デパート 日本橋に関するニュース

かつて憧れの場所だったデパートの華やかな歴史

NEWSポストセブン / 2016年10月24日16時00分

9月30日、日本最北端のデパート、西武旭川店(北海道・旭川市)が閉店した。同店最後となる物産イベント「全国うまいもの大会」は多くの買い物客で盛り上がり、感極まって涙する人も。ここだけではない。今年だけでそごう柏店、西武春日部店など4店舗が、来年には三越千葉店や堺北花田阪急など、5店舗が閉店を予定している。《当店販売の商品は今後一層その種類を増加し、およそ衣 [全文を読む]

女性の陰毛を拾い集めて売っていたグループが警察に突き出される

メンズサイゾー / 2014年09月08日13時00分

大正12年(1923)2月、某デパートの店員によって、男4人が警察に引き渡された。店内で迷惑な行為を重ねていたからという。その行為とは、女性の陰毛を拾い歩くことだった。といっても、単なるマニアではない。拾い集めた陰毛を商品に加工して売っていたのである。 この男4人は、女性の多く行き来する場所にその陰毛が落ちていることに注目し、これを売って儲けようと目論んだ [全文を読む]

【デパートの不思議】外が見えないのになぜ店員さんは雨が降ってると分かる?

しらべぇ / 2015年05月02日10時00分

みなさんは、こんな経験をしたことがありませんか? ■デパートの店員さんはなぜ… ©iStock.com/ yuriz 街を歩いていたら雨がポツポツ降ってきたから、雨宿りがてら近くのデパートや商業ビルに入った。そして買い物を楽しんでいたところ、店員さんが買い物袋を指して「こちら、雨避けのカバーおかけしますね」と言う……。 ここで不思議なことがひとつ。ずっと館 [全文を読む]

伊勢丹でビッグ過ぎる「デパガ」デビュー。コップのフチ子のタナカカツキデザイン

FASHION HEADLINE / 2014年09月12日10時00分

今週、伊勢丹で新米デパートガールキャラクターがデビューする。その名も「デパガちゃん」。生みの親は、著書『バカドリル』『オッス、トン子ちゃん』や一世風靡した「コップのフチ子」で知られる漫画家のタナカカツキ氏だ。 タナカカツキ氏によると、デパガちゃんはデパートを利用する人々や働く人々の「妄念」によって生まれたキャラクター。デパガちゃんの特徴はとにかく大きいこと [全文を読む]

次第にクレーマーが愛しくなるお仕事マンガ 鈴木マサカズ『銀座からまる百貨店 お客様相談室』

おたぽる / 2016年04月23日11時00分

そこは、一流デパートのクレーム対応部署である。なるほど、そんなマンガが銀座やら日本橋で多数売られているということは「うんうん、わかる」と思っている読者が、多いということなのか? だとしたら、とても嫌な世の中である。 そもそも、デパートっていうのは、懐に余裕があるときに地下で高い食べ物を買うところ……くらいの貧しい認識しかない筆者。ゆえに、まずデパートで買い [全文を読む]

日本橋三越屋上にビアガーデンオープン、“和”を強化

FASHION HEADLINE / 2014年05月21日22時00分

都内のデパートでは最大級の700席を用意する。 同ビアガーデンでは、料理30種類以上、ドリンク20種類以上をそろえる。食べ放題バイキングの料金は、成人男性3,901円(飲み放題付き)、成人女性3,401円(飲み放題付き)。高校生3,401円、中学生以下1,601円。乳児無料。 三越ビアガーデン担当者は「今年は和食メニューを強化し、売り上げ前年比105%を目 [全文を読む]

日本橋三井VS丸の内三菱 五輪招致成功なら再開発競争が激化

NEWSポストセブン / 2013年08月27日07時00分

かたや、三井不動産は三井財閥の礎を築いたデパートの「三越」などを有する日本橋エリアの再開発に積極的。そこで、五輪をきっかけに現実味を帯びているのが、首都高速道路の地下化案である。 「老朽化が進むと同時に、東京の景観を損なっていると世界からも不評の首都高を改修させるのは重要な国の課題。特に日本橋の上を走る『都心環状線』の高架を撤去し、地下トンネルで再整備す [全文を読む]

【お子様ランチの発祥】昭和のレトロ感漂う、東京「上野松坂屋」大食堂カトレヤのお子様ランチは大人も注文できる!

GOTRIP! / 2017年01月27日05時30分

今回ご紹介するのは、東京の上野松坂屋のデパート大食堂「お好みダイニング・カトレヤ」のお子様ランチ。 もともとは、お子様ランチの名を普及させたきっかけの大食堂は、上野松坂屋南館の「ファミリーレストラン」という名の店。 2014年3月、南館の閉館にともない営業を終了したが、同年春、本館7階にオープンした「お好みダイニング・カトレヤ」が、お子様ランチの歴史を引 [全文を読む]

【第2回】百貨店の人材サービス会社7社による 合同登録会<PLUS+>開催!!

PR TIMES / 2013年10月02日09時21分

憧れのデパートでお仕事しませんか。 ~販売(アパレル・コスメ・ジュエリー・雑貨・食品・受付…etc~ 百貨店系列の人材サービス会社7社は、2回目となる合同登録会<PLUS+>(プラス)を2013年10月9日(水)に 開催します。今回は7社・10屋号へと拡大(前回は5社・7屋号)して、デパートでの販売(アパレル・ジュエリー・ 雑貨・デパ地下)、レジ、受付など [全文を読む]

立地最強の「湾岸タワマン」が抱える不安要素 多摩ニュータウンの惨状から学ぶ対策とは?

東洋経済オンライン / 2017年06月03日08時00分

三菱村と呼ばれる丸の内、三井村と称される日本橋を中心とした周辺オフィス街がどこか別の地域に遷移していく、あるいは銀座が現在の魅力を失うといったことになれば別だが、こうした地区ではオフィスビルやホテル、デパートなど、現在も旺盛な開発が行われており盤石だろう。多摩ニュータウンは1971年に入居が開始されたが、当時は高度経済成長期。都市部に大量の労働力が流入し、 [全文を読む]

魅惑の輝き 黄金展(日本橋高島屋)

Digital PR Platform / 2017年06月01日11時07分

新井美羽ちゃん&あらい靜枝さん トークイベント ドラマやCMで活躍中の活躍中の人気子役の新井美羽ちゃんと、子象の高子ちゃんを描いた絵本「デパートのうえのたかちゃん」の著者である、あらい靜枝さんをゲストに招きトークイベントを開催いたします。 ■6月11日(日)午後1時 ■8階催会場「黄金展」特設コーナー ※当日の午前10時から1階南口にて座席指定付整理券を [全文を読む]

阪急うめだ本店、山形屋、天満屋などが持つデパートの底力

NEWSポストセブン / 2016年10月25日16時00分

9月30日、日本最北端のデパート、西武旭川店(北海道・旭川市)が閉店した。同店最後となる物産イベント「全国うまいもの大会」は多くの買い物客で盛り上がり、感極まって涙する人も。ここだけではない。今年だけでそごう柏店、西武春日部店など4店舗が、来年には三越千葉店や堺北花田阪急など、5店舗が閉店を予定している。 苦戦を強いられているデパート業界だが、日本全国各地 [全文を読む]

ホンダのパーソナルモビリティ「UNI-CUB β」、日本橋三越本店で初めて常設乗車体験サービスを開始

clicccar / 2016年04月30日16時33分

ホンダは2014年4月から「UNI-CUB β」の事業者向け有償レンタルサービスを開始していますが、デパートのような商業施設としては今回が初。常設での乗車体験サービスを実施して、「UNI-CUB β」の利用シーンの拡大を図りたいとしています。 ホンダは、人との調和を目指した「UNI-CUB β」が身近に存在する新しい空間を増やすことを目指しており、今後も [全文を読む]

大人もOK!お子様ランチのメッカ日本橋『ランドマーク』

しらべぇ / 2016年04月02日19時00分

■お子様ランチ発祥の地へ訪れたのは東京・日本橋のデパート三越内のカフェ&レストラン『ランドマーク』。昭和5年に、この三越本店から「お子様ランチ」が始まったそう(当時は「御子様洋食」という名前)。メニュー表にもその歴史が載せられている。■なつかしさ満点のビジュアル■あなどれない、意外に本格的な味やけどしないように、あえて少し冷ましてから持ってきてくれるプレー [全文を読む]

【お取り寄せ】炊きたてごはんがごちそうになる「極上の一品」5選

TABIZINE / 2015年03月17日10時00分

東京の各デパートで取り扱いあり。 (C)新潟加島屋 [加島屋] ちりめん山椒 やよい(京都) コレさえあればおかずはいらない、大好きな「ちりめん山椒」。ごはんに、パスタに、サラダのトッピングにも。京都本店で買うのが楽しみでしたが、日本橋三越でも購入出来るようになりました。 (C)YAYOI (C)facebook/ちりめん山椒 やよい [やよい] 京の浅漬 [全文を読む]

骨董・アートに見て・触れて・学ぶ3日間 日本橋・京橋 美術骨董まつり「東京 アート アンティーク 2015」4月16日~18日に開催決定

@Press / 2014年12月25日11時30分

【東京 アート アンティーク 2015 ~日本橋・京橋美術骨董まつり~ 開催概要】名称 : 東京 アート アンティーク 2015開催日程 : 2015年4月16日(木)~18日(土)各店舗の営業時間に準ずるエリア : 東京都中央区 京橋・日本橋を中心とした地域美術店・画廊 : 約80軒(2014年12月18日現在 1月下旬まで更新予定) デパート・書店含む [全文を読む]

5/21(水)日本橋三越本店本館屋上にオープン! ビアガーデン「日本橋」

PR TIMES / 2014年05月16日10時00分

都内のデパートでは最大級の700席、開放感溢れる会場で、飲み放題・食べ放題バイキング(原則2時間制)が楽しめます。お料理は30種類以上、ドリンクも20種類以上を取り揃え、毎年多くのお客さまからご好評をいただいております。本年は特に人気の和食メニューも充実しました。また、職場の仲間やご友人・ご家族の皆さまが集まる宴の席に、地下食品フロアでお買い求めいただきま [全文を読む]

【ゴールデンウィーク特集】肉・酒・スイーツ…垂涎必至のグルメ編。ビルまるごと飲食も

FASHION HEADLINE / 2014年05月02日22時45分

■上野さくらテラスで樽生ビールをグイッと煽る 上野駅前の松竹デパートに、総合飲食ビル「上野さくらテラス」が誕生しました。「エビスバー」には樽生エビス全種を用意。ぴったりの料理と一緒に、上野公園のぼんぼりをイメージした照明の下でぐいっといきたいです。「喜乃字屋」ではフォアグラを混ぜて食べる蕎麦など変わり種も充実し、気になるメニュー満載です。 ■銀座トリバコ [全文を読む]

日本橋三越が「カルチャーリゾート百貨店」宣言。「はじまりのカフェ」オープン

FASHION HEADLINE / 2014年03月27日11時00分

1904年に日本で初めてデパートメントストア宣言をした三越が、時を経て日本橋三越本店として、ファッションデパートの道以外のビジネスモデルを持った百貨店を目指していくことを新たに宣言。この「カルチャーリゾート百貨店」とは、日本文化の発信拠点である日本橋において、日本文化の精神に浸ることのできるこれまでになかった”楽しんで遊べる店”を指す。この起点とも呼べる「 [全文を読む]

日本橋三越に昭和カフェオープン。山田洋次監督『小さいおうち』とコラボ

FASHION HEADLINE / 2014年01月08日17時00分

トークイベントで山田監督は、「(若い頃)デパートに行くことは年に1・2回のことで、前日からわくわくしたもの」と回想。女中タキ役の黒木さんは「歴史ある百貨店に、映画の世界観が投影されたカフェができてとても嬉しい。個人的にもぜひ訪れたい」と話した。 作品について山田監督は、「これは僕の物語でもある。若い女中の目を通して見る昭和の生活を生き生きと描写した。(当 [全文を読む]

フォーカス