子会社 三菱電機に関するニュース

【電気機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はパナソニック、東芝、日立製作所

DreamNews / 2016年06月01日14時00分

2015年に、東芝の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機の385件、次いでパナソニックの289件、3月に東芝の医療機器子会社である東芝メディカルシステムズの売却が決まったキヤノンの215件と続いています。 3位日立製作所の最も引用された特許は、「コンタクト抵抗を低減して高速で動作する半導体装置」(特願2008-177550)で、半導体エネ [全文を読む]

日立と三菱重工が経営統合する日

プレジデントオンライン / 2016年12月22日09時15分

売上高や純利益、子会社・関連会社数、連結従業員数、それに13年度、14年度、15年度の3期を均して年度換算した研究開発費、配当総額、納税額などを見れば、規模では日立が凌駕していることが明らかだろう。キャッシュフロー(CF)計算書の支払額で比較すると、日立の納税額は三菱重工の2倍を超える。 三菱重工が日立を上回っているのは、海外売上高比率、営業利益率(3期 [全文を読む]

ロシア ロスアトムグループと三菱電機がパートナーシップに合意

PR TIMES / 2016年11月04日15時12分

[画像: http://prtimes.jp/i/16459/22/resize/d16459-22-923369-0.jpg ] ロシアの国営原子力企業ロスアトム社(モスクワ、代表 セルゲイ・キリエンコ、以下 ロスアトム社)の子会社である株式会社ルスアトム自動制御システム(モスクワ、最高経営責任者 アンドレイ・ブトコ、以下RASU)と、三菱電機株式会社( [全文を読む]

Nordic Semiconductor、さらなる市場拡大に向け加賀デバイス株式会社と販売代理店契約を提携

DreamNews / 2014年08月22日17時00分

また、同社では、中国・香港・インドなどに関連子会社を保有し、さらに加賀電子グループの充実した海外ネットワークとの連携により、お客様に最適なソリューションを提供しています。 加賀デバイスの代表取締役副社長である 志摩良一氏 は次のように述べています。 「Bluetooth(R) low energy の発展と共に、“もののインターネット化(IoT)”などの膨 [全文を読む]

65歳定年制 5年多く働いても生涯賃金900万円しか増えぬ例も

NEWSポストセブン / 2013年02月04日07時00分

後者を選べば、56歳で早期退職して子会社に再雇用され、給料(本給)が2割カット、60歳以降はさらに5割に減らされる。年収600万円の55歳サラリーマンの場合、前者を選ぶと、56歳から60歳までの5年間の総額で3000万円になる。 一方、後者を選択すると、65歳までの10年間の総額は3900万円だ。5年間多く働いても生涯賃金の差はわずか900万円にすぎない。 [全文を読む]

【外食役員報酬ランキング】すかいらーく5億円超、破格の理由

プレジデントオンライン / 2017年04月05日09時15分

15年度は、前年度にあった前会長への報酬3億3900万円(子会社からの支給分を含む)がなくなったことで平均額は下がっているが、サラ・カサノバ社長兼CEOの報酬そのものは、赤字にもかかわらず対前年比6000万円アップの1億6700万円だった。3期ぶりに最終黒字へ転換したことで、16年度は大幅アップの2億7600万円。平均も6483万円に増額である。 『図解! [全文を読む]

ルネサス、「巨額減損リスク」浮上…トヨタら自動車会社の言いなり&買い叩かれ自立遠のく

Business Journal / 2016年10月13日06時00分

17年1~6月期中に買収を完了させ完全子会社にする。 ルネサスは、日立製作所および三菱電機の半導体部門が統合したルネサステクノロジと、NECエレクトロニクスが合併して、10年に発足した。東日本大震災で工場が壊滅的な被害を受け、業績が急速に悪化。13年に官製ファンドの産業革新機構やトヨタ自動車、日産自動車などから巨額の出資を仰ぎ、危機を回避した。 革新機構の [全文を読む]

熊本地震、日本の製造業が崩壊的危機突入へ…全国で生産中止地獄

Business Journal / 2016年04月18日19時00分

トヨタ系の部品大手、アイシン精機の熊本市にある子会社アイシン九州と関連工場はトヨタ自動車九州など自動車メーカー各社に車のドアやエンジンの部品を供給している。地震で工場が被災し再開のメドが立っていない。 アイシン精機から部品を調達していた日産自動車九州も操業を取りやめた。三菱自動車もアイシン精機製のエンジン関連部品が届かず、水島製作所の工場を止めた。 ダイ [全文を読む]

MRJ、新規受注絶望的か 債務超過の恐れも この1年で受注ゼロ、現実離れした計画

Business Journal / 2015年12月02日06時00分

開発に当たる子会社、三菱航空機を翌4月に設立した。製造は三菱重工が担う。開発費だけで最終的に4000億円規模になるという一大プロジェクトなのである。 三菱航空機の資本金は1000億円(資本準備金を含む)で、出資比率は三菱重工が64.0%、三菱商事とトヨタ自動車が10.0%。住友商事と三井物産が5.0%。東京海上日動火災保険と日揮がそれぞれ1.5%。三菱電機 [全文を読む]

リニア輸出、安倍政権トップセールスの舞台裏 成否占う米国輸出でJR東海との二人三脚

Business Journal / 2014年06月23日01時00分

USジャパン・マグレブ社と、その子会社のザ・ノースイースト・マグレブ社(TNEM)の2社である。JR東海と資本関係はなく役員も送っていないが、JR東海の別働隊として米国議会でロビー活動に当たっている。USジャパンのCEO(最高経営責任者)は元国防次官補のリチャード・ローレス氏。USジャパンとTNEMの両社の社長を務めていたパターソン氏は、米大統領府国家安全 [全文を読む]

三菱重工、タイKEGCOから出力97万7,000kW GTCC発電所建設プロジェクトを受注

JCN Newswire / 2013年08月20日17時22分

KEGCOは、1992年にEGATの一部が民営化されて発足した大手IPPであるEGCO(Electricity Generating Public Company Limited)の全額出資子会社です。EGCOはタイ証券取引所の上場企業であり、主要な株主としてEGATならびに、東京電力と三菱商事の折半出資会社、テプディア・ジェネレーティング社(TEPDIA [全文を読む]

三菱重工、米ポートランド・ジェネラル・エレクトリック社向けGTCC発電設備を受注

JCN Newswire / 2013年06月05日17時12分

今回のGTCC発電設備は、このプロジェクトのEPC(設計・調達・建設)契約者であるスペインの大手エンジニアリング会社、アベンゴア社(Abengoa S.A.)の米国子会社から、当社原動機事業の米国拠点であるMPSA(Mitsubishi Power Systems Americas, Inc.)を通じて受注したものです。同州のボードマン近郊に建設する設備で [全文を読む]

Appcelerator JapaneseモバイルコミュニティがtiTokyoに集結

JCN Newswire / 2013年02月25日12時55分

同社は世界の35の国と地域(日本を含む)に200社以上の子会社と関連会社を擁し、従業員数は120,000人以上です。2012年3月31日締め会計年度の連結グローバル売上高は、合計384億米ドルです。前会計年度にデンソーは、連結グローバル売上高の9.5%を研究開発に費やしました。デンソーの普通株は東京および名古屋の証券取引所に上場しています。2012年3月3 [全文を読む]

フォーカス