大泉洋 綾瀬はるかに関するニュース

ドライブに行きたい有名人、2位SMAPを大きく引き離し3年連続1位になったのは?

Suits-woman.jp / 2016年10月12日08時00分

◆一緒にドライブに行きたい有名人ランキング◆1位 嵐 381票2位 SMAP 131票3位 TOKIO 101票4位 AKB48 89票5位 綾瀬はるか 87票6位 福山雅治 85票7位 大泉洋 83票8位 明石家さんま 76票8位 石原さとみ 76票10位 有村架純 71票■その有名人を選んだ理由は?1位 楽しそう 58%2位 好き・ファン 45%3位 [全文を読む]

マイボイスコムと読売広告社の最新調査研究 マツコデラックス躍進。ついに好きな男性タレント首位に!

PR TIMES / 2015年03月13日15時21分

西島秀俊、大泉洋、池上彰がトップ10入り女性部門は、綾瀬はるか・新垣結衣・天海祐希らの人気強し。 不動のトップ3死守!杏・米倉涼子・桐谷美鈴らも昨年順位から大幅ランクアップ。マイボイスコム 株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)と株式会社 読売広告社(東京都港区、代表取締役社長:中田安則)は、独自のライフスタイルによる生活者分類を行い、84, [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

北海道が生んだ大スター大泉洋さんの全国進出作『ハケンの品格』も、大泉さん演じる東海林の流れるような文句と、篠原涼子さん演じる春子の淡々とした掛け合いが笑えました。東海林の決死のプロポーズ「結婚したいか イエス ノー」「ケータイ番号記入しろ」も素直じゃなければ、裏に電話番号をかくという春子の素直じゃない態度もまたたまりませんでした。 少し新しめの作品に偏っ [全文を読む]

ランキングに変動も! 好感度調査、ガッキーが初のトップ3入り! 男性の1位は?

Suits-woman.jp / 2017年04月10日08時00分

男性タレント 人気度 ベスト20 1位:阿部寛 2位:マツコ・デラックス 3位:錦織圭 4位:明石家さんま 5位:タモリ 6位:イチロー 6位:博多華丸・大吉 8位:所ジョ-ジ 9位:内村光良 10位:相葉雅紀 11位:大泉洋 12位:渡辺謙 13位:桑田佳祐 14位:松岡修造 15位:ビートたけし(北野 武) 15位:阿部サダヲ 17位:中居正広 18 [全文を読む]

もはや歯止めが利かない……福山雅治のタレントイメージが崩壊危機! 新垣結衣の好感度が急上昇

日刊サイゾー / 2017年03月30日23時30分

★男性タレント人気度上位20 1位=阿部寛、2位=マツコ・デラックス、3位=錦織圭(テニス)、4位=明石家さんま、5位=タモリ、6位=イチロー(マイアミ・マーリンズ)、6位=博多華丸・大吉、8位=所ジョ-ジ、9位=内村光良(ウッチャンナンチャン)、10位=相葉雅紀(嵐)、11位=大泉洋、12位=渡辺謙、13位=桑田佳祐、14位=松岡修造、15位=ビ-トた [全文を読む]

「第39 回日本アカデミー賞 授賞式」日テレプラスで3/13(日)に「完全版」を放送!

PR TIMES / 2016年03月08日12時04分

また、吉永小百合さんと二宮和也さん、樹木希林さんと大泉洋さんなど、出演者同士の楽しい会話も「完全版」の見どころです。どうぞお楽しみに! ◆放送情報 「第39回日本アカデミー賞授賞式 完全版」 3/13(日)21:30 / [再放送] 3/19(土)26:40 【司会】西田敏行 宮沢りえ 【主な受賞者】(部門ごとに50音順。新人俳優賞は女性・男性順で各50音 [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

キャストも木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎らの出演が決まっており、超豪華。これで、視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりか……。 ☆NHK大河ドラマ 平均視聴率ワースト10 1位タイ [全文を読む]

三谷幸喜 「ギャラクシー街道」大不評でNHK新大河「真田丸」に暗雲が…

アサ芸プラス / 2015年11月15日17時57分

幸村の兄で、関ヶ原の戦いでも名を残す信之を大泉洋(42)が演じているんですが、シナリオには恐妻の尻に敷かれるダメ亭主ぶりがおもしろおかしく描かれています。ただ、幸村を中心とする男臭い時代劇を期待していた視聴者は、実際の放送を見て困惑するかも‥‥」(前出・NHK関係者) だが、制作サイドは鼻息が荒いという。「伝説の武将が題材とあって、脚本にあまり左右されない [全文を読む]

吉田羊を大女優に育て上げた「長〜い下積み時代」

WEB女性自身 / 2016年05月27日06時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』では、真田信幸(大泉洋)の正室・稲として登場している。稲の父・本多忠勝役を演じる藤岡弘、は言う。 「吉田羊さんには、男に媚びるような雰囲気が一切、ありません。自分の意見をしっかりと持ち、決断力のある点は女武士。一方で、さりげない気遣いや、自然に微笑みを浮かべる姿は大和撫子。日本人女性のいいところを集めた女性です。役柄でも年齢的にも [全文を読む]

有村架純、まったく“癒やし系”ではない意外な素顔「ブサイクとは目も合わせない」

日刊サイゾー / 2016年04月12日11時00分

同じ癒やし系でも、綾瀬はるかさんとは違って、したたかさを感じましたね」 出演映画『アイアムアヒーロー』の公開に先駆け、今月9日には東京・代々木第一体育館で行われた「GirlsAward 2016」に主演の大泉洋、長澤まさみと登場。笑顔でランウェイを闊歩したが、気の抜けた時に見せる一瞬の表情は、やはりどんよりとしていた。癒やし系キャラを演じるのが、重圧になっ [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、これからますますおもしろくなっていくぞ!

Business Journal / 2016年02月10日06時00分

その直後、信繁と兄の信幸(大泉洋)には、「武田は滅びるぞ」と平気で言ってのけるのだ。昌幸の一筋縄ではいかない人柄が愉快だった。 この草刈をはじめ役者陣も充実している。堺は、一見茫洋(というか、ちょっと変わり者だ)としていながら、後の“戦略家”としての片鱗もうかがわせる信繁をのびのびと演じている。 大泉も朝ドラ『まれ』のダメ親父から一転して、信繁とは対照的な [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(1)NHK大河「真田丸」ヒロイン・長澤まさみのボディラインに釘付け

アサ芸プラス / 2016年01月30日09時57分

長澤さんが立っているだけのシーンでは、演出家が美しさに見とれて、『カット』の声をかけるのが遅れたこともありました」 撮影現場では共演者の堺が信州牛を差し入れたり、大泉洋(42)がスープカレーを用意してくれるので、「もう、太ったらどうするんですかぁ」 と苦笑いしながらも、おいしそうに食べているという。最終回を迎える頃には、よりグラマラスな巨尻になっているかも [全文を読む]

二宮和也主演作、日本アカデミー11部門で優秀賞受賞

Smartザテレビジョン / 2016年01月18日17時37分

優秀主演男優賞には「母と暮せば」の二宮和也をはじめ、「海難1890」の内野聖陽、「駆け込み女と駆出し男」の大泉洋、「起終点駅 ターミナル」の佐藤浩市、「日本のいちばん長い日」の役所広司、優秀主演女優賞には「海街diary」の綾瀬はるか、「映画 ビリギャル」の有村架純、「百円の恋」の安藤サクラ、「あん」の樹木希林、「母と暮せば」の吉永小百合が選出された。 [全文を読む]

NHK大河ドラマ『真田丸』 まずまずのスタートを切ったが“不安要素”も……

日刊サイゾー / 2016年01月14日21時00分

加えて主な出演者は、木村佳乃、長澤まさみ、草刈正雄、高畑淳子、大泉洋、草笛光子、黒木華、内野聖陽、近藤正臣、斉藤由貴、藤岡弘、吉田羊、高嶋政伸、遠藤憲一、小日向文世、桂文枝、鈴木京香、竹内結子、山本耕史、片岡愛之助、吉田鋼太郎と、超豪華。ストーリーはともかく、このメンバーで視聴率が取れなければ、大河ドラマも終わりといっていい。 だが、期待が大きかっただけに [全文を読む]

ご近所さんになりたい有名人1位は「所ジョージ」であることが判明

秒刊SUNDAY / 2014年12月08日21時17分

1位 所ジョージ2位 タモリ3位 明石家さんま4位 綾瀬はるか5位 ベッキー 6位 北斗晶7位 マツコ・デラックス8位 福山雅治8位 大泉洋10位 ビートたけし やはり、たけし・さんま・タモリのBig3は当然といったところだが、それを差し置いて「所ジョージ」が1位ということは、テレビ番組でのフランクで知的な印象が視聴者に受けているのではなかろうか。世田谷ベ [全文を読む]

独立TV局の「勝ち組」幹部が語るキー局への提言

アサ芸プラス / 2013年01月11日10時00分

地方局ブームの草分けになったのは俳優、大泉洋の出世作となった北海道文化放送の「水曜どうでしょう」(96~02年放映)の大ヒットだ。KBS京都の伊藤義行氏は、こう振り返る。 「6局の制作費を集約することで単独ではできないレベルの番組が制作できる。個人的には大泉さんの番組が先駆けだと思う。低予算でもおもしろい番組が作れるという可能性を示してくれた」 また、独立 [全文を読む]

フォーカス