裏切り 明智光秀に関するニュース

「女を裏切る女」5タイプ!友達カップルの仲を壊す、突然孤立させる…

ココロニプロロ / 2017年06月02日11時45分

6月2日は「裏切りの日」です。その由来は1582年のこの日、明智光秀が織田信長を裏切り、信長が自害したという、いわゆる本能寺の変が起きたこと。家臣の裏切りは禍根を残すし、恋人の裏切りもつらいもの。でも、意外と深い傷になるのは女友達の裏切りではないでしょうか?そこで今回は、女の裏切りのタイプ&そのような裏切りに遭いやすい女性を分析してみました。【1】他人の恋 [全文を読む]

林修先生が解説。知られざる「本能寺の変」の“真実”とは!?

@Press / 2015年06月03日14時30分

放送日が“裏切りの日”であることにちなみ、「本能寺の変」の真実について熱弁をふるった。 「本能寺の変」といえば、織田信長が家臣である明智光秀の“裏切り”に遭い、本能寺を急襲された後、最終的に自害をしたという有名な歴史的事件。誰もが知るこの事件の真相について、林氏は「当時は裏切ったり、裏切られたりは日常茶飯事だった」と解説しながらも、明智光秀の子孫にあたる明 [全文を読む]

もはや爽快!あの男の「恥知らず」処世術!織田信長を裏切り→逃亡→秀吉の家臣…

Business Journal / 2015年09月16日06時00分

その村重が、信長を裏切ります。 昔から、村重の裏切りは大きな謎とされてきました。もともと、村重は摂津国の池田城主、池田家の家臣でした。ところが、近畿地方における勢力拡大を図る三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)から誘われ、池田勝正を追放して池田家の実権を握ります。 こういった点を鑑みても、村重は戦国時代の下剋上の空気をいっぱい吸っていた人物だと思いま [全文を読む]

【今日のインサイト】今日は「裏切りの日」。9割の女子が経験している「裏切られた!」瞬間

Woman Insight / 2015年06月02日06時00分

本日6月2日は「裏切りの日」。 1582年、かの有名な「本能寺の変」で、織田信長が部下だった明智光秀に裏切られ、自害したことからこう言われるようになったそうです。 本能寺の変ほどではないにしても、人間生きていれば大なり小なり「裏切られた……」と思うことはあるもの。というわけで、朝から不穏な話題で恐縮ですが、最近の女子の「裏切られた」エピソードについて、ウー [全文を読む]

男性の口癖でわかる浮気の傾向!気になる彼は関係がこじれるタイプ?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年06月02日10時15分

今日は「裏切りの日」です。その由来は1582年の6月2日、織田信長が明智光秀に裏切られ、自害した「本能寺の変」が起こったことだとか。ところで、女性にとっての裏切りと言えば、やっぱり大好きな人の浮気ではないでしょうか?ということで、今回は恋愛経験豊富なアラフォー女性5人にリサーチした結果から、男性の口癖でわかる浮気のタイプを分析してみました。【Type1】「 [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

だが、吉川広家と小早川秀秋の裏切りで関ヶ原の戦況が東軍に傾き、さらに輝元が家康との和議に応じてしまった。「毛利本家を安堵する」という条件と引き換えに、輝元は大坂城を明け渡す。休戦条約を優先する輝元の性格が、結果的に西軍を敗北させた。関ヶ原の合戦は、まさに「毛利劇場」だったのだ。・合わせて読みたい→【真田丸】大河で見る石田三成 「佞臣」から「悲劇の人」へ(取 [全文を読む]

『真田丸』第6話をマニアック解説。氏政は息子に社長を譲った会長?

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日13時00分

#真田丸 — 粉みかん@ただいま逍遥中 (@brand_new_mican) 2016, 2月 14 カッコイイ胡散臭いオッサンだらけ策略に次ぐ策略待って奪い合って騙しあって裏切りあう覇権争い出し抜かないと生きていけない時代何を信用するのか誰を信用するのか 黙れ小童!!を使いたい!どこかで使いたい!!!#真田丸 — mizutama (@knt23lc) [全文を読む]

総裁なのに総理になれなかった谷垣氏 衆院議長職も厳しいか

NEWSポストセブン / 2012年09月24日16時00分

なにしろ総理の座を目前にしながら、“平成の明智光秀”こと石原伸晃・幹事長の裏切りで総裁選出馬断念に追い込まれたのだから心中穏やかではないのは当然だろう。自民党の60年近い歴史の中で2人目の「総理になれなかった総裁」の不名誉な称号を受けることになった。 もっとも、自民党にはこういう場合の救済ポストがある。衆院議長だ。先代の「総理になれなかった総裁」である河 [全文を読む]

フォーカス