とんねるず ダウンタウンに関するニュース

「本人たちは何とも思っていないんですけど...」松本人志が語った、共演NGの真相とは?

tocana / 2014年04月08日09時00分

終わりよければ全てよし、という言葉があるように、『笑っていいとも』のラストとなった『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』で、明石家さんま、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、ナインティナインが一堂に会したワンシーンは、日本中を釘付けにした。 共演をタブー視されていた各コンビを一堂に会させられる番組は『笑っていいとも』く [全文を読む]

いいとも奇跡の共演、スタッフ動揺でカンペは「みんなで仲良く話す」、裏で各事務所の怒号

Business Journal / 2014年04月04日10時00分

そして同日夜には特別番組『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』が生放送され、番組内では明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインら人気お笑いタレントが一堂に会すという“奇跡の共演”が実現。中でも、以前から不仲説が囁かれていた松本人志(ダウンタウン)と石橋貴明(とんねるず)、さらには松本と太田 [全文を読む]

松本人志が「総理大臣になってほしい芸能人」3位! 一方、石橋貴明は「一番嫌いな芸人」に……

日刊サイゾー / 2016年08月01日20時30分

そんな中、先月31日放送の『ワイドナショー』で松本は、『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)の視聴率不振の話題で「(来年は)とんねるずとダウンタウンでやらせるとか」と共演を提案。長らく“共演NG”とウワサされた2組だけに、話題となっている。 「とんねるずの石橋貴明は、暴力的なキャラが時代に合わず、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)が先月発表した [全文を読む]

『いいとも』大団円! 豪華すぎるタレントが一夜限りの夢の共演

メンズサイゾー / 2014年04月01日08時00分

しかし、この2組が一緒に登場することは多くの視聴者が予想をしていたことでもあり、「ついに!?」と期待された、とんねるず×ダウンタウンや、ダウンタウン×爆笑問題といった、不仲説の流れる芸人同士の共演は次の機会に持ち越しなのかという空気も流れた。 しかし、そんな空気を察知したダウンタウンの松本は、すかさず「とんねるずが来るとネットが荒れるから」と発言。スタジオ [全文を読む]

明石家さんま、ダウンタウン、とんねるず......大御所たちが続々とライブ回帰のワケは!?

日刊サイゾー / 2012年03月21日08時00分

また、3月15日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)では、とんねるずの木梨憲武の口から衝撃的な発言が飛び出した。番組内では、3月8日から10日にかけて東京・日本橋三井ホール行われた木梨のソロイベント「NORITAKE GUIDE 5.0」の模様が放送されていた。そこで最終日にサプライズゲストとして登場したのは、相方の石橋貴明だった。 [全文を読む]

浜田雅功ととんねるずの飛行機同席事件に「もしも爆笑問題だったら…」の声!

アサ芸プラス / 2015年01月15日18時00分

タレントのヒロミが1月11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの浜田雅功(51)が飛行機に搭乗した際、両隣の席がとんねるずの石橋貴明(53)と木梨憲武(52)だったというエピソードを明かし、注目を集めている。 ダウンタウンととんねるずといえば、かねてから不仲説が取り沙汰されているお笑い界の西と東の巨頭である。 昨年3月の「笑っていいと [全文を読む]

仕掛けたのはフジテレビ? 『いいとも』最終回で実現した、お笑い界のレジェンド勢ぞろいの舞台裏

日刊サイゾー / 2014年04月10日10時00分

それは午後8時から生放送された『いいとも』のグランドフィナーレで、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナインら、お笑い界のレジェンドが一堂に会したシーンだ。 ネットニュースや週刊誌では、ダウンタウンと爆笑問題、ダウンタウンととんねるずの“不仲説”を引き合いに出し「奇跡の一夜」と評しているが、現場は奇跡という言葉 [全文を読む]

『笑っていいとも』を復活させるべき?過去の名場面5選から検証

しらべぇ / 2016年03月11日16時00分

※画像は『笑っていいとも』公式サイトのスクリーンショット 8日、かねてから打ち切りが噂されていたフジテレビの長寿番組、『とんねるずのみなさんのかげでした』、『めちゃめちゃイケてる』放送継続が判明した。出演者のギャラが高額にもかからず視聴率が低調なことから、「お荷物」などと言われており、継続について驚く声も見られる。めちゃイケは終了すると聞いてたけど、継続す [全文を読む]

“ダウンタウンVSとんねるず&爆笑問題”全因縁をバラす(3)石橋は太田を誘ってスタジオ乱入

アサ芸プラス / 2014年04月16日09時58分

とんねるずが来たらネットが荒れる」 松本が不仲説を逆手に取り、特番の中で連呼した。石橋はとっさに反応しゲキを飛ばす。 「憲武に行くぞって言え」 マネジャーにすぐに伝言するよう促すと、木梨も「行く」と即答──千原ジュニア(40)が翌4月1日、石橋から直接聞いた話として自身のラジオ番組で“舞台裏”をレポートしている。 千原によれば乱入を決意した石橋はスーツに [全文を読む]

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

『お笑いスター誕生!!』で発掘し、井原サンが名付け親となったとんねるずも、すっかり活躍の場をフジテレビに移していた。 88年、事態を打開するために、日テレの上層部は開局35周年のこの年、「SI35」なるプロジェクトを立ち上げる。SIとはソフト・イノベーションの頭文字のこと。つまり、ソフトの改革である。組織・人事・編成・番組企画――あらゆる面での改革案が打ち [全文を読む]

古舘伊知郎と松本人志の急接近は「とんねるず vs ダウンタウン」完全和解の布石に?

日刊サイゾー / 2016年11月12日19時00分

とんねるずとダウンタウンの共演の橋渡し役ですね。両コンビは2014年の3月に放送された『笑っていいとも!』の最終回スペシャルで一緒になっていますが、これは、とんねるずのゲリラ的な乱入で実現したもので、正式な共演とはいえません」(放送作家) それでは、なぜ古舘が橋渡し役となるのだろうか。そこには彼の人脈が生きてくる。 「古舘さんは、とんねるずの石橋貴明さ [全文を読む]

続々と禁断の共演…『いいとも』終焉で瓦解する芸人界のパワーバランス

メンズサイゾー / 2014年04月27日14時00分

『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でのグランドフィナーレでは、とんねるずとダウンタウンの絡みが実現するなど、ここ最近相次ぐ大物芸人たちの夢の共演。そうした潮流の理由は定かではないが、安定した力を見せているくりぃむしちゅーや、勢いの衰えない活躍の有吉弘行(39)、それに次世代のMC候補として頭角を現し始めたフットボールアワー・後藤輝基(39)などの中堅芸 [全文を読む]

キレやすい!? ダウンタウンも恐れる、明石家さんまの素顔とは?

tocana / 2014年04月09日09時00分

そして、ダウンタウンと爆笑問題やとんねるずが無事に共演を果たしたことで盛り上がりのピークが来たと感じ、「これ以上(の盛り上がりは)ないぞ」とステージを去ったという。 さすが好感度1位タレントの立ち振る舞いだが、その一方でダウンタウンは違う印象を受けていたようだ。松本人志は、『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「さんまさんが帰ったのは、普通にストレートに浜田 [全文を読む]

とんねるずとの不仲より視聴者が知りたい松本人志とあの因縁の男との関係性

アサ芸プラス / 2016年08月04日09時59分

7月29日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、共演NG説まで出ていたとんねるずとの関係性についてダウンタウンの2人が語り、話題となっている。 この日ゲストだった出川哲朗によれば、この2組については芸人やスタッフたちの間でも不仲が疑われていたとのこと。楽屋を離したり、廊下ですれ違わないようにといった気遣いもあったようだが、ダウンタウンの2人は [全文を読む]

ダウンタウン、ヒロミ...“共演NG“ブチ切れから一転、和解した芸人3組!

tocana / 2015年03月13日09時00分

■ダウンタウン・爆笑問題 2014年3月『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(フジテレビ系)内で、ダウンタウン・とんねるず・ウッチャンナンチャン・爆笑問題・ナインティナインという歴代レギュラーの5組がステージに集結し話題となった。 お笑い界のトップに立つこの5組は、これまでほとんど共演は見られなかった(ダウンタウンとウッチャンナンチャンは [全文を読む]

テリー伊藤対談「木梨憲武」(3)タモリさんは常に本気の人

アサ芸プラス / 2014年07月17日09時58分

テリー 3月31日に「笑っていいとも!」が最終回を迎えたけど、とんねるずは新レギュラーメンバーとして参加して、最後のほうはタモリさんとずっと一緒に出ていたよね。 木梨 楽しかったですね。何でもやらせてくれて。 テリー ノリちゃんにとって、タモリさんというのはどういう存在なの? 木梨 18歳の時、「お笑いスター誕生!!」の審査員がタモリさんだったの。タモリさ [全文を読む]

『いいとも』最後の“友達の輪”は、松本人志と太田光だった!? 「CM中に『ありがとう』と……」

日刊サイゾー / 2014年04月02日20時30分

グランドフィナーレでは、タモリ、明石家さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンのトーク中に、とんねるずと爆笑問題が乱入。さらにナインティナインや笑福亭鶴瓶らも加わり、この“夢の共演”が大きな話題となった。 千原は、「こんなこと言うて、ええんかな……」としながらも、「(オープニングに)爆笑問題2人いないんです。大人の事情で」「さんまさん来て、ダウンタウン [全文を読む]

とんねるず&ダウンタウン、志村けん&タモリ…"夢の共演"アナタが見たいのは?

NewsCafe / 2013年09月27日12時00分

※回答総数…699件【1位】とんねるずとダウンタウン(22.2%)■ダウンタウンととんねるずを見て育ってきてるから。死ぬまでに共演するのを見るのが夢です。[男性/40代/自営業]■とんねるず食わず嫌いにダウンタウン出てほしいかな。[女性/10代/会社員]■西と東のトップでお互いがライバルって意識してるから。実現したらいいな~。[女性/30代/会社員]【2位 [全文を読む]

松本か石橋か内村か!?「お笑い第三世代」一番人気は誰?

日刊大衆 / 2017年05月07日07時05分

その中で活躍していた「ダウンタウン」や「ウッチャンナンチャン」、「とんねるず」、「B21スペシャル」などのお笑いタレントたちは、“お笑い第三世代”と呼ばれていました。当時、若手だった彼らも、現在では芸能界の“大御所”として盤石の地位を築き上げています。そこで今回は、“お笑い第三世代”のお笑いタレントの中で「一番好きな人」を、20代から60代までの男女100 [全文を読む]

“ダウンタウンVSとんねるず&爆笑問題”全因縁をバラす(1)「いいとも!」最終回は大混乱に

アサ芸プラス / 2014年04月10日09時58分

ただ、それ以上に視聴者の関心を集めたのは、ダウンタウン、とんねるず、爆笑問題、明石家さんま、ウッチャンナンチャン、ナインティナインという当代きってのお笑い芸人が同じ場に居並ぶという“奇跡”に対してであった。 同じ特番に出演したバナナマン・設楽統(40)は翌日の「ノンストップ!」(フジ系)で、いみじくもこう語ったものだ。 「お笑いレジェンドたちが一堂に会した [全文を読む]

フォーカス