中森明菜 原田知世に関するニュース

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

1位・中森明菜(48)2位・小泉今日子(47)3位・松田聖子(51)4位・中山美穂(43)5位・森高千里(44)6位・薬師丸ひろ子(49)7位・Wink8位・河合奈保子(50)9位・おニャン子クラブ10位・斉藤由貴(47)10位・原田知世(45) この結果を受けて、アイドル評論家の中森明夫さんにランキングを分析してもらった。「1位が中森明菜というのは、この [全文を読む]

橋本環奈はアイドル映画のあり方を変える?『セーラー服と機関銃』シリーズの歴史的経緯から考察

リアルサウンド / 2016年03月15日06時00分

80年代は松田聖子、中森明菜、小泉今日子などが続々と登場し、アイドル黄金期を迎えることになるが、テレビ出演が少なく映画ベースで活動する特異なアイドルとして、薬師丸と原田はファンの心を掴んだ。結果的に2人はライバルとしての相乗効果もあって、角川のアイドル映画黄金期を支えることになった。そして薬師丸は本格派路線に、原田はライトな作品に、それぞれの道を歩んで行く [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

何しろ小泉今日子や中森明菜でさえ、デビューした年のレコ大新人賞候補の5組から漏れてしまうほどの「激戦」だった。堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、早見優と、キラ星のごとく同じ時代に飛び出したのだ。 この時代まで、アイドルの多くは「歌手」を意味していたが、別の潮流も生まれた。それは薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の「角川三人娘」である。彼女たちの可憐な姿を観たいと [全文を読む]

歌謡曲に注目集まる 80年代の対照的な二大巨頭の魅力と実力

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

1982年には中森明菜(50才)、小泉今日子(50才)が続き、アイドルブームを巻き起こしていく。その中でも別格だったのが聖子と明菜だ。当時の中高生は、聖子派と明菜派とに二分されていた。放課後になれば、教壇をステージに彼女たちの歌を歌う。それが何より楽しかった。 [全文を読む]

原田知世、クレイジーケンバンドら昭和の名曲をカバー

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日19時19分

原田は、中森明菜や徳永英明など多くのアーティストによりカバーされてきた久保田早紀の名曲「異邦人」を熱唱。 その他、原田真二の「キャンディ」やザ・ビートルズの「夢の人」、ノラ・ジョーンズの「ドント・ノー・ホワイ」をカバーする。 クリス・ハートは、切ない歌詞で多くの人を魅了し続けるアン・ルイスの「グッド・バイ・マイ・ラブ」を甘い声で歌い上げる。 さらに、チュ [全文を読む]

德永英明、カヴァーアルバムの金字塔 最新作詳細発表

dwango.jp news / 2014年11月05日20時05分

【『VOCALIST 6』全収録曲】1. さよならの向う側(1980) / 山口百恵(作詞:阿木燿子作曲:宇崎竜童)2. WOMAN “Wの悲劇”より(1984) / 薬師丸ひろ子(作詞:松本隆作曲:呉田軽穂)3. サンキュ.(1995) / DREAMS COME TRUE (作詩:吉田美和作曲:吉田美和/中村正人)4. 寒い夜だから…(1993) / [全文を読む]

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

年が明けた元旦のスポーツ報知が裏一面でデカデカと報じたのが、中森明菜(48)と40代の都内の有名神社神主との寿報道だった。 民放局ワイドショーディレクターが語る。 「これはスクープしたスポーツ報知以外どこもノーマーク。ただ帯状疱疹に悩んでいた明菜が今年こそ復帰を望んでいるのは間違いない。そう考えると、明菜サイドからの“仕掛け”の可能性もある。国生さゆりや [全文を読む]

“あまちゃん効果”で再浮上した薬師丸ひろ子の、異質すぎる「アイドル女優」人生

日刊サイゾー / 2013年12月13日11時00分

「80年代は松田聖子や河合奈保子、中森明菜、小泉今日子など、アイドル全盛の時代でしたが、薬師丸はほかのアイドルとは一線を画していました。というのも、当時のアイドルは歌手であることが一般的でしたが、薬師丸は女優業がメインだったため。現在では、薬師丸のようなアイドル女優は珍しくありませんが、その先鞭をつけたといえるでしょう。またテレビドラマではなく、主舞台は [全文を読む]

フォーカス