ニュース 竹野内豊に関するニュース

佐々木蔵之介の順位は?結婚したらショックな男性芸能人ランキング

しらべぇ / 2017年02月06日06時30分

幸せになってもらいたいと思いつつも、大きな衝撃をもたらすのが大物独身芸能人の結婚のニュース。しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,381名を対象に「結婚したらショックな独身男性芸能人は誰ですか?」というアンケートを実施。投票結果をもとにランキングを作成した。■第5位:大沢たかお(42票・同票)(画像は映画『風に立つライオン』公式サイトのスクリーンシ [全文を読む]

男性の恋愛観をチラ見?バレンタイン準備にオススメの映画&本【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年01月21日12時15分

映画でイケメンとの恋にうっとりするもよし、深く理解するなら原作を読み込むのもオススメです♪ [全文を読む]

竹野内豊は恋も仕事もマジメで不器用!?山羊座男性の攻略法【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2014年12月21日09時00分

もうすぐクリスマスですね!心の準備はできていますか?明日、12月22日(月)~1月19日(月)は山羊座生まれの方々の誕生日です。おめでとうございます!(※星座は生まれ時間によってズレることがあります。)山羊座男性は、仕事も恋愛もとにかくマジメなタイプです。恋愛においては不器用な面も多いので、女性から上手にリードしていく方法も伝授しちゃいます!≪山羊座の基本 [全文を読む]

2016年のトレンドは“こなれ太眉”!眉毛を変えれば、脱ぼっち効果も【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年01月08日10時15分

◆こなれ太眉を作るコツ【1】太眉×平行 [全文を読む]

結婚の絶対条件!? 妻夫木聡が掃除すべき「金銭問題」と「性的サービス」

日刊サイゾー / 2016年01月04日17時00分

ただ、例年よりは明らかにパンチに欠けるニュースばかりだった印象だ。昨年は綾瀬はるかと松坂桃李の熱愛が大々的に報じられたが、今年は元AKB48の川栄李奈が舞台の共演俳優と付き合っているとか、Perfumeののっちがお笑い芸人のマンボウやしろと交際しているとか、“格”としては低いような気がしてならない。俳優の綾野剛とモデルの佐久間由衣が交際しているというのは [全文を読む]

北川景子より宮崎あおい!? 年明け最初の“電撃入籍”の最有力とは?

アサジョ / 2015年12月30日09時59分

特にワイドショーや芸能記者も正月休みに入る年末年始は、それらのニュースが押し寄せる“ラッシュ”。年の瀬にかけて、続々とメディアを沸かせそうです」(週刊誌記者) この12月23日には倉科カナの誕生日が控えていたこともあり、竹野内豊との“バースデーゴールイン”の可能性が報じられたが、それは空振りに終わったようだ。しかし、今後騒がせそうな候補はいる。 スポーツ紙 [全文を読む]

「男は若い子が好き」は幻想!? 選ばれるのは「〇〇本能」を刺激する女【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月29日14時00分

でもそうなると、30代後半からかなぁ…」 [全文を読む]

“最後の砦”蔵之介、竹野内…次に結婚するアラフォーイケメン俳優は誰?人気占い師が大予想【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月28日10時15分

■3位:大沢たかおさん(1968年3月11日生まれ) [全文を読む]

映画初出演のウーマン・村本、出演者の誕生日を知らず、「その場からいないふり」【映画『at home アットホーム』プレミアム試写会】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月11日19時20分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 原作は、『真夜中の五分前』『ストレイヤーズ・クロニクル』など映画化が続く人気作家、本多孝好の同名小説。竹野内、松雪、坂口、黒島、池田が演じる森山家は、犯罪で生計を立てる血のつながりのない偽装家族。まるで普通の家族のように幸せに生活していたが、ある日、母親が誘拐され危機が訪れる。他人同士だとしても、自分たちで築き上 [全文を読む]

田村淳が語る“女子と男子のモテるは違う”、女子はたくさんの異性に……男子は意中の人を……

Entame Plex / 2015年07月16日15時17分

その後、先日ニュースになった田代まさしに関しての質問が投げかけられると、イベント冒頭で「答えられない質問は米倉涼子さんパターンでBGMを大きくして逃げる可能性があります」と宣言していた通り、BGMを大きくして回避。これには会場も爆笑の渦に包まれていた。そんな質疑応答の後には、今回会場に集まったファンの中で、もっともこの本をネットで宣伝し売りさばいた人3名を [全文を読む]

不倫の根深い後遺症~抜け出してもその後の恋の邪魔をする!?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年01月24日09時00分

要は信用されてないんでしょうね」 [全文を読む]

【ウラ芸能】ゆく結婚…くる離婚…

NewsCafe / 2014年12月31日15時00分

さらに女優、米倉涼子(39)まで2歳年下の一般男性と入籍だなんてビッグなニュースが相次いで飛び込んできました」デスク「2組とも、結婚は既定路線。あとは発表のタイミングだけだった。年末のマスコミが報道しにくい時期を選んでの発表も想定内で、サプライズではなかったなぁ」記者「ちと負け惜しみに聞こえますが、確かに言えてますね」デスク「それより、オイラが驚いたのはタ [全文を読む]

西島秀俊に続き向井理「泣ける…」人気俳優の結婚ラッシュに大ダメージ!

messy / 2014年11月21日18時30分

このおめでたいニュースに、ネットからは「おめでとう」「お似合いの2人」という祝福の声とともに、「次は向井理? 泣ける」「ショックが大きすぎて仕事行きたくない……」と落胆する人が続出。世の女性たちにとって、目の保養であり癒しでもあっただろうイケメン俳優が続々と既婚者になるのは、やはりダメージが大きいのだろう。 向井といえば、2012年12月に週刊誌にて国仲 [全文を読む]

石川梨華 いまや求められるのはモー娘。OGの不祥事コメントのみ!?

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時59分

ニュースもさっき知ったばかり」と困惑の様子。図らずもかつての“仲間”との“絆”と“戦い”がテーマの映画イベントにふさわしい(?)一幕とはなった。 加護のニュースでふと頭に浮かんだのは、「選択肢」という言葉だ。くしくも、この「選択肢」を冠した秋ドラマ「素敵な選TAXI(センタクシー)」(フジテレビ系火曜日22時~)が話題になっている。脚本はお笑い芸人のバカリ [全文を読む]

竹野内豊の交際宣言に“ゲイの聖地”新宿二丁目が激震! 代わって1位に躍り出たのは……

日刊サイゾー / 2014年10月20日11時00分

思えば、今年はゲイ界においてはバッドニュースが続いている。 「こないだサッカー日本代表のGK川島永嗣が結婚し、男子ハンマー投げの室伏広治にも熱愛報道があった。そこに織田と竹野内のニュースでしょ。みんな私たちから離れていっているみたい。あとは西島秀俊に期待するしかない」(別のゲイ男性) 西島にも半同棲する一般女性の存在がすでに報じられているが、そんなことお [全文を読む]

『ジャネーノ!?』『クイズ30』『ワンダフルライフ』半年で終了……フジ・バラエティ班が「ヘンシン!」に失敗したワケ

日刊サイゾー / 2014年09月09日20時30分

プライム帯は、アンジャッシュ・渡部建と田中みな実がMCを務めるニュースバラエティ『ニュースな晩餐会』(日曜19時58分~)、深夜番組から昇格となった『オモクリ監督~O-Creator's TV show~』(日曜21時~)、竹野内豊とバカリズムが出演する1話完結ドラマ『素敵な選TAXI』(火曜22時~)、ウッチャンナンチャンの内村光良がMCを務める『痛快 [全文を読む]

西島秀俊はアルマーニ似合いすぎ!「スーツの似合う俳優」たちのカッコよすぎる特徴

messy / 2017年03月27日20時00分

2012年にはniftyニュースが調査し、こちらも1位は舘ひろし、その他は阿部寛(52)、水谷豊(64)、渡辺謙(57)、及川光博(47)、松本人志(53)といった名前が挙がっていた。2011年に「THE SUIT COMPANY」が店舗で働く女性にアンケートを実施した結果は、1位谷原章介、2位が同票で櫻井翔(35)、玉木宏と続く。これらの結果を見ると、 [全文を読む]

フジテレビ“月9”枠、来年廃止へ!? 竹野内豊「出たい話がない」原因は圧倒的な企画力不足か

日刊サイゾー / 2016年12月14日17時00分

その一因に、4月期に放送された福山雅治主演の“月9”『ラヴソング』の大コケがニュースとして大きく取り上げられたことや、桐谷美玲主演『好きな人がいること』、Hey! Say! JUMP・山田涼介主演『カインとアベル』と、若手俳優の主演が続いていることも、竹野内側を不安にさせたようです」(テレビ誌記者) 今年の“月9”は、全作が全話平均視聴率1ケタ(ビデオリサ [全文を読む]

【ウラ芸能】松潤、ぶっちぎりの4月ドラマ(上)

NewsCafe / 2016年04月29日15時00分

デスク「4月クールドラマは熊本地震の影響で、初回放送が延期になったり、放送中にニュースに切り替わったり…と影響を受けた作品もあったけど、ようやく出そろったね」記者「ゴールデン・プライムタイムでの主な民放の連ドラでは、首位がジャニーズ・嵐の松本潤(32)主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)で、15・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)でした [全文を読む]

竹野内豊主演のTVドラマ「素敵な選TAXI」脚本担当・バカリズム自ら小説化!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月02日17時30分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 巧みで緻密、かつ笑いに充ちた脚本をバカリズム自らが小説化。細かく張りめぐらされた伏線や、バカリズムらしいセンスに充ちた会話などが、小説ならではの面白さで蘇る。 ■『小説 素敵な選TAXI』 著:バカリズム 発売日:2016年2月17日(水) 出版社:ポプラ社 バカリズム 1975年、福岡県生まれ。1995年に「 [全文を読む]

フォーカス