大泉洋 山下智久に関するニュース

山下智久&新垣結衣の月9も期待薄?懲りない”安易なキャスティング”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月17日11時50分

こちらでも、メインキャストをつとめていた大泉洋(43)や、仲里依紗(27)の出番が極端に少ないことで、視聴者から不満の声があがっていた。 「『コード・ブルー』は、以前放送されたスペシャルドラマの視聴率も、23.1%と高い数字を記録しています。月9特有の恋愛要素もなく、広い視聴者層が取り込めるという期待もあるでしょう。但しこれまでのシリーズよりも、メインキャ [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

北海道が生んだ大スター大泉洋さんの全国進出作『ハケンの品格』も、大泉さん演じる東海林の流れるような文句と、篠原涼子さん演じる春子の淡々とした掛け合いが笑えました。東海林の決死のプロポーズ「結婚したいか イエス ノー」「ケータイ番号記入しろ」も素直じゃなければ、裏に電話番号をかくという春子の素直じゃない態度もまたたまりませんでした。 少し新しめの作品に偏っ [全文を読む]

<2015年春のドラマ一挙案内・金曜/土曜編>「アルジャーノンに花束を」「天使と悪魔」「不便な便利屋」「ドS刑事」「64」

メディアゴン / 2015年04月12日06時15分

ゲストとして、『水曜どうでしょう』のメンバー、大泉洋さんや安田顕さんらも出演する予定というから、『水どう』ファンにはたまらない作品となりそうだ。笑わせてくれること請け合いの『不便な便利屋』は、テレビ東京系列で4月10日深夜0時12分からのスタート。テレビ大阪系列では月曜日放送になるので、13日夜23時58分から。◼︎日本テレビ系21:00~(4月11日)『 [全文を読む]

愛しあい支えあい時には争いも!?日本ドラマの魅力的な兄弟姉妹たち!

日本タレント名鑑 / 2016年07月27日14時55分

支え合い助け合う兄弟『真田丸』『Summer Snow』『心』大泉洋さん演じる信之の妻は本田忠勝の娘で、武勲も名高い小松殿(稲姫)。しかも徳川家との繋がりを強くする為に、一度徳川家に養女に入った上で結婚しています。もうガッツリ徳川軍(東軍)です。父と弟・信繁の妻は西軍の石田家・大谷家の縁者として石田・豊臣軍(西軍)に。つまり敵味方に分かれます。ドラマでは [全文を読む]

『テラフォーマーズ』の悪夢再び……『鋼の錬金術師』実写化に悪寒「CG多用&カタカナ名」は大コケ必至!?

日刊サイゾー / 2016年05月24日17時00分

主要キャストは山田のほか、本田翼(ウィンリィ・ロックベル役)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング役)、松雪泰子(ラスト役)、佐藤隆太(ヒューズ中佐役)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉役)、夏菜(ロス少尉役)、大泉洋(タッカ―役)、本郷奏多(エンヴィー役)、内山信二(グラトニー役)ら。 主演の山田といえば、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気漫画『暗殺教室』の [全文を読む]

ママが選ぶ今シーズンの「ドラマの主役」2位が相葉クンで1位は…アノ人!

Woman Insight / 2015年06月15日15時50分

「好きな脇役」ランキング 3位 後藤みどり(安達祐実) 『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』 2位 津村徹(大泉洋) 『連続テレビ小説 まれ』 1位 小田寺毬絵(檀れい) 『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』 「一番のハマり役」ランキング 3位 小田寺毬絵(檀れい) 『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』 2位 倉田健太(相葉雅紀) 『ようこそ、わが家へ』 [全文を読む]

宮藤官九郎の連ドラ新作があわや“お蔵入り”!? 関ジャニ∞・錦戸亮“スマホ窃盗”騒動の行方

日刊サイゾー / 2014年07月29日17時30分

事件を起こしたのは、山本も出演する大泉洋主演『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(フジテレビ系)の放送2週間前。番宣を含め放送内容は急きょ変更され、結局、3カ月後に代役を立てて放送された。 「ジャニーズは、これまで所属タレントの数々の不祥事を、金を積むことで解決してきた。被害届が取り下げられれば、その事件はテレビで扱われないまま、なかったことに [全文を読む]

SMAP・香取慎吾『SMOKING GUN』早くも視聴率1ケタ転落で“俳優業”の危機

日刊サイゾー / 2014年04月18日09時30分

「ネット上では、『主人公が魅力的に見えない』『内容は面白いんだけど、キャストが……』『主役は、大泉洋だったらハマリそう』『香取さんには、淡々とした役より人情的な情に深い役の方が合う』といった、キャスティングに対する不満が目立つ。しかし一方で、『科学捜査のシーンはわくわくした』『香取くんの抑揚のない、だらっとした喋り方が好き』『西内まりやちゃんがかわいすぎ [全文を読む]

フォーカス