半導体 三菱電機に関するニュース

業界&企業研究・三菱電機:産業用メカトロニクスから人工衛星までの総合電機メーカー

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年12月23日12時00分

その後、冷蔵庫、エレベーター、エスカレーター、ラジオ、半導体、テレビのように製造する領域を拡大し、現在、総合電機業界第3位の企業です。経営理念は「技術、サービス、創造力の向上を図り、活力とゆとりのある社会に貢献する」。7つの行動指針として「信頼」「品質」「技術」「貢献」「遵法」「発展」を掲げています。また、コーポレートステートメントとして「Changes [全文を読む]

役員報酬1億円以上が最多の意外なあの企業…不振事業は即切り捨て、常に非情な構造改革

Business Journal / 2017年03月14日06時00分

三菱電機は03年、半導体のシステムLSIをルネサステクノロジ(現・ルネサスエレクトロニクス)に、DRAMをエルピーダメモリ(現・マイクロンメモリジャパン)に譲渡。08年までに携帯電話と洗濯機事業から撤退。02年から08年までに6000億円規模の事業を整理した。 08年のリーマン・ショック後の決算では、大手が軒並み大赤字を出すなか、三菱電機は最終黒字を確保 [全文を読む]

米社統合の東京エレクトロン 半導体業界主導権握る可能性も

NEWSポストセブン / 2013年11月20日07時00分

どんな人でも使っているが、その存在を意識することはあまりない「半導体」。エルピーダメモリが会社更生法を申請するなど国内の半導体産業は弱体化の一途だが、「半導体製造装置」は現在も日本メーカーの存在感が大きい。9月に、米アプライドマテリアルズとの統合を発表した東京エレクトロンについて、ジャーナリストの永井隆氏がリポートする。 * * * 〈国境越えた再編〉〈世 [全文を読む]

【三菱電機】基板穴あけ用レーザー加工機「GTF3シリーズ」を発売

PR TIMES / 2015年05月26日09時27分

GTF2シリーズをモデルチェンジし、高い生産性を実現 三菱電機株式会社は、基板穴あけ用レーザー加工機の新製品として、新開発の高精度ガルバノスキャナーと半導体パッケージ基板加工に優れたレーザー発振器の搭載により、高い生産性と加工位置精度を実現した「GTF3シリーズ」を5月22日に発売しました。 本製品は、「JPCA Show 2015(第45回国際電子回路産 [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

半導体から早々と撤退し、パソコンやテレビの事業からもすでに手を引いている。ただ問題は、長時間労働で労働基準監督署に摘発されたことだ。今年1月に嫌疑不十分で不起訴になったが、政府が掲げる「働き方改革」によって長時間労働の是正は注目度の高い話題だ。 [全文を読む]

シャープの液晶事業、サムスンに流出の危機!日本政府が国家を挙げて必死の抵抗!

Business Journal / 2015年12月26日06時00分

官民ファンドの産業革新機構は保有する半導体大手ルネサスエレクトロニクス株式の一部を売却する検討に入った。ルネサスは日立製作所、三菱電機、NECの半導体部門が統合して2010年に発足したが、東日本大震災による工場の被災や円高で経営危機に陥った。13年、革新機構は1383億円を出資し、同社株式の69.15%を持つ筆頭株主となった。その後、1万人超の人員削減など [全文を読む]

三菱電機、なぜ「変わらぬ人事」?透ける高収益の秘密~安定の業務内容、不採算事業撤退

Business Journal / 2014年03月25日01時00分

経営企画を担当した後、山西氏の出身母体であるパワー半導体部門の立て直しを任されていた。アナリストは、「このときから次期社長は確定していたのでは。市況変動の激しい半導体部門を最後に任せることで、経営者としての幅を持たせたかったのだろう」と解説する。 理系の技術者出身であることも歴代社長と同じ。新社長の誕生に伴い、現社長が会長に就くのも恒例。過去の人事との唯一 [全文を読む]

ルネサス、「巨額減損リスク」浮上…トヨタら自動車会社の言いなり&買い叩かれ自立遠のく

Business Journal / 2016年10月13日06時00分

“日の丸半導体”が、ようやく攻めに出る。 自動車用半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、同業の米インターシルを買収する。買収金額は約3219億円(1ドル=100円換算、以下同)で、資金はすべて手元資金でまかなう。ルネサスの2016年6月末時点の現金・預金は3975億円だ。17年1~6月期中に買収を完了させ完全子会社にする。 ルネサスは、日立製作所および三 [全文を読む]

熊本地震、日本の製造業が崩壊的危機突入へ…全国で生産中止地獄

Business Journal / 2016年04月18日19時00分

半導体大手、ルネサスエレクトロニクスは自動車向けマイコンの主力生産拠点である川尻工場の生産を休止した。生産再開のメドは立っていない。 エレクトロニクス業界では熊本県菊陽町にソニーの半導体工場がある。カメラやスマートフォン(スマホ)に使われる画像センサーの主力工場で地震発生以降、生産を停止した。長崎県と大分県にある画像処理用半導体を生産する工場も生産をスト [全文を読む]

リストラに怯える日本の半導体技術者を、海外企業は年収数億円出しても欲しがっている

Business Journal / 2017年06月10日06時00分

●人気がない電機や半導体産業 日本では電機や半導体産業は人気がなく、そこに就職を希望する学生が少ない。その理由は明らかだ。 2012年頃、薄型テレビが壊滅的となり、ソニー、パナソニック、シャープが合計約1.8兆円の赤字を計上し、社長が交代。各社とも1万人規模のリストラ(という名の人減らし)を行った。 半導体はもっとひどい。日立製作所、三菱電機、NECは半導 [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2016年06月01日14時00分

3位日立製作所の最も引用された特許は、「コンタクト抵抗を低減して高速で動作する半導体装置」(特願2008-177550)で、半導体エネルギー研究所による後発の特許13件の審査過程で拒絶理由として引用されています。このほかには「充放電管理装置」(特許第4713623号)や「商品販売システム」(特願平4-35303)などが引用件数の多い特許として挙げられます [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3はパナソニック、三菱電機、東芝

DreamNews / 2014年10月31日11時00分

2位 三菱電機は、「オンとなる時間が不定のパルス波が入力信号である場合でも、所望の精度で入力信号の周波数を測定することができる周波数測定回路」や、「小型で大電流化を実現する樹脂封止型の電力用半導体装置」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。 3位 東芝の注目度の高い特許には「半導体の絶縁膜を形成する際に欠陥を抑制する技術」や「画像診断支援 [全文を読む]

【矢野経済研究所セミナー】パワー半導体の最新動向セミナー~シリコンの限界を打ち破るパワーモジュール技術~

DreamNews / 2016年04月06日12時00分

【セミナー概要】◆パワー半導体の最新動向とメーカシェア/市場展望講師:株式会社矢野経済研究所 自動車産業グループ 池山智也◆インフィニオンテクノロジーズにおける高耐熱.XT/XHP のモジュール技術講師:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社インダストリアルパワーコントロール事業本部 課長 藤森正然氏◆富士電機の次世代パワー半導体のモジュール技 [全文を読む]

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2015年05月22日11時00分

このほか、「TMR素子の低抵抗化」に関する特許(特許第4738395号)や、「半導体基板の表面処理方法(特許第4403202号)」などが引用件数の多い特許として挙げられます。 3位日立製作所の最も引用された特許は、「タブレット端末等におけるマルチタッチの検出」に関する特許(特願平6-220205)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されており、 [全文を読む]

【三菱電機】製造業向け技術レポート最新号:"UL489Listed低圧遮断器" 機種拡充

PR TIMES / 2014年03月10日09時19分

▽内容のご紹介 工作機械及び半導体製造装置等の大型化・大容量化に伴い、高電圧化(北米ではAC480V対応化)、高遮断容量化、漏電保護機能追加の要求が増加しています。また、北米だけでなく中国と東南アジア向け装置の需要が増える中、装置の標準化のため、世界各国で使用できる製品の要求も高まってきております。 これらの要求にこたえるため、2010年10月に発売した [全文を読む]

【没落する日本の半導体業界に激震の告発】坂本さん、エルピーダを潰したのはあなただ

Business Journal / 2017年05月14日06時00分

同誌では、2012年に倒産したDRAM(半導体メモリの一種)専業メーカー、エルピーダメモリで社長を務めていた坂本氏が『漂流ものづくり大国の治し方』というコラムを連載している。私は、密かにこの記事を読むのを楽しみにしている。というのは、共感できる意見もある一方、明らかに的外れな内容もあり、それが結構おもしろいからだ。 しかし、同誌4月号ではこの連載はお休みで [全文を読む]

【電気機器】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、パナソニック、東芝

DreamNews / 2016年10月26日11時00分

2位のパナソニックは、「電力線搬送通信による通信路を利用して電力使用料を検針する遠隔検針システム」や、「窒化物半導体発光素子において、ジュール熱を効率よくパッケージ外部へ排熱し、特性劣化の抑制と放熱性の向上を両立する技術」などが注目度の高い特許として挙げられます。 3位の東芝の注目度の高い特許には「高効率水素製造装置として期待されている固体酸化物型電気化 [全文を読む]

【全業種】特許資産規模ランキング、トップ3は三菱電機、トヨタ自動車、パナソニック

DreamNews / 2015年11月11日11時00分

富士フイルムは「半導体製造過程におけるフォトレジスト」や「内視鏡」「放射線診断機器」などに、セイコーエプソンは「インクジェット」や「プロジェクタ」「水晶振動子等の圧電デバイス」などの分野に注目度の高い特許が多く見られます。詳細については、ランキングデータ「全業種 特許資産規模ランキング2015」にてご覧いただけます。 ■価格:50,000円(税抜) お申し [全文を読む]

三菱電機「DIATONE SOUND.NAVI」がフルモデルチェンジでさらに高音質へ

clicccar / 2015年10月24日17時33分

なお、SoCは「System-on-a-Chip」の略で、「ある操作やシステムの動作に必要な機能のすべてを、ひとつの半導体チップに実装する方式」という意味があるそう。 「DIATONE SOUND. NAVI(ダイヤトーンサウンドナビ)」の「NR-MZ100」シリーズの価格は、上位機種の「NR-MZ100PREM」が24万円、「NR-MZ100」が17万 [全文を読む]

ルネサス黒字化の立役者・作田会長をトヨタが解任?自動車メーカーの聖域を侵し怒り買う

Business Journal / 2015年04月21日06時00分

「日の丸半導体」のルネサスエレクトロニクスは4月1日に開催した取締役会で、代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)である作田久男氏が、15年6月の定時株主総会および取締役会終了後に退任することを決めた。後任には元日本オラクル社長兼CEOの遠藤隆雄氏を迎える。遠藤氏は4月1日付でルネサスのCEO付に就任した。鶴丸哲哉社長は留任する。 現在ルネサスが取り組んで [全文を読む]

フォーカス