見通し 三菱電機に関するニュース

三菱電機、なぜ「変わらぬ人事」?透ける高収益の秘密~安定の業務内容、不採算事業撤退

Business Journal / 2014年03月25日01時00分

2014年3月期の営業利益は前期比45%増の2200億円になる見通しで、営業利益率は5.6%に達する。これは日立の同期見通しの営業利益率5.4%を上回る。 ●問われる「優等生」の真価 社長交代会見で柵山氏は、「もう一段上のレベルを目指す」と繰り返した。これは同席した山西氏も口にした言葉だ。現在の業績の安定ぶりは、他社に先駆けて不採算事業に見切りをつけ、堅実 [全文を読む]

ソニー、倒産危機から完全復活…「魅了する家電製品」不在を嘆く人々の時代錯誤

Business Journal / 2017年05月25日06時00分

16年期の実質的に好調な業績を受けて、吉田CFOは18年3月期業績見通しとして売上を8兆円とするとし、加えて「15年2月に発表いたしました、現行中期経営計画の目標である営業利益5000億円以上、ROE10%以上は達成可能と考えております」と述べ、自信を示した。●総合電気メーカーではない、タコ足コングロマリット 吉田氏は続けて「17年度セグメント別業績見通 [全文を読む]

役員報酬1億円以上が最多はあの企業!なぜ?

Business Journal / 2015年06月30日06時00分

●三菱電機 三菱電機は2015年3月期決算企業の中で、役員報酬の1億円プレーヤーが最多となる見通しだ。 6月26日に開く株主総会の招集通知で明らかにしたところによると、執行役23人に平均1億3580万円の役員報酬を支払うという。14年3月期の執行役22人の平均役員報酬は1億1100万円だったので、2480万円増えたことになる。ちなみに、社外取締役を除く取締 [全文を読む]

三菱電機、万年3位でもなぜ脚光?徹底した“奇策なし”改革で利益率業界トップに躍進

Business Journal / 2015年01月07日06時00分

「10月30日に14年度の連結業績予想を上方修正し、営業利益が過去最高益の2750億円の見通しを立てている。こうした勢いと、ここ数年の実績を1つずつ積み重ねてゆく手堅さぶりを勘案すると、この成長目標はかなり現実味がある」 売上高や営業利益こそ総合電機万年3位の地位は変わらないものの、営業利益率は6.5%で総合電機トップ(日立製作所は同6.1%、東芝は同4. [全文を読む]

電機大手が総崩れ、停滞鮮明で深刻な状況…シャープと東芝は経営危機、日立も三菱も減益

Business Journal / 2016年06月02日06時00分

8月末には全面復旧できる見通しだが、その影響は小さくなく、ソニー側では工場の被災による今期業績へのマイナス影響は1150億円とみている。●シャープと東芝は深刻 一方、業績悪化が深刻なのはシャープと東芝。シャープはすでに台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下での再出発が決まっているため、今後は鴻海主導の再建に身を委ねるしかない。社員の意欲は経営体制の変化とは関係 [全文を読む]

【矢野経済研究所セミナー】パワー半導体の最新動向セミナー~シリコンの限界を打ち破るパワーモジュール技術~

DreamNews / 2016年04月06日12時00分

本セミナーでは、パワーモジュール市場における上位3社(三菱電機、インフィニオンテクノロジーズ、富士電機)の方々に講師をお願いし、最新のパワーモジュール製品動向、高耐熱・低損失モジュール技術、今後の事業戦略、市場見通しなどを解説して頂きます。 【セミナー概要】◆パワー半導体の最新動向とメーカシェア/市場展望講師:株式会社矢野経済研究所 自動車産業グループ 池 [全文を読む]

「電源変圧器の世界市場 ~2020年:電力定格 (小型変圧器 、中型変圧器、大型変圧器)・冷却方式・地域別の動向分析と予測」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年11月19日12時30分

特に、中国などのアジア太平洋地域諸国では急速な市場成長が生じ、世界最大の市場となる見通しです。また電力定格別に見ると、高電圧直流送電 (HVDC) などの技術革新の影響を受けて、大型変圧器が最大の市場シェアを占めています。 当レポートでは、世界の電源変圧器の市場について分析し、製品の外洋や市場の基本的構造、主な市場促進・阻害要因、市場動向と今後の見通し[全文を読む]

「DCドライブの世界市場の動向・予測 ~2020年:電圧 (低電圧・中電圧)・定格・エンドユーザー産業別 (石油&ガス・上下水道・発電・ビルオートメーション)・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年10月26日16時30分

地域別では、中国、インド、日本などでの高度な都市化や産業化から、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを保持しており、今後も高いCAGRを記録する見通しです。 当レポートでは、世界のDCドライブの市場について調査し、市場の定義、製品の区分と概要、産業構造とサプライチェーン、市場への各種影響因子の分析、製品の電圧・定格・エンドユーズ産業別の主な動向と市場規模の推 [全文を読む]

「オルタネーターの世界市場 ~2020年:製品別・技術別・出力電力別・種類別・車種別・地域別の将来予測」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年09月09日13時00分

2020年までの地域別の年平均成長率 (CAGR) は、アジア・オセアニア諸国が6.36%と最大となっており、特に中国の場合、オルタネーターは7.90%、スターターモーターは7.74%のCAGRで成長する見通しです。 当レポートでは、世界の自動車用オルタネーターの市場について分析し、技術・市場の基本的構造や最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場規模の動向見 [全文を読む]

「自動車用アクチュエータの世界市場 2020年:製品種類別・車種別・地域別の予測と分析」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年04月10日15時00分

地域別では、アジア太平洋地域や北米では市場の大幅成長が見込まれていますが、欧州では市場成長率は小幅に留まる見通しです。 当レポートでは、全世界の自動車用アクチュエータの市場について分析し、市場の基本的構造や最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場規模の動向見通し (今後6年間分)、製品種類別・車種別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、今後の技術開発・市場発展 [全文を読む]

三菱重工、最新鋭ステルス戦闘機F35の製造参加を見送り 資金面で政府と折り合わず

NewSphere / 2014年08月05日18時42分

最新鋭ステルス戦闘機F35の生産計画への三菱重工の参画が、当面見送られる見通しとなった。ロイターなどが伝えている。武器輸出三原則がこの春緩和されたのを受け、日本最大の兵器メーカーでもある三菱重工の動向には、海外メディアも高い関心を示している。 民生部門についても同様で、6月にフランスの重工業大手アルストムの火力発電設備などエネルギーインフラ部門の買収に失敗 [全文を読む]

キーエンス、3年ぶりに通常決算に復帰のワケ 4期連続の変則決算から久々の12カ月決算へ

東洋経済オンライン / 2017年06月07日08時00分

同社は今2017年度から、3年ぶりに12カ月の通常決算となる見通しだ。キーエンスは2014年度以降、1年間を3月21日~6月20日の3カ月決算と、6月21日~翌年3月20日の9カ月決算へと分割する変則決算を4期連続で繰り返してきた。■法人減税の享受が狙い変則決算を繰り返してきた理由は法人減税だ。2015年度、2016年度と段階的に法人税は引き下げられてきた [全文を読む]

秘書を人間扱いしない女性国会議員トップ…1カ月で退職→精神疾患、ミス押し付け

Business Journal / 2017年03月25日06時00分

解散がない参議院は仕事の見通しも立てやすいので働きやすく、秘書には人気が高いのですが、この3つの事務所は定着率が最悪で、1年中求人をしています。 神澤の知る限り、採用されても1~3カ月で辞めてしまう方ばかりです。辞めた後も精神を病んで、しばらく通院や自宅療養をされているという話も広まっています。 [全文を読む]

平均年収 約1,000万円のビジネスパーソンが勧める就職人気企業ランキング20161位 トヨタ自動車 2位 Google 3位 三菱商事

@Press / 2016年05月11日09時00分

また、伊藤忠商事は2016年3月期に過去最高益を更新し、初めて業界で利益トップに立つ見通しが発表されました。ビズリーチが2013年に実施した同アンケートでは、18位であったのに対し、3年間で大きくランキングを上げており、ビズリーチ会員からも注目が集まりました。 [全文を読む]

「スマートエレベーターの世界市場 2022年までの予測:部品 (制御システム、整備システム、通信システム)・サービス (新設、改修、整備)・用途・地域別」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年05月10日15時00分

世界のスマートエレベーターの市場規模は、2015年には954万米ドル、2022年には2669万米ドルに達する見通しです。市場成長の主な要因として、急速な都市化やワイヤレス通信技術の普及、省エネ型ソリューションの需要拡大などが挙げられます。特に商業施設では、既存施設の更新に合わせてスマートエレベーターを導入し、使用電力量を引き下げようという動きが活発化して [全文を読む]

「スイッチギヤの世界市場 2021年までの予測:電圧・エンドユーザー (送配電、製造業・プロセス工業、業務用・住宅用インフラ)・地域別の分析」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年05月10日13時00分

当レポートでは、世界のスイッチギヤ (開閉装置) 市場について分析し、市場全体の構造や競争力、主な成長促進・阻害要因、電圧別・エンドユーザー産業別・地域別の詳細動向、市場競争の動き、主要企業のプロファイル、今後の市場成長の見通しなどを調査・推計しております。 第1章 イントロダクション 第2章 分析手法 第3章 エグゼクティブ・サマリー 第4章 重要考察 [全文を読む]

「送配電 (T&D) インフラ市場 2016-2026年:主要企業およびAC・DC・HVAC・HVDC・UHVDC・UHVACのCAPEX予測」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年01月27日14時00分

当レポートでは、世界の送配電 (T&D) インフラ市場の現状と見通しについて調査分析し、送電タイプ、送電線の長さ、地域、および主要国別による市場分析と予測、PEST分析、専門家の分析、および主要企業のプロファイルなどを提供しています。 第1章 調査概要 第2章 イントロダクション ●送配電の概要 ●T&D技術および基本原理 ●高圧直流 (HVDC) への [全文を読む]

もう「運転」なんか不要?無人タクシーや自動運転車がスゴすぎる!実用化目前に

Business Journal / 2015年10月22日06時00分

センサーでの感知のほか、車間の通信(車車間通信)での相互位置把握などで安全性を確保する見通し。 ロボットタクシーでは、人口減少で鉄道やバスが廃線になってしまった地方での運用や、病院や介護施設の巡回を想定している。これまでのタクシー会社では営業経費の7割が人件費とされ、無人なら低い単価でのサービス提供ができるとみている。 ●進むインフラ整備 一方、トヨタは今 [全文を読む]

「IGBTおよびサイリスターの世界市場分析・予測 2020年:発電・再生可能エネルギー・鉄道・UPS・EV/HEV・モータードライブ・家電」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年07月21日10時30分

当レポートでは、世界のIGBT・サイリスター市場を取り上げ、用途別・地域別に市場の現状と見通しについて調査分析するとともに、競合環境、主要企業のプロファイルをまとめ、お届けいたします。 第1章 イントロダクション 第2章 調査手法 第3章 エグゼクティブサマリー 第4章 重要考察 ●IGBT・サイリスター市場における魅力的な市場機会 ●IGBT市場:3大 [全文を読む]

「自動車点火システムのコンポーネントの世界市場 2019年」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年02月27日09時00分

2014年から2019年にかけての成長率はアジアオセアニア地域がもっとも高く、同地域が最大の地域市場となる見通しです。 当レポートでは、自動車点火システムの世界市場について調査し、市場背景と産業構造、市場成長への影響因子および市場機会の分析、市場規模の推移と予測、コンポーネント・点火方式別の内訳、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。 第1 [全文を読む]

フォーカス