写真 沢田研二に関するニュース

沢田研二は劣化などしていない! 69歳のジュリーが今こそ愛しい理由

CREA WEB / 2017年08月29日12時00分

私のハートは、その写真を見て完全にストップモーションしてしまった。 そこには昔の壊れそうな美しさとは違う、タイガーのように力強い彼がいた。 嗚呼、最高にステキなハゲ&ヒゲのコンビネーション! 白髪の交じり具合も絶妙ッ。加えていい具合に出た腹が相乗効果を生み、そんじょそこらの若者には絶対出せない貫禄を醸し出している。私の好みドストライク!! 御年69歳にして [全文を読む]

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

カラー作品 (本リリースの白黒写真は地上波放送当時の番組宣伝写真です)企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】糸井重里が“じいじ”に 坂本美雨・娘と見つめ合う

TechinsightJapan / 2016年01月17日14時25分

コピーライターの糸井重里が6か月になる赤ちゃんと見つめ合う写真が好評だ。 1980年代にコピーライターとして活躍し、その後はタレントや俳優としても幅広い活動をしてきた糸井重里。作詞家としても有名で、沢田研二の『TOKIO』や矢野顕子の『春咲小紅』など数多くのヒット曲を手がけている。 その矢野の娘であるミュージシャン・坂本美雨の『坂本美雨 miu_sakam [全文を読む]

女優・大谷直子、唯一の写真集で妊娠の過程を撮り続けた

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時00分

長年にわたり映画やドラマなどで活躍し続ける女優・大谷直子の写真集は、『直子 受胎告知』(1981年5月、集英社)のみだ。6月5日に発売された『週刊ポスト』の袋とじグラビア掲載の写真は、『直子 受胎告知』に収録されなかったアザーカットの中から、写真家・稲越功一氏の著作権継承者の承諾を得て掲載したもの。なぜ、『直子 受胎告知』が生涯唯一の写真集となっているのか [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

当時マルベル堂は芸能事務所からの依頼で、宣伝写真も作るなど持ちつ持たれつの関係だった。『ひまわり娘』でデビューした伊藤咲子がのちに「私はマルベル堂さんで、アイドルとしての笑い方を教わりました」と語っているように、プロマイドはアイドルの登竜門だったのだ。 だが、昭和60年代に入ると、原宿にアイドルショップがオープンしたり、生写真が横行したりしたこともあり、人 [全文を読む]

男どもを虜にするグラビアで大反響の片山萌美が1年ぶりに魅せた!「実は水着に関してはお断りをしていて…」

週プレNEWS / 2015年10月02日09時00分

―あはは、でも『ultra soul』を脳内再生してたとは思えない、しっとりとした写真が多いですが…。 萌美 それでも気持ちは“大和撫子”だったので(笑)。 ―なるほど(笑)。ちなみに今回も初めてグラビアを撮った前回とほぼ同じスタッフだったとか。 萌美 そうなんです。だから週プレさんで撮る時は不安感は全くないです。むしろ、皆さんに会うのが楽しみで、イェー [全文を読む]

安室奈美恵など、大物アーティストによるアニメ主題歌が増えているのはなぜ

THE PAGE / 2017年09月17日17時10分

こうした背景もあり、アニメの主題歌に関しても、売り出し中の若手アーティストだったり、バンドだったりにとっての“登竜門”的な立ち位置でした」アニソンの社会的地位が向上 ミリオンヒット曲も 実際、後に人気歌手となる故やしきたかじんさんはブレーク前の1981年に公開されたアニメ映画「機動戦士ガンダム」の劇場3部作の第1作の主題歌『砂の十字架』を歌唱してヒットを飛 [全文を読む]

八木亜希子が語る「壊れた大人がいっぱいいた」バブルとフジテレビ

文春オンライン / 2017年06月02日11時00分

写真=榎本麻美/文藝春秋 ヘアメイク= 井上まみ (てれびのスキマ) [全文を読む]

「レコ大のあとはレペゼン村祭りだ!」漫画家・山田玲司が三代目JSBの買収騒動を語る

ニコニコニュース / 2016年11月15日11時00分

芸能界におけるタブーのひとつと言われた「レコ大買収」が明るみになった今年、日本レコード大賞は一体どうなるのでしょうか?すべての写真付きでニュースを読む芸能界にとって賞レース買収は暗黙の了解山田: まず「レコ大ってまだやってたんだ」って思っちゃった(笑)。いやスゲェな、レコ大って1億円の投資に見合うだけの価値がまだ残ってるんだなって。乙君: コメントでもある [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(3)芸能レポーター座談会「石川敏男・二田一比古・長谷川まさ子が見た戦国ウラ現場」

アサ芸プラス / 2016年10月12日05時57分

二田一比古(66):女性誌や写真誌の記者を経て、91年よりレポーターに。現在も男性誌等で健筆を振るう。長谷川まさ子(53):ラジオアシスタントを経て、87年よりレポーターに。歯切れよい語り口に定評がある。 [全文を読む]

宝塚元男役トップスターが夢の競演!美しさの秘訣は○○にあり

Woman Insight / 2015年07月22日11時10分

写真左から:壮一帆、貴城けい、湖月わたる、えまおゆう、高嶺ふぶき、杜けあき、稔幸、姿月あさと、彩輝なお、蘭寿とむ) ★女子必読!脚の虫刺されやアザ・シミ、むくみを速攻解決する方法 10人は戦後70年を記念して、7月に発売したカバーアルバムの収録曲「勝手にしやがれ」、「いい日旅立ち」など、昭和を代表する名曲の数々を披露しました。 司会は、昨年退団された蘭 [全文を読む]

布施明デビュー50周年記念! 日本を代表するヴォーカリストの極上の歌声を堪能できるCD全集が完成。

PR TIMES / 2015年05月03日11時23分

さらに購入特典として、布施明のデビューから現在までの写真がデザインされた「オリジナルタンブラー」も進呈いたします。他では入手できない付録と特典が満載の、通販限定のスペシャルコレクションです。 ◆CDコレクション『布施明の世界』セット内容 ・CD全7枚(140曲収録) ・[付録1] 小説「武蔵野少年」(布施明執筆の自伝的小説/全32ページ) ・[付録2] 鑑 [全文を読む]

あの「お江戸」が新Ver.に!? カブキロックス、2015年元旦にアルバムリリース!

okmusic UP's / 2014年11月20日17時00分

ジャケ写とアーティスト写真も公開され、当時からの一貫された「和洋折衷歌謡ロック」が期待出来そうだ。近年クールジャパンの影響によって日本のポップカルチャーや伝統芸能が世界から注目される中、彼らの動きも再び注目される事に違いないだろう。 1月28日には渋谷ラママでリリースライブが決定しておりチケットも発売中となっている。2020年には東京オリンピックもひかえ [全文を読む]

“黒歴史“ではなくなっていた!? やしきたかじんが抱えた『ガンダム』への葛藤

おたぽる / 2014年01月14日21時00分

歌詞へのこだわりが人一倍強かったたかじんさんにとっては"ライリー"の意味がわからず曲自体を気に入らなかったことや、同曲のジャケットに自身の写真が載らなかったこと、レコーディングの際の同映画の総監督の富野喜幸(現・富野由悠季)氏の態度など別の要因もあったというが、売れっ子歌手になってからも同曲の話題はできるだけ避けて、"黒歴史"扱いしていたという。 [全文を読む]

「タケオキクチ」渋谷明治通り本店で鋤田正義写真展 5月17日(金)~6月16日(日)

PR TIMES / 2013年05月17日14時05分

株式会社ワールドが展開するメンズブランド「TAKEO KIKUCHI/タケオキクチ」は、5月17日(金)~6月16日(日)まで、旗艦店である渋谷明治通り本店で、鋤田正義 写真展 『MASAYOSHI SUKITA PHOTO EXHIBITION TOKYO-GA+』を開催します。 1970年代初頭に撮影された、デヴィッド・ボウイの歴史に残るポートレイトを [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(6)「元ヤンアイドル暴露」

アサ芸プラス / 2013年01月24日10時00分

「10年以上前に出した自伝本で幼い頃の写真が公開されていますが、背景に古いタイプの集合住宅が写っていた。調べてみると、それが実家で、衝撃的でした」 デビュー後、池脇は映画「大阪物語」で沢田研二と田中裕子演じる夫婦漫才師の娘役を熱演。多くの映画賞で新人賞を獲得するが、「役の中でも同じタイプの住宅に住んでいた。実家を“リハウス”したくて芸能界に入ったとしか考 [全文を読む]

フォーカス