市場 長谷川博己に関するニュース

「eo」ブランド新戦略「暮らしアドバイザー」の導入!新TVCMには俳優の「長谷川博己」さんを起用!!

PR TIMES / 2017年07月02日11時00分

しかしながら、固定通信事業を取り巻く環境は、光回線市場の飽和が間近であること、そしてさまざまな企業の参入による競合の増加、さらにサービスの均質化による価格競争の激化から、ますます価格以外の差別化が必要になってまいりました。この市場環境の変化に合わせ、私たちは2016年9月に「eo」のブランドビジョンを制定しました。 さらに、私たちが着目したのは、お客さま [全文を読む]

鈴木京香 セカンドバージンで共演の長谷川博己と半同棲状態

NEWSポストセブン / 2012年07月30日05時00分

※週刊ポスト2012年8月10日号 【関連ニュース】鈴木京香 43回目の誕生パーティーで長谷川博己とデレデレ鈴木京香に彼氏を奪われた白石美帆 まだ怒りが消えていない熟女AV売上急伸 40代女性は有望な市場になると関係者予測セカンドバージン京香相手役・長谷川博己 白石美帆と交際過去49歳美人妻が白ビキニ姿を披露 「40歳過ぎても恋愛に夢中」 [全文を読む]

「30歳の壁」を乗り越えて婚活市場で勝ち組になる裏ワザ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年02月16日10時15分

1歳年を重ねるごとに市場価値が下がるとまで言われていて、一昔前は「24なら売り時、25は値下げして、それ以降は賞味期限切れ」なんてクリスマスケーキに喩えられることもありました。これを「昭和の価値観」と一笑に付す人もいるものの、男性の多くは口に出さずとも腹の中ではそんなふうに考えている可能性大。こうした発想にはいろいろな理由がつけられていますが、男性の本能に [全文を読む]

月9ドラマ『デート』が映すイマドキの恋愛事情―恋愛至上主義の時代は終わった?

ウートピ / 2015年01月31日18時00分

これは、今の恋愛市場に対して、そして何より「月9」に対する挑戦状のようにも思える内容です。ほかにも今迄の「月9」とは違う内容がたくさんありますが、その内容とはどんなものでしょうか。ヒロインが恋愛至上主義に毒されていないこれまでの月9の主人公と言えば、恋愛至上主義で恋に恋するタイプが数多く描かれてきましたが、本作で杏さん演じる藪下依子は、「恋をしたいなんて全 [全文を読む]

今こそ旬の"抱きたくなるほど魅力的"な四十路美女たち!

メンズサイゾー / 2012年01月22日15時00分

昨年を代表するドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)での松嶋菜々子の人気再燃もあり、にわかに活気づく"熟女市場"。松嶋は38歳だが、さらに熟した40代は今が花ざかり。一昔前の「もうオバさん」というイメージはどこへやら、むしろこちらからお願いしたくなるような顔ぶれが揃っている。 ドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)で、マザコン息子を持つシングルマザーを演じて [全文を読む]

フォーカス