南海トラフ 被害想定に関するニュース

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

専門家の間では「南海トラフ地震の引き金になるとは考えづらい」とする意見が大多数のようですが、それでも将来的に避けられないこともまた事実です。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは政府の南海トラフ地震に関する見解をチェックするとともに、憲法に緊急事態条項など盛り込んでも人命は救えないと厳しく批判しています。 日本は南海トラフ地震にどう備え [全文を読む]

7月以降は相当ヤバい!? 「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

tocana / 2015年06月29日09時00分

いつ起きてもおかしくないとされている「南海トラフ地震」(東海・東南海・南海地震の総称)。被害想定によると、最悪のパターンでは32,000人の犠牲者が出るという。政府の地震調査委員会が算出した2013年1月から30年間の発生確率は、M8~9クラスの地震が60~70%となっているが、これはあくまでも確率論に基づく推定であり、具体的にいつ起きるかは不明だ。【その [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(1)列島が「不安定化」している

アサ芸プラス / 2012年04月17日10時58分

去る3月31日に、内閣府の有識者会議が発表した、近い将来の発生が懸念される「南海トラフ地震」の被害想定。それによれば、「南海トラフ」でM9クラスの巨大地震が発生すると、津波高が東京の新島で29・7メートルとなるなど静岡、愛知、三重、和歌山、高知、東京の6都県に20メートルを超える大津波が襲来。さらに高知県黒潮市では津波高は34メートルにもなるといい、これま [全文を読む]

南海トラフ地震の巨大津波で浜岡原発が第2の福島となる危険も

NEWSポストセブン / 2012年09月06日07時00分

8月29日、内閣府の有識者会議で発表された巨大地震・南海トラフ地震の被害想定は、これまでの私たちの想像をはるかに超えた衝撃的なデータだった。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)がこのデータについて解説する。 「南海トラフ地震とは、静岡県沖から四国・九州沖にかけて伸びる浅い海溝(トラフ)で発生する巨大地震を指します。想定震源域によって、東から東海地震、 [全文を読む]

南海トラフ被害 大阪で死者133万人超予想・国の調査の13倍

NEWSポストセブン / 2013年11月11日16時00分

大津波を太平洋側に発生させる危険も指摘されている南海トラフ地震。南海トラフとは、駿河湾から南九州の東方沖までつながる海底の溝(トラフ)のこと。陸側のユーラシアプレートの下に海側のフィリピン海プレートが沈み込んでおり、東西の総延長は770kmに達する。 政府の地震調査委員会によれば、南海トラフを震源としたM8~M9クラスの巨大地震が発生する可能性は「30年以 [全文を読む]

2016年に南海トラフ地震が起こる! 学者と予言者たちの地震警告

ハピズム / 2013年04月03日09時00分

今、Googleで「南海トラフ」のキーワードによる検索件数が急増している。 これは、3月18日、南海トラフで起きるとされるM9.1の巨大地震をめぐり、国の有識者会議が行われ、最悪で220兆3,000億円の経済被害が出るとの試算を発表したことによる影響だ。 実は、有識者会議は昨年夏に、死者32万3,000人とする想定を公表している。これが現実になれば、200 [全文を読む]

大分・謎の「地割れ81カ所」が引き起こす西日本巨大地震!(2)「原子炉を止められない」

アサ芸プラス / 2017年06月27日17時55分

この海域は南海トラフの西端部に当たる。「日向灘と連動する形で発生しうる南海トラフ巨大地震こそ警戒すべきです」(前出・百瀬氏) 水深4000メートル級の南海トラフは非常に活発な地震発生帯で、過去には日本最大級の「宝永大地震」(1707年)を引き起こした。「南海トラフは海溝型地震ですから、確実にエネルギーがたまっています。仮に中央構造線で起こらなくても、いずれ [全文を読む]

首都直下地震「死者2万3千人」の想定は甘すぎる!? 政府が隠す、本当の被害とは?

tocana / 2014年02月11日09時00分

■首都直下地震はいつなのか?・「起きない」木村政昭琉球大名誉教授 南海トラフ地震と同様に、首都直下地震も、まず「この数年のうちに起きるか、起きないか」という議論がある。これに対し、神戸地震や東日本大震災など、数多くの大地震の予知を的中してきた木村政昭・琉球大名誉教授は、南海トラフ地震も同様だが「起きない」派だ。理由は、3.11以前にはあった、大地震の前兆を [全文を読む]

南海トラフ地震 死者32.3万人で倒壊家屋238.6万棟との試算

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時00分

最大で死者32万3000人、倒壊家屋238万6000棟という身の毛のよだつ惨劇が想定されるのが「南海トラフ地震」だ。 南海トラフ地震とは、静岡県沖から四国・九州沖にかけて伸びる浅い海溝(トラフ)で発生する巨大地震のこと。想定震源域によって東から東海地震、東南海地震、南海地震と3つの地震に分けられるが、このうち1つでも地震が発生すると残りの2つも“ドミノ式” [全文を読む]

「32万人が死亡」予測された南海トラフ地震 政府が発表しない、本当の被害で「日本沈没」も?

ハピズム / 2013年06月25日09時00分

南海トラフ地震の発生が間近に迫っているといわれる。 筆者はこれまで南海トラフ地震に関して、主に「いつ起こるか」について警告してきたが、今回は、巨大地震発生によって、「どの程度の被害が出るのか」を考えていきたい。5月24日に政府の地震調査委員会が発表した長期評価では、今後30年以内に南海トラフでM8以上の地震が起こる確率を60%~70%としていて、いつ起って [全文を読む]

南海トラフ「ひずみ」報道に列島が震撼。巨大地震は本当に来るのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月01日10時46分

●海底の直接測定でわかった南海トラフのひずみ 最大で震度7の揺れが観測され、熊本県を中心に大きな被害が出た今回の熊本地震。発生から1か月半経った現在も、余震とみられる揺れが頻繁に起こっており、終息する目途はまったく立っていない。 そのいっぽうで、先日イギリスの科学誌ネイチャー電子版に掲載された海上保安庁による論文が、大きな波紋を呼んでいる。その内容とは、南 [全文を読む]

マンション居住者の約7割が、巨大地震発生の危険性を認識 ~巨大地震に対する意識調査~

@Press / 2014年08月18日14時00分

回答者の7割以上が「近い将来必ず首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、大きな地震が起こると思う」と考えている一方で、室内の安全対策や家族の安否確認ルール決めには対応ができていないなど、対策が進んでいないこともわかりました。(※2014年5月「マンション・ラボ」調べ)■巨大地震発生時、最も不安に感じるのは「家族の安否がわからなくなること」「在宅中に巨大地震が [全文を読む]

トンネル崩壊、地下鉄水没…大地震で東京は「生き埋め地獄」

WEB女性自身 / 2013年08月30日07時00分

東日本大震災以降、多くの地震予知・被害想定情報が流れたが、もっとも衝撃的だったのは、’12年8月に政府の有識者会議が公表した南海トラフ地震の予想だった。 南海トラフは東京湾から九州沖まで続く地溝のことだが、どこで地震が起こるかはわからない。仮に東海地方が大きく被災した場合、最悪で死者32万3千人、負傷者62万3千人、全壊(焼失)建物238万2千棟という、想 [全文を読む]

「関西では活断層の上に多くの人が…」と、専門家の警告

WEB女性自身 / 2013年08月29日07時00分

「現在予測されている関西での大地震といえば、南海トラフを震源とするものと考えがち。もうひとつ忘れてはならないのが、大阪市の心臓部を貫いて南北42キロにおよぶ巨大活断層(上町断層帯)です。ひとたび、これが動けば、大阪は震度7の大地震に見舞われます」 と話すのは、京都大学防災研究所の岩田知孝教授。昨年度まで3年間、岩田先生は文部科学省の委託を受け、上町断層帯 [全文を読む]

富士山噴火「1カ月ルール」とは? 被害と噴火時期の予想・予言まとめ

ハピズム / 2013年05月23日09時00分

また、18世紀の宝永大噴火の際にも、49日後にM8.4の宝永東海地震(南海トラフ3連動)が発生している。内閣府の火山防災対策検討会の座長を務める藤井敏嗣・東大名誉教は「過去をみると巨大地震の後、それに誘発されたと考えられる噴火が必ず起きている」と発言。各地で巨大地震が発生している今、富士山の噴火もあり得ると警告する。 琉球大学名誉教授の木村政昭氏は、20 [全文を読む]

30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率 静岡は89.7%

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

これら3つの地震は、静岡県沖から四国・九州にかけて延びる海溝(トラフ)で発生する巨大地震で、「南海トラフ地震」とも総称される。 「どれかひとつでも発生してしまうと、連動してほかの震源域でも地震が起きる可能性があり、最も被害が大きいともいわれています」 というのは武蔵野学院大学特任教授(地震学)の島村英紀さん。 昨年8月に内閣府の有識者会議で発表された南海ト [全文を読む]

「地震脳卒中」の危険度チェックリストを東北大教授らが紹介

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

また、その真逆の反応として、どんなことにも興味を示さなくなり、まるで無反応状態になってしまう人もいます」 こうした震災ストレスをより強めているのが、首都圏直下型地震や南海トラフ地震への不安である。 とくに南海トラフ地震に関しては、「死者が最大32万人に達する」「高さ16メートルの津波が襲う」といった想像を絶する規模の被害が想定され、ショックを受けた人も多い [全文を読む]

南海トラフ地震の津波 大阪・梅田の繁華街に浸水の危険性も

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

8月29日に内閣府の有識者会議で発表された巨大地震・南海トラフ地震の被害想定は、死者32万3000人という想像をはるかに超える衝撃的なものだった。また、死者数の約70%が津波によるものと想定されており、特に危険だと言われているのが震源地にも近い静岡県だった。 一方で、大阪市や名古屋市は外洋から半島によって守られているため、今回の想定でも10mを超える高い津 [全文を読む]

細川護煕がTOKYO FM生出演!防災プロジェクトを国民運動に!熱意を語る! ◇9月3日(月)TOKYO FM防災スペシャル~南海トラフ・首都直下地震に備える~◇

PR TIMES / 2012年08月31日16時55分

国が8月29日に発表した「南海トラフ地震被害想定」によると、死者最大32万3千人、島部も含めた都内の被害は最大で建物全壊約2400棟、死者約1500人。23区では東部の広い範囲で液状化が起こるという報告もされています。 そこで、TOKYO FMでは、この南海トラフ地震と首都直下地震に備える防災特番「PROTECT MYSELF~自助と共助の大切さを考える~ [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(2)木造家屋の密集地で大火災

アサ芸プラス / 2012年04月18日10時58分

南海トラフでM9の地震が発生した時、いちばん怖いのは震源により近い東京西南部。とりわけ大田区のベイエリアには木造住宅が密集していて心配です。一般的に震度6の揺れを感じると、木造住宅の20~30%は倒壊すると言われています。しかも1981年の建築基準法改正で、耐震設計の新基準が策定される前に建てられた木造住宅は、より倒壊しやすい」 さらに直下型の「東京湾 [全文を読む]

フォーカス