関係 明智光秀に関するニュース

「真田丸」の光秀は“きもい”? 大抜擢の作家を直撃

Smartザテレビジョン / 2016年01月31日07時19分

三谷さんに伺ったら今回は、“信長のことが好きで好きでたまらない家来” “お互いのことが分かり過ぎていて、面倒くさい関係になっている”というキャラクターだそうです。それを私が演じるんですから、ちょっと、今までいないタイプの光秀になるかもしれません。――実際に演じられてみていかがでしたか?信長に暴行されるシーンがあって。蹴られて転がって、首根っこをつかまれて欄 [全文を読む]

“東山・信長”のライバル役に石丸幹二&寺尾聰出演!

Smartザテレビジョン / 2015年11月19日21時01分

歴史上では近衛前久の方が織田信長より2歳若いのですが、演じる上で年齢というものは関係ないと考えています」と意気込む。 東山との共演について「これから東山君とのシーンが本格的に始まるので楽しみ。東山君のスマートで端正な顔立ちは、美しいお公家が自分よりよっぽど似合う(笑)。公家である近衛前久を演じている俺の方が、武者の間から拾ってきたみたいな感じで、その対比が [全文を読む]

明智光秀 「本能寺」はカツラの恨みで決意したという説

NEWSポストセブン / 2017年04月03日16時00分

さらに信長の政策転換により、友好関係から対立関係となった四国の長宗我部氏との問題では、取次役であった光秀が板挟みとなるなど、67歳という高齢の身には堪える出来事が続いていた。信長に折檻されカツラを打ち落とされたその時、光秀は「本能寺」を決意したのかもしれない。 【PROFILE】桐野作人/1954年鹿児島県生まれ。歴史作家、武蔵野大学政治経済研究所客員研 [全文を読む]

いつの時代も夫婦の関係は千差万別―― 戦国武将とその妻の恋物語

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日06時30分

戦国武将とその妻の、史実を織り交ぜたフィクション漫画がある。『ふたりじめ』(藤見よいこ/実業之日本社)は、戦国の世を駆け抜けた7組の夫婦の恋物語を、現代風にドラマチックに描いている。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 戦国時代の夫婦は、総じて政略結婚だったと思われている方も多いかもしれない。クローズアップされるのは、「お家のために」他家に嫁がされた悲 [全文を読む]

謎の前半生、信長との関係、本能寺の変…。明智光秀の一生を記した唯一無二の書 『明智軍記』をプリント・オン・デマンド書籍で復刊!

PR TIMES / 2015年02月26日09時31分

≪商品について≫ タイトル:『明智軍記』 監修:二木謙一 定価:本体18000円+税 体裁:A5判・ISBN 978-4-04-622407-1 発売日:2015年2月25日 発行:株式会社KADOKAWA 株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト:http://www.kadokawa.co.jp 角川学芸出版オフィシャルサイト:http://www [全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

大雲院が大昔から存在していたのですが、昭和になって移転してきた場所に祇園閣があったということで、二つの建物には特に関係はないようです。祇園閣の設計者は伊東忠太で、祇園閣は金閣、銀閣に対して、屋根が銅葺きなので「銅閣」などと呼ばれることもあるようです。 普段は非公開寺院ですが、公開されているときに是非祇園閣の上まで上ることをお勧めします。市内一望が見渡せて [全文を読む]


第一回 本能寺ナイトウォーク開催のご案内

PR TIMES / 2016年05月20日17時37分

報道関係各位におかれましては、本件につきまして告知、当日取材などのご協力のほどよろしくお願い申し上げます。なお、取材にお越しいただける場合、事前にご連絡いただけますと幸甚と存じます。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

信長が家康にもてなした『安土饗応膳』が現代に蘇る!休暇村近江八幡が7月15日までの期間限定で再現・発売 ~ 歴史を動かした 天下人の会食 ~

@Press / 2016年05月17日10時30分

信長政権を支えた多彩な家臣たちとその働きを、肖像画や発給文書を中心とした関係資料で紹介。前田利家や羽柴秀吉の資料や、信長の人材登用術や組織の運用法など、戦国好きにはたまらない内容です。饗応膳とともに、当時の天下人に思いを馳せることができます。 [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

それ以降ほぼナレ死」「有働さん、天下取りに名前が並ぶレベル」「有働アナ最強説」「このナレ死はどこまで続くのか?!」「主人公に関係ないところは有名どころでもバサバサ切るのが潔い」「鳴かぬなら ナレ死にするわよ ホトトギス by有働」といった様々な声が寄せられている。このあまりに呆気ない「ナレ死」の連発は、あくまで主人公目線で史実を描こうとするための手法なのか [全文を読む]

本能寺の変の裏に衝撃の真実が!「謎だらけの」豊臣秀吉、なぜ天下を獲れた?

Business Journal / 2015年09月04日06時00分

秀吉が関係する話では、弟の豊臣秀長が登場することも多いのですが、秀長についてはわからないことが多くあります。秀吉の異父弟といわれてきましたが、最近の研究では「同父弟である」という説も有力になっています。 これだけ有名にもかかわらず、秀吉の家族には謎が多く、妻の高台院(ねね)も含めて、縁戚関係などは不明なことだらけです。 秀長の名前が史料に見られるようにな [全文を読む]

東山紀之が新春時代劇で織田信長に「運命と思った」

Smartザテレビジョン / 2015年08月21日08時12分

また、武家と朝廷の対立に巻き込まれながら信長と深い関係に陥っていく親王夫人・勧修寺晴子や、明智光秀、羽柴秀吉、徳川家康など信長の周囲を取り巻く人間ドラマを交えつつ、「本能寺の変」までの約1年半をスリリングに描く。 ■主演・東山紀之のコメント:信長が亡くなったとされるのは49歳。同じ年になって信長を演じる機会をいただきました。残酷な面と裏腹にみんなに慕われる [全文を読む]

“残虐”織田信長、実は優しいフェミニストだった!女性に優しく、貧しい民衆を保護

Business Journal / 2015年07月26日17時00分

信長は何人かの女性と関係して子供どもをもうけている。中条という侍女との間には乙殿(おつどの)という男子をもうけ、原田(塙)直政の妹に信正を産ませている。 信長が一番愛したのは、帰蝶と離別する前から関係があった吉野(きつの・吉乃)である。吉野は、土豪で商人の生駒家長の妹であった。生駒家には、蜂須賀小六や前野長康ら木曽川沿いの野武士たちが出入りしており、秀吉 [全文を読む]

織田信長を殺したのは、明智光秀ではなかった?黒幕は宣教師?新説・本能寺の変

Business Journal / 2015年07月03日06時00分

ただし、信頼性の高い公家が残した日記や、イエズス会関係の海外史料への解釈の方法が飛躍的だった。そのため、歴史学者たちは黙殺するというより、腫れ物に触れないようにしたとも表現できる。なお、立花氏は理工系学部の出身ながら、50代から歴史研究に目覚めたという異色の経歴もあってか、今までにない斬新な織田信長像を数年前に病没するまで構築し続けた。 明智憲三郎氏は、『 [全文を読む]

【今日のインサイト】今日は「裏切りの日」。9割の女子が経験している「裏切られた!」瞬間

Woman Insight / 2015年06月02日06時00分

・好きだったアイドルが結婚した それなりの関係性を築いたうえで、それを翻すのが「裏切り」ですが、アイドルの恋愛はまさにその最たる例のよう。そのへんの悲喜こもごもについては、ぜひドルオタ連載をご覧ください。 信じているから裏切られるし、裏切られたって続くのが人間関係。せめて自分だけでもひとの期待を裏切らないよう、誠意をつくしていきていきたいものです! (小 [全文を読む]

中間管理職は頭よすぎでもダメ!?明智光秀から学ぶ上司との関係

AOLニュース / 2014年09月03日17時00分

やはり、仕事で成功するためには、才能だけではなく、その才能を的確に評価し、重用してくれる上司との良好な関係が、誰にとっても必要不可欠のようである。 文・興津庄蔵 [全文を読む]

安保担当相拒否の石破氏 首相側近から明智光秀かと批判の声

NEWSポストセブン / 2014年09月01日07時00分

そして、決起した石破氏に追い討ちをかけたのが官邸関係者から「安倍首相の機関紙」と揶揄(評価?)される産経新聞だった。同紙は石破氏のラジオ出演翌日の朝刊で、〈首相「石破系」を排除〉(8月26日付)と打ち、安倍首相が石破グループの議員を閣僚に起用しない方針を固めたと報じた。 石破グループの議員だけでなく、他派閥でも総裁選で石破氏を支持した議員の中には入閣待望 [全文を読む]

東京五輪開催の前哨戦は、“密約”をめぐる猪瀬都知事-石原ファミリーの対決

Business Journal / 2013年09月18日06時00分

インフラ整備や箱モノへの投資が増えることは確実であり、ゼネコンやその利権に群がる関係者にとって美味しいイベントであることは間違いない。 7年後の東京五輪の「前哨戦」として今から最も注目されるのが、猪瀬直樹東京都知事vs.石原ファミリーの対決である。石原ファミリーとは、石原慎太郎前都知事の周辺を固める長男の伸晃環境相や、慎太郎氏の秘書だった鈴木重雄氏ら秘書・ [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

この作品は、斎藤道三と信長、明智光秀という不思議な“師弟関係”を描いていて「戦国」を知りたい人にうってつけです。 信長を知れば豊臣秀吉の『新史太閤記』を読みたくなるはずです。秀吉の人間味がこれでもかというほど詰まっています。 戦国時代は、司馬さんの手によって多く書かれていますが、大河ドラマにもなった『功名が辻』の山内一豊と千代夫妻は、現代のサラリーマンにも [全文を読む]

「女を裏切る女」5タイプ!友達カップルの仲を壊す、突然孤立させる…

ココロニプロロ / 2017年06月02日11時45分

つまり、女友達とその彼氏の関係に自分も混ざりたい女性です。悪気なさそうに見える場合が多いのですが、必要以上に友達の彼氏と仲良くしたり、「あの2人は上手くいってない」「実はこうなってる」などの噂話をしたり。自分のフィルターを通した情報で攪乱させ、最終的にはカップルを別れさせることも。◎裏切られやすい女性→彼の存在をオープンにしている女性。友達や知り合いに彼を [全文を読む]

フォーカス