テレビ 三菱電機に関するニュース

業界&企業研究・三菱電機:産業用メカトロニクスから人工衛星までの総合電機メーカー

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月23日12時00分

その後、冷蔵庫、エレベーター、エスカレーター、ラジオ、半導体、テレビのように製造する領域を拡大し、現在、総合電機業界第3位の企業です。経営理念は「技術、サービス、創造力の向上を図り、活力とゆとりのある社会に貢献する」。7つの行動指針として「信頼」「品質」「技術」「貢献」「遵法」「発展」を掲げています。また、コーポレートステートメントとして「Changes [全文を読む]

役員報酬1億円以上が最多の意外なあの企業…不振事業は即切り捨て、常に非情な構造改革

Business Journal / 2017年03月14日06時00分

かつて電機業界の牽引役となったのは、テレビを中心とする消費者向け家電製品だった。しかし、デジタル化に伴い、テレビなどの価格が急落。2000年代初頭、電機大手各社は「選択と集中」に乗り出した。 三菱電機は03年、半導体のシステムLSIをルネサステクノロジ(現・ルネサスエレクトロニクス)に、DRAMをエルピーダメモリ(現・マイクロンメモリジャパン)に譲渡。0 [全文を読む]

動画見放題!新型「Fire TV Stick」は音声認識リモコンが優秀です!

&GP / 2017年04月08日22時00分

最近、10年以上使い続けた液晶テレビにサヨナラを告げました。新たに購入したのは三菱電機の「REAL(LCD-A40BHR8)/40V」。何が一番変わったかといえば、テレビがネット対応になったことと、HDMI端子がついたこと。これでようやく最先端のサービスが享受できるというもの。さっそく流行りの「Netflix」や「Hulu」といったストリーミングサービスを [全文を読む]

あえてシリーズ化しない。「提案力」で魅せる三菱の大人向け家電

まぐまぐニュース! / 2015年08月28日23時00分

年配者が使いやすい家電の需要 毎年6~7月はボーナス商戦や節電(省エネ)を切り口に雑誌はもちろん、テレビやラジオの出演依頼が多いのですが、今年は8月に入ってもその勢いが衰えません。 週1でテレビのロケをしているので、ピンマイクのつけ方もカメラの位置も進行もお手の物となりました。 カメラの前で全く緊張しない(しなくなった)という、おめでたい性格も功を奏して [全文を読む]

ショップチャンネル 開局20周年の最終章「春いち!大感謝祭」第三弾 3月20日『春いち!家電買い替え大作戦』放送

PR TIMES / 2017年03月15日10時35分

[画像1: https://prtimes.jp/i/3563/241/resize/d3563-241-486415-1.jpg ] 三菱電機テレビ REAL(0:00~/6:00~/10:00~/14:00~ 放送) 『三菱電機』から、 1台で4役をこなす録画テレビ「リアル」をご紹介。 世界に先駆けて録画機能搭載テレビを発売した三菱電機の現行最新モデ [全文を読む]

三菱電機が初の4Kテレビを発表 映像・サウンドに強いこだわり

ガジェット通信 / 2014年09月02日13時00分

三菱電機は、同社初の4K対応レーザー液晶テレビ『REAL(リアル)LS1シリーズ』を10月30日(木)より発売。サイズは65V型モデルと58V型モデルの2種で、価格はオープン。実勢価格は65V型が70万円前後、58V型が50万円前後と予想されています。 ●業界初の技術で立体感のある4K映像を実現 『REAL LS1シリーズ』は、業界で初めて4K液晶パネルの [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

半導体から早々と撤退し、パソコンやテレビの事業からもすでに手を引いている。ただ問題は、長時間労働で労働基準監督署に摘発されたことだ。今年1月に嫌疑不十分で不起訴になったが、政府が掲げる「働き方改革」によって長時間労働の是正は注目度の高い話題だ。 [全文を読む]

パナソニックの「視覚障がい者のQOL(Quality of Life)向上を目指した音声読み上げ商品の普及活動」が"IAUDアウォード2013"金賞を受賞

PR TIMES / 2013年11月21日19時02分

【金賞】視覚障がい者のQOL(Quality of Life)向上を目指した音声読み上げ商品の普及活動パナソニックと三菱電機は、高齢者や機器の操作が苦手な方をサポートする機能として音声読み上げ機能(※)を搭載した商品を各々、開発、販売しており、両社のテレビに標準搭載しています。音声読み上げテレビに対する視覚障がい者の期待は大きく、両社はその有用性をより効果 [全文を読む]

家でかんたん写真注文「プリントラッコTV」アプリを光BOX+にて提供開始~写真とテレビの新しい楽しみ方~

@Press / 2014年02月14日15時30分

※1 「光BOX+」は、テレビに接続することで、簡単にインターネット上のコンテンツ利用を実現するセットトップボックスです。本商品によるインターネット利用には、「フレッツ光」等のブロードバンド回線、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーター等が別途必要です。環境によっては、十分な帯域確保ができず音声や映像が途切れる場合があります。本商品を利用するには [全文を読む]

奈津子×安蔵靖志の「最新家電」丸わかりニュース:2017年4月

&GP / 2017年05月11日11時00分

元SDN48で家電アドバイザーの資格も取得し、「家電女優」として活躍の幅を広げる奈津子さんと、AllAbout家電ガイドや家電アドバイザーとしてテレビやラジオ番組、雑誌やWebサイトなどで活動するIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志が、最新家電の注目ポイントについて語り合う連載企画。第7回は2017年4月に発表された家電製品を中心に紹介します。 安蔵:4月は [全文を読む]

“リアルママ”1000人アンケート「好きなママタレ、嫌いなママタレ」(1)人気NO1はぶっちぎりで杏

アサジョ / 2017年03月01日06時00分

料理や育児など主婦目線で発言するママタレはテレビにとっては貴重な戦力だが、視聴者の生活感覚と離れすぎればたちまち炎上騒ぎ! はたして誰が“好感度”が高い(低い)のか、東西のリアルママたちに総力調査した! テレビの情報番組からバラエティ、料理、健康番組とあらゆるジャンルで活躍するママタレたち。「育児、朝ご飯、掃除‥‥子供のことや家庭のことをしながら芸能活動を [全文を読む]

奈津子×安蔵靖志の「最新家電」丸わかりニュース:2016年11月

&GP / 2016年12月11日22時00分

元SDN48で家電アドバイザーの資格も取得し、「家電女優」として活躍の幅を広げる奈津子さんと、AllAbout家電ガイドや家電アドバイザーとしてテレビやラジオ番組、雑誌やWebサイトなどで活動するIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志が、最新家電の注目ポイントについて語り合う連載企画も第2回を迎えました。11月に発表された注目の家電製品は果たして……? ■“土 [全文を読む]

「高度成長期のシンボル」ジャイアント馬場が名誉市民に

しらべぇ / 2016年09月08日05時30分

■プロレスとテレビかつて読売巨人軍に、馬場正平という投手がいた。2mを優に超える身長の持ち主で、同時に絶妙なコントロールピッチャー。二軍の最優秀投手賞を3度も獲得し、脳腫瘍手術からたった1週間で回復するほどの堅強な肉体すら持っていた。だが、ファンやマスコミの視線をかっさらうほどの巨体がチーム内で敬遠され、馬場は1軍に定着できない。その後大洋ホエールズに移籍 [全文を読む]

ジャイアント馬場の日本プロレス退団がスムーズに進んだ要因

NEWSポストセブン / 2015年11月26日16時00分

「日本プロレス界は、その創世期より創始者・力道山の熱意、日本テレビの正力松太郎氏の英断と三菱電機の関、大久保両社長のご支援により普及・発展し、今日の隆盛をみるに至った」 「馬場正平自身としても、力道山亡きあと、日本テレビの電波によって全国のプロレスファンのみなさまのご声援を得て、今日の人気と地位を獲得できた」 「私、馬場正平は、日本テレビのブラウン管に出 [全文を読む]

銀座で宇宙に包まれる!?非日常体験型イベント開催

Walkerplus / 2016年08月28日23時16分

テレビの大きさに換算すると、なんと772インチに相当するのだとか!「想像もできないほどの宇宙の大きさと、神秘的な美しさに圧倒されます。“自分という存在も宇宙の一部なのだなぁ”と実感させられました」と中島さん。■ インスタレーションで宇宙を身近に3階のコミュニティスペースでは、多数のインスタレーションを体験できる。そのひとつ「今、ここにいるよ。/ I am [全文を読む]

鈴木亮平、流暢な英語で人生初のナレーションに挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年07月29日05時30分

7月29日(金)から放送される三菱電機の新テレビCM 東京2020「登場」篇に鈴木亮平が出演。「ひとつ上の自分へ。」をテーマに、同社のメッセージを伝えている。 エレベーターから見た東京の街並み。上昇するにつれて、景色が大きく広がっていく。エレベーターから外の風景を見詰める鈴木。そして鈴木自身のナレーションが重なる。 エレベーターの扉が開き、降りてくる鈴木の [全文を読む]

美人女優と芸人&イケメン俳優と女芸人...互いの良さを引き出す“ほっこり系“CM増加中

メンズサイゾー / 2016年07月25日10時00分

わずかな時間で視聴者にインパクトを与えるため、あらゆるアイデアが用いられるテレビCM。旬のタレントを起用したりストーリー性を持たせたりと、その内容はさまざまだ。そんなテレビCMで、このところ視聴者に好評なパターンがある。それは、「男芸人×美人女優」「女芸人×イケメン俳優」の組み合わせによる"ほっこり系"のCMだ。 代表的なところでは、三菱電機のオードリー・ [全文を読む]

プロレスラーの噛みつき攻撃 老人6人がTV中継見て死亡した

NEWSポストセブン / 2015年08月17日16時00分

この試合をテレビの生中継で観ていた名古屋、京都、岐阜などの老人6人が、急に気分が悪くなり、心臓発作を起こすなどで死亡。 このニュースはマスコミに大きく報じられ、番組スポンサーの三菱電機と民放連がプロレス中継の制作方針を協議し、スタートしたばかりのカラー放送を急遽、モノクロに変更。テレビ視聴者の“ショック死事件”が社会問題となった。 猪木は同リーグ戦でテー [全文を読む]

【薄型テレビに関するアンケート調査】4Kテレビの所有率は0.4%、購入意向は2割弱。薄型テレビ購入時の重視点は「価格」「画面サイズ」の他、「メーカー・ブランド」「画質」「国内製品」など

PR TIMES / 2014年12月22日16時12分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、10回目となる『薄型テレビ』に関するインターネット調査を2014年11月1日~5日に実施し、10,590件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 http://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=19605── [全文を読む]

東芝とシャープがあえて「2Kテレビ」をプッシュする理由とは

NEWSポストセブン / 2013年10月01日16時00分

当サイトでも度々報じてきた超高画質の「4Kテレビ」だが、どこまで一般家庭に普及してきたのか。 調査会社BCNによると、テレビ全体に占める4Kテレビ販売台数は0.8%とわずかながら、50インチ以上の大型モデルでみると、金額ベースで約2割を占めるまでじわじわと売り上げを伸ばしているという。 10月1日から開かれる最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC [全文を読む]

フォーカス