過去 ダウンタウンに関するニュース

ネットに溢れる「ダウンタウン終了」の声 それでも揺るがない地位と弱点

メンズサイゾー / 2013年09月08日13時00分

フジテレビではタイトル未定ながら「ダウンタウンならでは、かつ、まったく新しいスタジオバラエティ」といった番組が、TBSでは単発特番として過去に放送されている『100秒博士アカデミー』という知的情報バラエティが放送される模様だ。共にスタジオ収録の企画番組となっている。 「今のバラエティ界には多くの人気芸人さんがいますからね。それぞれに特徴があって、支持する層 [全文を読む]

MAX・MINAが庄司智春とのデートを暴露…”芸能人キラー”に戦々恐々とする男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月17日09時00分

1月15日にフジテレビ系で放送されたバラエティ「ダウンタウンなう」の人気企画「本音でハシゴ酒」に、MAXのミーナが登場し、過去に品川庄司のに口説かれたことを暴露して盛り上がった。 一軒目には、ダウンタウンとほぼ同期だというダチョウ倶楽部が登場。今までダウンタウンとの共演は少ないようだが、上島のキスネタの洗礼を浜田が受けるなど息があった様子を見せた。ダチョウ [全文を読む]

松本人志がサンドウィッチマンを絶賛! 別格だと思う芸人とは!?

ザテレビジョン / 2017年06月29日20時42分

■ 1軒目のゲストは大地真央 宝塚歌劇団・月組で、史上最年少でトップスターに就任した過去を持つ大地。プライベートは謎に包まれている彼女に、ダウンタウンらは食生活や家事についてなど、立て続けに質問する。 また、大地と親交があるという神田沙也加からメッセージが寄せられる。そこで、神田が大地に結婚報告をした際の意外なリアクションが暴露される。 さらに、大地の経 [全文を読む]

米史上最悪「フロリダ銃乱射」事件さえも政治利用する大統領候補たち

まぐまぐニュース! / 2016年06月14日19時30分

既に父親がインタビューに応じていますが、この父親はシャデーク・マティーンといって、アフガニスタン出身であるだけでなく、過去にはアフガンの大統領選に出馬という話もあったというパシュトン人の大物だという報道もあります。 また、現在でもタリバンに人脈があるそうで、フロリダ在住ですがワシントンの政治家や国務省などと頻繁に行き来をしている人物だという報道もあります [全文を読む]

『笑っていいとも』を復活させるべき?過去の名場面5選から検証

しらべぇ / 2016年03月11日16時00分

(取材・文/しらべえ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日対象:全国20代~60代の男女1348名 [全文を読む]

<大晦日「笑ってはいけない」はもう限界?>松本人志がキツくなったのなら止めてあげるべき

メディアゴン / 2016年01月02日07時30分

今年も、オープニングから見ていくと、放送された企画は「バスネタ」「引き出しネタ」「レクリエーション企画」「昼食の替え歌対決」「捕まってはいけない」「蝶野ビンタ」「豆しぼり」「怖がってはいけない」などの過去にやったものばかりであった。もちろん、個々におもしろい瞬間瞬間があるのは確かだが、全体を通して見ていると、企画の内容が同じである以上、それに対する演者の反 [全文を読む]


ダウンタウン新番組、打ち切り『リンカーン』より低視聴率で笑えない惨況

サイゾーウーマン / 2013年12月16日09時00分

12月3日の放送では4.3%と最低記録を出してしまいましたが、がんを特集した10日は7.7%で過去最高視聴率でした。この結果を見ると、『教訓のススメ』と同様に、『ダウンタウンの番組だから』と、固定視聴者がついているというよりは、内容によってチャンネルを合わせる視聴者が多いのでしょう」(同) 同時期に知的番組が始まり、新境地を開拓したダウンタウンだが、残念な [全文を読む]

「白石美帆とは付き合えない」南キャン山里の本音とナイナイ岡村のこじらせ共通項

messy / 2016年12月03日16時00分

白石と言えば過去に、福山雅治や長谷川博己といった大物と熱愛が噂されてきた。確かに比べられでもしたら劣等感にさいなまれてしまいそうではあるが、山里はずっと「もし向こうが告白してきても、無理だなぁ」と呟いていたという。 39歳・山里の「元カレ気になる」発言はなかなかのこじらせぶりを示しているだろう。しかし芸能界にはこれを上回るこじらせ男性がいる。46歳・岡村隆 [全文を読む]

大阪府知事に「ヤンチャだった!?」ダウンタウンが詰問

日刊大衆 / 2017年05月16日18時05分

ダウンタウンの松本人志(53)に衝撃の過去を暴露され、浜田雅功(54)と坂上忍(49)らに爆笑される場面が見られた。 今回、“本音でハシゴ酒 in 銀座”で、松本らが訪ねた最初の店で待っていたのが松井知事だった。すでに冷酒を飲んでほろ酔いの松井知事がダウンタウンと同学年と分かると、坂上は「老けてる〜」と大ウケ。そして今年3月、松井知事の依頼でダウンタウンが [全文を読む]

「怖いほど当たる」占い芸人・アポロン山崎さんに手相を見てもらいました 「無料で占っちゃいます」は残り2日間

ガジェット通信 / 2017年04月21日18時00分

利き手が“現在と未来”、その逆の手が“過去”の自分を表しています」 アポロン:「知能線がカックンと急激に曲がっていますね。これは“趣味が仕事になる線”と言って、先ほど言ったように、趣味を仕事に活かしている人にある線です。プロゴルファーの石川遼選手やプロ野球の大谷翔平選手にも見られる線ですね」 アポロン:「社交線(感情線の上にあり、人差し指と中指の間から出て [全文を読む]

品川祐は今後も“干され気味“が続く? 品川vs松本事件の真相!

tocana / 2015年12月10日08時00分

机の下に蹲るように聞いていて、取材も」 と、過去の態度の悪さを認めたのだ。そして、話の流れの中で、品川が松本との関係について語った。 「『ワイドナショー』(フジテレビ)が凄い好きで、毎週見ているんですけど、山里とか村本とか(キャスティングで)使ってんなって、一回クッション殴りますね。『なんだあいつら』って」 ......と、松本に対する憧れや松本に呼ばれる [全文を読む]

朝青龍が過去のサッカー騒動に言及「ギリギリ骨折していた」

デイリーニュースオンライン / 2015年10月18日08時00分

(取材・文/如月小百合) [全文を読む]

“ダウンタウンVSとんねるず&爆笑問題”全因縁をバラす(2)浜田がムカつく木梨の同棲の過去

アサ芸プラス / 2014年04月15日09時58分

〈そのタレントは現在、お笑いの2人組として人気ナンバーワンの地位にいる有名タレントの奥さん〉 この本の発売直後、女性誌が「浜田がムカつく木梨の同棲の過去」と後追い報道し、そこでNが小川菜摘であったと実名報道。同棲の過去から10年ほどがたっていたが、それでも浜田の怒りが収まらない、と伝えている。 浜田を激怒させたのは、木梨と小川のこんな“秘めごと”が暴露さ [全文を読む]

芸能界「永遠の共演0」な犬猿リストを極秘公開!(3)

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時58分

過去の黒歴史によって、共演NGになる場合も少なくない。 「篠原涼子(40)にダウンタウンの話は絶対タブーです。というか、篠原のキャリア的には『なかったこと』になっています。かつて篠原は、アイドルから女優に路線転向した際に、ダウンタウンの『ごっつええ感じ』(フジテレビ系)にレギュラー出演。コントでは、浜田雅功(50)に胸をもまれたかと思えば、松本人志(50) [全文を読む]

板野友美、過去の交際を告白 “青春を捧げた人”がいた

モデルプレス / 2017年09月15日23時34分

【板野友美/モデルプレス=9月15日】アーティストの板野友美が、15日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』(よる9時55分~)にゲスト出演し、過去の恋愛について語った。◆AKB48時代の恋愛に“名言”? ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う企画「本音でハシゴ酒」に登場。 AKB48卒業から4年。恋 [全文を読む]

伊勢谷友介、うわさされた女性芸能人の口説き方を告白!

ザテレビジョン / 2017年08月10日17時40分

見かねた松本が吉に言い放った言葉とは!? また、吉は水前寺清子を怒らせてしまった過去や、吉のヒット曲「俺ら東京さ行ぐだ」でクレームを受けたというあるエピソードを明かす。 [全文を読む]

「ガキの使い」特別版は「普通の番組」になって視聴率を目指す?

メディアゴン / 2017年07月19日07時30分

「ガキ」は、過去にはたびたび時間帯を変えてスペシャル番組を放映していたが、年末の「笑ってはいけない」絡み以外でこのようなスペシャルを放映するのは12年ぶりらしい。内容は、通常放送回でもすでに5回の放映を重ねている「スマホなしで待ち合わせ」のスペシャル版である。「スマホなしで待ち合わせ」は、「高いビルといえば?」「大きな公園といえば?」などといったお題を与え [全文を読む]

下腹部に顔を密着されて…スリムクラブ真栄田賢の妻の頑張りに賛否両論が

アサ芸プラス / 2017年06月10日09時58分

それだけに自信満々の真栄田としてはこの世間の反応にはショックを受けているでしょうね」(エンタメ誌ライター) しかしながら、真栄田は人の目や他人の評価をとても気にする性格で、そのストレスから顔が痙攣していたという時期があったことを過去に番組で告白しているだけに、手厳しい意見はほどほどにしてあげて…。(田中康) [全文を読む]

フジテレビ「新しい波24」が映す若手の閉塞感 ナイナイ輩出の番組復活に低迷の理由がある

東洋経済オンライン / 2017年05月17日08時00分

そうした過去もあって、「新しい波24」は、「新しいスターを生み出し、2020年までにゴールデンタイムでの番組を実現させること」を目標に掲げています。つまり、低迷が続くフジテレビにとっては、「深夜帯ながら巻き返しを図る」という意味ではうってつけの番組。他局のテレビマンからも「復活の兆しを見せるか?」と注目を集めています。しかし、スタートから1カ月強が過ぎて明 [全文を読む]

フォーカス