コスプレ 森高千里に関するニュース

森高千里「私がオバサンになっても」(後編)(1)“脱ミニスカ”までの道のり

アサ芸プラス / 2012年06月27日10時59分

こんな森高のド派手なコスプレに真っ先に食いついたのが、熱狂的な男性ファン、俗に言うアイドルオタクたちだった。アイドル評論家の高倉文紀氏は森高の“変身”を振り返る。「デビュー当時の森高さんは圧倒的な美人ではあったが、アイドルとしての派手さに欠けていました。そこへまだ世間に認知されていないコスプレ、アンナミラーズのようなコスチュームを森高さんが着たのがインパ [全文を読む]

活動25周年を迎えた森高千里、アーティスト像 確立までの生き様を振り返る

リッスンジャパン / 2012年06月01日14時00分

その音楽も初期のアーティスティックな路線から、「ザ・ストレス」でどこぞのパイ屋さんを思わせるような超ミニのウェイトレス姿を披露して以来、ミニスカ基調コスプレ路線へとシフト。そのあたりで男性ファン大量捕獲。そして92年「私はオバさんになっても」のヒットでは女性ファンを大量に獲得、コンサート会場にも後ろから見るぶんには「森高!?」と言っていい森高コスプレ女性が [全文を読む]

梅雨の季節、イライラや陰鬱な気分をぶっ飛ばし「雨も悪くないな」と思える5曲

okmusic UP's / 2014年06月30日18時00分

当時、アルバム『非実力派宣言』のジャケットに代表する“コスプレ路線”で人気を集めていた彼女。水色地に赤のラインが入ったテカテカの衣装で写っているジャケット写真は勇ましすぎて、しっとりしたバラードソングがまったく想像できません!(笑)■2.「傘がない」('72)/井上陽水LPとして日本では初のミリオンセールスを記録した、アルバム『氷の世界』から40周年。40 [全文を読む]

活動25周年を迎えた森高千里、アーティスト像 確立までの生き様を振り返る

okmusic UP's / 2012年06月01日14時00分

その音楽も初期のアーティスティックな路線から、「ザ・ストレス」でどこぞのパイ屋さんを思わせるような超ミニのウェイトレス姿を披露して以来、ミニスカ基調コスプレ路線へとシフト。そのあたりで男性ファン大量捕獲。そして92年「私がオバさんになっても」のヒットでは女性ファンを大量に獲得、コンサート会場にも後ろから見るぶんには「森高!?」と言っていい森高コスプレ女性が [全文を読む]

森高千里 「私がオバさんになっても」ナチュラルな美しさ

アサ芸プラス / 2014年03月13日09時58分

いわゆるオタク文化が始まったのは彼女からということになる」(小谷氏) 森高の代名詞となった「コスプレ」も同PVで披露しており、グラビアアイドルとは別の“直球じゃないセクシーさ”を展開する。そのため、男だけでなく、同性にも支持された。99年の江口洋介(46)との結婚・出産後は仕事をセーブしていたが、ここにきて待望の大復活である。 「これだけ長いこと一線から引 [全文を読む]

異例のバーニング対策のおかげ!? 森高千里がアイドル路線を貫けたワケ

サイゾーウーマン / 2012年08月17日13時00分

コスプレという言葉もなかった時代にミニスカートで登場し、意図的なパンチラと“前に出ない”素朴なキャラクターとのギャップが、従来のアイドル像を打ち砕いた。また自ら行う作詞の能力が、ファンのみならず、音楽マニアや業界関係者の間でも話題になっていた。 しかし当時は、女性アイドルが大々的に活動を行うことは難しい時代だった。所属事務所・アップフロントエージェンシーか [全文を読む]

1976年から現在まで! BEAMSが豪華アーティストと共に東京の40年間のカルチャーに追った動画が話題に

AOLニュース / 2016年10月24日20時00分

■参照リンクhttp://www.beams.co.jp/ ■急上昇ワード「ボブ・ディラン」 ・ボブ・ディラン、「奴隷制度がアメリカを駄目にした」と発言 ・ボブ・ディラン、オバマ大統領より勲章授与 ■フォトギャラリー【ギャラリー】気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】122 ■フォトギャラリー【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬 [全文を読む]

カナダからやってきた“爆裂ボディ“アイドル・ケルシー! シンデレラ・ストーリーの行方は...

メンズサイゾー / 2014年09月22日10時00分

番組の中で、趣味がコスプレで日本のアイドルが大好きだと笑顔で語ったケルシー。彼女のたどたどしい日本語と愛くるしい笑顔は、日本のアイドルファンたちのハートをキャッチするには破壊力十分だった。そして、憧れていたというメイドカフェで働き始めたケルシーは、さらなる奇跡を起こす。なんと、行動力抜群の彼女は、いきなりアイドルオーディションを受け、見事合格。アイドルユ [全文を読む]

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

もし持っていたら一生のお宝モノ、これぞ永遠に輝く珠玉の1冊だ! ・松田聖子『聖子おしゃれアルバム』(実業之日本社)実勢価格2万9000円 オスカルや白雪姫、シスターなどに変身した貴重なコスプレ写真集。パジャマ姿もキュート! ・中山美穂『美穂 がんばる』(集英社)実勢価格2万9000円 16歳のときの初々しい魅力にあふれている大型版写真集。水着ショット多数で [全文を読む]

NHK杉浦友紀 「70メートル走ロケ」で62回も揺れていた! 「シースルー衣装の中で上下左右の激動が…」

アサ芸プラス / 2012年09月14日10時54分

深夜番組ではセクシーなコスプレにチャレンジしたこともありますが、ムチムチした体つきはお堅いニュース番組には収まりきらないエロスな異彩を放っている。特に、タイトな衣装の時には圧巻すぎる豊乳絶景を拝むことができます」 8月15日の放送では、珍しくスタジオを出てNHK放送センターの外で4人のアーチェリーメダリストを迎えての屋外ロケとなった。放送センター建物横にア [全文を読む]

フォーカス