代表曲 沢田研二に関するニュース

【エンタがビタミン♪】増田恵子&MAX『UFO』から“亀梨ジュリー”の『勝手にしやがれ』まで “阿久悠メドレー”に沸く

TechinsightJapan / 2017年08月27日18時23分

宮迫博之が尾崎紀世彦の代表曲『また逢う日まで』を熱唱すると、次に岩崎宏美本人が思い出深い『ロマンス』を披露する。 さらにザ・バーズ、チアリーディング、櫻井翔、黒沢かずこで『ふり向くな君は美しい』をパフォーマンスすれば、山本リンダはAKB48渡辺麻友とNMB48山本彩をバックダンサーに『どうにもとまらない』を迫力たっぷりで歌い踊った。続いてフィンガー5の晃を [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】寺田恵子 “実力派女子”ヴォーカリスト部門1位に「マジでー」

TechinsightJapan / 2017年08月17日12時45分

SHOW-YAの8枚目シングル『限界LOVERS』(1989年)、9枚目シングル『私は嵐』といった代表曲をはじめ、デビュー30周年を記念して2014年10月にリリースした「男歌」に挑んだカヴァー・アルバム『Glamorous Show~Japanese Legendary Rock Covers』では圧巻のパフォーマンスを見せつけた。 『紅』(X JAP [全文を読む]

【ジャパメタ対談】44マグナムのポール×アースシェイカーのマーシー「俺たちのファンの歓声は重低音だった」

デイリーニュースオンライン / 2015年06月10日18時50分

P MARCYが歌ってくれた『SATISFACTION』(※44MAGNUMの代表曲)もめちゃくちゃ爽やかで、EARTHSHAKERの曲になっていたね。 M それでいいと思う。影響を受けて自分たちのサイズで表現しますっていうのがね。80年代の頃と今ではファンの雰囲気もちょっと違うよね。今は声援にしても「キャー」って感じだけど、当時はもっと重低音で「ウォー [全文を読む]

吉井和哉、熱狂の全方位開放武道館でニューアルバム発売と全国ツアー開催を発表

okmusic UP's / 2014年12月29日15時00分

【その他の画像】吉井和哉「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたライヴは6年ぶりに全方位開放で行なわれ、11月にリリースされた初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』からの多数の選曲、同作には入っていない沢田研二「サムライ」のカヴァー、1月28日に発売されるTRIAD移籍第1弾シング [全文を読む]

吉井和哉 2年ぶりの武道館ライブでサプライズ発表

dwango.jp news / 2014年12月29日11時01分

「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたライブは、6年ぶりに全方位開放で行われ、11月にリリースされた初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』からの多数の選曲、カヴァーアルバムには入っていない沢田研二の『サムライ』カヴァー、2015年1月28日に発売されるTRIAD 移籍第1弾シング [全文を読む]

吉井和哉、熱狂の日本武道館公演でオリジナルアルバム発売と全国ツアー16公演の開催を発表!

Entame Plex / 2014年12月29日00時27分

「YOSHII KAZUYA SUPER LIVE 2014~此コガ原点!!~」と題されたこのライブは、6年ぶりに全方位開放で行われ、11月にリリースされた初のカバーアルバム「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~」に収録されている楽曲をはじめ、さらにはカバーアルバムには入っていない沢田研二の“サムライ”をカバー、そして、2015年1月28日に発売される [全文を読む]

吉井和哉、キャリア初となるカヴァーアルバムは日本の昭和歌謡をフィーチャー

okmusic UP's / 2014年10月01日17時00分

今回の作品の発売元、日本コロムビアに所属し、昭和の歌謡界の女王と呼ばれた美空ひばりの「真赤な太陽」(1967年)、弘田美枝子の「人形の家」(1969年)など吉井和哉の幼少期だった60年代の名曲から、前川清の熱唱で一世を風靡した内山田洋とクール・ファイブ「噂の女」(1970年)、吉田拓郎作曲、森進一の代表曲「襟裳岬」(1974年)など、70年代に流行した演歌 [全文を読む]

フォーカス