三菱電機 安川電機に関するニュース

【投資のヒント】決算後に複数の目標株価の引き上げがあった銘柄は

ZUU online / 2017年05月11日18時00分

そのなかでも特に目標株価の引き上げが目立つのが三菱電機 で、決算発表後に5社が目標株価を引き上げています。また、三菱電機に続いて目標株価の引き上げが多かったのが富士通 と東京エレクトロン で、ともに4社が目標株価を引き上げています。そのほか日本M&Aセンター やソニー 、SCSK でも3社が目標株価を引き上げています。■もう一つのヒント◆明日の決算発表スケ [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車、スズキ、東レ・108円 ヒロセ電機、商船三井、オリンパス、日本ガイシ・109円 オークマ・110円イ [全文を読む]

平均年収1440万…あの超高収益企業の謎 異次元の合理主義経営、非常識な営業

Business Journal / 2015年05月30日06時00分

14年度の大手各社の営業利益率を見ると三菱電機が7.3%、オムロンが10.2%、安川電機が7.9%。高収益企業として別格扱いされるファナックが40.8%。これも抜群の収益といえるが、さらに上回っているのがキーエンスの52.6%。売り上げの半分以上が粗利なのだ。株式市場関係者が目の色を変えるのも無理はない。 しかも、キーエンスは市場環境など外的要因で急に営業 [全文を読む]

ゼネテック、Mastercamベースの産業用ロボットオフラインティーチングシステム「Robotmaster」で、不二越社製(NACHI)ロボットをサポート開始

PR TIMES / 2014年09月29日11時42分

さらに、Robotmasterはミーリングや溶接、研磨、ウォータージェット、バリ取り、塗装など用途を選ばず様々な加工に利用できる点を強みとしており、すでに対応実績のあるロボットメーカーとして、国内では川崎重工、安川電機(MOTOMAN)、ファナック、デンソーウェーブ、三菱電機、ダイヘン、海外ではKUKA、ABB、STAUBLI、HYUNDAIなど多くの企業 [全文を読む]

ロボット、少子高齢化対策と労働力供給向上で社会を変える?ソフトバンク参入の衝撃

Business Journal / 2014年06月25日01時00分

「ロボット」という言い方ではなく、FA(ファクトリーオートメーション)という言葉に置き換えてみれば、オムロン、キーエンス、ファナック、安川電機、三菱電機など、そうそうたる企業の名が浮かぶ。 [全文を読む]

ゼネテック、「Robotmaster」最新版で川崎重工・ヒュンダイ重工製のロボットをサポート開始!

PR TIMES / 2014年06月04日11時51分

さらに、Robotmasterはミーリングや溶接、研磨、ウォータージェット、バリ取り、塗装など用途を選ばず様々な加工に利用できる点を強みとしており、すでに対応実績のあるロボットメーカーとして、国内では安川電機(MOTOMAN)、ファナック、デンソーウェーブ、三菱電機、ダイヘン、海外ではKUKA、ABB、STAUBLIなど多くの企業が挙げられます(順不同)。 [全文を読む]

フォーカス