年08月22日04時00分

大泉は、著書「大泉エッセイ 僕が綴った16年」の編集者に、雑誌「ダ・ヴィンチ」で紹介するおすすめの本を毎回相談していたことが本作のきっかけだと明かす。「映像化されて、私が主演できるような小説をと。それを、毎回訊かれるのが、彼女はめんどくさくなったんでしょうね。『じゃあ、もう大泉さんを主人公としてイメージした本をつくります!』と言ったのが始まりなんです」と [全文を読む]

ダントツ人気! 大泉洋エッセイが本年No.1に

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月18日11時30分

関連情報を含む記事はこちら エッセイ部門で、ダントツの得票数で1位の栄冠に輝いたのは『大泉エッセイ』。1997年から3誌にわたっての連載分と書き下ろしをまとめた初エッセイ集は、質・量ともに長年待ち焦がれたファンの期待を裏切らない充実の内容に。 2位は安定人気の『毎日かあさん』シリーズ最新作。西原家に加わった新たな家族とのエピソードは犬好きならずとも感涙必 [全文を読む]

本、映画ヒット大泉洋 北海道発“ローカルタレント”の強み分析

NEWSポストセブン / 2013年05月18日07時00分

4月に発売されたエッセイ『大泉エッセイ~僕が綴った16年~』はたちまちベストセラー。先日、公開された主演映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』も大ヒットしている、大泉洋(40才)。俳優? お笑いタレント? 肩書きさえはっきりしないこの男の人気はどこからくるのだろうか? そもそも彼の芸能活動の始まりは約20年前、北海道の大学時代までさかのぼる。演劇研 [全文を読む]

フォーカス