羽柴秀吉 明智光秀に関するニュース

【エンタがビタミン♪】SMAP強し! 『27時間テレビ』の高視聴率に『軍師官兵衛』で明智光秀役・小朝も観念。

TechinsightJapan / 2014年07月29日12時30分

さらに、7月20日放送の第29回「天下の秘策」では、黒田官兵衛(岡田准一)が羽柴秀吉(竹中直人)を説得、いち早く京に上り光秀を討つべく対戦していた毛利と和睦して至急準備を整える。官兵衛最大の見せ場となったこの回の視聴率は19.4%と番組最高を記録した。 そして、怒涛の勢いで京に上った秀吉軍と明智軍が天下分け目の合戦となり、明智光秀がその生涯を閉じることとな [全文を読む]

「信長の野望」30周年記念作品「下天の華」キャラソン集がリリース!

リッスンジャパン / 2013年03月29日09時00分

「信長の野望」30周年記念作品となるPSP用恋愛アドベンチャーゲーム「下天の華」より、CD『下天の華 キャラクターソング集』が3月27日にリリースされました!今作には、織田信長(CV:松風雅也)、明智光秀(CV:野島健児)、羽柴秀吉(CV:森久保祥太郎)、徳川家康(CV:小野賢章)、森 蘭丸(CV:島崎信長)、百地尚光(CV:檜山修之)、織田信行(CV:岡 [全文を読む]

本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか 教科書が教えない「明智光秀」以外の真犯人

東洋経済オンライン / 2017年05月01日11時00分

天下統一の手応えをつかみ、意気揚々と安土に帰還した信長でしたが、まもなく部下の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に任せていた中国攻めで毛利氏の大規模な反攻が始まり、応援を要請されます。信長はすぐさま同じ部下の明智光秀に出陣を命じ、自身もその準備にとりかかる中、京都へ向かいました。このとき、信長が連れていたのはわずかな手勢のみで、配下の諸将は皆、各地で奮戦中でした。 [全文を読む]

第一回 本能寺ナイトウォーク開催のご案内

PR TIMES / 2016年05月20日17時37分

本能寺の変(ほんのうじのへん)は、1582年6月21日(天正10年6月2日)、備中高松城包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた織田信長に対して、先発させた家臣明智光秀が謀反を起こして丹波亀山城から引き返し、京都の本能寺に宿泊していた信長と妙覚寺に宿泊していた当主の織田信忠を襲撃したクーデター(事変)である。寝込みを襲われて包囲された信長は脱出を諦めて自害 [全文を読む]

信長が家康にもてなした『安土饗応膳』が現代に蘇る!休暇村近江八幡が7月15日までの期間限定で再現・発売 ~ 歴史を動かした 天下人の会食 ~

@Press / 2016年05月17日10時30分

前田利家や羽柴秀吉の資料や、信長の人材登用術や組織の運用法など、戦国好きにはたまらない内容です。饗応膳とともに、当時の天下人に思いを馳せることができます。 [全文を読む]

「ロストクルセイド」×「戦国やらいでか -乱舞伝-」特別コラボイベント開催!「本能寺の恋~ロスクルやらいでか!~」

PR TIMES / 2016年03月11日13時46分

[画像1: http://prtimes.jp/i/16961/3/resize/d16961-3-335697-1.jpg ]■コラボキャンペーン概要本格戦国ゲームである「戦国やらいでか -乱舞伝-」の人気キャラクターが、ハーレムファンタジーRPG「ロストクルセイド」の世界に降臨!この異世界コラボレーションがどのような化学反応を起こすのか!?イベントタイ [全文を読む]

大河ドラマ「真田丸」で有働由美子アナの「ナレ死」が流行の気配!?

アサ芸プラス / 2016年02月21日17時59分

たった一言で歴史上の名シーンを処理してしまうため、今、ネット上では『ナレ死』という言葉が流行り始めています」(テレビ誌記者) 確かに、信長の最期は「天下統一を目前に、織田信長は死んだ」というナレーションで片付けられているし、光秀が秀吉に討たれる「山崎の合戦」などは、「6月13日、明智光秀は山崎の合戦において羽柴秀吉に敗れた」のみで、合戦シーンすらなかった。 [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

明智に至っては、死の場面どころか「死亡した」と言葉で明確に表現されることすらなく「6月13日 明智光秀は山崎の合戦において羽柴秀吉に敗れた」というナレーションのみであった。 この有働アナウンサーのナレーションによる名武将たちの死亡描写に、ネット上では、「ナレ死」という造語まで登場。視聴者からは「ここまであっさりwww」「武田勝頼くらいだよな。それ以降ほぼナ [全文を読む]

小栗旬、山田孝之から受ける刺激を明かす「『電車男』からのファン」

Movie Walker / 2016年01月21日08時00分

織田信長として生きる青年=小栗、羽柴秀吉=山田として対峙する映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』(1月23日公開)では、小栗が直接、山田に秀吉役をオファーしたそう。彼らの間に流れる信頼感とはどんなものなのか?小栗を直撃した。 底抜けに明るい高校生・サブローが、戦国時代にタイムスリップ。織田信長として、数奇な運命を辿る姿を描く本作。小栗が、信長として生 [全文を読む]

秀吉、天下獲りの裏に巧みな嘘と情報操作!明智光秀、信長倒すも致命的なミス

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が想定していた以上に速く引き返してきた(中国大返し)。 ・徳川家康を討ち取ることができなかった。 ・筒井順慶と細川藤孝が協力してくれなかった。 ・摂津の大名(中川・高山・織部など)を味方にできなかった。 しかし、この光秀の失敗にはいくつかの謎があります。まず、信長と信忠の首を確保できなかったという点ですが、首がなければ「信長と [全文を読む]

織田信長を殺したのは、明智光秀ではなかった?黒幕は宣教師?新説・本能寺の変

Business Journal / 2015年07月03日06時00分

だが、羽柴秀吉の配下が抜け穴を封鎖したことから、窒息死する」という設定が用いられている。 立花京子氏は『信長と十字架―「天下布武」の真実を追う』(集英社)で、「信長は南蛮勢力(スペイン・ポルトガル)の指示にもとづき、国内の統一を推進していた。にもかかわらず、イエズス会の宣教師は、信長の存在を危険視し、光秀に対して信長襲撃を命令した」という衝撃的な説を提唱し [全文を読む]

中間管理職は頭よすぎでもダメ!?明智光秀から学ぶ上司との関係

AOLニュース / 2014年09月03日17時00分

完璧過ぎるほどの手筈を整えてクーデターに成功したものの、光秀は、同僚であり、生え抜き組の羽柴秀吉によって成敗され、その生涯に幕を閉じた。 やはり、仕事で成功するためには、才能だけではなく、その才能を的確に評価し、重用してくれる上司との良好な関係が、誰にとっても必要不可欠のようである。 文・興津庄蔵 [全文を読む]

ハイブリッド型総合書店「honto」、5周年を記念した「戦国 IXA 千万の覇者」ダブルコラボ第二弾開始!

PR TIMES / 2017年05月17日11時56分

≪配信概要≫【配信タイトル】『戦国IXA 千万の覇者5周年記念朗読劇 本能寺の変 ~暁の夢~』(全5話)【商品URL】https://honto.jp/cp/ebook/campaign/sengokuixa-honnouji[画像2: https://prtimes.jp/i/11577/237/resize/d11577-237-482513-1.jp [全文を読む]

「本能寺の変は満月の夜」…NHK『真田丸』は間違い?明智光秀、闇夜を狙って信長討ちか

Business Journal / 2017年02月26日06時00分

当時、備中・高松城を包囲中の羽柴秀吉を救援しようとしていた信長に対して、先発していた光秀が謀反。京都の本能寺に宿泊していた信長を襲撃したのである。戦国時代の様相をガラリと変えた、一大クーデター劇だった。 ところで『真田丸』では、本能寺の変の晩に満月がワンカット挿入されており、これから起こる大事件を予感させる雰囲気が巧みに表現されていた。しかし、これは厳密 [全文を読む]

鎌倉幕府も日露戦争も、「仇討ち」で動いてきた日本の歴史

NEWSポストセブン / 2016年12月28日07時00分

本能寺の変で主君・織田信長を葬った明智光秀を、山崎の戦いで討って、天下を統一した羽柴秀吉(1537~1598)も、いわば仇討ちを遂げたと言える。 父親や主君に対する忠心がないとは言わないが、あくまで根底にあるのは、自らの上昇志向である。その結果としての「仇討ち」が、いつの世も歴史を動かしているのである。◆日露戦争も“仇討ち”だった 仇討ちの根本は、感情論だ [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

その最先鋒を担ったのは羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉だ。だが、その最中に信長が殺される。そのため各方面に進出していた織田軍は、突如の撤退を余儀なくされた。それは中国攻めに当たっていた秀吉も同じ。一刻も早く高松城攻めを終わらせ、明智光秀を討つために畿内へ引き返さなくてはならない。それはすなわち、毛利と和睦するということだ。結果的に、この和睦は成立した。ということは [全文を読む]

舞台「戦国無双」~四国遠征の章~

PR TIMES / 2016年05月12日17時51分

信長亡きあと天下統一の夢を継ぐは羽柴秀吉。秀吉の側近である石田三成は、秀吉の「皆が笑って暮らせる世」を創るという夢を実現せんと、己の知恵と力で戦に挑んでいく。織田信長に最後まで抵抗し、三成達を苦しめた毛利元就、小早川隆景両雄。数多の豪族ひしめく四国を統一した長宗我部元親。知恵と力に長けた武将達の壮絶な戦いが繰り広げられる。 泰平の世を目指すが故に、敵として [全文を読む]

映画『信長協奏曲』 秀吉を演じる山田孝之の「暗黒」が見所

NEWSポストセブン / 2016年01月27日07時00分

ということは、本物が偽物を抹殺する流れですね、と納得しかかったそこの人! それだけじゃありません! 日本史最大のミステリーともいわれる光秀の反逆とともに、ドラマで氷点下の冷たさを漂わせていたあの羽柴秀吉(山田孝之)の不穏な動きに注目せねば。信長に肉親を殺された過去を持ち、憎しみを募らせる秀吉は、気が付くといつも日影にいて、顏の半分は真っ暗という見た目も暗黒 [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、三谷幸喜の脚本は歴史的に非常識?

Business Journal / 2016年01月15日06時00分

そして、本能寺の変から11日後には、中国大返しを成功させた羽柴秀吉が信長の仇である光秀を山崎の合戦で討ち果たした。その後、秀吉は織田家の後継者を決める清洲会議を主導することで、天下獲りレースの大本命に躍り出る。 [全文を読む]

アリスインアリス 圧巻“武将降臨”パフォーマンス初披露

dwango.jp news / 2015年05月13日20時56分

発売された『武将降臨OVER AGAIN』は、曲中に「織田信長」「羽柴秀吉」「明智光秀」「柴田勝家」等の戦国武将を少女が現代世界に降臨する7分57秒の超大作の楽曲。また、本日、5月13日(水)19:00からのアキバ☆ソフマップ公演にて、メンバーが刀を持ったパフォーマンスを行う『武将降臨OVER AGAIN』が初披露となった。チャート発表を受けて、「アリスイ [全文を読む]

フォーカス