カップル 淡路島に関するニュース

日本最大のご当地バーガーの祭典にして、日本一決定戦!「とっとりバーガーフェスタ2013 全国ご当地バーガーグランプリ」にて『あわじ島オニオンビーフバーガー』が最優秀賞グランプリ受賞!

@Press / 2013年10月30日10時30分

特に渦潮が見える道の駅では、観光に来られた若いカップルから家族連れの方まで幅広く支持される、人気看板商品の一つです。※5種類に味付けされた玉ねぎについて【1】玉ねぎ・トマトソース淡路島産のトマトを使用してじっくり煮込んだ自家製トマトソースに、ザク切りした淡路島玉ねぎを入れました。【2】玉ねぎカツ淡路島玉ねぎをサクサク衣の手作りカツに。甘みが、さらに引き立ち [全文を読む]

MINMI、子どもとホワイトボードでメッセージのやりとり【インタビュー 前編】

Woman Insight / 2016年07月20日21時30分

それと、ホワイトボードでのやり取りのお話を聞いて、ふと「恋愛中のカップルに似ていると」と感じました。 MINMIさんインタビュー後編では、7月27日発売のニューアルバム「 Life is Beautiful 」についてや、プライベートに迫ります。お楽しみに。(平山正子) 【あわせて読みたい】 ※授乳スペースがある!? 若旦那が農業を!? 夏フェス「FREE [全文を読む]

大林素子14歳年下"ホテル御曹司"と2泊ゴルフ愛で結婚へ

FLASH / 2012年05月15日05時48分

まるで付き合い始めのカップルのようだ。 そしてその夜。2人は三宮の高級寿司店に入ると、お酒が入った"イイ感じ"でホテルに帰還。Aさんは素子サンに飲まされたのかフラフラ状態。そして、入口で寄り添った2人はホテルの部屋へと入っていった。2人の出会いは、今年1月。淡路島でバレーボール大会を開く準備のために大林が同地を訪れた際、Aさんを紹介されたのだという。 「A [全文を読む]

大林素子、熱愛報道は余計なお世話? 「第ニの森光子さんになりたい!」本心

サイゾーウーマン / 2012年05月26日08時00分

その姿はまるで付き合いたてのカップルのようで、ゴルフ後に高級寿司店で食事を済ませると“イイ感じ”でホテルに帰っていったそうだ。 2人の出会いは今年1月で、淡路島でバレーボール大会を開く準備のために大林が同地を訪れた際、関係者に男性を紹介されたとのこと。44歳になり、ようやく春が訪れたのかと思いきや、その後の会見でも“モテないキャラ”は健在。今後について「報 [全文を読む]

道の駅 全国1位を目指します!全国ご当地バーガーグランプリで、1位を受賞した「あわじ島オニオンビーフバーガー」が、さらに淡路島を有名にするために挑戦!

@Press / 2016年09月15日10時30分

特に渦潮が見える「道の駅うずしお」では、観光に来られた若いカップルから家族連れの方まで幅広く支持される人気看板商品の一つで、昨年度の販売個数は約150,000個を記録しました。(※)5種類に味付けされた玉ねぎについて(1)玉ねぎ・トマトソース淡路島産トマトのフレッシュな酸味を生かした自家製トマトソース。ザク切りにした淡路島産玉ねぎもイン。(2)玉ねぎカツ [全文を読む]

淡路島で数少ない車いすのまま浴室まで入れる天然温泉の貸切風呂(木もれび)が誕生!

@Press / 2012年05月28日10時30分

有名デザイナー設計のモダンなデザインなどによりカップルを中心としたお客様に大変ご好評いただいておりました。 しかし、予約でいっぱいになる日も多いことから、お客様の声に多かった、『車いす対応』をはじめ、年配のお客様、妊婦のお客様、赤ちゃん連れのお客様にも配慮した貸切風呂を増設することに致しました。 淡路島でも数少ない、車椅子のまま浴室まで入れるお風呂というこ [全文を読む]

人気の「ふるさと納税」、宿泊券がもらえる旅好きにおすすめの自治体10選

TABIZINE / 2017年01月21日12時00分

カップルや家族で訪れたい宿ですね。詳しくはこちらをご覧ください。 鹿児島県 奄美市 年々人気が高まりつつある奄美大島は一度は行っておきたい場所です。鹿児島県 奄美市に40,000円以上寄附をすると「奄美リゾート ばしゃ山村 1泊2食付き宿泊券(大人1名様)」をいただくことができます。奄美の透明度の高いブルーの海を眺めたり、マリンスポーツを楽しみたいものです [全文を読む]

【ドライブで行く】兵庫の人気観光スポット~神戸界隈はドライブデートの鉄板コース♡~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年12月21日09時00分

展望階には約20分で一周するスカイティールームがあって、カップルの憩いの場所として長く愛されてきた。 そして白い構造物は、帆船の帆と波をイメージして作られた特徴的な外観の「神戸海洋博物館」だ。 世界有数の海、船、港の総合博物館で、神戸港の歴史も学ぶこともできる。 ド定番スポットだからこそ、その安定感は桁違いだ。 《写真提供》神戸国際観光コンベンションサイ [全文を読む]

フォーカス