ランキング 沢田研二に関するニュース

指原莉乃×渡辺麻友×柏木由紀 ものまねのクセが強すぎて爆笑

dwango.jp news / 2017年09月04日22時00分

推しメンの変遷について熱く語り、渡辺は「ランキングに入っていてゆきりんも歌える歌ね」と沢田研二『勝手にしやがれ』を選曲。指原が「前川さんバージョン!」と振ると、“クセが強すぎる”歌い回しの前川清のものまねを披露。実は去年の「UTAGE!」(TBS)で前川が歌う『勝手にしやがれ』のバックで指原、渡辺、柏木と峯岸みなみ、高橋愛が踊ったのだが、本番での歌い方が独 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】寺田恵子 “実力派女子”ヴォーカリスト部門1位に「マジでー」

TechinsightJapan / 2017年08月17日12時45分

SHOW-YAの寺田恵子が音楽雑誌・WeROCK(Vol.060)で発表された女性ミュージシャンが選ぶ“実力派女性ミュージシャン・ランキング”でヴォーカリスト部門1位に選ばれた。彼女は8月16日、『寺田恵子/SHOW-YA(KeikoTerada)ツイッター』でフォロワーの祝福ツイートを受けて「マジでー ちとびっくり! でも嬉しいです」とつぶやいている。 [全文を読む]

ともさかりえ離婚・南果歩は不倫され…略奪婚の行方、死後の愛人発覚も

messy / 2017年04月01日20時00分

以降はおしどり夫婦として知られ“理想の夫婦”ランキングにも頻繁に名前が上がる夫婦なだけに、その馴れ初めも現在の不倫発覚もファンには意外だっただろう。 昨年のベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫愛発覚から、世間では不倫を強く糾弾する処罰感情が高まっており、ともさかや南の例を見て「罰が当たったのだ」と嘲笑する向きもある。しかし不倫略奪婚だったからといって、 [全文を読む]

沢田研二のファン、彼の外見と内面の変化をまるごと受け入れる

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

好感度ランキングがやたら大事にされて、今の芸能人はみんなが『いい人と思われたい症候群』になっている。こういう雰囲気が嫌いなんだよ》(2014年3月、毎日新聞) ジュリーを決定的に変えたのは、2011年3月11日の東日本大震災だった。還暦前、「これからは言いたいことを自由に言う」と決めたというジュリー。だが3.11に直面し、打ちのめされた。 [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

ピンク・レディーは収録の合間に、局の階段でわずか1、2分で撮影しても、笑顔を絶やさなかったそうです」 月間売り上げランキングは『明星』や『平凡』といった雑誌に掲載され、芸能人の人気をはかる一つの指標となった。当時マルベル堂は芸能事務所からの依頼で、宣伝写真も作るなど持ちつ持たれつの関係だった。『ひまわり娘』でデビューした伊藤咲子がのちに「私はマルベル堂さん [全文を読む]

原辰徳、落合博満になぜか子役時代の坂上忍まで…! プロ野球選手名盤レコード大賞【前編】

週プレNEWS / 2016年12月30日06時00分

●豪華すぎアルバム賞 『サムシング』原 辰徳 ルーキーイヤーに新人王、2年目には早くも本塁打、打点ランキング2位(1位は棒読みの掛布雅之)と頭角を現した原が、その年のオフ(82年)にリリースした、知る人ぞ知る野球選手アルバムの金字塔。全10曲すべてが爽(さわ)やかなラブソングで、作曲は長渕剛、沢田研二、堀内孝雄、平尾昌晃、弾厚作(加山雄三)、吉田拓郎と超 [全文を読む]

TUBEは『夜のヒットスタジオ』にU2代役で初出演しブレーク

NEWSポストセブン / 2016年06月04日16時00分

『夜のヒットスタジオ』 放送局:フジテレビ系 放送期間:1968年11月~1990年10月 放送回数:1131回 主な司会者:前田武彦、芳村真理、三波伸介、朝丘雪路、井上順、古舘伊知郎、柴俊夫、加賀まりこ 最高視聴率:42.2%(1969年3月17日) <出場回数ランキング> 【1】五木ひろし:222回 【2】森進一:204回 【3】西城秀樹:190回 [全文を読む]

男どもを虜にするグラビアで大反響の片山萌美が1年ぶりに魅せた!「実は水着に関してはお断りをしていて…」

週プレNEWS / 2015年10月02日09時00分

―いやー、ありがとうございます! ちなみに、ご自身のブログのプロフィール欄にも、昨年9月の初グラビア時に配信したインタビュー記事がYahoo!雑誌ランキング1位獲得したことを書いてもらっていて。 萌美 もちろん、それは入れますよ! 自慢ですから(笑)。 ―その初グラビアから、あっという間にもう1年ですよ。当時は水着姿を撮られる恥ずかしさや照れも語ってまし [全文を読む]

フォーカス