池松壮亮 ベッドシーンに関するニュース

dTV宣伝担当に聞いた、ひとりでコッソリ観たいエッチな作品♡5選

Woman Insight / 2016年12月29日20時30分

ハァ……読んでいるだけで胸のドキドキが止まりません……♡ ■専業主婦と年下彼の関係を続けた先に……「裏切りの街」 (C)BeeTV [キャスト]池松壮亮、寺島しのぶ、中村映里子、落合モトキ 他 本作は、2010年に上演した同名舞台の原作と演出を手掛けた三浦大輔さんが自らメガホンをとり、dTVが映像化。出会い系サイトでつながったフリーターと主婦。惰性で関係 [全文を読む]

斎藤工と池松壮亮、ぶつかり合う“色気と技術”ーー『無伴奏』ラブシーンの凄みに迫る

リアルサウンド / 2016年03月24日06時10分

斎藤工と池松壮亮のラブシーンが話題を読んでいる。 その作品は、直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的な同名小説を、『ストロベリーショートケイクス』などの矢崎仁司監督が映画化した『無伴奏』だ。学園紛争まっただ中の1969〜1971年の仙台を舞台に、成海璃子が演じる高校3年生の響子が初めての大恋愛を経験し、少女から大人へとメタモルフォーゼする姿をセクシャルなシーン [全文を読む]

宮沢りえ、41歳・奇跡のベッドシーンが「ヤバすぎる」と話題に 快楽と人生破滅の美

Business Journal / 2014年12月23日17時00分

物語は、宮沢りえ演じる平凡な主婦・梅澤梨花がある日、歳の離れた大学生・平林光太(池松壮亮)に出会い不倫関係に落ちるところから始まる。梨花は光太との贅沢な逢瀬を重ねるために契約社員として勤める銀行で徐々に横領を重ね、光太と夢のような時間をすごす。しかし、やがて巨額に膨れ上がった横領が銀行にばれ、光太も若い女性の元へ去っていき、梨花の人生は破滅していくという [全文を読む]

セクシーな演技、肉体美で魅了!ヌードが美しい映画(ドラマ)作品ピックアップ!

日本タレント名鑑 / 2016年03月02日09時55分

昨年、残念イケメンこと戸次重幸さんと結婚したばかりの市川由衣さんと、演技派俳優池松壮亮さんが主演した、『海を感じる時』。市川さんの、女性らしく柔らかそうな体つきは、「好きな人は自分の体だけが目当て」という悲壮感をさらに強調します。市川さんのボディだからこそ、あの痛々しさが伝わり心に残るのでしょう。 池松さんの濡れ場には定評があります。『愛の渦』では、性交 [全文を読む]

“イケメンでない”俳優・伊藤淳史の意外な運動神経が話題に!? ライバルは「濱田岳と池松壮亮」

日刊サイゾー / 2015年04月20日21時00分

今回、一緒にやった彼らと比べて自分がイケメンでないのもわかってますから、その分、身体を鍛えたり本をたくさん読んだりしてるそうです」(テレビ局関係者) そんな伊藤が今、最もライバル視しているのが、濱田岳と池松壮亮だという。 「この3人は主役もできるし、脇でも貴重な俳優さんです。ギャラも3人ほぼ一緒くらいでしょうか。誰かがある役を断ったら、残りの2人のどちらか [全文を読む]

宮沢りえ 離婚話で夫婦共通の友人・大竹しのぶと微妙な関係

NEWSポストセブン / 2014年12月24日07時00分

受賞作『紙の月』で評判となったひとつは池松壮亮(24)演じる大学生との濡れ場だ。ベッドシーンはもちろん、白シャツのボタンを外し躊躇しながら自ら男に胸を押し当てる場面に、思わず生唾を飲んだ男性も多かった。 深夜のトーク番組『ヨルタモリ』(フジテレビ系)では着物姿で大人の色香を漂わせながら、下ネタを連発するタモリを上手くあしらうかけあいも評価が高い。 だが、そ [全文を読む]

清純派から脱却!? 市川由衣、8年ぶり映画主演で過激な絡みに挑戦!

メンズサイゾー / 2014年03月27日17時40分

同作は、1978年に「群像新人文学賞」を受賞した作家・中沢けいの小説を映像化したもので、若手俳優の池松壮亮が市川の相手役を務める。 06年公開のホラー映画『サイレン~FORBIDDEN SIREN~』以来の主演となる市川は、新聞部に所属する女子高生を演じる。ある日、授業をサボって部室で暇つぶしをしていると、池松が演じる先輩に迫られ、衝動的に体を預けてしまう [全文を読む]

フォーカス