装置 三菱電機に関するニュース

「可変周波数駆動装置の世界市場動向・予測 2021年:ポンプ・ファン・コンプレッサー・コンベヤー・エレベーター・押出機」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年03月31日14時30分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「可変周波数駆動装置の世界市場動向・予測 2021年:ポンプ・ファン・コンプレッサー・コンベヤー・エレベーター・押出機」 (MarketsandMarkets発行) の販売を3月31日より開始いたしました。2016年03月31日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「可変周波数駆動 [全文を読む]

業界&企業研究・三菱電機:産業用メカトロニクスから人工衛星までの総合電機メーカー

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月23日12時00分

製造業で工場の自動化を図るFA事業が三菱電機の強みであり、小規模から大規模まで工場のシステムを制御するシーケンサー、NC装置やレーザー加工機は海外で高いシェアを誇っています。三菱電機の事業の柱です。製造業界では、ドイツで始まった官民一体で製造業の革新をめざす「インダストリー4.0」をはじめ、あらゆるものがインターネットにつながる「IoT(Internet [全文を読む]

【三菱電機】社内導入事例:試験装置の運用保守コストを6分の1に低減した事例を掲載

PR TIMES / 2015年10月26日09時31分

このたび同サイトに、当社名古屋製作所にて、試験装置の運用保守コストの大幅な低減を実現した事例を掲載いたしました。[画像: http://prtimes.jp/i/8423/88/resize/d8423-88-460395-1.jpg ]名古屋製作所では、生産するFA関連製品の出荷試験を行うため、民生用のパソコンを使用して試験装置を内製化し、活用しています [全文を読む]

米社統合の東京エレクトロン 半導体業界主導権握る可能性も

NEWSポストセブン / 2013年11月20日07時00分

エルピーダメモリが会社更生法を申請するなど国内の半導体産業は弱体化の一途だが、「半導体製造装置」は現在も日本メーカーの存在感が大きい。9月に、米アプライドマテリアルズとの統合を発表した東京エレクトロンについて、ジャーナリストの永井隆氏がリポートする。 * * * 〈国境越えた再編〉〈世界首位統合〉〈時価総額2.8兆円〉〈統合3年目で495億円効果〉〈スマホ [全文を読む]

【三菱電機】製造業向け技術レポート最新号:"UL489Listed低圧遮断器" 機種拡充

PR TIMES / 2014年03月10日09時19分

▽内容のご紹介 工作機械及び半導体製造装置等の大型化・大容量化に伴い、高電圧化(北米ではAC480V対応化)、高遮断容量化、漏電保護機能追加の要求が増加しています。また、北米だけでなく中国と東南アジア向け装置の需要が増える中、装置の標準化のため、世界各国で使用できる製品の要求も高まってきております。 これらの要求にこたえるため、2010年10月に発売した [全文を読む]

【三菱電機】数値制御装置「M800Sシリーズ・M80シリーズ」を発売

PR TIMES / 2015年03月23日11時54分

高生産性・高精度加工・操作性向上を実現 三菱電機株式会社は、数値制御装置(CNC)の新製品として、グローバルスタンダードモデル「M800Sシリーズ」「M80シリーズ」を3月に発売しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/8423/53/resize/d8423-53-558077-0.jpg ] ▼数値制御装置(CNC)M800Sシリー [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2016年06月01日14時00分

3位日立製作所の最も引用された特許は、「コンタクト抵抗を低減して高速で動作する半導体装置」(特願2008-177550)で、半導体エネルギー研究所による後発の特許13件の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「充放電管理装置」(特許第4713623号)や「商品販売システム」(特願平4-35303)などが引用件数の多い特許として挙げられます [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2015年11月02日11時00分

1位 三菱電機の注目度の高い特許には、「圧縮機から吐出される冷媒の温度を低減できる空気調和装置」や「高圧系電源装置に使われる部品の小型化、絶縁性向上、生産性改善を図る技術」などが挙げられます。 2位 パナソニックは、「時分割シャッター方式の立体視画像表示装置などに用いられる画像表示方法」や、「無線電力伝送システム」「航空機、自動車、電車などに用いられる暖 [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3はパナソニック、三菱電機、東芝

DreamNews / 2014年10月31日11時00分

1位 パナソニックの注目度の高い特許には、「コンパレータのオフセット補正装置」や「多層ディスクの層の数に応じて種類判別を行う光ディスク装置」に関する技術などが挙げられます。 2位 三菱電機は、「オンとなる時間が不定のパルス波が入力信号である場合でも、所望の精度で入力信号の周波数を測定することができる周波数測定回路」や、「小型で大電流化を実現する樹脂封止型 [全文を読む]

【三菱電機】JIMTOF2014(第27回日本国際工作機械見本市)に出展

PR TIMES / 2014年10月30日11時40分

<主な特長> ・高精度・高剛性な機械構造体の採用により、金型の長尺化・高精密化に対応 ・高精度位置決め機能の搭載により、テーパ加工精度を向上 ・超微細な新仕上げ電源回路搭載により、大型金型の加工精度を向上 3. 数値制御装置(CNC) M800Wシリーズ 独自開発のCNC専用CPU搭載を搭載したグローバルフラグシップモデル。生産性向上・高精度加工・操作性 [全文を読む]

デジタルサイネージのコンテンツにFacebookなどのソーシャルメディアを活用 三菱電機と時刻表情報サービスがメディアミックス配信サービスの実証実験を開始

@Press / 2014年03月27日09時30分

三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と時刻表情報サービス株式会社(以下、時刻表情報サービス)は、2014年4月1日から、三菱電機本社(東京都千代田区丸の内二丁目7番3号 東京ビル)1階受付設置の大型LED映像装置「オーロラビジョン」にて、ソーシャルメディアへの投稿記事をコンテンツ化してリアルタイムにデジタルサイネージで放映する、交通事業者等向けメディアミック [全文を読む]

防衛通信衛星で見える「宇宙開発の不都合な真実」

sorae.jp / 2017年01月25日07時00分

大型自動車は走行装置である「シャシー」に様々な装置を載せることで、トラックにも冷蔵車にも、消防車にもなる。人工衛星では「衛星バス」というものに、衛星通信装置を載せれば通信衛星が出来上がる。気象衛星や測位衛星なども製造可能だ。 「きらめき」は三菱電機製衛星バス「DS2000」をもとに作られた。「DS2000」は気象衛星「ひまわり」の7号以降や測位衛星「みちび [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2016年10月26日11時00分

1位の三菱電機の注目度の高い特許には、「電力会社からの電力供給が停止した場合に、電力会社の電力系統を切り離したうえで、電力の供給を電気自動車に切り替えることのできる電源切替装置」や「太陽光発電システムによる余剰電力の貯蔵用に蓄電池を利用するよりも、低コストで余剰電力を有効活用し、電力の平準化を実現できる給湯機運転管理装置」などが挙げられます。 2位のパナ [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2015年05月22日11時00分

1位パナソニックの引用された件数の多い特許は、「LED駆動装置」に関する特許(特許第5237727号)や、三菱化学との共同保有となっている「非水電解質二次電池(特許第3193342号)」が挙げられ、前者は三菱電機と三菱電機照明の共同出願6件のほか、東芝ライテックによる2件の合計8件、後者は三菱化学の5件、ソニーと日立化成の各1件の合計7件の審査における拒 [全文を読む]

【三菱電機 SCF2013】センサレスサーボを出展(システムコントロールフェア2013)

PR TIMES / 2013年10月29日10時50分

三菱電機株式会社は、生産現場の機械・装置等に組み込まれる駆動システムの新製品、専用ドライブユニットとセンサレスPM モータ(※1) を組み合わせたセンサレスサーボ(2013年7月発売)を「システムコントロールフェア2013」(11月6日~8日)に出展いたします。 ※1:永久磁石モータ(Permanent Magnet motor)と三菱独自のセンサレス制御 [全文を読む]

三菱商事、電気自動車を用いたスマートグリッド実証実験を開始

JCN Newswire / 2012年04月12日18時03分

Tokyo, Apr 12, 2012 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)、三菱自動車工業株式会社(以下「三菱自動車」)及び三菱電機株式会社(以下「三菱電機」)は、けいはんなエコシティ次世代エネルギー・社会システム実証プロジェクトの一つとして、東京工業大学の指導を受けながら、電気自動車(以下「EV」)に搭載された蓄電 [全文を読む]

【機械・造船業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は三菱重工、ダイキン、クボタ

DreamNews / 2016年05月25日11時00分

このほかには、「太陽電池のバックシート」(特許第5127123号)や「電力変換装置」(特願2009-290298)などが引用件数の多い特許として挙げられます。 2015年に、ダイキン工業の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機の228件、次いで、パナソニックIPマネジメントの80件、日立アプライアンスの44件と続いています。 3位クボタの最も [全文を読む]

【三菱電機】JECA FAIR 2016 (第64回電設工業展)に出展

PR TIMES / 2016年05月20日09時25分

▼「工場」「ビル」「住宅」「商業施設」「公共エリア」などのシーンに最適な配電制御・省エネソリューションをご提案・予防保全ソリューション・工場省エネソリューション・三相モータ・省エネ ソリューション・産業用太陽光発電システムソリューション・ビル・マンションソリューション・高圧ソリューション・ENEDIAスマートハウスソリューション▼注目の出展製品1. エネル [全文を読む]

【スマートモビリティシティ2015】アプリに後付け太陽光ブラインド、運転支援システムなど注目ポイントがいっぱい

FUTURUS / 2015年11月03日21時00分

車両に搭載された通信装置、または交差点・信号機に設置された通信装置を使用し、周りのクルマや人の存在などを、道路とクルマ、またはクルマ同士の通信により検知する。 例えば、交差点の右折時に、直進車や横断歩道にいる人を道路情報より取得(DSSS=路車間通信システム)、見落としている場合には警告表示とブザー音で警告する。 また、クルーズコントロール時に、先行車が [全文を読む]

【東京モーターショー15】三菱電機は自動運転のコンセプトカーE MIRAI xAUTOを開発

clicccar / 2015年10月30日16時33分

3次元ヘッドアップディスプレイやマルチボンディングディスプレイなどの表示装置を採用し、視線移動の低減HMIを実現したほか、ドライバーセンシング、クラウド情報や家電と連携するテレマティックス、車室内・路面ライティングなどの灯火制御を行います。 また、高音質、高画質、高速レスポンスを実現したダイアトーンサウンドナビNR-MZ100シリーズを展示しています。 [全文を読む]

フォーカス