武田勝頼 明智光秀に関するニュース

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

視聴者からは「ここまであっさりwww」「武田勝頼くらいだよな。それ以降ほぼナレ死」「有働さん、天下取りに名前が並ぶレベル」「有働アナ最強説」「このナレ死はどこまで続くのか?!」「主人公に関係ないところは有名どころでもバサバサ切るのが潔い」「鳴かぬなら ナレ死にするわよ ホトトギス by有働」といった様々な声が寄せられている。このあまりに呆気ない「ナレ死」の [全文を読む]

真田丸 一番の仕掛けは「毎回、最終回を見せていた」演出

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

【その1】 やっぱり後半にもあった「ちょっと出俳優陣」 以前、このコラムでは「『真田丸』上半期ほぼ一話にしか出なかったがいい味を出していた」ということで、武田勝頼(平岳大)、織田信長(吉田剛太郎)、明智光秀(岩下尚史)、秀吉の妹旭姫(清水ミチコ)などの名前を挙げさせてもらったが、後半、それも最終回にちらっと面白い顔ぶれが登場した。 幸村がいよいよ徳川本陣 [全文を読む]

真田丸 平岳大、清水ミチコら出番少ない役者の演技も高評価

NEWSポストセブン / 2016年07月06日07時00分

エントリーナンバー1は、「武田勝頼」。第1話、主人公の幼少時代が描かれず、いきなり武田滅亡から始まるとは正直意表を突かれたが、真田昌幸(草刈正雄)らがなんとか救おうと奔走したのに、勝頼は結局家臣に裏切られて果てる。演じた平岳大はそれまで感じの悪いエリートを演じることが多かったが、ここでは滅びゆく名門の跡取りの悲哀を静かににじませる熱演だった。 エントリー [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

謎だらけの「本能寺の変」 「信長を殺さなければ日本は崩壊する」光秀謀反の真の動機

Business Journal / 2015年10月26日06時00分

●陰謀説 光秀が武田勝頼と内通して、信長を倒す計画を進めていた。しかし、計画途中で勝頼が早々と信長に滅ぼされたため、光秀は万が一計画が露見することを恐れ、信長を襲った。 [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

新アルバム発売のレキシ 綱吉や光秀も登場の日本史歌詞の源泉は

太田出版ケトルニュース / 2014年07月22日08時47分

そういう意味では、歴史が好きになったと同時に、知らず知らずのうちに、歴史の上で妄想することを楽しんでたのかもしれないね」 最新作には持田香織、ハナレグミ、怒髪天、いとうせいこうらが参加し、楽曲には徳川綱吉、明智光秀、大塩平八郎、武田勝頼ら歴史上の偉人から、飛脚、足軽、岡っ引きらまで、歴史を彩った幅広い人物が登場。そのラインナップの広さを見る限り、まだまだ池 [全文を読む]

フォーカス