過去 南海トラフに関するニュース

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

過去の南海トラフ地震のマグニチュードは遺跡の地震・津波の痕跡や古文書の記述から推定しているに過ぎないのだ。「100年前後に一度」の周期で起きてきた南海トラフ地震のなかには、M9クラスのものが含まれていたことも否定できない。 一方で、政府は南海トラフ地震の発生確率について「今後30年以内に70%の確率で起こる」とも言っている。どういうことだろうか。「1,00 [全文を読む]

7月以降は相当ヤバい!? 「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

tocana / 2015年06月29日09時00分

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/06/post_6703.html】 しかし、筆者が過去の南海トラフ地震を独自に調査したところ、発生時期に"偏り"があることがわかった。さらに、昭和南海地震(1946年)の前兆現象を地元漁師などから収集した人物が、その結果を本にまとめている。時期的な偏りから導き出される発生時期を中期的 [全文を読む]

揺れる日本列島! 南海トラフ巨大地震は2016年に発生する?

週プレNEWS / 2013年04月24日14時00分

そのため、このエリアでは過去、M8級の巨大地震が70~100年周期で発生している。 「フィリピン海プレートは年間4cmずつ沈み込んでいます。それに引き込まれる形でユーラシアプレートがたわみ、プレート上の至る所にひびが入ってしまう。このひび割れによって起きる揺れが直下型地震で、今回の淡路島地震もそのひとつです。ユーラシアプレートがさらにたわみ、耐えきれずプレ [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(1)列島が「不安定化」している

アサ芸プラス / 2012年04月17日10時58分

駿河湾から四国沖に延びる「南海トラフ」は、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界で、周辺では過去に何度か大地震が発生している。 1605年の慶長大地震(M8)は、千葉県の犬吠埼から九州にかけ巨大津波が押し寄せているが、これは南海トラフの東海、東南海、南海の3つの震源域で同時に発生した連動型の巨大地震と考えられている。 一方、1707年、富士山が大爆 [全文を読む]

2016年に南海トラフ地震が起こる! 学者と予言者たちの地震警告

ハピズム / 2013年04月03日09時00分

過去の南海トラフ地震としては、東南海地震は1944年(M7.9)、南海地震は1946年(M8)に起きているが、東海地震は1854年の安政東海地震以来150年間起きていない。国が予測する発生確率としては、30年以内に東海88%、東南海70%、南海60%となっている。 また、注意したいのが、今回の被害想定では、南海トラフ地震の発生で危ぶまれる原発事故について [全文を読む]

【緊急警告】アリューシャン列島M7.8地震→日本で南海トラフ地震と富士山噴火か!? 過去データが示す恐怖の連鎖

tocana / 2017年07月20日07時30分

■太平洋プレート境界、「リング・オブ・ファイア」上で起きた地震 まず、前述の“伏線”とは、過去2週間弱のうちに太平洋プレート境界付近、あるいは「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」上で、M6クラスの地震が何度か起きていたことだ。そして、南太平洋側の太平洋プレート境界付近で大きな地震が起きた場合、震源が時計回りに北上してきて、フィリピン、インドネシア、 [全文を読む]

今年の11月に南海トラフ地震がくる!? 研究者など20人以上が出した予想とは?

ハピズム / 2013年07月08日13時30分

トレビアンヌ氏が過去にどのような地震を的中していたかを調べたところ、東日本大震災の5日前2011年3月6日に書かれたブログ記事で、「地震予知情報(特大!?)」と題し、「期間:3月13日頃まで 南関東:震度8~7程度」としていた。■2015年6月説 同じく占星術師のオオタ☆ヒロユキ氏は、2015年6月が南海トラフ地震の最も要注意月と語っているが、2011年1 [全文を読む]

【注意】年末年始にかけてM7クラスの地震!?暖水渦出現と奇妙な予知ツイートが話題に

秒刊SUNDAY / 2016年12月27日13時54分

過去にも同様のケースが有るということで警戒を呼びかけているが、もちろんこの件に関しての科学的な根拠はなく、あくまで過去の事例を紹介しているに過ぎない。従ってあまり過度に緊張感を保つ必要はないが、過去に自信を予告して、実際に年末年始に地震が発生したケースはある。-2012年1月1日1月1日の関東の地震は事前に予知されていた事が判明http://www.yuk [全文を読む]

大災害は起きるか? 科学者・教授・予言者たちの「2014年の予言・予測総まとめ」 W杯の結果も!?

tocana / 2014年01月13日09時30分

【識者たちの、2014年の予測】■村井俊治・東大名誉教授...2014年3月に南海トラフ地震 過去記事でも紹介した東大名誉教授で測量学の権威・村井俊治(しゅんじ)氏は、電子基準点を利用した独自の地震予測方法により、75%の的中率を誇る地震予測が可能だとしている。2014年は、3月までに南海トラフ地震が発生すると予測。■アレクセイ・リュブシン・ロシアの理学研 [全文を読む]

松原照子氏が予言「東京オリンピックは中止になる」 地震が影響か!?

ハピズム / 2013年09月30日20時50分

■2013年か2014年に巨大地震が起きる!? 過去の記事でも書いたように、現在、南海地震の前兆の可能性がある現象が起きている。「今年12月から来年3月までにM7以上の地震が発生する」という可能性を示唆する学者もいる。3.11も予測していたというロシアの地震学者であるアレクセイ・リュブシン氏も、やはり今年から来年春までに南海トラフあたりでM9クラスを予測し [全文を読む]

大分・謎の「地割れ81カ所」が引き起こす西日本巨大地震!(2)「原子炉を止められない」

アサ芸プラス / 2017年06月27日17時55分

「日向灘と連動する形で発生しうる南海トラフ巨大地震こそ警戒すべきです」(前出・百瀬氏) 水深4000メートル級の南海トラフは非常に活発な地震発生帯で、過去には日本最大級の「宝永大地震」(1707年)を引き起こした。「南海トラフは海溝型地震ですから、確実にエネルギーがたまっています。仮に中央構造線で起こらなくても、いずれ、南海トラフ地震として一気にエネルギー [全文を読む]

驚異の的中率『MEGA地震予測』が指摘する「2017年ここが危ない」

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日22時00分

そこで、過去に起きた162件のM6以上の大きな地震について改めて検証を行ってみたところ、すべての地震発生時において、事前に何らかの異常が現れていることが確認できた。 やはりこれは地震の予測に使えそうだ……そう確信し、その後も地道な研究を続けていた村井教授だったが、ある時、東北地方の各地に大規模な地震の前兆とみられる、地表の異常な動きが現れているのを発見する [全文を読む]

熊本地震で南海トラフ地震を3年内に引き起こす可能性も

NEWSポストセブン / 2016年04月23日16時00分

過去にも、この中央構造線沿いに地震が続いたケースがあると都司さんは言う。 「1889(明治22)年にも熊本で大きな地震が相次ぎ、その2年後に大分県別府湾の入り口でM6.3の地震が発生しました。今回も愛媛県と大分県の間にある豊後水道のあたりまで地震活動が拡大し、そこで別の本震が起こる可能性がある。豊後水道の愛媛県側には伊方原子力発電所があるので心配です」(都 [全文を読む]

災害サバイバル小説の第一人者からのメッセージ「富士山大噴火への秒読みは始まったが、被害を最小限にする手段はある」

週プレNEWS / 2015年07月21日06時00分

“あの時、なぜ自分は間違った行動を選択したのか?”“次の巨大災害を生き抜くには過去の体験をどう役立てるべきか”、そんな思いを抱き、試行錯誤を経ながら登場人物たちも年を取り、人間的に成長していく。実際に同じような日本人はたくさんいるでしょう。 ―高嶋さん自身も阪神・淡路大震災当時から神戸市にお住まいでしたね。 高嶋 そうです。僕にとっても人生観を一変させる [全文を読む]

地震学権威「最大津波34m」発表は想定外出さないためと苦言

NEWSポストセブン / 2012年04月10日07時00分

過去を遡っても、日本列島で同規模の震災は確認されていない。 事務局でさえこれらの被害が一度に起きることは「実際にはあり得ない」との談話を出している。 思い起こされるのが、今年1月の“ヤマ勘予測”騒動である。 東大地震研が出した「首都圏直下型地震4年以内発生確率70%」という研究データをもとにメディアが狂騒した挙げ句、地震研が〈正確でない表現や記述不足があり [全文を読む]

悪魔のデータ。政府発表の「全国地震動予測地図」のデタラメぶり

まぐまぐニュース! / 2016年06月29日19時30分

何を根拠に熊本の地震発生確率が過去2年で下がったのか、下がったのに何故大地震が起きたのか、全く訳が分かりません。 この「オカルトデータ」は2005年に発表、その後不定期に更新され続けているんですが、このデータ発表以降、大災害をもたらした地震発生地域を見ると、新潟中越沖、東北、熊本など、データ上明らかに東海から四国の太平洋側に比べて発生確率が低い場所ばかりで [全文を読む]

「東海・東南海・南海トラフ型」巨大地震を誘発する兆候が…浜岡原発は大丈夫か?

週プレNEWS / 2016年04月14日06時00分

でも地面がゆらゆら動く状態が2分間以上も続き、これまで経験したことのない変わった地震だと思いました」 過去の研究データを見ると、この地域の海底での地震発生例は少ない。しかし、1360年11月には、この震源域で推定M7.5~8.0の大地震が起き、紀伊半島東岸をはじめ、遠州灘(静岡)、四国、瀬戸内海にまで大津波が押し寄せ、多くの犠牲者が出たという。 そしてその [全文を読む]

阪神・淡路大震災から20年、古の人々が残したメッセージを読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月19日11時30分

しかしそれは単なる思い込みで、関西では過去に大地震や津波が発生して甚大な被害を受けている。では大阪を中心とした地震、津波、大水、大火という災害を体験した人たちが、古来どんなメッセージを残してきたのか? それを読み解くのが『古地図が語る大災害 絵図・瓦版で読み解く大地震・津波・大火の記録』(本渡章/創元社)だ。災害時、人が逃げ遅れてしまう理由「正常性バイアス [全文を読む]

8月の日向灘地震は「南海トラフ地震」の前兆か!? ~学者の見解と独自リサーチで紐解く~

tocana / 2014年10月06日09時00分

過去、この海域では周期的にM7クラスの大地震が発生しているのだが、一方で政府の「地震調査研究推進本部」が公開する資料『日向灘および南西諸島海溝周辺の地震活動の長期評価について』を見ると、今後も「M7.6前後の大地震が発生する可能性がある」と言及こそなされているものの、その発生確率は10%と低く見積もられているようだ。 しかし、日向灘の地震が宮崎県東部沖合へ [全文を読む]

伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

過去に発生したM6以上の大規模な地震と、発生前後の周辺の地殻の位置情報を検証したところ、そこに相関関係があることを突き止めたのです」(村井氏、以下「 」内同) 村井氏によると、地震が発生する前に震源から近い場所で地殻の隆起や沈降が観測されているという。また、大きい地震ほどこうした前兆現象が確認されてから地震が発生するまでのタイムラグがあり、M6クラスなら1 [全文を読む]

フォーカス